« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年もありがとうございました。

今日は朝からEテレで「昆虫すごいぜ!」を見たり、息子達と遊んでまったり過ごす。

午後は息子二人を連れて散歩、というか定期券圏内をダラダラ巡る。御徒町は当たり前だがかなりの人出だった。帰りに上野駅の駅ナカでケーキ買って帰宅。

夕食は、今年最後ということで牛肉、カニ、寿司といった食材がテーブルに並び、奥さんと乾杯してがっつり食べた。あ、年越しそばと買ったケーキも食べました。

その後は風呂に入って、いつもならすぐに寝るが、紅白で「U.S,A」が21時に聞けるということで、奥さんと長男と一緒に見る。長男はダンスしながら楽しそうに見てました。
それが終わったらすぐ寝室へ。冬休みに入ってからは、「一人で寝る」と「息子達と寝る」のを奥さんと一日置きに交代しており、今夜は息子達と寝る番。現在は、寝ている息子達の横でスマホでブログを書いてます。

こんな感じで2018年最後の一日は終わります。
この一年も、本ブログを読んで頂きありがとうございました。
来年も、適当に頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年の馬券を振り返る。

 
今日は「自分の担当分の大掃除」。
具体的には「2階と3階のベランダをデッキブラシで洗う」というもの。結構頑張ってキレイにしたのだが、ひと雨降ったらすぐに汚れるんだよなあ・・・。
 
他には特に何も無い。
せいぜい、この後の24時40分からの「クイズ正解は一年後」が楽しみ、というぐらい。
やはりこの「正解は一年後」を見ないと年は越せないです(笑)。
 
というわけで、唐突だが今年の馬券の成績を振り返る。
結論から書くと、1万ちょっと負けて回収率は91.6%。相当久々の「年間回収率90%超え」だと思う。
振り返ると、スプリンターズSでのワイド万馬券的中や、その後の11月の重賞が絶好調だったのが大きい。まあ、「好きな馬を買ったら当たっただけ」ではあるのだけど。
 
次に騎手別の成績を見てみる。
回収率・収支でトップだったのは和田。
回収率は631%、収支は+37,140円。ほとんどがラブカンプーでのものだが(スプリンターズS、葵S)、フリーウェイSで馬連78倍的中というのもあった。今年は和田&ラブカンプーに救われた一年だった。
ちなみに、回収率の2位以下は古川、幸、国分優、ビュイック。収支の2位以下は武豊、古川、三浦、幸、ビュイック。
古川は葵S、幸はヴィクトリアマイルで当てたおかげでランクインです。
 
馬券購入額のトップはルメール。
回収率は83%とまずまずだったが、ルメールは人気馬がほとんどだから儲けるのは難しいなあ・・・。
ちなみに購入額の2位以下はデムーロ兄、武豊、藤田、福永。ミーハーな買い方だと思います(笑)。
 
逆に、収支が最も悪いのは戸崎。
1回だけ当たったが(エプソムC)、その他16回外れた。・・・あれだけ「戸崎は買えねえ」とか書いていた割には意外と買っててビックリ。
 
まあ、今年は「好きな馬がよく頑張ってくれた」のが大きい。それに尽きる。
来年はちゃんと予想して当てたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「3月のライオン」第14巻を購入。

今日から「家族と過ごす冬休み」スタート(笑)。
今日は、奥さんが大掃除している間、息子達を連れて公園で遊んで過ごす。もう29日になると、図書館などはどこも開いていなくて、公園で過ごすしかないのよね…。

今日は東京大賞典@大井があったが、見ていないので感想は書かない。3歳馬のオメガパフュームが勝ったそうだが、ほんと3歳馬のレベル高いな…。

というわけで、昨日の話を。
中山競馬場の帰りに立ち寄った本屋で「3月のライオン」の14巻を購入した。
前巻の13巻から約1年3ヶ月ぶりである。て言うか、第1巻の発売が2008年2月で、ようやく14巻なのか…とは思う。

この14巻はかなりラブコメ感が強い。まあそれはそれで面白いからいいのだが。それにしても、あかりさんは誰とくっつくのだろうか。…くっつかない可能性も高そうだけど。

あと、終盤では作者の前の作品である「ハチミツとクローバー」のキャラも出てきている、らしい。すまん、私は「ハチクロ」は読んでないのですよ。
これは「ハチクロ」のファンからすれば嬉しいサプライズなんだろうなあ。
これを機に、「ハチクロ」も読んでみようかと思ったり。

こんな感じの第14巻。
近所にはヤングアニマルを立ち読みできるコンビニが見つからず、「3月のライオン」は単行本でしか読めなくなっている。
この次に読めるのは、2020年かなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホープフルSの感想。

今日から会社は年末年始休暇。
…なのだが、いつも通りに起きてスーツ着て出掛ける。だって奥さんには「今日まで仕事」と言っているから。
もちろん目的は中山競馬観戦。しかしその前に、両親の墓参りと周りの掃除を行い、歯医者にも行って詰め物の交換の一つ目を行う。ちなみに「詰め物の交換」は合計12個行う予定。長い道のりだ…。

その後は中山競馬場に向かい、一杯飲んで、ルメールの年間最多勝記録更新を見届けて、大学の後輩のN君と合流して競馬観戦。

さて、今日のメインのホープフルS@中山。
勝ったのは圧倒的1番人気に応えてサートゥルナーリア。
今日は2番手につけていたが、向こう正面からアドマイヤジャスタ(2着/2番人気)が早めに動いてサートゥルに蓋をする。そのまま直線に入り、アドマイヤが前に出て勝ちパターンに入ったが、そこからサートゥルがインから馬群をこじ開けると末脚が爆発して一気に差し切った。
終わってみれば勝ち馬の瞬発力が素晴らしかった。アドマイヤは、ルメールが上手く出し抜いたと思ったのだが、あれで勝てないのであれば仕方がないか。
勝ち馬の今後だが、当然ながらクラシック路線だろう。父ロードカナロアで、ダービーは距離的にどうなのと思わないでもないが、同じカナロア産駒のアーモンドアイがこなしたから大丈夫だろう、たぶん。
ただ、母シーザリオの仔は気性面で不安のある仔も多く、リオンディーズのように思ったほど活躍できないこともある。来春は「自分との戦い」になるかもしれない。

期待した◎ミッキーブラック(7番人気)は9着。
後方からの競馬だったが、4角で前に行こうとして、そこで前が塞がってしまった。ただ、もしスムースに競馬できたとしても、瞬発力で負けていたと思う。これからの成長が無いとクラシックでは用無しだろうなあ。

馬券はもちろん外れ。
今日は特別戦が始まるまではトントンだったが、そこからは見事に負け続けた(涙)。
でも、今年最後の競馬を楽しめて満足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホープフルSの予想。

 
うちの会社は今日が仕事納め。
例年なら28日まで仕事なのだが、うちの会社は有休消化率が悪いらしく、明日と1月4日が「一斉有休」ということで有休となった。まあ、休めと言うのだからありがたく休むことにする。
ただ、奥さんには「明日の28日まで仕事で、1月4日は休み」と言ってある。
理由は以前にも書いたが「明日のホープフルS@中山を現地観戦する為」である(笑)。
うちの会社のPOG仲間の後輩にこの話をしたら、「僕も嫁に同じこと言って、中山に行きます(笑)」と言われた。もしかしたら、そういう人は多いのかもしれない。
明日は午前中で仕事終わりの人も多いだろうし、スーツ姿の人だらけの中山競馬場になるのかも。
 
というわけで、そのホープフルSの予想を。
・・・と言っても買う馬は3ヶ月前から決まっている。
 
◎ミッキーブラック。
ええ、POGで持っている馬です。
現在7番人気。2走前に明日と同じ中山2000mの芙蓉Sを勝ったが、前走の京都2歳Sでは4着に完敗。それで評価を落としている。
しかし、前走は「出負ける→おっつけて行かせたら引っ掛かる→折り合いを欠く」というヘタクソ過ぎる乗り方だった。これは度外視していい。ちなみに乗っていたのはCデムーロ。本当、今年は下手だったなあ・・・。
問題は今回の鞍上のマーフィー。「アイルランドの若き(23歳)天才騎手」という触れ込みで12月から短期免許で騎乗しているが、人気馬を飛ばしまくっている印象。正直、Cデムーロと大差無いようにも思う。まあ、信じるしかないのだけど。
 
◎の相手だが、かなり難しい。
近年のホープフルSは差し決着が多いので、後ろから行く馬を買うべきなのかもしれないが、正直よくわからん。これは明日現地で考えるとする。
て言うか、面倒なので「◎の単複だけ」にする可能性も充分ある。
 
明日は今年最後の競馬を満喫するぞお(←「馬券で勝つぞお」とは言ってない)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

排水口の掃除。

今日から長男が通う幼稚園は冬休み。
そういうわけで、今朝は私ひとりで朝ご飯を食べて、ゴミを出すなどの家事をやるだけやって、奥さんを起こしてから出社(奥さんと子供たちは、午前中に用事があるので起こして欲しいと言われていた)。
久々に8時前の山手線に乗ったが、当たり前だが混んでいて疲れる。冬はみんな厚着するから、混み具合が増すので嫌だ。
まあ、この苦労もあと1日なので頑張ろう、自分。

今日は特に何も無い一日だったので、先週末の話を。
年末ということで大掃除をしたのだが、前から気になっていた「洗面所の排水口」の掃除を行った。
具体的には「先っちょにブラシが付いている、約1メートルのワイヤーで排水管の奥まで洗う」というもの。
以前から奥さんから「排水口の水の流れが悪い」「排水口が臭う」と言われていたので、何とかしたいとは思っていた。
というわけで、生協のネットショッピングでブラシ付きのワイヤー(800円くらい)を
購入したのですよ。

で、実際に掃除開始。
ワイヤーを奥まで突っ込んで行き(胃カメラ感覚)、ブラシでゴシゴシして、ワイヤーを上げてみると、

ヘドロっぽいものがごっそり取れた。

思わず「うげえええぇぇぇ」と声が出ました(笑)。
それを何度か繰り返して、最後に水を流して終了。その後、奥さんからは「水の流れ方が明らかに良くなった」と言われ、やった甲斐があったと思った。
しかし、排水口ってこんなに汚れるものなのね・・・。これからは定期的に掃除しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽生九段。

今日はクリスマスだが、当然のように仕事。
クリスマスはもう「国民的行事」と言ってもいいと思うので、祝日にしてもいいのではと思ったり。

先週金曜日に竜王戦が終了し、「広瀬新竜王の誕生&羽生が27年ぶりの無冠」となった。
先週はじっくり感想を書けなかったので改めて書く。

竜王を奪取した広瀬は、一時期は不振だったが今は充実の時を迎えていると思う。
来年2月から始まる棋王戦も挑戦者になったし、すぐに「広瀬二冠」になってもおかしくない。31歳とまだ若いし、年の近い豊島二冠(28歳)と競り合って将棋界を盛り上げて欲しい。

一方の羽生だが、これで「羽生は終わったのか」と問われれば「まだまだ」だと思っている。
名人挑戦リーグであるA級順位戦では現在5勝1敗と2位につけているぐらいだし(ちなみに首位が6戦全勝の豊島で、3位が4勝1敗の広瀬」だったりする)。
だいたい、羽生は“まだ”48歳である。「衰え」は確実にあるだろうが、「終わる」年齢ではない。
時代は違うが、大山康晴(十五世永世名人)は56歳でタイトルを奪取して、59歳まで防衛していた(これがそれぞれの歴代最年長記録)。もう数年は頑張れると思う。て言うか“思いたい”。

ところで。
羽生の今後の呼称だが、「前竜王」や「永世○○」などが選べたのだが、結局はこうなった。

「羽生善治の肩書について」

というわけで「羽生九段」と呼ぶことになった。
て言うか、わざわざ将棋連盟の公式ページで発表するというのが凄えな(笑)。
まあ、「前竜王などの中途半端な肩書きではなく、『九段』として改めてタイトル獲得を目指す」ということなのだろう。羽生らしい選択だと思う。

2019年は羽生の逆襲を見せてくれることを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスプレゼント。

 
今日は3連休最終日にしてクリスマスイヴ。
我が家では、昨晩のうちにプレゼントの準備をしておいた。
食卓で息子たちが座る位置は決まっているのだが、そこにプレゼントを置くというシンプルな方法。一応我が家では「サンタさんは居る」ことになってます(笑)。
 
次男には「喋るくまのぬいぐるみ」をプレゼント。
次男はぬいぐるみが好きなので、これもぎゅーっと抱きしめて喜んでいた。
 
長男には「はじめてのプログラミングカー」をプレゼント。
これは私と奥さんとで意見が一致してのプレゼントとなった。
これは、「付属の車に『進む』『右に曲がる』『左に曲がる』という命令をICタグを通して読み込ませ、その通りに車を走らせる」というもの。こう書くと3歳児(来月には4歳だが)にできるのか?とも思うだろうが、実際はそんなに難しい話ではない。
長男は早速遊び始めて、最初はわけもわからずただICタグを読ませていたが、私が「ここに進むためにはどのICタグを使えばいい?」と質問しながらプログラミングさせて、一応は「行きたいところに車を動かす」ことはできた。本人は結構満足気だった。
て言うか。
 
これ、大人がやってもめちゃくちゃ楽しい。
いろいろ条件をつけてプログラミングして、その通りに動いてくれるのを見るのは楽し過ぎる。これなら長男と一緒に楽しめそう。
2020年度から「プログラミング教育」が小学校で必修になるらしいから、これで遊んで“プログラミング思考”に慣らしておこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有馬記念の感想。

 
今日は有馬記念@中山。
 
勝ったのはブラストワンピース(3番人気)。
 
今日は中団に構え、4角から仕掛ける積極的な競馬。
結局それが大正解で、すぐ後ろにいたレイデオロ(2着/1番人気)の追撃をクビ差凌いだ。
池添にしては久々に上手く乗ったなあ、という乗り方だった。
で、終わってみれば「唯一参戦した3歳馬の勝利」だった。
まあ、「有馬記念は3歳馬が強い」というのは知っていたし、11月以降3歳馬が古馬相手に勝ちまくっているのも当然知っていた。それでも「ブラストワンピースではちょっと厳しいし、ましてや3番人気では買えない」と思っていた。
でも勝ってしまうんだなあ・・・。これを「3歳馬が強い」と見るべきなのか、「古馬勢がだらしない」と見るべきなのか。おそらくは後者なのだろう。来年以降もしばらくは明け4歳勢を中心に買っていこうと思います。
 
期待した◎モズカッチャン(4番人気)は8着。
これも先行していい位置につけていたが、直線で脚が止まってしまった。
距離の壁、というよりは厳しいペース(ラスト1000mから速くなった)に飲み込まれてしまった感じ。一瞬は夢を見れたので悔いは無い。
 
というわけで馬券は外れ。
2年前までなら「これで今年の中央競馬終了~」というところだが、今はホープフルSが開催される28日(金)が残っている。
28日は現地観戦するので、なんとか今年の負け分(たぶん5千円ぐらい)を取り返していい年越しをしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有馬記念の予想。

今日は朝から奥さんが「体調悪い。インフルかも」と言うので、息子二人を連れて、長男の習い事に行った。その後LINEが入って「インフルじゃなかった」と言われて一安心。ただ、奥さんを休ませたいので、夕方まで息子達と児童館で遊んで過ごす。まあ、そっちの方が私は気楽なので、個人的にはよかった。

明日は有馬記念@中山。
木曜日に枠順が決まってから、これしかないと決めている。

◎モズカッチャン(5番人気)。
○パフォーマプロミス(7番人気)。

この2頭を買おうと思う根拠は、「内枠」「今秋で使い過ぎていない」「直近のレースで崩れていない」「鞍上が外国人騎手」「中山では1戦1勝」といったところ。
これに全て当てはまり、それでいてこの人気薄なら買うしかない。
脚質はどちらかと言えば差しだが、そこは上手く乗ってくれると信じる。

悩ましいのはレイデオロ(1番人気)。
中山2500mという舞台はベストとは思えないし、外枠を引いているし、それでいて1番人気というのはあまり買いたくないのだが、モズとの馬連が10倍つくなら抑えてもよかろう。

JCでお世話になったキセキ(3番人気)は買わない。
有馬で「外枠の先行馬」は、いいポジションを取るために脚を使わされるので厳しいと思っている。

それだったらクリンチャー(9番人気)を買いたい。
内枠だし、先行できるはずだし(鞍上が福永だからしない可能性はある)、母父ブライアンズタイムという血統を見るとつい騙されたくなってしまう。

馬券は上に挙げた4頭だけで買う。
昨年に続いて有馬記念を当てたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竜王戦第7局。

昨晩は会社の飲み会があって、帰宅してからいろいろバタバタしていたので更新できず。

昨晩のニュースと言えばもちろん竜王戦第7局。
羽生竜王と広瀬八段挑戦者の勝った方が防衛or奪取となる一局。

勝ったのはご存知の通り広瀬。

角換わりから難解な中盤戦が続いたが、羽生に見落としがあったのか、一気に広瀬が優勢になってそのまま押し切った。
ちょっとあっけない最終局だった。

さて、これで広瀬竜王誕生なわけだが、それよりは「羽生が27年ぶりに無冠になった」というのが大きいニュースである。
これについては、そのうちしっかり感想を書こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有馬記念枠順発表。

今日は竜王戦第7局(=最終局)が始まったが、決着がつくのは明日なので、今日は触れません。

今日は有馬記念の枠順発表日。
私は「有馬記念は内枠買ってればOK」というスタイルなので、枠が出てから考えようと思っていた。

で、枠はこんな感じに決まった。

パッと見では、レイデオロ&キセキが外引かされたなあ、という感じ。
特に先行馬のキセキにとっては、外枠を引かされたのは痛い。

昨日の時点で「内枠を引いたら買おう」と思っていた馬のうち、2頭ほど期待に応えて内枠を引いてくれている。たぶんこの2頭を軸に買うことになるだろう。
結論は土曜の夜に書こうと思います。そこまで引っ張る話でもないけど(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有意義な有休。

今日は人間ドック受診のため有休。
と言ってもこの人間ドック、「健康診断に毛が生えた」レベルのもので、2時間も経たずに終了。しかもそのほとんどが待ち時間。こんなので病気とか見つかるのか、とは思う。

その後は日暮里に出て図書館へ。
この時期に図書館にこもってやることと言えば、そう「年賀状書き」である。(←そうか?)
途中で休憩もしたが、2時間ぐらいかけて書こうと思っていた友人・知人の分は全て書けた。これでだいぶ気が楽になった。

最後に、日暮里にあるちょっと有名な皮膚科へ。
私はここ数年、冬になると右手の指が異常にカサつくのだが、一度ちゃんと診てもらいたいと思っていた。
で、言われたのが「歯の詰め物の金属が溶けてアレルギー反応を起こしている可能性がある」という予想外の診断。そんなことがあるのか…。
その後、金属アレルギーのパッチを背中に貼ってもらい、金曜日に結果を聞くことになった。その為、今日と明日は「背中を濡らせない」状況に。四つん這いで背中を濡らさないように湯船に浸かるという、ちょっと間抜けな状態だった。

そんな感じで、なかなか有意義な有休でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長男はキックが上手。

今日はなんだか知らんが電話対応に追われまくる一日で、ずーっと話していたような気がする。
今のところ喉が痛いとかは無いが、気をつけないと、とは思う。

ネタが無い時は息子の話。

長男は土曜日にスポーツスクールに通っている。
ここは、月ごとにいろんなスポーツを体験させてくれて、それだけでなく「友達とチームを作って指定された数字の札を持って来る」といった知育遊び的なこともする。
個人的には「通わせてよかった」と思える習い事である。ここで「速く走る為には腕をしっかり振る」というのを教えてくれたおかげで、長男は運動会で1着になれたと思っている。

さて、今月(と来月)のテーマは「サッカー」。
少し離れたところに置いたコーンを目掛けてボールを蹴るとか、パスを足で止めるとか、小刻みにボールを動かしてドリブルする、なんてことをやっている。

で、うちの長男、蹴るのすっごく上手いのですよ。
年中・年少の子しかいないクラスなのだが、そもそも上手くボールを蹴れない子もいるし、2メートルぐらい離れたコーンに当てられない子もいる。
そんな中、うちの長男は勢いのあるキックでコーンを吹っ飛ばしてしまうのですよ。
先生が「上手いね~!」と褒めてくれて、「じゃあ少しコーンを遠くに置こう」と言ってコーンを離してもそれでも一発で当ててしまう。
まあ、ボールは公園でも家の中でもよく蹴っているので、その成果が出ている、ということなのだろう。

長男のいいところは、「正確に当てよう」というよりは「とりあえず思いっ切り蹴ってみよう」としているところ。ここに関しては迷いが無い。日本代表に欲しいタイプである(笑)。

ただ、だからと言って「ちゃんとしたサッカースクールに通わせる」というつもりはあまり無い。今のうちはいろんなスポーツに触れて欲しいと思うし。
て言うか、ボールを投げるのも好きだから、サッカーだけやらせるのもどうなの?と思ったりする。

まあ、今のところは「長男が楽しいと思うこと」をやらせてあげたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長期休暇。

今日から私の唯一の部下であるT君が、「勤続10周年によるリフレッシュ休暇」で一週間不在(会社から貰えるのは「連続5日の平日の休暇」)となった。
一応、仕事が忙しくなさそうな時期で休んでもらっているのだが、普段彼が担当している仕事は私が引き受けないといけない。
まあ、会社が与えた休暇を使うことに対して文句は言えないので、一週間頑張ります。

それにしても、「一週間の休み」を貰えたら、なおかつT君のように独身だったら私だったらどうするだろうか。
この「リフレッシュ休暇」は、一応はいつ使ってもいいことになっている。

そう考えると「東京の試合の長距離アウェー観戦に合わせて旅行」か、「関東圏以外で開催されている競馬の観戦に合わせて旅行」の二択になるのだろうか。もちろん「その両方」というのがベストだけど。

あるいは、サッカー&競馬から離れて「長期の旅行に行く」という手もある。
豪華客船とか豪華寝台特急に乗る、なんてのも面白そう。それなりにお金はかかるが、こういうのでパーっと使うのもいいかもしれない。

・・・まあ、今となっては夢物語ではある。
私が定年を迎えて、気楽な身になる約20年後になったら、「長期の休み」をどう過ごすか、というのを考えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日杯フューチュリティステークスの感想。

昨晩のクラブW杯だが、結局あの後鹿島は逆転勝ちした。
Jリーグのチームが勝ち上がるのが嬉しいと思う反面、「東京がクラブ杯で勝つ」なんてことが、私が生きている間に見ることができるのかなあ、とか思ったり。
 
今日は朝日杯フューチュリティステークス@阪神。
 
勝ったのはアドマイヤマーズ(2番人気)。
 
2番手を進むグランアレグリア(3着/1番人気)を目の前に置いた3番手を進み、直線に入るとグランをあっっっさり交わして先頭に立ち、そのまま押し切った。
「前半1000m59.5秒というスローペースでの前残り」と言っていい。正直、凡戦感は強い。
勝ったアドマイヤはこれで4戦4勝なのだが、全てがマイルであり、来年のクラシックどうこうという馬ではなさそう。皐月賞ぐらいならどうにかなるのかもしれない、のか?NHKマイルCは最有力だと思うけど。
 
1番人気を裏切ったグランアレグリアだが、直線で外からアドマイヤに来られて内にもたれたところを見ると、牝馬のモロさが出てしまった感じ。あるいは右回りが下手という可能性もある。
なんにせよ、この負けが精神的ダメージを残さなければいいのだけど・・・とは思う。
 
最後に、期待した◎エメラルファイト(7番人気)は6着。
普通のスタートだったがテンのスピードが無いのか、気がついたら最後方に。直線ではメンバー中最速の上がりを使って追い込んだが、位置取りが悪過ぎた。かなりガッカリな乗り方だった。
 
というわけで馬券は外れ。そうそうG1は当たらないぞ、と。
来週は有馬記念。
昨年は「内枠」「中山での連対実績100%」「鞍上ルメール」ということでクイーンズリングを拾えて馬連を的中できた。
今年も枠順を見てから考えようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日杯フューチュリティステークスの予想。

今日は、現在クラブW杯で鹿島vsグアダラハラ(北中米王者)の試合が行われているぐらいで特に何も無い一日。
ちなみに現時点で鹿島は0-1で負けている。鹿島はケガ人が多くてベストメンバーを組めないのが厳しいなあ・・・。
 
明日は朝日杯フューチュリティステークス(以下「朝日杯FS」)@阪神。
阪神に移って5年目になるが、ここ4年の勝ち馬のうち、2015年のリオンディーズ以外は「府中マイルを勝って、朝日杯に出走してきた馬」だった。
・・・圧倒的1番人気のグランアレグリアしか該当しないんだよねえ・・・。
もちろん強いとは思うし、たぶん勝つだろうけど、初の関西遠征というのはほんの少しだけ不安。「単勝でドカンと大勝負」とか言うつもりは無いです。
「上位に食い込みそうな穴馬」を考えて、気になるのはこの馬。
 
◎エメラルファイト。
 
現在9番人気。思っていたより人気が無い印象。
明日のメンバー中、「条件問わず、府中のマイルを勝った馬」はグランとこの馬だけだったりする。
ここ2戦はアイビーS3着、札幌2歳S4着と、どちらも好メンバーの一戦だったが人気以上に善戦している。こういう「相手なりに走る馬」は、上級条件でこそ買うべき、というのはこれまで何度も書いてきた。
そして明日は若手の石川からビュイック(今秋のマイルCS勝利)への大幅な鞍上強化。
大外枠を引いたが、阪神マイルは外枠の成績は悪くないので気にする必要は無し。
何より、ビュイックが乗ってこの人気薄なら黙って買うしかない。
 
馬券は◎の単複とグランへの馬連&ワイド、と思ったが、◎からアドマイヤマーズ(2番人気)に流しても馬連で万馬券だったりする。なので、◎からアドマイヤとケイデンスコール(4番人気)への馬券も少しだけ買う。
要は「外国人騎手の馬ばかり買う」ということです。
 
この秋は本当にG1がよく当たっているので、この勢いで明日も当てたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

預かり保育。

昨日の話になるが、長男が通っている幼稚園の「預かり保育の抽選」が行われた。
この幼稚園は基本的には13時半に終了なのだが、共働きの夫婦の子供の為に夕方までは預かってくれる。
ただ、園で預かれる子供の数には上限があり、来年度の分は抽選となった、という話である。

で、結果だが抽選に受かり、来年度は預かり保育を使えることになった。
来年の4月には奥さんは次男の育休を終えて職場復帰する予定なのだが、まずは“第一関門”をクリアした。
まあ、聞いたところによると「13人中12人は当選する抽選」だったらしいので、たいした関門ではなかったのだけど。

さて、この次の“第二関門”は「次男は保育園に入れるのか」、である。
これはどのくらいの関門なのかは見当がつかない。奥さんは申込用紙に第10希望まで書いたのだが、文京区の方から「第5希望までしか受け付けられない」という返事が来たらしい。
港区は書きたいだけ書けたのに・・・。長男は第7希望の保育園に受かったんだよなあ・・・。

その保育園の抽選結果の通知が届くのは2月12日頃。
ほんと、もう少し早くならないものかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竜王戦第6局。

今日は竜王戦第6局2日目。
羽生竜王が勝って竜王防衛を果たすか、広瀬八段挑戦者が勝って3勝3敗のタイに持ち込むかという一局。

勝ったのは広瀬。

相横歩取り(という戦法名です)になり、序盤から激しく大駒が動く展開に。
中盤では広瀬の2枚の龍と、羽生の馬と角の働きに大きい差が生じ、最後は広瀬が一気の攻めから寄せ切った。
終局は今日の12時7分と、めちゃくちゃ早く終わった。持ち時間は広瀬が3時間40分、羽生も2時間残っていた。

羽生は不利とされる「横歩取りの後手番」で試してみたい構想に踏みこんだのだろうけど、思いっ切り不発に終わった感じ。
まあ、「第6局に負けてもまだ大丈夫だし」というところなのだろう。そんな余裕があるのか、という話だが。

というわけで決着は最終局に持ち越された。
次の第7局で勝った方が防衛or奪取となる。
羽生から見れば、勝てば「タイトル獲得(&防衛)通算100期」であり、負ければ「無冠」となる、超大一番。
・・・なのだから、今回の第6局ももう少し“がっぷり四つ”で行ける将棋にすればいいのに・・・、と思うのだが、そういうことをしないのが羽生なのよね。

その第7局は来週の20・21日。
これは今からめちゃくちゃ楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アジア杯代表発表。

今日は来年早々に行われるアジア杯(@UAE)の代表メンバーが発表された。
これまでの親善試合のメンバーがそのまま代表になったという感じで、特にサプライズは無し。

パッと見て思うのは、「FW大迫が出場できなくなったらどうするのだろう」ということ。
1トップでボールを収める大迫の役割は大きいが、その代役が見当たらない。FW北川では厳しいだろうし、おそらくは「大迫がいない時は、いないなりのサッカーをする」ということなのだろう。もしもFW武藤(ニューカッスル)が負傷していなかったら、出番はあったのかなあ・・・。

東京サポ的には、DF室屋が選出されたのは嬉しい。
DF酒井(マルセイユ)の壁はかなり高いので、「酒井のターンオーバー」の時しか出番は無いと思うが、出場したら頑張って欲しい。

あと、「元・東京」という意味ではMF中島、DF長友、あと一応GK権田がいる。
中島&長友はレギュラーとしての出場が濃厚だろう。中島には大暴れしてもらいたい。

そのアジア杯は、1月9日のトルクメニスタン戦が初戦。
リアルタイムで観戦するのは難しいかもしれないが、見れる限りは見ようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13位→6位。

今日は特に何も無い一日だったので、そのうち書こうと思っていた話を書く。

今月の1日(土)にJ1の全日程が終了した。本当に今更ながらの話で申し訳ない(笑)。
東京は浦和に2-3で負けて、結局6位でシーズンを終えた。

まあ、昨年は「勝ち点40で13位」だったのが、今年は「勝ち点50で6位」になったのだから「今年は頑張った」とは言える。
残留争いの心配をほとんどしなかった(開幕3試合で1分2敗の時は少し焦ったが)だけでも今年はいいシーズンだった。

しかし、第17節の前半戦を終えた時点では「10勝4分3敗で、勝ち点34で2位」だった。
それが残りの18~34節では「4勝4分9敗で、勝ち点16」しか上積みできなかった。
もしも、前半戦が後半戦と同じ「勝ち点16」ペースだったら、年間勝ち点は32で余裕の降格だった。
要するに「前半の貯金だけで残留できた」という話である。

「後半戦に失速した要因は?」というテーマで書こうかとも思ったが、よく考えたら後半戦はそこまで真剣に試合を見ていない(笑)。10月にはDAZNの契約を休止したくらいだし。

思いつきで書くと、前半好調だったFWディエゴオリヴェイラが、後半は点を取れなくなったのが痛かった。だからと言って不調のディエゴを替えられるほど選手層が厚くない、というのもあった。
あと、攻撃的MFの位置にいるMF東、大森は運動量はあるのかもしれないが、攻撃面では全く怖くないというのもあった。もしこの2人に得点力があれば、この2人にマークがついてディエゴの負担も軽くなったのかもしれないが・・・。

というわけで、先日も書いたが、まずは「ディエゴのパートナーとなるFW」の獲得が急務である。これがうまくいくかどうかで来期の運命が決まる。
東京はいろいろと大型スポンサーがついているのだし、ケチらずに優良外国人を獲得して欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三億円事件。

今日の東京は今年一番の冷え込みだったらしい。
確かに、今朝ゴミを出しに外に出たらあまりの寒さに驚いた。まあ、北海道や東北の大雪に比べたらどうということはないのだが。

今日は「三億円事件」発生から、ちょうど50年となるらしい。
「三億円事件」について詳細を書く必要は無いと思うので割愛する。「日本犯罪史で有名な犯罪を一つ挙げろ」と言われれば、確実に上位に入る犯罪だろうし。

この事件については色々と語られているが、「なんでこれだけの遺留品があって捕まえられなかったの?」とは思う。
逆に遺留品があり過ぎて楽観モードだったというのはあったみたいだけど。

この犯罪は「誰も殺されていない(捜査中に過労死した警官はいたらしい)」、「盗まれた3億円は保険で補填されているので、ある意味誰も損していない」という点でも異例の犯罪だったと思う。
多くの「衝撃的犯罪」というのはだいたいは人が殺されているわけで、「人が死んでいないのに、誰もが知っている犯罪」というのはあまり思い浮かばない。「薬物関係」の犯罪は、確かに人は死なないがちょっと違う気がする。

それにしても、誰もが思うことだろうが、真犯人は誰だったのだろう。
正直、時効が確定してから名乗り出て、告白本でも出版すれば普通に3億円ぐらい稼げたと思う。
それをしなかったのは理由があるのか、それとも「名乗り出れない状況にあった(既に亡くなっていた、とか)」があったのか。

まあ、事件から50年も経っては真相は闇の中だろう。
ただ、これは闇の中のままの方が、言い方は悪いが「夢がある」気はします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神ジュベナイルフィリーズの感想。

今日は阪神ジュベナイルフィリーズ@阪神。
 
勝ったのは1番人気に応えてダノンファンタジー。
 
今日はかなり後方からの競馬になったが、直線に入って大外に持ち出すと鋭く伸び、同じ位置にいたクロノジェネシス(2着/2番人気)との長い追い比べを制した。
まあ、強かったとは思う。思うが、「来年の桜花賞も堅い」とは言い切れない。
もちろん、2着のクロノジェネシスが同じくらい強いというのもあるが、同期の牝馬には来週の朝日杯に挑戦するグランアレグリアがいる。これを負かすのは容易ではないと思うんだよなあ・・・。
 
期待した◎ビーチサンバ(4番人気)は3着。
1・2着馬よりは少し前で競馬をしていて、4角の手応えが良かったので「これは突き抜けるか!?」と思ったが、あっという間に2頭に交わされた(涙)。
しかし、そこから渋太く伸びて、なんとか3着は死守した。偉い。
 
というわけで、馬券は単勝&馬連は外したが、ワイド(3.2倍&4.3倍)と、3連複(13.1倍)を当てて余裕のプラス。
なんか、「G1の方がよく当たる」という、気持ち悪いことになっている(笑)。
 
さて、今日は香港国際競走も行われた。
馬券を購入した&レースを見たのは香港ヴァーズ(2400m)だけだが、期待したリスグラシューは2着。
直線でよく伸びて、一度は先頭に立った(と思う)が差し返された。リスグラシューは早めに先頭に立つと気を抜くんだよ・・・。
ここは単勝しか買わなかったので外れたが、楽しませてもらったのでよしとする。
他の香港のレースは見ていないが、全部負けたらしい。
 
来週は朝日杯フューチュリティステークス@阪神。
グランアレグリアが人気の中心になると思うが、他にも面白そうな馬がいてなかなか楽しそう。
打倒・グランアレグリアを果たせそうな馬を探すとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神ジュベナイルフィリーズの予想。

今日はJ1参入プレーオフの、磐田vsヴェルディが行われたぐらいで特に何も無い一日。
ちなみにこの試合は2-0で磐田が勝利。順当な結果ですかね。ヴェルディとの「東京ダービー」は、来年も見れなさそうです。

明日の競馬は阪神ジュベナイルフィリーズ@阪神(以下「阪神JF」)。
ここはPOGで持っている馬が出走しないので、思い入れ無しで予想する。
阪神JFは、ここ数年は「アルテミスS好走馬が上位に来て固く収まる」というパターンが続いている。なので、素直にアルテミスS好走馬を軸にする。

◎ビーチサンバ。

現在4番人気。
前走はアルテミスSで2着。直線で抜け出て完全に勝ちパターンのところを、シェーングランツ(3番人気)の強襲を受けて差された。
ただ、これは早目に押し切ろうとして差されたもので、悲観する必要は無い。アルテミスSで一番強い競馬をしたのはこの馬だと思う。
それにしても、平成最後の阪神JFでフサイチエアデールの仔に◎を打つとは思わなかった。
エアデールは1999年の牝馬クラシックで活躍した馬。オークストライアルで単勝1万円買って、スティンガーに負けたのはいい思い出(笑)。
あの時の負けを、少しでも取り返してもらうとする。

馬券は、◎から素直にダノンファンタジー(1番人気)とクロノジェネシス(2番人気)の2頭へ。この馬連、どちらも10倍つくなら美味しいと思う。

さて、明日は香港国際競走も行われる。
日本からは9頭が出走するが、相手関係がよくわからんので、基本的には手を出さない予定。
ただ、香港ヴァーズに出走するリスグラシューだけは買う。
正直、香港の2400mが合うとは到底思えないのだが、デビューからずっと買っているので買わないわけにはいかない。まあ、義理ですな。

12月に入って、まだ的中が無いのでなんとか頑張りたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍵。

今日の夕方、仕事中にも関わらず奥さんから電話が入った。
だいたいこういう時はロクな話ではないんだよなあ、と思いながら電話に出ると、

「家の鍵を落とした」

とのこと。
ちょっと想定外の内容でかなり驚いた。

奥さんは、パスケースに鍵を付けているのだが、バスに乗って(その時点ではパスケースを持っていた)、バスから降りて家に着いた時点でパスケースごと落としたことに気がついたらしい。

その後は、バス停まで戻ったがパスケースは落ちていなかった。
その後、交番に行ってパスケースを落とした旨を伝え、さらにバス会社にも電話した。

すると、バス会社から「バスの方でパスケースを預かっている」という回答が得られた。
しかも、そのバスは循環バスで、もう少ししたら家の近所のバス停に止まるとのこと。

奥さんは息子達を連れてバス停まで行き、該当のバスが来るのを待った。
結果、そのバスが預かっているパスケースは奥さんのもので、鍵も付いていた。
つまり、めでたしめでたしである。

さて、その間私はどうしていたかというと、奥さんと息子達が家に入れないのは大変だと思って、早めに退社して帰宅していた。
結局、 その必要は全く無かったのだけど。

そんなこんなの慌しい夕方でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

借りパク。

今日の嬉しいニュース。
 
今年は柏からレンタルしていたFWディエゴオリヴェイラを、完全移籍で獲得した。俗に言う「借りパク」である(笑)。
 
これはめちゃくちゃ嬉しい。
今年前半の東京の躍進の立役者は間違いなく彼だった。
もし柏に戻ることになったら、来年の東京は厳しい戦いを強いられるだろうと思っていた。
まあ、柏がJ2に降格したというのは、ディエゴを獲得できた要因の一つなのだろう。そういう意味では運も良かった(東京にとって)。
 
ただ、今年の後半戦はディエゴの不調に引きずられるように東京も勝てなくなった。
これはディエゴへのマークが厳しくなったから、というのもあると思う。
そう考えると、「ディエゴのパートナーとなるFW」も欲しいところ。現時点での一番手はFW永井だが、永井も安定して活躍するタイプでもない。
どこかに強力なブラジル人FWが余ってないだろうか・・・(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竜王戦第5局。

今日は竜王戦第5局2日目。
羽生竜王vs広瀬八段挑戦者の対戦成績はここまで2勝2敗で、今日勝った方が防衛or奪取に王手をかける一局。
 
勝ったのは羽生。
 
変則的な角換わりの序盤から、羽生が打った自陣角を拠点にした攻めが厳しく、羽生が優勢に。
終盤は、いつもの羽生のように一気の寄せを目指すのではなく、自陣の危機を消しながら安全に勝った。
 
終盤に入りかけたところで、「羽生が飛車で王手→広瀬が金で合駒して飛車取り→羽生が桂馬で王手して、飛車にヒモをつける→広瀬の玉がよける→羽生が自陣に手を入れて危険を避ける」という手順が絶妙だった。これで羽生が一気に優勢になった感じ。
その後の羽生は「無理に攻め込まずに、安全勝ちを目指す」という方針がよく伝わってきた。さすがにこの大一番で無理はできないということか。
 
この結果、羽生が3勝2敗となり、竜王防衛に王手をかけた。
しかし、次の第6局は広瀬が先手番。広瀬もここで意地を見せたいところだろう。
その第6局は来週の12・13日。かなり楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高輪ゲートウェイ(笑)。

今日の東京はかなり暖かい一日。
会社の中も、ここ数日と同じような空調設定だったので、暑いまであった。さすがに途中で空調設定を変えてもらったけど。
で、この後の東京は、明日はまだ暖かく、木曜日は寒く、金曜日はまた暖かく、そして週末から本格的に寒くなるらしい。もう、「体調を崩せ」と言わんばかりの陽気ですな。

さて、今日は「山手線・京浜東北線の新駅」の駅名が発表された。

「新駅『高輪ゲートウェイ』、山手線で30番目」

山手線・京浜東北線の田町~品川間に建設中の、新駅の駅名は「高輪ゲートウェイ」に決まった。

うん、誰も「高輪ゲートウェイ」なんて呼ばずに「高輪」と呼ぶだろうなあ。
まあ、「正式名称:高輪、愛称:高輪ゲートウェイ」としたら、それはそれで誰も「高輪ゲートウェイ」なんて呼ばないだろうから、「正式名称を『高輪ゲートウェイ』にしよう」ということなのだろう。

て言うか、「なぜそこまで『ゲートウェイ』にこだわる?」とは聞いてみたい。どうせたいした理由ではないのだろうけど。なんて言うか、「ゲートウェイ」という響きがダサく感じるんだよなあ・・・。

さて、この高輪駅(←すでに正式名称を使う気が無い)は2020年に暫定開業し、2024年に本格開業になるらしい。
今はあの辺りは何も無いという印象だが、2024年にはいろいろと賑わうのだろうか。
だいぶ先の話だが、楽しみに待ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

103歳。

11月に入ってから、大学の後輩から喪中の葉書を3通ほど貰ったのだが、その中の1通に衝撃の内容があった。

それは、

「祖父○○が百三歳で永眠しました」

というもの。

103歳・・・だと・・・!?

それも「祖母」ならまだわかるが、「祖父」というのが凄い。
調べたら、今年の9月の時点で「100歳超えの男性」は8千人ぐらいいるらしい。その中のお一人だったんだなあ・・・。

103歳ということは、産まれたのは1915~1916年だったのだろう。大正4~5年です。第一次世界大戦真っ只中です。

こういう方が、後輩の親族にいたということに衝撃を受けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャンピオンズCの感想。

今日はチャンピオンズC@中京。

勝ったのは断然人気に応えてルヴァンスレーヴ。

スタートからまさかの2番手追走でびっくり。
直線に入ってあまり伸びないかな?と思ったが、追い出してから鋭く伸び、終わってみれば完勝。1番人気が勝てないジンクスとか全く関係無かった。て言うか、先行できるならそうと言ってくれ…。
さて、これで「現役最強ダート馬」と言って間違いないだろう。故障しない限り、当分はこの馬の天下になりそう。

期待した◎サンライズソア(3番人気)は3着。
こちらはこちらで意外にも少し控え目な先行策。そのおかげか、直線では一瞬突き抜けそうな脚を見せたが、すぐに勝ち馬に突き放された。
その上、最後はウェスタールンド(2着/8番人気)の強襲に遭い、3着に終わった。

馬券は馬連が1・3着で外れ。ウェスタールンドさえ来なければ…。レースリプレーを見直したが、ウェスターは3角最後方だったが、そこから最内を回したら全く邪魔されることなく伸びていた。なんであんなに馬群がばらけているんだ…。

今週は一つも馬券が当たらなかった。
来週は巻き返したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャンピオンズCの予想。

今日はJ1最終節が行われ、磐田がJ1参入入れ替え戦に出ることが決まった。まあ、磐田ならJ2勢には負けないと思うが、何が起こるかわからないのが入れ替え戦だからなあ…。

話は変わって、明日はチャンピオンズC@中共。
1番人気はルヴァンスレーヴだが、強いとは思うが積極的に買いたくない。内枠に入った差し馬は包まれるリスクがあるし。あと、チャンピオンズCは1番人気と3歳馬が勝ったことが無いというジンクスも気になる。まあ、買うなら抑え程度です。

今回、人気どころが差し馬や発馬に難がある馬が多いので、前に行ける馬は展開が向くはず。
というわけで前に行ける馬を買う。

◎サンライズソア。

現在5番人気。まずまずのところか。
先行力はメンバー中でトップだろう。恐らくは先手を奪えるはず。
前走のJBCは強力な先行馬が多く厳しいペースだったが、今回は楽に進められると思うので、粘りも違うはず。あとは鞍上のモレイラの腕を信じる。

相手にはケイティブレイブ(2番人気)。
中距離なら安定しており、複は外さないと思う。ただ、福永に◎を打つ気になれなかった…。(笑)。

一発あるならアスカノロマン(15番人気)。
一昨年のこの後レースの3着馬。その後は馬券にすらなっていないが、前走のJBCで差のない6着に食い込んだ。このレースで強い内枠だし、最低人気なら宝くじ気分で買ってもいいかもしれない。

馬券は↑に挙げた3頭をベースに、ルヴァンスレーヴはサンライズソアとアスカノロマン絡みだけ買う。
G1の予想は好調なので、なんとか的中を続けていきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »