« ワールドカップ開幕!・・・U-20女子の。 | トップページ | 長友移籍決定! »

王位戦第1局。

今日は書きたい話がたくさんあるのだが、厳選して3つだけ書く。
ちなみに書くのを止めた話(明日書くかもしれないが)は、「胃カメラ飲んで悶絶した話」「我が母校が高校野球の東東京の予選でコールド負けした話」「愛馬・レッドエレンシアのデビューが8月7日(土)の新潟芝1400mで鞍上が蛯名になりそうという話」「今年の東京サラブレッドクラブの1歳馬募集は26頭になるらしいという話」などなど。

さて、まず書きたいのは王位戦第1局。
深浦王位に広瀬六段(23歳)が挑戦する本シリーズ。
とりあえず広瀬は100%振り飛車穴熊に構えるので、それに対して深浦がどう応じるのかが注目である。

第1局は、後手番の深浦が居飛車穴熊に組んで相穴熊となったが、結果は広瀬の勝利。
中盤で広瀬が角をぶった切って攻め込んだのが当然ではあるのだが好手で、そこから攻めを繋いでいき、深浦の反撃もあったが明確な1手勝ちで広瀬が制した。
なんと言うか、同じ穴熊でもスペシャリストの広瀬とそうでない深浦との差が出たような気がした。

というわけで広瀬が幸先良く先勝。
羽生を負かして挑戦者になった勢いがまだまだ続いている模様。
とりあえず、深浦は広瀬の穴熊対策ができないとこのまま一気に失冠してしまうかもしれんなあ。

|

« ワールドカップ開幕!・・・U-20女子の。 | トップページ | 長友移籍決定! »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 王位戦第1局。:

« ワールドカップ開幕!・・・U-20女子の。 | トップページ | 長友移籍決定! »