« Jリーグ日程発表。 | トップページ | 棋王戦開幕。 »

サクラチトセオー死去に思う。

今日は少しだけ休日出勤したり、家で掃除したりしたぐらいで特に何も無い一日。
明日の競馬の予想をしようかと思ったりもしたが、東西メイン(根岸S&シルクロードS)ともに全くよくわからんのでパス。こんな時期の古馬G3を考える気力が最近無くなってきました(笑)。

というわけで今日気付いた話だが、昨日の話を。

昨日、1995年の天皇賞(秋)を制したサクラチトセオーが死亡したことが発表された。

サクラチトセオー(以下「チトセオー」表記)はダービーにも出走したぐらいの素質馬ではあったが、体質が弱いとか鞍上(小島太)が下手すぎるなどでなかなかG1のタイトルを取れない馬だった。
この頃の私はトニービン産駒が大好きで、そのトニービン産駒であるチトセオーも好きだった。・・・好きだったけど、「G2は勝てるんだけどG1は勝てないんだよなあ・・・」というもどかしさに身悶えたりもした。「小島太さえ降ろしてくれれば・・・」と何度思ったことか(笑)。

そんなチトセオーがついにG1のタイトルを獲得したのが1995年の天皇賞(秋)。
この時は「前年の三冠馬ナリタブライアンの復帰戦」という状況もあったが、調整途上と言われていたナリタブライアンには負けねえという自信があった。
しかし「小島太だから信用はできねえなあ・・・」と思って、単勝を買うには買ったがたいした額は買わなかった。
で、レースはほぼ最後方から直線だけでごぼう抜きで差し切っての勝利!
テレビの前で「いよっしゃあああぁぁぁ!」と喜んだ・・・ような気がする。なにしろ19年前の出来事ですので。

そんな感じのもどかしい馬ではあったが、だからこそ思い出に残る馬だった。
これが例えば「武豊が乗って普通の脚質でG1を3勝した」とかの成績だったらそれほど思い出に残っていなかったかもしれないなあ。

何はともあれ、24歳まで長生きしてお疲れ様でした。
合掌。

さ~て、今日はこれから嫁さんと久々に銀座でデートで~す。

|

« Jリーグ日程発表。 | トップページ | 棋王戦開幕。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サクラチトセオー死去に思う。:

« Jリーグ日程発表。 | トップページ | 棋王戦開幕。 »