菊花賞の感想。

今日の東京は(東京に限った話ではないが)ひたすら激しい雨が降り続き、夕方にはスマホに緊急警報が入るほど。
現時点でも激しく降っているが、明日の朝には止んでいるといいなあ・・・。

今日は菊花賞@京都。
勝ったのは1番人気に応えたキセキ。
道中は中団に構え、4角から大外をぶん回して直線で先行勢をねじ伏せた。正直、「ここでは力が違う」という感じの勝ちっぷりだった。
レース前は「神戸新聞杯2着は評価できるが、デムーロが乗ったからといって1番人気にするほどの馬かあ?」と思っていたが、見くびっていました。それにしても、デムーロは絶好調だなあ・・・。
ただ、今日のメンバーが低レベルだったことは間違いないと思うので、今日の勝利で「次は古馬相手でも勝負になる」とは言えない。
あと、今日の出走メンバー全てに言えるが、今日のレースは相当に反動が来そうなので、次のレースは全て疑ってかかった方がいいと思う。

最も期待した◎スティッフェリオ(14番人気)は14着。妥当な結果だ(笑)。
中団から全く伸びず。普通に力負けだし、こういう馬場も全くダメなのだろう。
ただ、少し期待したポポカテペトル(13番人気)は頑張ってくれて3着。好位からしぶとく粘りこんでくれた。
昨日も書いたが、この馬は「斬れる脚が無いディープ産駒」なので、今日のような馬場は絶好の舞台だった。この馬は、今後は長距離G2~G3でお世話になる機会が多そう。
というわけで、ポポカテペトルの複勝(11.1倍)を当ててささやかながらプラス。負けなかったのだからよしとする。

来週は天皇賞(秋)。
今年ずっと買ってきたのはヤマカツエースだが、さすがに厳しい。
とりあえず、「ステファノスの複勝」を買うことだけは決めているのだが、相手が難しいなあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菊花賞の予想。

明日は菊花賞@京都。
・・・の前に今日の競馬を振り返る。

まず、アイビーSだが、期待したフラットレー(1番人気)は5着。
7頭立てで、1頭競走中止がいた中での5着である。これは単純に「弱い」と言ってよさそう。不良馬場のせいだけでもないと思うなあ。

富士Sは1番人気に応えてエアスピネルが勝利。
早め先頭から馬場のド真ん中を押し切った。武豊がうまく乗ったとは思うが、その積極策を安田記念でやれよと思った人は多いはず(後方から進んで前が詰まっていた)。
期待したロードクエスト(5番人気)は12着。出遅れる、引っ掛かるではどうしようもない。能力以前の問題です。

さて、今日は新潟のメインレースで藤田菜七子が10番人気の馬で勝利した。さすがにここは買えなかった・・・。
映像を見たが、すんなり好位につけ、ゴール前で1番人気の馬をきっちり差し切るという素晴らしいレース運び。ほんと、新潟1000mは上手いよなあ。
この勝利は「日本人女性騎手初のメインレース勝利」であり、「日本人女性騎手年間最多勝記録(12勝)達成」でもあった。
明日もそこそこいい馬に乗せてもらえるようだし(須貝厩舎の新馬に乗るとは思わなかった)、勝ち星をさらに増やせるかも。

というわけで、菊花賞の予想を。
とりあえず馬場はドロドロだろう。そして、今日の9・10レースの芝レースの勝ち馬は逃げ馬だったように、「前に行けなければ話にならない」感じ。
ただ、逃げ・先行馬は意外と多く、かなりタフなレースになりそう。
まあ、買いたい馬は決まっている。

◎スティッフェリオ。

現在14番人気。人気無いなあ(笑)。
前走のセントライト記念ではステイゴールド産駒というだけで買ったが、いい感じに先行するも決め手不足で4着に終わり、優先出走権を得られなかった。
しかし、今回6分の1の抽選をくぐり抜けて出走にこぎつけた。この運の強さはたいしたものだと思う。
しかも、2枠に入ったわけだが2枠は4年連続で連対中という絶好枠でもある(2枠で好走したのは人気どころばかりだけど)。この運の良さに、ちょっと騙されてみようかと思う。

相手にはPOGで持っていたポポカテペトル(11番人気)を。
これは「斬れる脚が無いディープ産駒」なので、馬場が重くなるのはプラスのはず。
「POGで持っていた」のはサトノアーサー(6番人気)もそうなのだが、この馬が3000mを好走するイメージは全くわかない。義理で単勝だけ買うけど。

というわけで、↑に挙げた人気薄の馬だけちょこっと買います。
当たるとは思ってません(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竜王戦開幕。

今日は息子の音楽教室がある日で、一緒に池袋へ。音楽教室では楽しそうに踊ってました。
その後はご飯を食べてから白金高輪へ、以前から通っていた「子供向けの歯医者」に行った。歯みがき指導をしてもらい、虫歯とかが無いことを確認して一安心。
そんな一日でした。

話は変わって、今日は竜王戦第1局2日目。
渡辺竜王に羽生棋聖が挑む七番勝負である。

勝ったのは羽生。

相掛かり(という戦法名です)から激しい攻め合いになったが、羽生が中央からじわじわ寄せて行き、渡辺も反撃するが軽くかわされて終了。紛れようのない展開になってしまい、渡辺としては不本意な展開だったか。

というわけでまずは羽生が先行した。
今年は若手の挑戦を受けてボコボコにされてしまったが、中堅の渡辺ならなんとかなるのだろうか(笑)。
ただ、渡辺もかつては「竜王戦だけは何が何でも負けない男」と呼ばれていた(←あまり褒めてない)。
第2局以降の巻き返しに期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は富士S&アイビーS。

今日は先週土曜日のスポーツ大会の「お疲れ様会」が行われて、会社のフリースペースで軽い飲み会。
久々に楽しくお酒を飲みました。

今日は竜王戦第1局が始まったぐらいで特に何も無い一日(決着は明日)。
なので明日の競馬の話でも。

明日の注目レースその1は富士S@府中。
ここはマイルCSの前哨戦だが、そこそこ面白いメンバーが揃った。
ただ、私はここは◎ロードクエストである。
現在6番人気。G1以外でここまで人気が落ちるのは新馬戦以来。
まあ、もしかしたら「終わった馬」なのかもしれない。仮に終わっていないとしても、追い込み脚質のこの馬が、明日の重馬場を追い込んでこれるのかという不安もある。
しかし、この馬は引退するまで買い続けると決めているので買う。理屈じゃないです。
真面目に予想しようかとも思ったが、買いたい馬がいないんだよねえ・・・。

注目レースその2はアイビーS@府中(9レース)。
ここには私がPOGで持っているフラットレーが出走する。
8月の新馬戦勝ち以来のレースとなるが、現時点で単勝1.3倍。ちなみに複勝は1.5~1.9倍である(笑)。
正直、そこまで人気になる馬かあ?とは思う。キャリア2戦目、しかも明日は重馬場なのによく単勝1.3倍にできるものだ。
ここは馬券は買わないが、フラットレーが勝ってくれることを期待します。

日曜の菊花賞も、買いたい馬はほぼ決まっているが、一応オッズを見てから予想を書こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浦和やるなあ。

連日「天気が悪い」という話を書いているが、今日の東京は気温10度を下回ったらしい。
雨も降っていてクソ寒いので、今日はコートを着て出社した。10月にコート着たのはこれまで記憶が無いなあ・・・。

今日になって知ったが、昨日行われたACL準決勝2ndLegで浦和が上海上港(中国)に1-0で勝ち、決勝進出を決めた。
これは素直に凄いと思う。
上海上港はフッキ、オスカル、エウケソンのブラジル人トリオが超強力で、浦和が勝つのは厳しいと思っていた。最近のリーグ戦で調子がいいわけでもなかったし。それに「ここ一番で負けてしまう」のが近年の浦和のパターンでもあった。まあ、「準決勝はまだ『ここ一番』ではない」のかもしれないが。

というわけで、浦和が「東アジア」を制した。
決勝の相手はサウジのアル・ヒラル。ここまで来たら優勝して欲しい。
浦和を応援するのは10年ぶり(前回のACL優勝の時)だなあ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜は衆院選。

今朝は久々に太陽を見た。
やはり天気が良いと気分も良い・・・と思ったら、夕方には曇り空になってきた。東京はまた明日から雨だし、週末には台風も近付くとのこと。もうマジで(以下略)。

さて、今週末と言えば個人的には菊花賞だが、世間一般的には総選挙である。
私が住んでいるところの東京2区は、自民・立憲・希望の3人の争い。
さすがにここは自民に入れざるを得ない。立憲・希望ともに信用は全くできん。

ただ、比例は自民には入れない。
やはり「消費税10%」は許せないです。いろんなこと(幼児教育無償化とか)をやるのに財源がいるのはわかるが、「まずは支出を減らせよ」と言いたい。
というわけで、ネットで「ボートマッチ」(自分の考えに近い政党を知ることができるサイト)をやってみたところ、私の考えに一番近いのは維新だった。
死に票になりそうな気配はあるが、比例は維新にしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年度番組発表。

今日は特に何も無い一日だったので、昨日書けなかった話を。

昨日はJRAから2018年度の番組が発表された。
主な変更点としては、「チューリップ賞がG2に昇格」「1200mの3歳オープン特別だった葵Sがダービーの前の日のG3として新設」「アーリントンCがNHKマイルCのトライアルになった(=皐月賞の前の日に移動)」などなど。

チューリップ賞のG2昇格は遅すぎたくらい。
勝ち馬を並べてみれば、フィリーズレビュー(同じ桜花賞トライアル)より格上なのは明らかです。

葵Sの重賞昇格は「ふーん」としか言いようがないが、POG的には「ダービー前日の最後の小銭稼ぎ」になる可能性がある。葵Sの結果で泣き笑いするところも意外とあるかもしれない。

アーリントンCの移動は少し残念。
スプリングSや毎日杯を使う前のレースでもあっただけに、ローテを考え直さないといけない馬も出てくるだろう。

あと、これは発表されている話ではないが、噂ではNHKマイルCのレースレーティングがあまり高くなく、このままではG2降格の可能性もあるらしい。今年も勝ち馬のアエロリット以外は惨憺たる状況だからなあ・・・。
そういう意味でアーリントンCをトライアルにして、有力馬を集めようという魂胆なのかもしれない。
でも「どう考えてもお前マイラーだろ」という馬がダービーやオークスに向かってしまう現状は、そう簡単には変わらない気はする。

まあ、トータルでは「大きな変更は無し」という感じですかね。
別にそれでいいと思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さすがに大丈夫だろう。

今日も東京は雨が降り続いた。
朝は上の息子に雨ガッパを着せて保育園に行ったが、当然ながらいろいろ面倒。ほんと、マジでこの雨なんとかならんのか・・・(←たぶん、今週はずっとこんな気分です)。

今日は来年の重賞日程の一部変更が発表されたが、それは明日書くとして、昨日の東京の試合の話を。
昨日はJ1第29節、東京vs甲府@小瀬が行われた。

結果は1-1のドロー。

前半にセットプレーから先制を許し、前半終了間際にFWウタカが相手へのひじ打ちで一発退場。
厳しい展開になったが、後半にセットプレーからDF丸山のヘディングが決まって追いつき、
なんとかドローに持ち込んだ。

「数的不利の中、よく追いついた」と言えば聞こえはいいが、相手は残留争いしているチームだからなあ・・・。
これでスタメンが「来シーズンを見据えて若手主体」というのならまだわかるが、普通にベテラン使ってこの結果。まあ、残留が確定しているわけではないから仕方ないのかもしれないけれど。

現時点では、残り6試合で16位の広島との勝ち点差は11。
12~16位のチームがみんな勝ち点を積み上げないと逆転はされないのだから、さすがに大丈夫だろう。
個人的には、残り試合は全て若手主体で行ってもいいと思うのだけどなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋華賞の感想。

今日も東京は朝から雨。
洗濯物が乾かないので、風呂場の乾燥機能をフル回転してなんとかしている状況。今週はず~~~っと雨が続くらしいが、この天気おかしくね?

今日は秋華賞。
勝ったのはディアドラ(3番人気)。
道中はインで脚を溜め、直線に入って馬群がばらけた所を外に持ち出すとぐんぐん伸び、あっさり先行勢を捕らえて突き抜けた。
前走の紫苑Sが強い勝ち方だったのは知っていたが、どうにも秋華賞で紫苑S組を買う気にはなれず、無視してしまった。
まあ、今日は鞍上のルメールが上手く乗ったのが大きいとは思う。今日の結果だけで「ディアドラが世代最強牝馬」とはさすがに言えません。

期待したリスグラシュー(4番人気)は2着、アエロリット(1番人気)は7着。
リスは中団から、この馬にしては早めに動き、じわじわ伸びてはいるのだが、勝ち馬の決め手に屈した。それでも前にいたモズカッチャン(3着/5番人気)をハナ差差し切ったあたりは底力を感じた。
これでG1での2着は3回目。シルバーコレクターですなあ・・・。
アエロは前半5ハロン59.1秒という、重馬場であることを考えたらハイペースの2番手追走。4角の時点で手ごたえはあまり良くなく、完敗に終わった。
敗因は重馬場なのか、右回りなのか、初の2000mなのか、いろいろ考えられる。まあ、得意のマイルに戻れば普通に巻き返してくれると思います。

馬券は当然外れ。
◎は今週も2着で、これで先週から「2着馬の単勝」を4連続で購入してます(涙)。しかも馬連は1回も当たっていないという下手っぷり。

ところで、スプリンターズSのデムーロに続き、秋G1は外国人騎手が連勝となった。
やはりデムーロ&ルメールは無視してはダメである。今週は「思い入れ」を優先したが、当てるためにはこの2人を消すとかありえないというのを実感した。

で、来週は菊花賞。
絶望的にやる気が起きないメンバーである。
昨年度のPOGで持っていたサトノアーサーとポポカテペトルが出るようなので、この2頭の馬券だけ買って眺めることになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋華賞の予想。

明日は秋華賞@京都。
・・・の前に、今日の新潟3レースで藤田菜七子が勝ったのだが、きっちり単複(6倍&2倍)を的中。
スポーツ大会へ向かう電車の中で「今日、藤田が勝つ可能性が最も高いのはこれだ」と読んで勝ったのだが大正解。ほんと、ダートの短距離の先行馬は安心して買えます。
明日の藤田で面白そうなのは5レースのニシノハレブタイだろうか。
すんなり先行できそうなメンバー構成だし、明日の府中ダートはたぶん不良馬場だろうから、前残りはありそう。

秋華賞に話を戻す。
気になる天気だが、明日は一日中雨の予報。それなりに湿った馬場にはなりそう。

まあ、先週も書いたが買う馬は1年前から決まっている。
◎リスグラシュー(2番人気)
○アエロリット(1番人気)
である。

便宜上↑こう書いたが、実質的にはダブル本命である。
これまで何度も書いてきたが、この2頭は昨年度のPOGで持っていた馬。
リスには阪神JF2着、桜花賞2着などで、アエロにはNHKマイルC勝ちなどで大変お世話になった。
POG期間が終わった後も、アエロにはクイーンSでお世話になった。この2頭は、引退するまで買い続けると決めています。

一応、客観的に書くと、リスはこれまで大崩れはしていないし(オークスはイレ込み&直線での不利があった)。確実に伸びてくる末脚は魅力である。この馬には京都2000mは直線が短い気もするが、そこは鞍上の武豊に託す。
アエロは「2000mが初めて」「秋華賞は関東馬にとって鬼門」などの嫌なデータはあるが、先行力は魅力。何が何でも先行して来そうなのはカワキタエンカ(8番人気)ぐらいだし、激しい先行争いにはならなさそう。

とは書いたが、正直なところ、この2頭は不安材料もあって「自信の◎・○」ではないです。
というわけで客観的に気になる馬を一頭挙げる。

▲ラビットラン。

現在5番人気。
ローズS勝ち馬である。
レース直後は「京都2000mの内回りであの末脚が使えるか?」と書いたが、ここ3年は「ローズSで最速の上がりだった馬」が秋華賞で好走している。(※昨年の最速はシンハライトだったが不出走。2番目に速かったカイザーバルが3着。)
それを知ってしまうと、軽視はできない。人気を見る限り、「ローズSと同じような脚は使えない」と思っている人は多そうで、まだ馬券的な妙味はありそう。

馬券はこの3頭で。かなり堅い予想だが仕方ない。
秋の国内G1は的中でスタートできたので、連勝といきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«スポーツ大会。