« ゼロックス杯のチケット購入。 | トップページ | 長年の疑問をクリアする。 »

AJC杯と平安Sの感想。

AJC杯と平安Sが終わった。

AJC杯は、単勝1.4倍の1番人気に応えてルーラーシップが3馬身差の完勝。
馬場の悪い内を避けて大外に持ち出し、まとめてねじ伏せた。終わってみれば力が違いましたとしか言いようが無い。
あと、昨年の金鯱賞(不良馬場で大出遅れから一気の差し切り)の時も思ったが、この馬は尋常じゃない重馬場巧者ですな。
それにしても、先週のトゥザグローリー(母トゥザヴィクトリー)といい、このルーラーシップ(母エアグルーヴ)といい、「現役時代大好きだった牝馬の産駒」が重賞制覇しているというのに、ぐりぐり人気であるが故に素直に応援できなというのがもどかしい(笑)。

期待した◎ゲシュタルト(4番人気)は3着。
荒れた馬場を承知でインを突いたのだろうけど伸び切れず。せめてナカヤマナイト(2着/2番人気)を差してくれれば馬連は取れたのだが、2着馬と2馬身差では惜しくもなんともない。

平安Sは、10番人気の伏兵・ヒラボクキングが2番手から抜け出て快勝。
単勝1.3倍の1番人気だったエスポワールシチーは2着死守(3着とはクビ差)が精一杯だった。
勝ったヒラボクキングは12番枠と外目の枠だったし、前走のみやこSではエスポにちぎられての5着だったし、鞍上が藤岡佑では買いようが無い。昨日の予想で「力弱さに定評がある藤岡佑」と書いたが、今年はもしかしてひと味違うのだろうか。

期待した◎スタッドジェルラン(5番人気)は4着。
インでじっと脚を溜めて直線勝負に賭けたが、今日の馬場では4着まで押し上げるのがやっと。まあ、ベストの乗り方をしてくれたのだから不満はありません。

というわけで、東西ともに惜しい結果。
ただ、今日は伏見S(京都10レース)で単勝15.4倍&複勝5.9倍を当てることができたので余裕のプラス。
「今の京都の芝短距離戦は何があろうと先行馬を買うべし」という傾向を信じて逃げ馬を買って大正解。「京都での先行馬狙い」がようやく成功して嬉しいです。

|

« ゼロックス杯のチケット購入。 | トップページ | 長年の疑問をクリアする。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AJC杯と平安Sの感想。:

« ゼロックス杯のチケット購入。 | トップページ | 長年の疑問をクリアする。 »