オークスの感想。

今日はオークス@府中。

勝ったのは1番人気に応えてラヴズオンリーユー。
前半1000mは59.1秒とまずまずのペースだったが、その後の1000mも59.8秒と、全く緩まない厳しいペース。
そのペースを中団に構え、直線では大外から伸びる。早めに抜け出たカレンブーケドール(2着/12番人気)を外からねじ伏せたところがゴールだった。
勝ちタイムは2分22秒8という凄いタイムだが、個人的には「上がり最速はラヴズで、そのタイムが34秒5」というのに驚いた。最近の府中の長距離戦で33秒台の上がりを出した馬がいないというのはちょっと珍しい。それだけ厳しい流れだったということだろう。そういう流れで勝てたラヴズと、差の無い2着だったカレンはかなり強いと思う。
期待した◎フェアリーポルカ(11番人気)は16着惨敗。
果敢に先行したが、4角で手が動いていたように、この馬には厳しかった。距離も長かったかも。
というわけでもちろん外れ。
ラヴズが圧勝した忘れな草賞が終わった時点では「オークスはこの馬で堅そう」とか思っていたのだけどねえ。
来週はダービー。
これはサートゥルナーリアとヴェロックスでどうしようもないと思っているが、それじゃあ堅すぎるんだよなあ…。

| | コメント (0)

オークスの予想。

明日の競馬はオークス@府中。

桜花賞を圧勝したグランアレグリアが不在で、混戦模様の一戦。
て言うか、上位人気に不安要素があり過ぎる。初めての関東圏での競馬(ラヴズ)、鞍上が北村友(クロノ)、フラワーCからの直行(コントラ)、春G1で人気を裏切り続けたダノン馬(ダノン)、長距離実績の無いダイワメジャー産駒(シゲル)。これらが1〜5番人気では、どれを信用すればいいのか、とは思う。
あまりによくわからないので、気になる一頭だけ買って眺める。
◎フェアリーポルカ。
現在11番人気。人気無いなあ。
それもそのはずで、前走はフローラS5着。これしか重賞実績が無いのだから人気が無くて当然である。
そのフローラSでも◎を打ったが、18番枠からの発走で、4角から動いて行って直線では先頭に立ちかけるもそこで止まってしまった。ただ、大外枠から無理をしての競馬だったので、内容としては悪くないと思っていた。
そして今回は6分の2の抽選を突破して出走を決めた。この強運に賭けてみたい。
相手は↑に書いた通り、上位人気がどれも信用し切れない。
一番マシなのはダノンファンタジーだろうか。桜花賞はグランアレグリアを負かしに行っての4着で、2・3着馬に劣るとは思っていない。不安要素も「実績が良くないダノン馬」というだけだし。
まあ、たくさん賭けるレースではないとは思っている。
◎の単複と、馬連を数点買う程度にしておきます。

| | コメント (0)

勝ち点30一番乗り。

今日はJ1第12節、東京vs札幌@味スタ。

結果は1-0で勝利!
前半から決定機はいくつか作るが、札幌GKク・ソンユンの好セーブにことごとく阻まれる。ほんと、J1にいる外国人GKってレベルが高いよね(涙)。
しかし後半14分、札幌のバイタルエリアでボールを奪ったSB小川がそのままシュートを決めて先制!小川はJ1での初ゴール。なんであんな高い位置にいたのかは謎だが、結果が出たならよしとする。
さらに10分後、カウンターからボールを受けたMF久保が、細かいステップを踏んでからの鋭いシュートを放つとGKの手を弾いてネットを揺らす!
その後はきっちり抑えて完勝。
う〜む、強い。
2トップの得点が無くても勝ててしまうというのが素晴らしい。
あと、リーグ戦5試合&ルヴァン杯2試合の合計7試合連続無失点の守備陣も素晴らしい。
これで勝ち点30到達一番乗り。
2位の名古屋とは勝ち点差6と少し引き離した。
それでも「今年こそは優勝!」とか書く気にはならない。
だって昨年の大失速を覚えているし、今夏に久保がいなくなるのも確実だと思うし。
というわけで、浮かれ気分にならずにいこうと思います。

| | コメント (0)

名人戦第4局。

今日は名人戦第4局2日目。
豊島二冠挑戦者が勝って名人奪取なるか、佐藤天彦名人が勝って意地を見せるかという一局。

結果は豊島の勝利。

角換わり(という戦法名です)から、先手の豊島がじわじわと攻めの態勢を整え、後手の佐藤がカウンターに備えるという展開。
しかし、豊島の攻め方が巧みで、結局はカウンターを食らうことなく佐藤陣をぶっ潰した。豊島の圧巻の指し回しと言っていい将棋だった。

というわけで豊島がストレートで名人奪取。「史上初の平成生まれの名人」となった。
そして豊島は「三冠タイトルホルダー(名人・王位・棋聖)」となったが、これは歴代で9人目。これまでに達成したのは升田、大山、中原、米長、谷川、羽生、森内、渡辺。レジェンド級の棋士がずらりと並ぶ。
この8人に負けないくらいの活躍を今後も期待したい。

さて敗れた佐藤だが、正直ガッカリ。
豊島との差がここまであるのか・・・と思わずにはいられない名人戦だった。
ただ、佐藤はまだ31歳と、まだ若い部類。ここで終わっていい棋士ではない。ここからの巻き返しを見せて欲しいです。

| | コメント (0)

会社の飲み会。

今日は会社の飲み会。

当然(と書くのも変な話だが)、幹事は私。今回も、当然のように私が幹事を任され、当然のようにそれを了承。
まあ、昔から幹事をやるのは好きである。なので、別に幹事を任されることは何の苦にも感じていない。
このブログは大学時代の後輩も読んでいるが、「こいつ昔から何も変わってねえなあ」と思っていることであろう(笑)。
今日のお店は、会社の近くの少しおしゃれ目な「お肉系バル」。
がっつりと料理が出て、飲み放題で3980円。さらに2名分は無料になるというおまけ付き。高くならずに楽しい飲み会ができた。
私も5杯くらい飲んで楽しませてもらった。
これで明日の金曜日の仕事も乗り切れそうです。

| | コメント (0)

私のMP3プレイヤー。

今日も今日とて特に何も無い一日。
平穏なのはいいことです。

私は会社への行き帰りにはMP3プレイヤーで音楽を聴きながら通っている。
以前は4ギガ程度しか入らないものを使っていたのだが、今年に入って壊れてしまい、16ギガ入るものを新たに購入した。て言うか16ギガのものしか売ってなかった。値段は1.5万ぐらいだったような気がする。

で、16ギガってめちゃくちゃ容量があるということを改めて実感(笑)。
家にあるCDを片っ端から入れても、「昔、ツタヤで借りて、ハードディスクに残していたもの」を入れても余裕がありまくる。

というわけで、3月くらいからコツコツやっていたのが「近所の図書館でCDを借りて、それを入れる」ということ。
近所の図書館はそこそこにCDが豊富で、邦楽・洋楽・クラシックなどを借りることができる。

で、いろんなアーティストのベスト盤などを借りまくった結果、私のMP3に入っているアーティストは以下の通り。

B'z、バービーボーイズ、ビートルズ、BOOWY、バンプオブチキン、Cocco、flumpool、GLAY、globe、GO-BANG'S、JUDY AND MARY、ラルク、リンドバーグ、マイケルジャクソン、ミスチル、My Little Lover、Perfume、PSY・S、レベッカ、TMN、ユニコーン、YMO、イエモン、家入レオ、宇多田ヒカル、小田和正、鬼束ちひろ、川本真琴、きゃりーぱみゅぱみゅ、倉木麻衣、桑田佳祐、小泉今日子、コブクロ、サザン、スピッツ、聖飢魔Ⅱ、チェッカーズ、中森明菜、浜崎あゆみ、ブンブンサテライツ、布袋寅泰、ゆず、レミオロメンなど。
・・・疲れた。

まあ、一言で言えば「節操が無い」(笑)。
たぶん、アルバムで100枚近く入っていると思う。

でもいわゆる「最近のアーティスト」はほとんど入っていない。
そういうのも「聴かず嫌い」にしないで聴くようにしようかなあ、とか思ってます。

| | コメント (0)

4時半起き。

以前にも書いた気がするが、奥さんが仕事復帰して以降、月・水・金・土曜の夜は私が、それ以外は奥さんが長男&次男と一緒に寝て、もう片方は一人で寝るようにしている。
「1日おきに息子たちに邪魔されずに寝ないと、お互いに身体がもたない」からである。

なぜにそんなことになるかというと、「次男が起きるのが朝早い」からである。
今は長男、次男ともに21時~21時半くらいには寝付いてくれて、長男は朝の6時過ぎまでしっかり寝てくれる。
しかし、次男は早ければ4時、遅くとも5時には起きる。そして、そこから二度寝をしてくれないのですよ(涙)。

今朝は4時半に次男の泣き声で起こされた。
まあ、私は昨晩は22時半には寝たので、一応6時間は寝ている計算になる。
今朝は4時半に起こされる→一応、もう一回寝てくれないか、抱っこしてみる→おとなしくはなるけれど、寝る気配ゼロ。

というわけで、次男と一緒にリビングに行って、次男を着替えさせて、昨晩洗った食器を片付けて、次男に絵本を読ませて、眠気覚ましのコーヒーを飲んだりして6時まで過ごす。
6時になれば奥さんも起きるので少しは楽になるのだが、眠いことには変わりない。

次男がもっとたくさん眠ってくれれば助かるのだけどねえ・・・。
まあ、夜中に起こされることが無くなった(以前は1~2時間起きに夜泣きしていた)だけマシなのかもしれないが。

| | コメント (0)

叡王戦第4局。

今日は私の46歳の誕生日。
だからと言って特に何があるわけでもなく。
これが「50歳の誕生日」なら少しは思うところもあるのだろうが、46歳というのは中途半端な年齢だなあとか思ったり。

他に何があったわけでもないので、先週末の話を。
土曜日に叡王戦第4局が行われた。
ここまで3連勝の永瀬七段挑戦者が勝ってタイトルを奪取するか、高見叡王が勝って意地を見せるかという一局。

結果は永瀬の勝利。

先手の高見の横歩取り(という戦法名です)から飛車角を交換し合う激しい流れに。中盤では高見が駒得して指し易そうに見えたのだが、気がついたら永瀬が高見陣に食いついて一気に寄せ切っていた。
毎局書いているが、叡王戦の中継サイトは解説が無いからどっちが有利かよくわからないんだよなあ・・・。

というわけで永瀬新叡王が誕生した。
まあ、永瀬は4年前に羽生相手の棋聖戦でフルセットの熱戦を演じていたぐらいで、今回の「初タイトル奪取」は遅いくらい。
永瀬は今年に入って絶好調で、順調に行けば夏の王位戦に挑戦してきてもおかしくない。今回のタイトル奪取がきっかけになって、爆発しそうな雰囲気はあります。

一方高見は残念な結果に終わった。これは実力の差なのかなあ・・・。高見は私と同じ「立教大学卒」なので応援していたのだけど。
ただ、高見はまだ25歳と若い。今回の敗戦を糧に、再びタイトル戦の舞台に戻って来ることを待つとします。

| | コメント (0)

カミンスキー凄え。

次に嬉しい話を書く。

今日はJ1第11節、東京vs磐田@味スタ。

結果は1-0で勝利!

東京は惜しいチャンスを作りながらも磐田GKカミンスキーのスーパーセーブ連発の前になかなか得点を奪えず。
しかし、後半39分に得たCKをクリアされたところを、MF久保がボレーを放つとこれがゴール隅に突き刺さって先制!そしてこれが決勝点となった。

今日のマンオブザマッチを挙げろと言われれば磐田GKカミンスキーだろう、と言いたくなるくらいにカミンスキーは凄かった。もしGKがカミンスキーでなければ3-0以上で勝てていた試合だと思う(笑)。

そんな「相手GKが当たりまくっている」状況で勝てたのは大きい。
もちろん久保のおかげである。
今年の久保の「成長を感じさせる部分」は、今日のように後半の終盤でも決定的な仕事ができることだと思う。J1でも突出した技術の持ち主が、スタミナ切れしないというのは凄過ぎる。いい感じで成長できていると思う。

というわけでもちろん首位キープ。開幕からの無敗記録も「11」に伸びた。
ただ、今節は2~4位の名古屋、大分、川崎もみんな勝った。なかなか引き離せませんなあ。

| | コメント (0)

ヴィクトリアマイルの感想。

残念な話から書く。

今日の競馬はヴィクトリアマイル@府中。

勝ったのはノームコア(5番人気)。

前半1000m56秒1というハイペースの中団に構え、直線で外に持ち出すとそこから鋭く伸び、後方からプリモシーン(2着/4番人気)に迫られたが押し切った。
ハイペースになったので、これまで中距離路線を歩んできたノームコアに流れが向いたのは間違いない。
ただ、今日は鞍上のレーンも上手かった。直線で一瞬前が壁になったが、そこで落ち着いて外に持ち出せたのが上手かった。あと、追うフォームが力強いんだよねえ・・・。

期待したアエロリット(2番人気)は5着。
↑のハイペースを刻んだのはこの馬。スタート直後から鞍上の横山典がおっつけてハナを奪ったのを見て「そこまでムキになって逃げなくても・・・」とは思ったが、変にペースが落ち着いて瞬発力勝負になったら分が悪かったはず。なのでこの判断には文句言いません。最後に止まったのは休み明けの分だろう。

というわけで馬券は外れ・・・と書くべきところだが、実はノームコアの単勝(9.4倍)を当てて、ちょいマイナスで済んだ。だってレーンが乗って9倍つくなら抑えますよ。

来週はオークス。
ここもレーン(コントラチェック騎乗予定)には逆らえないのだろうか・・・。

| | コメント (0)

«ヴィクトリアマイルの予想。