« 会社の飲み会。 | トップページ | 勝ち点30一番乗り。 »

名人戦第4局。

今日は名人戦第4局2日目。
豊島二冠挑戦者が勝って名人奪取なるか、佐藤天彦名人が勝って意地を見せるかという一局。

結果は豊島の勝利。

角換わり(という戦法名です)から、先手の豊島がじわじわと攻めの態勢を整え、後手の佐藤がカウンターに備えるという展開。
しかし、豊島の攻め方が巧みで、結局はカウンターを食らうことなく佐藤陣をぶっ潰した。豊島の圧巻の指し回しと言っていい将棋だった。

というわけで豊島がストレートで名人奪取。「史上初の平成生まれの名人」となった。
そして豊島は「三冠タイトルホルダー(名人・王位・棋聖)」となったが、これは歴代で9人目。これまでに達成したのは升田、大山、中原、米長、谷川、羽生、森内、渡辺。レジェンド級の棋士がずらりと並ぶ。
この8人に負けないくらいの活躍を今後も期待したい。

さて敗れた佐藤だが、正直ガッカリ。
豊島との差がここまであるのか・・・と思わずにはいられない名人戦だった。
ただ、佐藤はまだ31歳と、まだ若い部類。ここで終わっていい棋士ではない。ここからの巻き返しを見せて欲しいです。

|

« 会社の飲み会。 | トップページ | 勝ち点30一番乗り。 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会社の飲み会。 | トップページ | 勝ち点30一番乗り。 »