« セントライト記念の予想と頑張れオルフェーヴル。 | トップページ | セントライト記念の感想。 »

オルフェーヴル、まずまずのフランスデビュー。

フォワ賞が終わった。

オルフェーヴルは1着!

帯同馬のアヴェンティーノ(5着)が作るゆ~~~ったりした流れを最後方で待機し、最後の直線ではインを付き、アヴェンティーノが空けてくれた所を鋭く抜け出る。思ったほどは突き放せなかったが、メアンドル(今年のサンクルー大賞典(G1)勝ち馬)の追撃を凌いで勝ち切った。

まあ、休み明け&初のロンシャンということを考えればまずまずの結果&内容ではないかと思う。
道中、超スローの流れになった時は引っ掛かることを心配したが、そこは鞍上のスミヨンがうまく抑え、途中からは前に壁を作って折り合わせた。正直、初めて「スミヨン上手いな~」と思いました(笑)。

ただ、最後の直線でうまくインが空いたのはアヴェンティーノの鞍上のクラストゥスが“空けてくれた”わけで(たぶん)、本番はこんなにうまくはいかないだろう。出走頭数も今日の5頭立てよりはもっと増えるわけだし、馬群を捌くのも大変になると思う。このあたりは本番に向けての課題ですかね。

さ~て次の凱旋門賞は10月7日(日)。
このまま順調に本番を迎えて欲しいです。

|

« セントライト記念の予想と頑張れオルフェーヴル。 | トップページ | セントライト記念の感想。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オルフェーヴル、まずまずのフランスデビュー。:

« セントライト記念の予想と頑張れオルフェーヴル。 | トップページ | セントライト記念の感想。 »