« 天皇賞(春)の予想。 | トップページ | 天皇賞(春)その後。 »

天皇賞(春)の感想。

今日は天皇賞(春)@京都。

勝ったのはゴールドシップ(2番人気)。

いつも通りにダッシュがつかずに最後方からの競馬になるが、2周目の向正面からまくって行き、3角では前から4番手に。
直線では早めに抜け出たカレンミロティック(3着/10番人気)を競り落とし、後方から突っ込んで来たフェイムゲーム(2着/7番人気)がクビ差迫ったところがゴール。
3度目の挑戦で悲願の天皇賞(春)制覇を成し遂げた。

一言で言えば「向正面からロングスパートをかけた横山典の好騎乗」。
こういう「勝つための騎乗」ができるのが横山典の凄いところ。仮に今日負けたとしても「勝ちに行っての負け」なので、ゴールドシップを買った人は納得行ったと思う。
これでG1は4年連続勝利&6勝目。普通に歴史的名馬ですな。

期待した◎クリールカイザー(12番人気)はブービー負け。
もう一頭気になっていたスズカデヴィアス(13番人気)は最下位。
1周目でいい感じに逃げていた時は「このまま行け~!」とか思ってました。まあ、儚い夢でしたが(笑)。

というわけで馬券は清々しいくらいに大外れ。ここまで外れればある意味気持ちいいです(笑)。

|

« 天皇賞(春)の予想。 | トップページ | 天皇賞(春)その後。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞(春)の感想。:

« 天皇賞(春)の予想。 | トップページ | 天皇賞(春)その後。 »