« 「売国奴」という言葉がぴったりですね。 | トップページ | 「レイトン教授と魔神の笛」をクリアしました。 »

阪神ジュベナイルフィリーズの回顧。

阪神ジュベナイルフィリーズが先程終わった。

勝ったのはアパパネ(2番人気)。
中団でレースを進め、直線ではうまくインを突いて抜け出し、後続の追撃を凌いだ。ソツのないレースだった、という印象。
勝ち馬の調教師である国枝師は、昨年のダノンベルベール(2着)と同様にアパパネにも栗東で調教させて(いわゆる“栗東留学”)、それが実を結んだ形。しかし、こうも栗東留学が結果を出しまくると(今年のダービー馬・ロジユニヴァースも栗東留学経験馬)、美浦の存在価値ってなんなの?って話だな・・・。
さてここ3年のこのレースの勝ち馬はみんなクラシックホースになっているのだが、アパパネも先輩達に続けるのだろうか。なんか、血統的に早熟っぽいイメージが拭えないのだけどなあ。

期待したタガノパルムドールは後方のままで13着。全く見せ場は無かった(笑)。とりあえず、減った馬体を戻して立て直してもらいましょう。

というわけで馬券はかすりもせず。
まあ、POGで他の人に取られているシンメイフジ(5着)、メルヴェイユドール(12着)が負けてくれたのでよしとしよう。

|

« 「売国奴」という言葉がぴったりですね。 | トップページ | 「レイトン教授と魔神の笛」をクリアしました。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阪神ジュベナイルフィリーズの回顧。:

« 「売国奴」という言葉がぴったりですね。 | トップページ | 「レイトン教授と魔神の笛」をクリアしました。 »