参入プレーオフ。

たまにはサッカーの話。
と言ってもE-1選手権はあまり関心が無く、来年のJ1の話。

「2018J1参入プレーオフ 大会方式および試合方式について」

ここ数年、J1の16~18位は自動降格で、J2の1・2位は自動昇格、3~6位は昇格プレーオフを行い1チームが昇格という方式だった。
これが、来年はJ2の3~6位が参入プレーオフを行い、勝者1チームがJ1の16位と戦って勝った方がJ1残留or昇格ということになった。

う~~~ん、なんか面倒なことになっているなあというのが率直な感想。
要するに「ここ数年の昇格プレーオフの勝者vsJ1の16位の試合が一つ増えた」という話である。それだったら「J1の16位とJ2の3~5位の4チームでトーナメント」にする方がいい気がする。
以前みたいに「J1の16位vsJ2の3位でホームアンドアウェーを戦う」だと、J2の消化試合が増えるのでそれは戻さない方がいい。

なんにせよ、このプレーオフに3週間かけるのは無駄が多い。このせいでレギュラーシーズンにしわ寄せがくるのだろうし。
3年くらいで見直して欲しいと思います。

あと、このプレーオフに東京が関わらないことを今から祈ります・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「モノレールのたび」。

今朝の東京はかなり寒かった。
まあ、雪が降るとかではないわけだが、寒いものは寒い。
ただ、私の場合、朝は上の息子を抱っこして駅まで15分近く歩くので、その間はそこそこ暖かい。雨や雪が降ったらこの手は使えないけれど。

ネタに困った時の息子(上の息子)の話。

最近、息子がハマっているのが「モノレールのたび」という絵本。
上から吊るすタイプのモノレールの運行を描いた話で、乗り物好きな息子にはピッタリな絵本。先週末に図書館で借りたのだが、毎日のように読んでいる。

で、この絵本で描かれているモノレールは湘南モノレールが題材になっている。
この絵本を読むまでは湘南モノレール自体を知らなかったのだが、これを機に調べたら、終点の湘南江の島駅は新江ノ島水族館やいろんな食べ物屋さんがあったり、結構楽しめそうなスポットであることに気付いた。私の自宅からも、モノレールの始点である大船までは1時間くらいで着くし、そんなに遠い場所でもない。

今は寒いし、湘南江の島駅がエレベーターの工事中らしいので行こうとは思わないが、来年暖かくなったら家族みんなで江ノ島まで遊びに行くのもいいかな、とか思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港国際競走の話。

今日は特に何も無い一日だったので昨日の話を。

すっかり忘れていたが、昨日は香港国際競走が行われていた。
日本からは4レースに合計8頭出走したが、ヴァーズ(2400m)でのトーセンバジル、カップ(2000m)でのネオリアリズムの3着が最高で、勝利は挙げられなかった。

スプリント(1200m)とマイル(1600m)はメンバー的に厳しいと思っていたが、ヴァーズとカップはもう少しなんとかなるかと思っていただけに残念。
最近の香港国際競走はどれか一つぐらいは勝っていたのだが、モーリス級の馬が出走しないと厳しいという事か。
勝つ時はエイシンヒカリやサトノクラウン級の「国内G1で歯が立たない馬」でも勝てるんだけどねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お食い初め。

続いて自分の話を書く。

今日は下の息子のお食い初めのため、東京タワーの近くにある「とうふ屋うかい」へ行った。
ちなみに、上の息子の時もここ。この時は私の父親も一緒だったなあ・・・。

お食い初めの儀式も行い、食事もとても美味しく、大満足だった。
上の息子は、大きい豆腐を全部食べてしまったのだが、こいつの胃袋は底なしなのだろうかと少し不安になった(笑)。

その後は東京タワーの展望台に上って景色を満喫。
今日は天気が良かったので、富士山も見えました。

そんな感じの楽しい日曜日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神ジュブナイルフィリーズの感想。

まず競馬の話を書く。
今日は阪神ジュベナイルフィリーズ@阪神。

勝ったのはラッキーライラック(2番人気)。

道中は中団に構え、直線では早めに抜け出たリリーノーブル(2着/3番人気)をきっちり競り落とした。
これで3連勝で2歳女王となった。今日みたいに大外ぶん回しでねじ伏せられるのだから能力は高いと思うが、「桜花賞も確定」とまで書く気にはまだならない。そこまでオルフェーヴル産駒を信用していません。

期待したコーディライト(6番人気)は13着。
先行するために外枠から脚を使ったのが響いたのだろうが、それにしたって負け過ぎ。
来年はフィリーズレビューに出たら買ってもいいかな、というレベルです。

というわけで今週も外れ。
まあ、こんな堅い結果(2→3→4番人気の決着)ではどうしようもない。

来週は朝日杯フューチュリティステークス@阪神。
ここにはPOGで持っているステルヴィオが出走する。
鞍上はルメールかrデムーロ弟に乗り替わるらしいが、今のルメールはかなり不調に見えるので、この乗り替わりはむしろプラスと考える。
とりあえず、出走する限りは◎ステルヴィオです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神ジュブナイルフィリーズの予想。

今日はE1サッカー選手権の日本vs北朝鮮が行われたぐらいで特に何も無い一日。
ちなみに1-0で勝ったらしいが、北朝鮮相手に後半アディショナルタイムの1点で勝利というのも寂しい話。
まあ、Jリーグ組のみでなおかつ浦和抜きだとこんなものか、と見てもいないのに偉そうに言ってみる。

明日の競馬は阪神ジュベナイルフィリーズ@阪神。
先週も書いたが、あまりやる気は無い。POGで持っている馬もいないし。
ただ、馬柱を見て「この人気なら買ってもいいのでは?」と思う馬がいる。

◎コーディエライト。

現在8番人気。
新潟2歳SとファンタジーSで2着だった割には人気薄な感じ。8枠17番と外を引いたのが嫌われているのかも。
ただ、こういう「相手なりに走る馬」はG1でこそ買うべきだと思う。
馬券は◎の単複だけ買う。買えば買うだけ外れそうだし。
あと、明日は香港のG1が4鞍組まれているが、こちらもあまりやる気は無いので見送る予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘年会&ボーナス。

今日はこれから会社の忘年会。
仕方ないことだが、今は簡単に飲み会に行けない。というわけで、せっかくの機会なので思いっ切り楽しんできます。

そして今日はボーナス支給日でもあった。
今回は手取りで70万をちょっと超えた。昨年は手取りで50万を超えなかったので、それに比べればマシという感じ。
まあ、うちの会社は「夏のボーナス>冬のボーナス」なので、冬のボーナスで一喜一憂しても仕方ない。て言うか、ボーナスがいくらだろうが、私のこづかいになるのは5%だし(涙)。

・・・いかん、書いてて切なくなってきた。
もう一回書くが、思いっ切り楽しんでくるぜ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャッフルし過ぎ。

今日は、会社の後輩女子(横浜サポ&川崎サポ)とランチ会。
一応、「川崎リーグ優勝おめでとう」ということでおごってあげて、もう一人の女子もついでにおごってあげた。
まあ、明日はボーナスが出るし、このくらいは管理職としてはどうってことないです。

そのランチ会で話題になったのが、「今のJ1、監督シャッフルし過ぎ」ということ。
女子2人と交わす話題か、というのはさておき(笑)。

来シーズンに向けて現時点で確定している「新監督」は、東京の長谷川(前G大阪監督)、G大阪のクルピ(かつてのC大阪監督)、広島の城福(かつての東京監督)。これに加え、札幌にはペトロヴィッチ(前浦和監督)が就任するという噂が流れている。

・・・なんだろう、この閉塞感。
もちろん、監督選びが大事であるのは言うまでもない。
冒険的な人選をして、もし失敗したら低迷まっしぐらなのだから、「J1で実績のある監督を選ぶ」というのはわかる。
ただ、それにしたって無難すぎるのでは、と思うのですよ。

そういう意味では、東京にフィッカデンティが来た時は嬉しかった。
「セリエAでの指揮経験がある監督が来るなんて!」と思ったし、好成績を挙げたのを見て「監督の力は大きいなあ」と思ったものです。
・・・ほんと、フィッカデンティを手放したのは、東京フロントがバカとしか言いようがない・・・。

現時点で、「来期の監督が決まっていないJ1のチーム」は横浜ぐらいだろうか。
横浜なら、シティグループの力を借りて欧州から面白い監督を連れて来てくれると信じてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら、ウタカ。

今日の午後はセミナーを聞きに渋谷へ。
17時前に終わったので、本来なら会社に戻らなければいけないところだが、当然のように直帰。少しだけまったりしてから帰ったけど。

今日知って「ああ、やっぱり」と思った話。

「ピーター ウタカ選手 期限付き移籍期間満了のお知らせ」

東京FWウタカの移籍期間満了が発表されていた。
この後、「完全移籍で獲得する」という可能性はあるわけだが、本人コメントで「ファン・サポーターのみなさんありがとう」と語っているので、東京が獲得することは無いだろう。

ウタカは今シーズンが始まってから急に加入し、「これ以上FW獲得してどうするんだよ・・・」と思ったが、途中出場でバシバシ点を取る姿を見て「凄え~」と感心した。
・・・まあ、すぐに点を取れなくなってしまったわけだが。
個人的には、ウタカはFWというよりはトップ下で自由にやらせる方がよかったようにも思う。シュートも上手かったが、パスも上手かったし。
ただ、FW大久保との息が絶望的に合わなかったのが残念だったなあ・・・。
でも、ウタカのおかげで得た勝ち点もたくさんあります。夏の神戸戦の決勝ゴールは忘れません。
ありがとう、そしてさよならウタカ。

さて、ウタカはこの後どうするのだろう。
なんとなくだが、来年も「どこかのJ1のチームに緊急補強される」ような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竜王戦第5局。

今日は竜王戦第5局2日目。
羽生棋聖挑戦者が勝って竜王を奪取するか、渡辺竜王が勝って巻き返すかという一局。

結果は羽生の勝利。

角換わり(という戦法名です)の序盤に、羽生がいきなり銀をぶつけて仕掛ける。その後はお互いの攻防が続くが、手順に自陣を堅くした羽生が一気に攻めて最後は大差で圧勝。
終わってみれば、羽生の完璧と言っていい指し回しの将棋だった。

この結果、羽生が4勝1敗で竜王奪取を成し遂げた。
そして、竜王在位7期目となり「永世竜王」の有資格者となり、新設された叡王以外のタイトル七冠全ての「永世資格者」となった。
当然だが、この「七冠全ての永世資格者」となったのは羽生が初めて。空前絶後の大記録である。

正直、ここ数年は“衰え”も見えていて、もう1回竜王になるのは厳しいかと思っていた。
竜王戦に関しては、2008年に3連勝から4連敗でタイトル奪取に失敗とか、2014年に挑戦者決定戦まで行きながらそこで敗れて挑戦者になれないとか、運の無さもあったし。

そんな状況で、今回竜王を奪取したのは「凄え」の一言。
歴史に残る大記録達成を見られてとても嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«長谷川監督就任。