« スプリングSの予想。 | トップページ | プエルトリコの話。 »

阪神大賞典とスプリングSの感想。

阪神大賞典とスプリングSが終わった。

阪神大賞典は圧倒的1番人気に応えてゴールドシップが勝利。
相変わらず道中の手応えは悪いのだが、2周目の3角から動いてロングスパートでまくり切った。
まあ、順当勝ちとしか言いようがない。ただ、もう少しまともな先行馬がいれば「差し届かず」のケースはあるような気もする。・・・無理かな?
応援したトウカイトリック(4番人気)は5着。
・・・浜中(今日の鞍上)、2周目の3角でゴールドシップより後ろにいるって何考えてるの?

スプリングSは圧倒的じゃない1番人気(笑)に応えてロゴタイプが勝利。
好位から早めに抜け出て1馬身半差の完勝だった。
昨日も書いたが、この血統(父ローエングリン)なら中山1800mはこなせないわけないのですよ。さて2000mはどうなるかねえ。
期待した◎シンネン(12番人気)は9着。
スタートで出遅れたのが痛すぎた。あと、初の関東遠征でマイナス8kgというのも響いたかもしれない。

というわけで、今日は(も)馬券的には全くいいとこ無し。
来週は高松宮記念だが、悪い流れのまま臨むことになりそうです。

|

« スプリングSの予想。 | トップページ | プエルトリコの話。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阪神大賞典とスプリングSの感想。:

« スプリングSの予想。 | トップページ | プエルトリコの話。 »