今更ながら叡王戦第2局の感想。

今日は「東京都の新規のコロナ感染者が5日連続で100人を超えた」というニュースがあったぐらいで特に何も無い一日。

というわけで昨日書かなかった話。
・・・と書き出すと「都知事選の話?」と思うかもしれないが、そうではなく将棋の叡王戦第2局の話。都知事選の話は気が向いたらそのうち書きます。

豊島二冠挑戦者が勝って開幕2連勝とするか、永瀬叡王(&王座)が勝って1勝1敗のタイにするかという一局。

結果は持将棋で引き分け。

角換わり(という戦法名です)から、先手番の豊島が攻めて後手番の永瀬が受ける展開に。その後永瀬が耐え切って、玉を豊島の陣地まで逃がして安全モードに。一方の豊島も永瀬の玉を詰ませられないと見るや自分の玉を永瀬の陣地まで逃がす。
さてこうなると「お互いに一定の数の駒を持っていれば引き分け(「持将棋」と言います)」となる。
豊島の駒がやや少なかったがきっちり奪い取り、両者の合意の下で持将棋が成立した。
ちなみに成立時点での手数は222手。普通の将棋は100手前後で決着することを思えばかなりの長手数である。この時点で22時を過ぎており、規程で指し直しは行わずに終了となった。

豊島がもう少し上手く攻める手段があったようにも見えたが、永瀬が上手く決定打を与えなかった、ということなのだろう。永瀬らしい粘りを見せてくれた、という感じ。

さて、叡王戦は第1局は千日手からの指し直しで、第2局は持将棋。なかなか楽しい展開になっている(笑)。
ただ、二人とも過密日程の真っただ中にいるわけで、無理はしないで欲しいと心から思います。

| | コメント (0)

ラジオNIKKEI賞とCBC賞の感想。

今日の競馬はラジオNIKKEI賞@福島と、CBC賞@阪神。

ラジオNIKKEI賞を制したのは伏兵のバビット(8番人気)。
スタート直後から多数の馬での激しい先行争いになったが、最内枠を生かして先頭に立つ。そのまま直線に入ると2番手以降を一気に突き放し、終わってみれば2着馬に5馬身差の圧勝。「逃げ馬が最速の上がりを使う」という、凄まじい勝ち方だった。
これは面白い逃げ馬が出てきた。この馬の父はナカヤマフェスタで、母父はタイキシャトル。その後はヌレエフ、ミルリーフとド名馬の名前が並ぶ。菊花賞でコントレイルの三冠を阻む馬になったり・・・はしないか?
あと、よく見たらこの馬未勝利戦で福島で勝ってた。これに気付けない自分が情けない・・・。
期待した◎コンドゥクシオン(10番人気)は11着。
向こう正面で手が動いている時点で終わっていた。思ったほど馬場が渋らず、この馬にはペースが速過ぎたかも。

CBC賞を制したのは超伏兵のラブカンプー(13番人気)。
好スタートから先手を奪うと直線に入っても逃げ脚は衰えず、そのまま1・3/4馬身差逃げ切った。
・・・・・・今更ラブカンプーが逃げ切り?と思わず声が出てしまった(笑)。
ただ、今日の逃げ脚は2年前に活躍していた頃を思い出させるものだった。昨年初めから大スランプ(怒涛の15連敗)だったが、ついにスランプ脱出できたのかもしれない。
期待した◎クリノガウディー(1番人気)は12着。
直線に入ったところで前が壁になって進路を変えざるを得なかったのが痛すぎた。ただ、前が開いていても突き抜けたかというと疑問ではあるが。

というわけで、予想はいいところ無し。
ただ、毎回義理で買っていたラブカンプーの単複(単勝93.1倍&複勝15.8倍)が当たってボロ勝ち。
やはりお世話になった馬は何があろうが買うべきということを改めて思い知りました。

| | コメント (0)

ラジオNIKKEI賞とCBC賞の予想。

明日の競馬はラジオNIKKEI賞@福島と、CBC賞@阪神。

今日はどちらの競馬場も馬場が悪かったが、明日も悪いだろう。でも先日書いた通り、重馬場適性を考えてもよくわからんので気にしないことにする。
ラジオNIKKEI賞は、前走が逃げ切った馬か2番手から抜け出て勝った馬が8頭いて、かなり先行争いが激しそう。それだったら差して勝ってきた馬を買いたい。
◎コンドゥクシオン。
現在11番人気。
2走前は山桜賞を10頭立ての6番手から差し切った。この末脚が明日は生きるのではないだろうか。
あと、この馬がこれまで挙げた2勝は、新馬戦は不良馬場、↑に挙げた山桜賞は重馬場でのもの。かなりの重馬場巧者だとは思う。さっき「重馬場適性は気にしない」と書いたばかりじゃねえか、というツッコミは無視する。
新馬戦を福島1800mで買っているのもプラス材料。ちなみに福島で買っている経験があるのはこの馬とコスモインペリウム(10番人気)のみ。
CBC賞は、素直にこの馬から。
◎クリノガウディー。
現在1番人気。1番人気に◎打つのは久々な気がする。
前走の高松宮記念では1位で入線しながら不利を与えたとして4着降着。「幻の高松宮記念馬」となった。
で、高松宮記念で上位を争った馬達がその後結果を出している。
1着に繰り上がったモズスーパーフレアは休養しているが、2着になったグランアレグリアは安田記念を制し、3着になったダイアトニックは函館スプリントSを制した。この流れなら、1位で入線したクリノガウディーも同様に好走しそう。
ハンデ58kgは、実際に高松宮記念を勝ったわけではないのに見込まれた感はあるが、そのおかげで単勝が3倍つくなら美味しいと思うことにする。
今日は「J1再開初戦を東京が制した」といういいことがあったが、この勢いを馬券に繋げていきたいです。

 

| | コメント (0)

J1再開。

今日はついにJ1再開。

というわけで、今夜はJ1第2節、東京vs柏@柏。

結果は1-0で勝利!

前半にFWディエゴオリヴェイラが負傷退場するというアクシデントはあったが、後半に柏MFが退場してしまい、その直後に得たCKからDF森重が頭で折り返し→DF渡辺が押し込むという形で先制!
その後は数的有利な東京が逃げ切った。

うん、セットプレーから得た1点で逃げ切りとか、「調子がいい頃の東京の勝ち方」が早速出た(笑)。
今日は4ヶ月ぶりの実戦でいろいろ難しいところもあったと思うが、こうしてアウェーの地で勝ち点3を獲得できたのはよかった。

て言うか、やっぱり東京の試合が見られるというのは嬉しいですよ。
ディエゴのゴリゴリのドリブルからのシュートが見れるだけで嬉しくなります。

ようやく、「サッカーのある日常」が帰ってきた。
ほんと、関係者の努力には感謝しかないです。


| | コメント (0)

明日はJ1再開。

今日は「昨日に続いて東京でコロナ感染者が100人を超えた」と報じられたが、個人的には「そりゃそうだろ」ぐらいにしか思っていない。
通勤電車は混んでるし、18時頃の新橋の飲み屋はお客でいっぱいなんだし。東京だけでもいろいろと規制した方がいいとは思うが、規制しまくりの頃には簡単には戻れないだろう。というわけで、今後も感染者は増え続けるだろう。
願わくば東京だけにとどまって、全国に感染者が広がらないで欲しいが、それも厳しいだろうなあ。

それはそれとして。
明日はいよいよJ1再開である。
東京はアウェーで柏と対戦。4ヶ月ぶりの実戦なので試合勘に不安はあるが、それは両チームとも同じこと。
とにかく、今は「東京の試合を見られる」だけで充分です。

・・・ただ、コロナの感染が広がっているので、またリーグ中断ということもあり得るんだよなあ・・・。
ほんと、それだけは勘弁して欲しいです。

| | コメント (0)

王位戦第1局。

昨日も書いたが、今日は王位戦第1局2日目。
木村王位に藤井聡太七段が挑む七番勝負である。

結果は藤井の勝利。

角換わり(という戦法名です)から、後手番の木村が「藤井に攻めさせる順」を取って、藤井もそれに乗って一気に攻める。藤井は飛車を見捨てて木村玉に襲い掛かり、「これはあっさり終わるのでは?」と思ったが、そこから木村が受けの妙手を連発。「藤井が攻め損なったら木村の反撃が強烈で耐え切れない」、という展開に。しかし、藤井は木村の受けをかいくぐり、細い攻めを繋ぎに繋いで寄せ切った。

いやあ、これまた凄い将棋を見た、という感じ。
攻める藤井、受ける木村という、お互いの棋風がよく表れた一局だった。
終盤の木村の金捨て&桂捨ての受けの妙手は「こんな受け方があるのか・・・」と感動したし、終局間近の藤井の「と金引き」の寄せは「次の一手」のような鮮やかさだった。

さて、まずは藤井が1勝目を挙げた。
ただ、この将棋を見る限り、藤井は簡単には勝たせてもらえなさそうな雰囲気を感じた。
楽しい七番勝負になりそうです。

| | コメント (0)

「やべっち」終了?

今日は王位戦第1局1日目。
木村王位に藤井聡太七段が挑む七番勝負である。
藤井にとっては初の「2日制の対局」。まあ、そこに戸惑うような棋士でもなさそうだけど。
今日はまだ1日目だが、激しく攻め合っている。これは明日の早い時間に決着がつくかも、とか思ったり。この対局の感想は明日書きます。

今日知って驚いた話。

「『やべっちF.C.』終了へ」

これまで18年続いてきたサッカー番組の「やべっちF.C.(以下「やべっち」)」がもうすぐ終了する、と報じられた。

これはそこそこ衝撃的な話である。
「やべっち」は数少ない「民放のサッカー番組」であり、独身時代は必ず毎週見ていた(今は家に録画できる機器が無いので見なくなっていた)。MCの矢部が元気なうちはずっと続くと思っていただけに、このニュースは驚いた。

ただ、個人的には「やべっち」の存在意義はあまり無い。
なぜなら私が見たいのは「Jリーグの各試合のハイライト」なのだが、それはDAZNで見ることができる。しかも「やべっち」では長くて数十秒レベルだが、DAZNなら各試合7~8分程度見ることができる。それも「見たい時に」、である。
まあ、私みたいな人が増えたのも「やべっち」終了の原因の一つなのかもしれない。

でも、「DAZNに契約してまでサッカーを見ない」という人には、サッカー情報に触れる機会が減ってしまう。
今後のサッカー人気に影を落としてしまうのでは、と心配してしまいます。

| | コメント (0)

衝撃的な話。

今日で6月も終わり。
ということは今年が半分終わった、ということでもある。早い、早過ぎる・・・。

先週書いた「職場で衝撃的な事実を知った」という話。
結論から書くと、

今年、私が所属する部に入った新入社員のT君が急死した。

・・・と書くと「自〇?」と思われるかもしれないが、そうではなかった模様。
聞いた話だと、「T君が22日(月)の朝に起きてこなかったので部屋を覗いたら倒れていた」らしい。
で、検死の結果は「不詳」。要するに「よくわからん」とのこと。最初に急死したという話を聞いた時は、くも膜下出血かな?とか思ったが、脳はきれいだったらしい。
ただ、その前の週に体調がよくなくて早退していたんだよなあ・・・。今思えば、そこにヒントがあったのかもしれない。

なんにせよ、大卒直後の若者がこんな形で急死してしまったというのはあまりに悲し過ぎる。
その前の週の金曜日に、T君とは普通に会話していたのになあ・・・。こんな感じで「つい最近まで会っていた人が急死した」というのは初めての経験だったりする。

で、先週末に葬儀が行われたので、ここに書くことにした次第。
ちなみに、葬儀は小規模で行われ、私は参列不要と言われたので行かなかった。

今となってはT君の冥福を祈るばかりです。
合掌。

| | コメント (0)

特別定額給付金。

今日、お金を下ろして口座の残高を見たら妙に増えてて違和感を覚える。
すぐにネットで口座の状況を見たら、

特別定額給付金が4人分振り込まれていた。

正直、「早っ!」と思った。
給付金の申請用紙が届いたのは今月の6日(土)で「遅っ!」と思ったが、その後8日(月)に郵送してちょうど3週間で入金された。
仕事早いな文京区、と手のひら返しをしてみる(笑)。

さてこの40万円は全て我が家のお金になる。半分は家計に回し、半分は息子たちの貯金に充てるらしい。この手のお金の管理は全て奥さんに任せてます。

まあ、私自身が自由に使えるお金はまだ200万以上はあるので、この10万を何が何でも欲しいとは全く思わない。どうせ10万あったところで3~4年もすれば競馬で消えるわけだし(笑)。

それだったら息子たちの為に使ってもらった方がよっぽど有意義である。
これからどんどんお金がかかってくるからなあ・・・。

| | コメント (0)

棋聖戦第2局。

次に将棋の話。
今日は棋聖戦第2局。
藤井七段挑戦者が勝って初タイトルに王手をかけるか、渡辺棋聖(&棋王・王将)が勝って1勝1敗のタイに持ち込むかという一局。

勝ったのは藤井。

先手番の渡辺が急戦矢倉で攻めるが、藤井が金を繰り出すという強気の受けで対応。
この後、きっちり受け切った藤井が反撃するとこれが強烈で、一気に寄せ切った。

棋譜を見たが、「藤井強え・・・」としか言いようがなかった。
中盤の「これで受かるの?」という手が受けの妙手で、渡辺の攻めが完全に切れてしまった。
終盤は無駄な手が全く無く、流れるように渡辺陣をぶっ潰した。
ここまで渡辺が完敗するのも久々に見た気がする。

というわけで藤井が開幕2連勝で初タイトル奪取に王手をかけた。
藤井からすれば後手番でブレイクできたのは大きい。
て言うか、名人戦の時も思ったが渡辺が精彩を欠いている感はある。過密日程は藤井も同じだが(て言うか、藤井の方が圧倒的に過密日程である)、体力的に渡辺にはきついのかも。
このまま3タテはつまらんので、渡辺には頑張ってもらいたいです。

| | コメント (0)

«宝塚記念の感想。