« 池袋でランチ会をしました。 | トップページ | 紅白出場歌手が発表されました。 »

里見倉敷藤花誕生に思う。

すっかり書くのを忘れていたが、23日に将棋の女流タイトル戦である倉敷藤花戦第2局が行われた。
3番勝負の第1局は、挑戦者の里見二段が勝利してタイトル獲得に王手をかけていたわけだが、この第2局も里見が制して初のタイトル獲得となった。
里見を応援してきた人間としては凄く嬉しい。3番勝負の前は、正直言ってタイトルホルダーである清水の壁は高いと思っていたが、勢いでぶっ飛ばしてしまった感がある。

さて里見は今期の女流名人挑戦者決定リーグも絶好調で7勝1敗の星。最終節の清水戦で勝てば挑戦者になり、矢内女流名人とのタイトル戦になる(負ければプレーオフ)。
こうなったら挑戦者になってもらって二冠を目指してもらいたいとか思うが、清水もそうそう負けてはいられないだろうし、どうなるか楽しみである。

そして、里見はタイトル獲得したことで「男性棋戦である竜王戦」の参加資格を得た。現在渡辺vs羽生の7番勝負が行われている竜王戦だが、この来年度の参加資格である。
里見は、と言うか女流タイトルホルダーは“特別参加扱い”として最下層の6組に編入される。理屈の上では、この6組で優勝して挑戦者決定トーナメントを勝ち上がれば来期の竜王に挑戦できる。
ちなみにその為には6組優勝=6連勝、挑戦者決定トーナメント勝ち上がり=5連勝&挑戦者決定3番勝負勝ち上がりと、合計13勝が必要だったりする(笑)。
まあ現実的には6組のトーナメントで1つ勝ったらびっくり、2つ勝ったら快挙、3つ勝ったら奇跡というレベルの話です。
でも頑張って欲しいとは思います。

|

« 池袋でランチ会をしました。 | トップページ | 紅白出場歌手が発表されました。 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 里見倉敷藤花誕生に思う。:

« 池袋でランチ会をしました。 | トップページ | 紅白出場歌手が発表されました。 »