« 新外国人の加入が決定しました。 | トップページ | 予想の前に。 »

「ハチワンダイバー」第18巻を購入しました。

現在、ニッポン放送の「おニャン子クラブのオールナイトニッポンGOLD」を、ネットラジオで聴きながらこれを書いている。
パーソナリティが新田、国生、城之内、生稲(会員番号順)という、なかなかに濃いメンバー(笑)。これで23時40分までもつのだろうか・・・。

さて今日は「ハチワンダイバー」第18巻を購入。

【送料無料】ハチワンダイバー(18) ハチワンダイバー(18)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

「ハチワン」と言えば「最初は面白かったけど最近はグダグダな漫画」として知られる。そう言われると否定はしません(笑)。
さて今巻の見せ場は「二こ神(主人公の師匠的存在)vsラスボス・谷生のコピー」の一局。て言うか、今巻の将棋はこの一局だけ。

すげえ熱い対局シーンだった。

「負けた方が死ぬ」というルール(いかにも漫画的なシチュエーションだ)で、結末の描写は避けるが、とにかく壮絶な展開だった。

最後の二こ神のこのセリフに痺れた。
「将棋は、駒の戦力比、駒の性能、お互いまったく同じ・・・なのになぜ」
「なぜ、一手一手指し進める事によって駒達は複雑に絡みあい」
「駒の性能を遥かに超えた“一手”が生まれるのだろうか?」

そう、将棋の魅力はここにあるんだよなあ。
こういうセリフは、自身が大の将棋好き(かつ実力者)である、柴田ヨクサルにしか書けないと思う。

というわけで大満足の18巻でした。

|

« 新外国人の加入が決定しました。 | トップページ | 予想の前に。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ハチワンダイバー」第18巻を購入しました。:

« 新外国人の加入が決定しました。 | トップページ | 予想の前に。 »