フェブラリーSと小倉大賞典の予想。

今日から奥さんの実家に帰省。

正月は雪があまり積もっていないというので断念したのですよ。
で、新潟に夕方に着いたが、まずまず積もっていた。これなら充分雪遊びできそうです。

明日はフェブラリーS@府中。
自慢じゃないが、フェブラリーSは単勝も馬連も当てたことが無い(笑)。昨年はワイドが当たったが、これはかなり珍しいことだった。
さて今年のメンバーを見てまず思うのは「逃げ馬少ね〜」ということ。これはインティ(2番人気)の逃げが濃厚だろう。そしてそのまま押し切られそうな気はしないでもない。一応インティは買うのだが、それ以上に買いたい馬がいる。

◎アルクトス。

現在4番人気。
昨年の南部杯2着以来の休み明けになるが、調教は動いたようで問題は無いと見る。府中ダートのマイルは4戦4勝と得意とする舞台。鞍上の田辺も今日は3勝と好調だった。
今年の手薄なメンバーなら充分チャンスはある。

もう一頭気になるのはワンダーリーデル(9番人気)。
昨年の武蔵野Sで単勝取らせてもらってからずっと買っているが、今回はその武蔵野Sと同じ府中のマイル。
スローな展開になりそうなので、正直展開は向かない気もするが、ここで買わずに好走されたら死んでも死に切れないので買う。
あと、鞍上の横山典は明日は52歳の誕生日です。

あと、2番のアルクトスを◎にするので、馬連2-10は抑えておく。
明日のプレゼンターは女優の川口春奈なのだが、彼女の誕生日は2月10日だったりする(笑)。10番はノンコノユメ(6番人気)で、「有り得ない馬」でもないし。

最後にモズアスコット(1番人気)は買わない。
来てもおかしくはないが、そこまで手が回らない。

あと、小倉大賞典の予想も。
これはずっと買ってるエメラルファイト(3番人気)しかない。小回りの1800mは絶対向くはず。

まあ、今週も当たらないんだろうなあ(←なんてことは思ってない)。

| | コメント (0)

王将戦第4局。

今日はJリーグ開幕戦の湘南vs浦和@平塚が行われた。

というわけで、2020年のJリーグが始まった。楽しい一年になることを祈ります。
ちなみに今日の試合は3-2で浦和が勝った。つまらん。

さて、これより気になるのは王将戦第4局2日目。
渡辺王将(&棋王・棋聖)が勝って防衛に王手をかけるか、広瀬八段挑戦者が勝って2勝2敗のタイに持ち込むかという一局。

結果は広瀬の勝利。

後手番の渡辺が雁木(という囲いの名前です)に組んで積極的に仕掛けるが、攻めが軽く、広瀬に受け止められる。
そして広瀬が反撃して優勢になり、終盤で少し差が詰まったようにも見えたがきっちり勝ち切った。

渡辺は後手番の時は「負けて元々」的な将棋を指すことがあるが、今回はそういう感じに見えた。まあ、広瀬の研究を外す意味合いもあったとは思うが。

これで2勝2敗となり、改めて三番勝負の形に。
これは棋王戦と同じ形でもある。
叡王戦の挑戦権、棋王戦と王将戦の防衛戦と忙しい渡辺だが、3つとも勝ち切れるだろうか。


| | コメント (0)

来期。

まだまだ続くサイパン写真。
これは3日目に行ったマニャガハ島のビーチ。
サイパンの港から船で15分くらい(だったと思う)で行ける島。ここでみんなで泳ぎまくって遊びまくった。
日差しが強すぎたせいか(サイパンの紫外線は日本の5倍くらい強いらしい)、義妹さんは熱が出て、長男もちょっとぐったりしてしまったわけだが。

今日はうちの会社の来期(4月以降)の職制が発表された。

私自身は課長のままで変化無し。
部下が増えたり減ったりも無し。
組織は若干変わったが、「劇的な変化」というほどでもない。

嬉しいニュースは一つあった。
私が所属している部で、現在は子会社に出向している大嫌いな先輩(男)がいるのだが、そのまま転出することになった。出向だとやがては帰って来る可能性があったのだが、転出となると「別会社の人」になるわけで、帰って来ることは無いだろう。

この先輩、部の女性陣にもかなり嫌われていて、みんな喜んでいた(笑)。
実は今日はこれから部の飲み会(2月いっぱいで退職する年配の方がいる&その後釜の派遣さんの歓迎会)があるのだが、みんなで楽しく飲めそうです。

| | コメント (0)

やるじゃんJリーグ勢。

昨日は東京がACLのグループリーグで勝利したという話を書いた。

で、今日はJリーグ勢として横浜と神戸がそれぞれリーグ戦を戦ったのだが、どちらも勝った。
横浜はホームでシドニーFC(オーストラリア)を4-0で粉砕した。
神戸はアウェーで水原三星(韓国)を後半45分でのゴールで1-0勝ち。
強いな、Jリーグ勢。
これで横浜も神戸も2戦2勝。東京が開幕2戦を1勝1分けで終えたので「いい結果」と思っていたのだが、そうでもなかった。

まあ、中国勢はまだ試合をしていないので浮かれ過ぎてはいけないわけだが、今のうちは浮かれておこう。

| | コメント (0)

まずは1勝。

無事帰宅。

結局新幹線の中では一睡もできず(寝ようとはした)、「将棋世界」を読んだりスマホを見たりして過ごした。詰め将棋を考えていたら時間なんてあっという間に過ぎますな。
さて、今夜行われたACLグループリーグ第2節、東京vsパース・グローリー(オーストラリア)@東京スタジアム。
結果は1-0で勝利!
動画は見れないのでテキスト速報で見ただけだが、後半37分にMF安部のパスを受けたFWレアンドロがループっぽいシュートを決めて、それが決勝点になった、らしい。
いやあ、頼りになるなあ、ブラジル人3トップ。
やはり「個の力」って大事だなあと思います。
ただ、今日もアシストを決めたが、大卒ルーキーの安部がかなりいいらしい。
運動量が豊富で、それでいて今日みたいに終盤でも大きい仕事をやってくれる。昨年までのMFでのレギュラーだった東、三田を押しのけて使われているのはそういうところを評価されているのだろう。
さて次はJリーグ開幕戦。
東京は23日の日曜日に清水とアウェーでの試合となる。
今日から中4日と楽な日程ではないが、今日の勝利の勢いで開幕戦も制して欲しいです。

| | コメント (0)

広島出張。

今日はサイパンの写真・・・ではなく富士山の写真。
実は今日は朝から広島支社へ日帰り出張だった。今日は晴れていたので富士山がとてもキレイだった。ただ、名古屋を過ぎて(たぶん)米原あたりは一面の雪景色だった。
いろんな天気を見た一日でした。

広島への出張は、「広島支社の人(マクロにすっごく詳しい)」との「業務改善についての意見交換」。
まあ、3時間ぐらいいろいろ話せて有意義ではあった。ただ、それだけの為に往復8時間(うちの会社は、広島への出張は基本的に新幹線)かけるのもどうなのよ、とは思う。

ちなみに現在は新幹線の中でこれを書いている。
もう少し仕事したらひと眠りするかねえ。

さて、今夜はもうすぐACLグループリーグ第2節、東京vsパース・グローリー(オーストラリア)@東京スタジアム(国際試合では「味の素スタジアム」の名称は使わない)。
正直、パース・グローリーがどれぐらい強いのかはわからないが、ホームゲームである以上勝たなくてはいけない試合である。
試合を見ることはできないが、いい結果を期待します。

| | コメント (0)

三段リーグ。

今週もサイパンの写真をお届けする。
3日目にマニャガハ島へ向かう途中のバスの中から見えた虹。
この虹は水平線から水平線にかけてかかっていた(つまり半円を描いていた)のだが、写真には収めきれなかった。これが見れたのが、この旅で一番の感動だったかもしれない。

今日も将棋の話。
現在の将棋界は王将戦と棋王戦のタイトル戦や、叡王戦の挑戦者決定戦で盛り上がっているわけだが、「マスコミ受けしそうなもの」が別にある。

「女性初の将棋棋士を目指す西山三段が三段リーグで連勝 3位で最終日に挑む」

将棋のプロ(いわゆる「棋士」)になる為には、奨励会という育成組織でまずは三段まで上がり、その三段だけで構成される「三段リーグ」で半年間戦い、上位2名が四段に昇段して棋士になれる。
で、現在進行中の三段リーグで西山朋佳三段があと2局を残して3位につけている、という話である。

これ、めちゃくちゃ凄い話だったりする。
なにしろ、女性で三段リーグに入れたのは里見香奈(現 女流四冠)と西山しかいない。
里見はすでに三段リーグを退会(年齢制限の為)したが、里見は「あともう少しで四段昇段」のところにさえ行けなかった。

しかし西山はあと2局(3月7日にまとめて指す)の結果次第では四段昇段のところまで来た。
仮に2連勝しても、現在1位の人が1つ勝つ&2位の人が連勝したらダメな状況ではあるが、こればっかりはわからない。

というわけで、3月7日はかなり楽しみです。

| | コメント (0)

棋王戦第2局。

今日は棋王戦第2局。
渡辺棋王(&王将・棋聖)が勝って防衛に王手をかけるか、本田五段挑戦者が勝って1勝1敗のタイに持ち込むかという一局。

勝ったのは本田。

相掛かり(という戦法名です)から先手の本田が上手く攻めて優勢に。
終盤、ちょっと緩い手があって渡辺の反撃を受けるが、本田が馬捨ての妙手を見つけて一気に寄せ切った。

渡辺にしては珍しく中盤から劣勢になり、そのまま押し切られた。
王将戦とダブル防衛戦の真っ最中だし、叡王戦の挑戦者決定戦三番勝負(対戦相手は豊島竜王・名人)も戦っているので、研究する暇も無いのかもしれない。

逆に、渡辺相手に勝利した本田はなかなか素晴らしい。
第1局の完敗を見たら「ストレート決着もあるかな・・・」と思ったが、全くの杞憂だった。

これで改めて三番勝負の形になった。
次の第三局は渡辺の先手で、渡辺にとっては「絶対に落とせない一局」。
そこを本田がブレイクできたら面白いのだが、さてどうなることやら。

| | コメント (0)

京都記念と共同通信杯の感想。

今日の東京は朝から雨で、家族みんなで家で過ごす。

そうなると息子達は「テレビを見たがる」か「何か食べたがる」かの二択になる。それに奥さんがイラついて一人で外出するという展開になったりする。
ほんと、週末に雨が降るのは勘弁して欲しい。
今日の競馬は京都記念@京都と、共同通信杯@府中。
京都記念を制したのは人気に応えてクロノジェネシス。
道中は先行し、4角で外に持ち出すと力強く伸び、カレンブーケドール(2着/2番人気)を寄せ付けず完勝。
うん、普通に強かった。上がり勝負だと昨年のエリザベス女王杯みたいに切れ負けするが、今日みたいな時計のかかる馬場なら強いことを改めて見せた。
期待した◎ドレッドノータス(6番人気)は8着。
こちらも先行していたが、4角の時点で手応え悪く、全く伸びず。ここまで馬場が悪いとダメなのかもしれない。
共同通信杯を制したのはダーリントンホール(3番人気)。
道中は好位を進み、直線で逃げたビターエンダー(2着/4番人気)のインに入るとそこから2頭の激しい叩き合いになり、ハナ差競り勝った。
これまで詰めの甘さで勝ち切れなかった馬だっただけに、今日みたいな馬場は合っていたのかもしれない。逆に言えば軽い良馬場でどれだけやれるかはわからないままだけど。
圧倒的1番人気だったマイラプソディは4着。
後方からだったので展開が向かなかったのは事実だが、それにしても1・2着馬から離され過ぎ。初めての輸送が影響したのだろうか。
期待した◎ココロノトウダイ(5番人気)は5着。
これはいい感じで先行していたのだが、直線で伸び切れず。プラス12kgの影響なのだろうか。半姉フェアリーポルカも小回り向きな馬なので、この馬もそうなのかもしれない。
というわけで今週も外れ。
お気づきかもしれないが、今年に入って1回も◎が勝っていない。それどころか3着にも入っていない。なかなか深刻なスランプである。
まあ、そのうち当たると気楽に考えるとします。

 

| | コメント (0)

京都記念と共同通信杯の予想。

今日の競馬は藤田菜七子が骨折したという残念なニュースがあった。

藤田は今年も順調に勝っていただけにこの怪我はいろんな意味で痛い。早く戦列復帰してくれることを祈ります。
明日の競馬は京都記念@京都と、共同通信杯@府中。
京都記念は例年『先行できる、ちょい人気薄の馬」が強いレース。
◎ドレッドノータス。
現在5番人気。
昨秋の京都大賞典では11番人気の低評価を覆す勝利。この時は3番手から抜け出ての勝利だった。
時計のかかる馬場でも好走しており、今の京都には適性がありそう。
もう一頭気になるのはノーブルマーズ(6番人気)。
2走前に高倉を降ろしてからは川田→ミナリクが先行させて惜しい競馬をしている。明日の鞍上はシュタルケだが、ちゃんと先行させてくれると信じて買う。
人気になっている4歳牝馬2騎は悩ましい。
「京都記念で人気になった牝馬」はジェンティルドンナ、ハープスターがいたが負けてるんだよなあ…。
まあ、一応買うけれど。
共同通信杯はマイラプソディが単勝1.5倍の圧倒的人気だが、共同通信杯って1倍台の人気馬がよく負けるんだよねえ。
さすがに消せないけど、一発ありそうな馬を狙う。
◎ココロノトウダイ。
現在4番人気。
1勝クラスを勝って3戦2勝と底を見せていないところと、デビュー以来1800m戦しか使われていないところがいい。
半姉フェアリーポルカに昨年の紫苑Sでお世話になった恩もあるし。
馬券は◎の単勝とマイラプソディとの馬連だけ買う。
ほんと、そろそろ重賞当てたいです。

| | コメント (0)

«コロナウイルス。