« 阪神ジュベナイルフィリーズの感想。 | トップページ | 今更だけど柏すげえ。 »

香港では当分勝てない気がする。

香港国際競走があらかた終わった。
少なくとも、日本馬が出走するレースは全て終わった。

香港ヴァーズのトレイルブレイザーは後方からじわじわ伸びただけの6着。
例年スローの前残りになるこのレースで(実際、今日も前残りだったはず)、後方から進む安藤勝はバカだと思った。

香港スプリントのカレンチャン&パドトロワは、カレンチャンが5着でパドトロワが最下位の14着。
カレンチャンは直線の入口で他の馬に寄せられたようにも見えたが、それが競馬というもの。個人的にはよく頑張ったと思う。香港スプリントでの日本馬の5着は歴代最高着順だし。

香港マイルのアパパネはブービーの13着に大惨敗。
いい感じで先行しているように見えたが、4角ではすでに手応えが無かった。故障ではないようには見えたけど・・・。
精神的な問題かもしれないが、牝馬なのだし無理をさせずに引退を考えてもいいのではないだろうか。

今回、トレイルブレイザーを除く3頭は日本からの輸送時にトラブルがあった(飛行機の機体トラブルで丸々1日待たされた)のだが、その影響もあったのかもしれない。まあ、それが順調でも勝ち負けできたかと言われると疑問だが。

それにしても、毎年書いていることだが香港で全く歯が立たなくなってしまっている。
日本の軽すぎる馬場に適応できている(=日本で強い馬)を連れて行ってもダメなのかもしれない。
冗談抜きで、凱旋門賞に臨む前に現地でステップレースを使うように、香港国際競走の前に香港で走らせるとかしないと勝てないような気がする。
あるいは日本の馬場を、もう少し時計がかかるようにするとか。まあ、JRAがそんなことする訳ないけど。

というわけで、今日の競馬は何一ついいことがありませんでした。

|

« 阪神ジュベナイルフィリーズの感想。 | トップページ | 今更だけど柏すげえ。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香港では当分勝てない気がする。:

« 阪神ジュベナイルフィリーズの感想。 | トップページ | 今更だけど柏すげえ。 »