« 【J特】久々のリーグ戦連勝! | トップページ | 今日はドラえもん生誕100年前。 »

「るろうに剣心」の感想。

昨日と今日で、軽く驚いたこと。
昨日は、京王線の府中駅のホームに屋根ができていたことに驚いた。
そして今日は、府中駅に屋根ができたのではなく、「地下の駅になっていた」ことを知って驚いた。
いつの間にそんなことになっていたんだ・・・。

さて。
今日は特に何もない一日だったので、昨日見た「るろうに剣心」の話を。

設定としては、原作に忠実なところもあれば、名前だけ借りて映画オリジナルの設定にしたもの(戌亥番神と外印)もあって、そのあたりは賛否両論あるのだろうけど、大筋が原作通りだったのでそれほど気にならず。

キャスティングについては、剣心=佐藤健がとにかくハマリ役だった。
「見た目には優男なのに剣を振るうと鬼神の如き強さ」という剣心のイメージに見事に合致していた。正直、あんなに見事な殺陣やアクションをこなすとは思ってなかったので驚きました。
他では、刃衛を演じた吉川晃司もかなりの存在感を出していた。原作の刃衛も“魅力的な悪役”だったが、吉川が演じる刃衛も不気味な迫力があって魅力的だった。

アクションシーンは圧巻だった。
剣心らしいスピード感溢れる無双っぷり、外印や刃衛との1vs1の対決シーンはすごくカッコよかった。これは映画館の大きいスクリーンで見ることをお勧めします。

まあ、いろいろと細かいことを言ったらキリは無いが、総合的に大満足の作品だった。
個人的には剣心の最後のセリフを“アレ”にしてくれたのは嬉しかった。(ここはあえて伏せておきます。)
監督は「るろ剣」が好きな人なんだなあと思いました。

ところで。
昨日は渋谷TOEIで見たのだが、初回が始まる14時前に着いたらチケット売り場は凄い行列ができていた。
私は事前に指定席を購入していたから問題なかったが、ふらっと「面白そうだから見に行ってみよう」というわけにはいかないのかもしれない。
さらに、昨晩の「SmaSTATION!!」でSMAPの稲垣が「るろ剣」を絶賛していた。これでさらに「『るろ剣』を見に行こう」と思う人が増えそうな予感。
冗談抜きで、昨日のうちに見ておいて正解だったのかもしれない。

|

« 【J特】久々のリーグ戦連勝! | トップページ | 今日はドラえもん生誕100年前。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「るろうに剣心」の感想。:

« 【J特】久々のリーグ戦連勝! | トップページ | 今日はドラえもん生誕100年前。 »