« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

無題。

昨晩、ある衝撃的な連絡を受けた。
その話をここに書かなくてはいけないとは思うのだが、心の整理ができていないのでまだ書けない。
一応書いておくと、私の家族の話ではないです。

たぶん、明日には書けると思います。
今日はこれだけで。

| | コメント (0)

長男が後頭部を打った。

昨晩寝る前から喉が痛くなり、今朝も痛い。
ええ、完全に風邪です。今日は一日中のど飴なめてました。

今朝の関東は濃霧が発生したことがニュースでも伝えられたが、我が家周辺もなかなかの霧だった。
↑は今朝撮った写真だが、ここまで霧が出るのを見たのは引っ越してからは初めて。ちょっと幻想的な気分だった。

さてここからが本題。

今日の15時頃、奥さんから「長男が幼稚園で友達に押されて後頭部からコンクリートの地面に頭をぶつけた」という連絡が入った。

おいおいマジか、というのが率直な感想。

ただ、奥さんからそれ以降の連絡が無いので、「現時点では」特に問題は無いのだろう。
でも、打ったところが頭というのはかなり心配。少し時間が経ってから何か起こることもあるからなあ・・・。
とりあえずは様子見ですな。

| | コメント (0)

間違い探し。

今日の東京は雨が降って寒い一日。
会社の中はマスクしている人も多く、体調管理に気をつけないとなあ。

ネタが無い時の息子の話。

最近の長男のブームは「間違い探し」。
先日奥さんが子供向けの間違い探しの本を買ってきたのだが、結構ハマって見ている。

何か特別なものでもなく、「左右のページに似たような絵があって、5個前後の間違いを探す」というよくあるもの。

で、これが結構難しい。
長男も最初はポンポン間違いを見つけるのだが、あと1個が見つからないと嘆くパターンが多い。
そこで「どれどれ」と私も見るのだが、私も最後の1個が見つからない(笑)。1分ぐらい凝視して見つからないこともあったりして、結局答えを見てしまうこともあった。

私と長男がハマってしまう間違いは「同じような絵だけど大きさ・長さが違う」パターン。
例えば「左の絵はおばけの舌が胸ぐらいまでだけど、右の絵は下腹部くらいまである」みたいなやつ。こういうのが致命的にダメ。

ただ、最近は慣れてきて、見つけるのに時間がかからなくなってきた。
いいボケ防止になっていると思います(笑)。

| | コメント (0)

藤田菜七子、新潟リーディング獲得。

今日は特に何も無い一日だったので昨日の話。

昨日の競馬は天皇賞(秋)で盛り上がっていたわけだが、その裏でこんな記録も達成された。

「女性騎手初!菜七子が新潟年間&開催リーディング獲得」

昨日で今年の新潟開催が終了したが、藤田が「3回新潟開催の最多勝騎手(9勝)」と「年間の新潟開催の最多勝騎手(20勝)」となった。
女性騎手として「競馬場別の開催リーディング騎手」となったのは史上初。なかなかの偉業だと思う。

ただ、最近の藤田が乗る馬は人気馬が多く、「そりゃあ勝つよね」とも思う。
先週は16鞍騎乗して、1番人気が7鞍、3番人気が3鞍。これで2勝・2着2回・3着3回というのは「ちょっと微妙」と言わざるを得ない。
もちろん「藤田が乗るから人気になる」というのもあるから、「これ1番人気にする!?」と思う馬もいるのだろうけど。

あと、これだけ勝ってはいるが「減量の恩恵が得られない特別戦」では勝てていない、というかあまり乗せてもらえていない。やはり「女性騎手限定の減量特典」目当てで乗せてもらえている、というのが現状なのだろう。
これが減量特典が無くても乗せてもらえるようになって、その上で勝てるようになれば本物と言える。
まあ、その日はそう遠くないと思うけど。

| | コメント (0)

天皇賞(秋)の感想。

今日は午前中に荒川遊園地近くのイベントへ家族4人で遊びに行ってご飯食べて一杯飲んで帰ってきたぐらいで特に何もない一日。
でも、息子たちは初めて乗る都営荒川線に興奮していました。

今日の競馬は天皇賞(秋)。
勝ったのは断然人気に応えてアーモンドアイ。
今日はスタートを決めて5番手からの競馬。終始インに構え、最後の直線でもインから突き抜けて終わってみればダノンプレミアム(2着/3番人気)に3馬身差をつける完勝。
うん、アーモンドアイが普通にスタートしてインベタからスムースに抜けられるなら負けるわけないよね。
こちらは「出遅れるかもしれない」「大外に持ち出すリスク」とか考えて予想しているというのに、こんな“普通の競馬”されてはどうしようもない。
さてこの後はどうするのだろうか。
普通に「ジャパンカップ2連覇を目指す」なのだろうか。もしジャパンカップ出走なら逆らいようがないなあ・・・。

期待した◎スワーヴリチャード(5番人気)は7着。
中団から伸び切れず。この馬には時計が速過ぎたかもしれない。

もう一頭期待したアエロリット(6番人気)は3着。
スローの逃げから一度はサートゥルナーリア(6着/2番人気)に交わされるも、そこから差し返し、ダノンプレミアムにクビ差まで競り合ったのには感動した。やはり府中だったら走るなあ。

馬券は外れ。
アエロが2着に残ってくれれば馬連当たったが、まあ仕方が無い。
これで3週連続的中無し。
まあ、来週はG1が無いから当たるんじゃないかなあ(←適当)。

| | コメント (0)

天皇賞(秋)の予想。

明日の競馬は天皇賞(秋)@府中。

「10月27日の天皇賞(秋)」は2013年以来。この日は私の結婚式で、◎ジャスタウェイでいい思いしたなあ。

現時点での1番人気はアーモンドアイ。実績的には妥当なところか。ただ、1枠を引いたので、インで包まれる可能性、そこから大外に持ち出すロスは考えないといけない。安田記念の時のような差し損ねが無いとは言い切れない。


今開催の府中の芝重賞は、斬れる末脚タイプばかりが勝っていた。
「じゃあアーモンドアイかサートゥルナーリア(2番人気)じゃん」という声が聞こえてきそうだが、それではつまらん。

◎スワーヴリチャード。

現在5番人気。別にジャスタウェイ(天皇賞を勝った時が5番人気)にあやかったわけではない。
昨年の大阪杯を勝った後は、勝てないまでも善戦するというレースが続いているが、衰えているわけではない。実際、前走の宝塚記念の上がりタイムはメンバー中2位だった。
みんな忘れかけているが、この馬は左回りの方がいい馬。一発あるならここだろう。鞍上も何かやってくれそうな横山典だし。

ずっと買ってるアエロリット(6番人気)ももちろん気になる。
明日は先行馬は多いが逃げ馬はこの馬だけ。この馬に競りかけて消耗したらアーモンドアイの餌食になるので、意外と競る馬は少ないと思う。そうなるとこの馬に楽な展開になって逃げ粘る、というパターンは考えられる。

悩ましいのはサートゥルナーリア。
鞍上のスミヨンは何も考えずに早めに動いて前をぶっ潰しに行きそうな気がする。うまくいけばエピファネイア@2014年JCだが、ダメだったらズブズブ差されるパターン。なんとなくズブズブ差されるパターンだと思うんだよなあ。
まあ、スワーヴとの馬連で28倍つくので抑えます。

というわけで馬券は↑に書いた4頭で。
この秋のG1はまだ当たっていないのでなんとか当てたいです。

| | コメント (0)

アルテミスSと萩Sの感想。

続いてアルテミスS。

勝ったのはここも人気に応えてリアアメリア。

…ただ、レースの内容は酷いものだった。スタートから口を割って折り合いを欠きまくっているのを見て「これはボロ負けもあるかも」と思ったぐらい。
そんな状況で直線に入ってから鋭く伸びて差し切ったのだから能力が違うということなのだろう。
でも、気性面が改善されないと大成はできないと思う。

最後に萩S。
勝ったのは人気に応えてヴェルトライゼンデ。
好位からの叩き合いをきっちり制した。半兄ワールドエース&ワールドプレミアぐらいは走ってきそう。
期待したエカテリンブルク(5番人気)は3着。
インから上手く抜け出るかと思ったが叩き合いでねじ伏せられた。もう少し成長が欲しいですかね。

さて、馬券の方だが全部外れた(笑)。
だって全部1番人気が勝ってるし、2着も人気サイドだし。こんなの当てようが無いです。

明日の天皇賞(秋)の予想はこれから載せます。

| | コメント (0)

コックスプレートとスワンSの感想。

昨日も書いたが、今日の競馬は盛りだくさんだった。

というわけで今日の競馬を「レースの格」順に振り返る。


まずはコックスプレート。
勝ったのは人気に応えてリスグラシュー。
やはり外枠が響いて後方からの競馬になり、3角から4角で一気に大外をまくっていくという強引な競馬。しかし最後の直線に入ったところではきっちり射程に捕らえ、短い直線で一気にねじ伏せた。
正直「格が違う」の一言。こんなに強いなんて、私が知ってるリスグラシューじゃない、とか言いたい気分(笑)。
この後はどうするのだろう。検疫的にジャパンカップは無理らしいので、香港に行くのだろうか。有馬記念で見たい気もするけど。
あと、リスグラシューはコックスプレートの賞金300万豪ドルに加え、宝塚記念とコックスプレートを制したことで200万豪ドルのボーナス、合計で500万豪ドルゲット。これは約3億7千万円らしい。これは凄い。来年以降、宝塚記念勝った馬はコックスプレート狙った方がいいのではないだろうか。

次にスワンS。
勝ったのは人気に応えてダイアトニック。
道中は中団に構え、直線に入ると外に膨れながらも伸びる。そこからスミヨンが左ムチを入れると右に斜行しまくりながら伸びて、最後はモズアスコット(2着/2番人気)をねじ伏せた。
まあ、勝つには勝ったが、かなりお行儀の悪い勝ち方。スミヨンが腕力で抑え込んだという感じ。
この後はマイルCSだと思うが、マイルの実績が無いので過信はできないか。

だいぶ長くなったので、一回終わります。

| | コメント (0)

明日の競馬が盛りだくさん過ぎる。

今週末の楽しみと言えばもちろん天皇賞(秋)。

…と答えるのが普通の競馬ファンだと思うが、個人的には明日の方が楽しみだったりする。
時系列で書くと、

14時25分から萩S@京都。
14時55分からコックスプレート@ムーニーバレー(オーストラリア)。
15時35分からスワンS@京都。
15時45分からアルテミスS@府中。

これが楽しみ過ぎる。
萩SとアルテミスSは、今年のPOGで持っているエカテリンブルク(萩S)とリアアメリア(アルテミスS)が出走する。
このうち、リアアメリアは6月の新馬戦を8馬身差で圧勝して以来の休み明け。たぶん明日は1倍台の人気になると思うが、初の長距離輸送だし、今日の雨で馬場が悪そうだしで不安も大きい。でも、そんな不安要素を吹き飛ばして勝ってくれることを信じてます。
あと、エカテリンブルクはこのメンバー相手に勝てれば今後が期待できるので頑張って欲しいです。

コックスプレートには大好きなリスグラシューが出走する。
現地ではかなり評価されているようで、1番人気の模様。
ただ、気になるのは外目の枠を引いたこと。現時点ではインから11番目の枠からの出走となる予定(14頭立て)。
コックスプレートはコース形態から外枠がかなり不利らしいんだよねえ。その不利を跳ね除けられるか、というところか。

最後にスワンS。
ここには大好きなロードクエストが出走する。…が、さすがに厳しいかなあ。もちろん買うけど。
真面目に予想するなら◎トゥザクラウン。
大好きなトゥザヴィクトリーの仔だから。どこが真面目な予想なんだ(笑)。

というわけで楽しみ過ぎる土曜日です。
Jリーグがお休みで助かりました。

| | コメント (0)

有休なのに大雨。

今日は有休。

以前、次男に虫歯が見つかって(本当にかすかな虫歯なのだが)、その通院の付き添いである。本当は奥さんに行ってもらいたいところだが、奥さんは先週は体調不良で何日か休み、来週も長男の遠足の付き添いがあるので休まなくてはならず、今日は私が対応した。

歯医者自体はすぐに終了。実際、まだ治療はしておらず、歯科医さんに歯磨きしてもらって「歯医者に慣れてもらう」段階だし。
ちなみに次男は歯医者で全く泣かない。歯科医さんに「偉いね〜」と褒められてました。

その後は池袋に出て買い物してから帰宅。
…なのだが、とにかく雨が凄い。家を出た時点から。
「台風か!」とツッコミたくなるほどの雨風で、抱っこ紐で次男を抱えながら傘を差して荷物を持つのはなかなか大変だった。

そしてお昼ご飯を食べて、昼寝して、少し家事をして現在休憩中。
次男は14時頃から爆睡中。夜に寝てくれるかは少し心配だったりする。

| | コメント (0)

竜王戦第2局。

今日は竜王戦第2局2日目。
広瀬竜王が勝って1勝1敗のタイにするか、豊島名人挑戦者が勝って2連勝とするかという一局。

結果は豊島の勝利。

角換わり(という戦法名です)から後手番の豊島が積極的に攻め、飛車を成り込ませることに成功。その後、広瀬も反撃し、詰めろ(次の手で豊島の王を詰ませますよ、という手)まで持ち込むが、そこから豊島が長手数の連続王手で一気に詰まして勝利。

豊島の巧みな攻めを見させてもらった。
歩を突き捨てて取らせて、少し下がったところに歩を打って攻めの拠点を作るという、緩急自在の指し回しが鮮やかだった。

これで豊島が2連勝。
好スタートを切れたわけだが、王位戦も開幕2連勝から敗れたんだよなあ。そういう意味では今回の2連勝で豊島が浮かれることはなさそう。まあ、王位戦も浮かれていたとは思わないが。

逆に広瀬は苦しいスタート。
今回の第2局は序盤から攻め込まれて苦しい展開という、先手番の得を生かせないまま終わってしまった。広瀬って、淡々と指して気がついたら作戦負け、というのがよくあるんだよなあ。
第3局以降の巻き返しに期待したいです。

| | コメント (0)

2020年の中央競馬の開催概要(その2)。

今日の東京は青空も見えていい天気。
これが続いてくれれば嬉しいのだが、残念ながら明日の木曜の夜からまた下り坂の空模様。
金曜日は有休取って次男と一緒に歯医者行くし、土曜日は長男の習い事の付き添いがある。金曜日は諦めたが、せめて土曜日は降らないで欲しいなあ。

昨日書いた「来年の中央競馬開催概要の感想」の続き。
タイトルで「その2」と書いてますが今日で終わります(笑)。

嬉しく思ったのは「2020年の開催の最終日が12月27日(日)で、有馬記念で終わる」こと。
ホープフルSをG1に昇格させてからは12月28日で固定していたので、来年もそうかと思ったら違った。
やはり1年の最後のG1は有馬記念ですよ。「有馬記念の後にホープフルSがある」というのは、毎年違和感があったのでこれは嬉しい変更。願わくば2021年以降もそうであって欲しい。
ちなみに来年のホープフルSは有馬記念の前日の26日(土)に中山大障害と阪神Cと同じ日に行う。
それはそれで盛りだくさん過ぎじゃね?とも思うが。

2020年限定の変更としては「7月25日~8月9日の3週間、新潟&札幌の2場開催(小倉開催無し)になる」というのがある。
これはオリンピック開催の対応と暑熱対策らしいのだが、小倉開催を中断するのが何の関係があるのだろう・・・。

あとは「富士SがG2に昇格する(予定)」というのもあるが、これは私には関係の無い話。

まあ、どれも昨日書いた「京都競馬場改修にともなう変更」に比べればたいしたことはない。
ところでその「京都改修にともなう開催休止」だが、2023年3月まで行われる。
よく考えたらこのブログで書くのを忘れてました(笑)。
京都競馬がしばらく見れなくなるのは寂しいなあ・・・。

| | コメント (0)

2020年の中央競馬の開催概要(その1)。

今日は即位の礼の日で休日。

ただ、私は全く興味が無く、「休みでラッキー」ぐらいにしか思っていない。

せっかくの休みなので、どこかに出掛けようかとも思ったが、午前中は雨が降っていたので家の中で遊んで過ごし、お昼を食べてから息子達を昼寝させて、その後は雨も止んだので図書館行ったり公園で遊んだり。

まあ、今日は「のんびりしてリフレッシュした日」だった、と思うことにする。
話は変わって、競馬の話。
昨日の話になるが、来年の中央競馬の開催概要が発表された。
今回は気になる点が結構多い。
まずは、「スワンSの週が終わったら京都競馬場の改修が始まるので、替わりに阪神を使う」というもの。
つまり、エリザベス女王杯やマイルCSが阪神で行われる。また、阪神を酷使しないように、「例年なら阪神で開催される」ところを中京で開催することもある。
これはかなり大きい話。私は「過去の傾向」で馬券の予想を組み立てるので、競馬場が替わるというのはかなり悩ましい。どうしたものかねえ。

この他にもいろいろあるのだが、書ききれないので明日以降に続きます。

| | コメント (0)

ラグビーW杯。

今日は府中競馬が行われたが(先週の台風で中止になった分の代替)、検討する余裕も無いので見送った。
しばらくはじっくり検討できるレースだけ(基本的には重賞)買おうかと思ってます。

今更な話だが、昨日はラグビーW杯の準々決勝が行われ、日本は南アフリカに3-26で完敗。
残念ながらここで大会を去ることになった。試合自体は1秒も見ていないので多くは語りません。

ここまでの大会の様子と「盛り上がり」を見ていて思うのは、「ラグビーって潜在的には人気のあるスポーツなんだな」ということ。

正直「ラグビーW杯ってそんなに盛り上がるかあ?」と思っていた。
ところが日本がグループリーグを勝ちまくることでどんどん勢いを増していった。街中でも日本代表のユニフォームやグッズをつけている人をよく見かけるようになった。
もちろん「日本が勝っているから盛り上がっている」のは間違いないのだろうが、既にそれなりの地位を得ている野球、サッカー以外でここまで盛り上がれたスポーツは無かったように思う。

さてこうなると気になるのは「今回の盛り上がりを、ラグビー日本代表の強化に繋げられるか」ということ。
理想的な展開は「代表選手が出場する国内リーグに観客が増える→ラグビーを見る子供たちも増える→ラグビー人口が増える→代表が強くなる」というパターン。
これで強くなって、いつの日かラグビーW杯を優勝する日が来ればいいなと思います。

| | コメント (0)

菊花賞の感想。

今日の競馬は菊花賞@京都。

勝ったのはワールドプレミア(3番人気)。
道中は先行集団の後ろのインに構え、4角でもインを突くとあっさり前が開き、そこから突き抜ける。外からサトノルークス(2着/8番人気)が追い上げるがクビ差凌ぎきった。
これぞ武豊、という勝ち方だった。インでじっと足を溜め、4角でまくらないことで外に膨らまさずにインを突くことで距離損を無くすという、京都の乗り方のお手本のようだった(京都は4角に下り坂があるので、ここで加速すると外に膨らんでしまう)。
もちろんその騎乗に応えたワールドプレミアも強かったと思うが、武豊が乗らなかったらどうだっただろうか、とは思う。
期待した◎ニシノデイジー(2番人気)は9着。
後方からレースを進め、直線ではインを突いたが伸び切れず。単純にキレ不足な感じ。
というわけで馬券は外れ。
単純にルメール頼みで買って外すという、こっ恥ずかしい外し方だった。
これで2週連続的中無し(G1以外も当たってません)。

負のスパイラルに入っているなあ…。

| | コメント (0)

立教大学ホームカミングデーに行った。

今日は立教大学のホームカミングデー。卒業生向けのお祭りである。

今日も奥さんは遊びに行ったので、息子二人を連れて久々に池袋のキャンパスに行った。
まあ、混んでました。家族で来ている人もいれば年配の方々のグループもいて、学園祭とは違った感じの盛り上がりでした。
我々はマンドリンクラブの演奏(と言っても独奏だけど)を聞いたり、子供向けゲーム(輪投げや射的)で遊んだり、私はビール飲んだり(笑)。
一番楽しめたのは「パラスポーツ体験」。
ここでは「車いすバスケの体験」ということで、専用の車いすに乗ることができた。まずは長男にチャレンジさせたら、すぐに動かし方のコツを掴み、すいすい操作していた。教えてもないのにコーナーリングもできて、アシスタントのお姉さんが驚いていた。その後、そのお姉さんとバスケボールでパスのやり取りもでき、そこでも驚かれた。実は2ヶ月前に習い事でチェストパスの練習はしたのよね。
次に私もチャレンジ。ひざに次男を挟んで乗ってみたが、思ったより操作が楽で驚いた。そんなに力を入れなくても行きたいところに行ける感じ。まあ、バスケやるのだからそれくらいの操作性が無いと困るわけだが。
そんな感じで楽しませてもらった。
ホームカミングデーは他にも将棋教室(高見前叡王が多面指ししたらしい)、ふれあい動物コーナー(かなり行列していたので断念)など、面白そうな催しが多かった。
来年も都合が合えば行こうと思います。

| | コメント (0)

菊花賞の予想。

さっき気づいたが、明日は母校である立教大学のホームカミングデーだった。
調べたらいろいろイベントが行われ、子供向きのものもあるらしい。あと、私が所属していたマンドリンクラブの演奏もあるはず。
明日は何の予定も無いし、雨も降らないみたいなので行こうかと思います。
さて明日大事なのは菊花賞@京都。
現時点の1番人気はヴェロックス。
皐月賞2着、ダービー3着と好走し、そこで先着された馬がいないのだから人気も当然ではある。ただ、いかにも「押し出された人気馬」で、そこが少し気に入らない。
やはり菊花賞のような長距離戦は騎手重視、ということで。
◎ニシノデイジー。
現在3番人気。
これ、外れたらめちゃくちゃカッコ悪いのだけど、それを承知で◎に推す。
理由はもちろん「ルメールが乗るから」である。
前走のセントライト記念までは勝浦(今年ここまで14勝)が乗っていたが、その前走で後方から勝負することなく5着に敗れたことでルメール(今年ここまで125勝)に乗り替わることになった。
ルメールはここ4年の菊花賞で2勝3着1回と得意にしている。そのルメールが乗って単勝で6倍つくなら買うしかないと思うのですよ。
あと、菊花賞は内枠が強いレースでもあり、2番枠のこの馬にとってはそういう面でもプラス。
もう一頭気になるのは京都実績重視でレッドジェニアル(7番人気)。
京都新聞杯勝ちを含め、京都は4戦2勝3着2回と安定している。これ以外のコースでは馬券になっておらず、直線に坂のあるコースが苦手なのかもしれない。
前走の神戸新聞杯はプラス12kgでいかにも休み明けの仕上げだった。そこを叩かれての上積みに期待する。
馬券はこの2頭を中心に買う。ヴェロックスとワールドプレミア(2番人気)は抑えるべきか消すべきか悩み中。

そろそろ秋G1当てたいです。

| | コメント (0)

勝ち点で並ぶ。

今日はJ1第29節、東京vs神戸@神戸。

結果は3-1で勝利!
今日はフォーメーションを変えて中盤を厚くしてMF高萩を前目に置いたのだがそれが早速功を奏する。6分にクロスボールをヘッドですらし、それをMF東が折り返したところを高萩が押し込んで先制!
10分にはスローインからのボールが繋がり、MFアルトゥールシルバがPA角付近から振り抜くとこれがゴールに突き刺さる!ワールドクラスのスーパーゴールだった。この大事な試合での先発起用で結果を出すあたり「持ってる」なあと感じた。
さらに31分にはFWディエゴオリヴェイラにくさびのパスを入れたMF橋本がそのまま走り、ディエゴからのスルーパスを冷静に流し込んで3点目!最高の形で前半を終えた。
しかし後半は押し込まれる。
21分にCKから失点を許し、その後もシュートを打たれまくるが、高萩のミラクルヘディングクリアや、GK林のスーパーセーブなどでなんとか凌ぎきった。
まあ、なんとか勝ててよかったね、という試合。
押し込まれるとバタバタするのはなんとかならんのか…とは思うが。
とりあえず今日の収穫は高萩のトップ下とシルバのボランチ起用に目処が立ったこと、ていうか今後もこれでいけそうだということ。
今日の結果、勝ち点は首位の鹿島と並んだが得失点差で負けている分の2位。
ただ、勝ち点差1で横浜が肉薄しており、この3チームの争いはかなり熾烈になってきた。
あと5試合、まだまだ楽しませてもらいます。

| | コメント (0)

ローソンのスイーツ半額。

奥さんの体調不良は今日になっていくらかマシになったが、それでも息子達の送り迎えは大変ということで私が送りも迎えも引き受ける。

この結果、今日の会社の飲み会をキャンセルすることになってしまったがまあ仕方がない。今日はたぶんタダ酒が飲めたはずなんだよなあ…。
今日の昼前、「今日限定でローソンのスイーツが半額になる」ことを知る。
そりゃあもちろん買いますよ。
昼休みになって、会社の近くのローソンに行っておにぎりと肉まんと、バスクチーズケーキを購入。バスクチーズケーキは一度食べてみようと思っていたのでいい機会だった。
で、早速食べてみたがすっごく美味い。
これはバカ売れするわけだ。値段もそれほど高くないし。
200円とちょっとでこれだけ美味しいチーズケーキが食べられるとはいい世の中だ。
さて、夕方になって息子達を迎えに行くべく会社を出た。
なんとなくローソンに寄ってスイーツ売り場を見たら、バスクチーズケーキは売り切れてました(涙)。やはりみんな買ったのね。

| | コメント (0)

頑張った。

今日の昼過ぎ、奥さんからLINEが届く。

何かと思ったら「寒気が凄くて、節々も痛いので、息子たちを迎えに行って欲しい」とのこと。
さすがにこれは大変だと思い、部長に事情を話して今日は早退した。
家に帰ると奥さんが寝込んでいた。病院にも行ったが、熱が出てまだ時間が経っていないのでインフルエンザかどうかはわからないらしい。
とりあえず寝かせておいて、私は息子たちを迎えに行った。
息子たちは私が迎えに来たことをたいして疑問には思わず、普通に帰宅。
その後は買ってきたお弁当などを食べて、風呂に入れるか、と思ったら二人とも「眠い〜」と愚図るので、歯を磨いてとっとと寝かせた。
完全に寝静まったのを見計らって、私は食器を洗い、風呂に入り、風呂場を掃除して、洗濯して、洗濯物干して現在に至る。

頑張った、俺。

| | コメント (0)

ラインスピリットの引退に思う。

今日の愚痴@職場。

私が社内向けの文章を作って部長にメールで提出
→部長はそれを印刷して手書きで修正して「こんな感じで直して」と紙で私に返却。
お前がPCで直せば済む話じゃね?
こんなのが一部上場企業の部長なんだよなあ…。
以上、愚痴終わり。
今日の夜になって、私が大好きなラインスピリットの登録抹消(要は引退)されたことを知った。
ラインの馬券を初めて買ったのは2017年のシルクロードS。
そこは5着に敗れたが、それまで何度も穴を空けていた馬だったので買い続ける価値はあると見て実際に買い続けた。
結果、その年の北九州記念での15番人気での3着、翌年の淀短距離Sでの5番人気での勝利と私の期待に応えてくれた。
そして極めつけは2018年のスプリンターズS。
ここでは13番人気ながら3着に激走し、複勝14倍、ラブカンプーとのワイド138倍などを取らせてくれた。
残念ながらここで燃え尽きたのか、その後は1回も馬券にならなかったが、大好きな馬だった。
これからの短距離戦でラインの姿を見ることができないのは寂しいが、8歳までよく頑張ってくれたと思う。
後は余生を穏やかに過ごして欲しい。
ありがとう、ラインスピリット。

| | コメント (0)

かけっこ。

今夜は21時15分(日本時間)からW杯アジア2次予選の日本vsタジキスタンだが、さすがに勝つだろう。
東京サポとしては、FW永井・MF橋本・DF室屋が怪我することなく帰ってきてくれればそれでいいです。

今日の午前中は長男が通う幼稚園の運動会だった。
結局見に行くことは諦めて出社したのだが、昼頃に奥さんからLINEが送られてきた。
それには長男が出場した「かけっこ」の動画だった。
隣の女の子がフライング気味(て言うかフライング)にスタートしたので最初は遅れたが、そこから加速して最後はきっちり差し切った。幼稚園の狭い園庭で差し切るというのはなかなかできない芸当。普段から鍛えている効果が出たなあ、と思った。

その後もにやにやしながら動画を見ていたが、よく見てみると周りの子(長男以外には、フライングした女の子ともう一人男の子と一緒に走った)との走り方、特に腕の振り方が明らかに違った。
他の子は、言い方は悪いが「てれてれ走る」感じなのに、長男はしっかり腕を振って走っている。
長男は土曜日に「総合スポーツ的な習い事」に通っているのだが、そこでは走り方も教えてくれた。その教えがしっかり身についているのだなあと実感した。

そんな感じで嬉しい気分の一日でした。

| | コメント (0)

府中牝馬Sの感想。

今日の競馬は府中牝馬S@府中。


勝ったのはスカーレットカラー(4番人気)。

道中は後ろから2番手という後方待機策。直線に入って外に持ち出すと鋭く伸び、まとめて差し切った。
う〜ん、今日のやや重の馬場で、先週の毎日王冠勝ち馬ダノンキングリーより0.1秒遅いだけというのは優秀なタイムだとは思うのだが、「先行勢がハイペースで止まったところを差しただけ」とも見えてしまう。
まあ、『展開がハマればこれだけ走れる」ということを覚えておけばいいのだろう。「人気で買ってはダメだけど、人気薄なら抑えておく」ぐらいの付き合いでいいと思う。

期待した◎ディメンシオン(5番人気)は6着。
スタート直後の先行争いで譲り合って、3角6番手になった時点で「このまま流れ込んで終わりだろうなあ」と思っていたらその通りだった。もう少し緩い流れでないとダメな馬なのだろう。私が狙う馬、こんなのばっかり(笑)。

というわけで今日もいいところなし。
週末で的中ゼロというのは久々な気もする。
悪い流れに引きずり込まれないようにしないとなあ。
あ、もちろん明日の府中は買いません。

| | コメント (0)

鉄道博物館。

今日は長男が通う幼稚園の運動会…の予定だったが、今朝に「天候が良くないので中止」の連絡が入った。

確かにこの後雨が降り出したので、その判断は正解だった。そして明日は降らないみたいだし。
しかし、残念ながら明日は仕事なので見ることができない。「サボればいいじゃん」という悪魔の囁きも聞こえるが、最近ちょこちょこ休んでいるし、仕事も忙しいのでそれも難しい。
まあ、今年は仕方がないと諦めます。

で、今日は家族4人で鉄道博物館へ行った。
天気が悪いので「屋内で楽しめるところ」を考えてここにした。
久々に行ったが、やはりここは楽しい。いろんな車両を見たり乗ったりできるし。あと、寝台列車の「あさかぜ」の車両に乗ると、死んだ母親の実家@広島に行く為に「あさかぜ」に乗った記憶が蘇ります。
その他にもジオラマ見たり、「シンカリオン」の3Dシネマ見たりして、気がついたら16時過ぎ。あっという間の一日だった。
3連休の最後に、ようやく休日らしい過ごし方ができました。

| | コメント (0)

府中牝馬Sの予想。

最後に明日の府中牝馬Sの予想。

1800mを超えた距離で勝ったことが無い馬が1・2番人気で、重賞未勝利馬が3番人気。

こんなの、穴馬を狙わないでどうする。


◎ディメンシオン。

現在6番人気。
前走の京成杯オータムHでは3番手からの流れ込みで2着と、それなりに順調。
最近はマイルを中心に使われているが、1800mは準オープン勝ちを含み3戦2勝2着1回と得意の距離。大崩れは無いと見る。
あと、オカルト的なことを書くと、この馬の半弟であるパンサラッサ(父ロードカナロア)が土曜の2歳未勝利戦で2着に2秒5差をつけての大差勝ちを決めた。こういう「血の勢い」ってあると思うのですよ。

馬券はこの馬の単複だけ…と思ったが、人気馬との馬連もそこそこつくんだよなあ。
今日それで痛い目にあったが(涙)、懲りずに買うかもしれません。

| | コメント (0)

秋華賞の感想。

では秋華賞@京都の感想。


勝ったのはクロノジェネシス(4番人気)。

道中は5番手あたりの先行策を取り、直線に入って先行勢をぶっ潰すとそのまま突き抜けた。
…あれ、こんな強い馬だったっけ?というのが率直な感想。今日はオークス以来の休み明けでプラス20kgの馬体重だったが、成長分だったのだろう。
この後はエリザベス女王杯に向かうと思うが、強い古馬牝馬がみんないないからかなり有力だろう。

期待した◎フェアリーポルカ(8番人気)は16着。
向こう正面で押し上げて行こうとしていたが進んで行かず。おそらくこの馬、スローペースでないとダメな馬。そういうレースに使ってきた時にまた狙いたい。

馬券はもちろん外れ。
しかし、冷静に考えると、今日の結果って、
1着 桜花賞&オークス3着馬
2着 オークス2着馬
3着 桜花賞2着馬
だったりする。
そして、桜花賞馬とオークス馬は不在だった。これで3連複151倍というのは美味しいよなあ。
今年の3歳秋重賞は「春の実績馬買っとけばいい」レースが続いたが、それの集大成だったような気がします。

| | コメント (0)

決勝トーナメント進出。

台風19号は昨夜のうちに東京を通り抜け、今日は台風一過のいい天気。

我が家は午前中は買い物したりしてのんびり過ごし、午後は私が息子たちを連れて六義園の近くの公園へ。ここは遊具が充実していて、結局3時間近く遊んだ(笑)。財布に優しい息子たちです。

夜は洗濯物をベランダで干していたら歓声が聞こえて、「ああ、今日はラグビーW杯の日本戦か」と気付く。
家事を終えて、テレビをつけたら7点差のリードで終盤を迎えており、そのまま逃げ切った。
これで日本初の決勝トーナメント進出となった。
この勢いでどんどん勝ち進んで欲しいです。

…さて、これから今日の競馬の感想書くかなあ。

| | コメント (0)

竜王戦第1局。

最後に今日は竜王戦第1局2日目。

広瀬竜王に豊島名人が挑む七番勝負である。
ちなみに、将棋界の序列1位は竜王保持者、2位は名人保持者である。これ、意外と知られていない話。まあ、普通「名人が一番偉い」と思うよねえ。

さて、その第1局は豊島が勝利。

角換わりから先手番の豊島が桂捨ての攻めを見せた…かと思ったら広瀬がその桂馬を放置。豊島の攻めが空振りになってしまい、広瀬が優勢に。しかし豊島の粘りに広瀬が攻め方を誤ったのか、気がついたら豊島が優勢に。それでも最後は広瀬が怒涛の攻めを見せるがわずかに及ばず、豊島が逃げ切った。

豊島にしては珍しく「不利な状況から粘ったの逆転勝ち」。木村王位との10番勝負で粘りを身につけたのだろうか(笑)。

というわけでまずは豊島の勝利で開幕した。
ただ、広瀬もここでタイトルを失ったら「広瀬九段」に戻ってしまう。それは避けたいだろう。

第2局以降の巻き返しに期待したいと思います。

| | コメント (0)

秋華賞の予想。

続いて明日の競馬の予想。

明日は秋華賞@京都。
今日の京都はずっと雨が降っていて不良馬場での競馬となり、かなり時計がかかっていた。
明日の馬場が大きく回復するとは思えず、重馬場での秋華賞になりそうな気がする。

さて、「じゃあどの馬が重馬場上手いの?」という話になるが、2勝クラスでの重馬場での勝ちがあるのがエスポワール(2番人気)とサトノダムゼル(7番人気)。
ただ、この秋の3歳戦は「春に走っていなくて、条件戦を勝ち上がってきた上がり馬」がことごとく負けている。なのでこの2頭は罠だと思う(笑)。

まあ、3歳牝馬の重馬場適性なんて考えても仕方ないので(←今までの前振り全否定)、素直に好きな馬を買う。

◎フェアリーポルカ。

現在10番人気。まあ、単勝17倍だけど。
前走の紫苑Sは休み明けでプラス16kgの馬体重ながら勝ち馬にハナ差の2着。馬連を当てさせてもらいました。
近年、紫苑S組は秋華賞で好調だし、先行できるし、重馬場巧者が多いイメージのルーラーシップ産駒だし、この人気なら買うしかない。
最大の不安要素は鞍上の三浦がG1未勝利であること、そしてそもそも関東騎手は秋華賞でほとんど来ていないということ。でもこの人気なら(以下略)。

もう一頭気になるのは、その紫苑S勝ち馬であるパッシングスルー(9番人気)。
こちらも先行できるし、ルーラーシップ産駒だし、やはり9番人気なら買うしかない。
こちらも最大の不安要素は鞍上が戸崎であること。でもこの(以下略)。

馬券はこの2頭から、ローズS上位組へ。
当初は「ダノンファンタジーなんて買わねえ」と書くつもりだったが、馬連で結構つくので抑えることにした(笑)。

まあ、こんな馬場の秋華賞なんて、そもそも手を出すのが間違っていると思うが(笑)。

| | コメント (0)

家で過ごす。

昨日も書いたが、今日は台風19号の影響で長男が通う幼稚園の遠足や、習い事は中止。

というわけで、今日は家族全員一歩も外に出ない一日だった。まあ、厳密に言えば私がゴミ出しの為に外には出たが、家の敷地内からは出なかった。

さてそうなると大変なのは「どうやって子供たちと一日過ごすか」ということ。
いつもなら外出して遊べばいいわけだが、そういうわけにはいかないし。

結論から書くと、「家にある遊び道具で遊びまくり」ました。
ウレタンのボールでキャッチボールしたり、パズル解きまくったり、レゴブロックでいろんなもの作ったり。昼過ぎには2時間近く兄弟で昼寝もしてくれたので、それもありがたかった。

そして現在は早めに風呂に入ってとっとと寝てくれた。
そんなこんなで大変な一日だった。
後は、台風で大きい被害が出ないことを祈るばかりです。

| | コメント (0)

台風19号の影響。

一昨日も書いたが、台風19号がもうすぐ関東に直撃する。
それもあって、明日は早い時間から交通網の計画運休が発表された。加えて長男が通う幼稚園の運動会はもちろん中止で14日(祝・月)への延期が決まったし、習い事もお休みで確定した。

そして何より重要なのがこれ。

「第4回東京競馬第3・4日の開催中止について」

というわけで、明日&明後日の東京競馬の中止が決まった。
まあ、これは仕方が無い。
明日は天候的に厳しいし、明後日の日曜日は天候的には競馬はできるかもしれないが、もしも倒木などで交通網が遮断されたら馬運車が動けなくなってどうにもならなくなる。
それだったら日曜日も中止にしておくのが無難なのだろう。

この結果、明日の東京競馬は15日(火)に、明後日の東京競馬は21日(月)に振り替わることが決まった。
おお、今週末は4日間開催になるのか(笑)。

まあ、今週末はもともと日曜の秋華賞@京都と、月曜日の府中牝馬S@府中の2重賞、それとPOGで持っているジュンライトボルトが出走する日曜日の紫菊賞@京都しか買わないつもりだったので、この3レースに影響が無くてよかったです。

さ~て、これから予想するぞお。

| | コメント (0)

順当。

今夜はW杯アジア2次予選の日本vsモンゴル@埼玉。

結果は6-0で勝利!
…まあ、順当な結果ですかね。
東京サポ的には、FW永井がゴールを決めて、何故かSB長友までもゴールを決めるという嬉しい結果。
永井はJリーグではしばらくゴールできていないが、これでゴールの感覚を思い出して欲しいなあ。
ところで。
今日の日本はシュート41本を放ったのに対して、モンゴルのシュートは0。
…さすがに実力差があり過ぎだと思うんだよねえ…。

今回の2次予選は5チーム×8グループが参加しているのだが、もう少し絞れないものかと思います。

| | コメント (0)

台風19号。

ここ数日の気になることと言えば「台風19号の進路」である。
現時点では「12日(土)の15時頃に静岡辺りに近付き、13日(日)の15時頃には北海道の方に抜けていく」という予報になっている。

なぜ台風の進路が気になるかというと、一つは「週末の我が家のスケジュールに関わるから」。
土曜日は長男が通う幼稚園の運動会だが、これは確実に順延になる。おそらくは14日(月・祝)まで順延になるだろう。
そして土曜日の14時~15時半は長男の習い事@代々木(幼児教室)なのだが、これは台風が東京に直撃している時間帯のような気がする。これは場合によっては休まざるを得ないだろう。て言うか教室側が休みにするかもしれない。

進路が気になるもう一つの理由は「週末の競馬がどうなるのか」ということ。
今週は日曜日に秋華賞@京都と、月曜日に府中牝馬S@府中が組まれている。
馬場が悪化するとなると、予想がいろいろ面倒になる。まあ、「重馬場適性がわからないなら買うなよ」というのはごもっともな意見なのだが、そこに馬券を買えるレースがあったら買うしかないのですよ(笑)。

とりあえず、「台風19号が東京を直撃する」というのは避けられないっぽいので、なるべくめんどくさいことにならない方向でお願いしたいです。

| | コメント (0)

もう少しだけ凱旋門賞の話。

今日、職場を見るとマスクをしている人をそこそこ見る。恐らくは風邪気味なのでマスクをしているのだろう。まあ、最近は寒暖の差が激しいので、体調も崩すよねえ。気をつけないとなあ、と思います。

今日も特に何も無い一日なので、もう少しだけ凱旋門賞の話。
暇な時に「どうすれば日本馬で凱旋門賞を勝てるか」を考えてみた。
私は「日本でトップクラスの馬を、欧州に長期滞在させる」のが一番、というかそれしかないと思っている。

ところが、今の日本馬のトップクラスはほとんどが共同馬主の馬。そういう馬を長期滞在させるのは現実的に厳しい(もし実行したら、一口馬主から大ブーイングなのは確実)。

なので、個人馬主の馬でトップクラスの馬が誕生するのを待つしかない。
そして、その馬主が採算度外視で欧州に長期滞在してくれる器量の持ち主であることを祈る。
…さて、そんな馬主がどれだけいるのだろうか(笑)。
なんとなく可能性を感じる馬主はキーファーズ(高額のハズレ馬を買い続けることで有名)、佐々木主浩(大魔神)、そしてゴドルフィン(ドバイの王族)あたりか。
個人的にはゴドルフィンに期待している。
欧州での所有馬ではサキーで凱旋門賞を制しているし(2001年)、欧州競馬でのノウハウは日本のどのホースマンより持っているはず。
まあ、ゴドルフィンの馬を「日本馬扱い」するのは若干抵抗があるけど。
…とダラダラ書いたが、どうせ実現はしないっすよ。残念ながら。

| | コメント (0)

凱旋門賞の感想。

日本時間の昨晩23時過ぎに行われた凱旋門賞@ロンシャン(フランス)。

勝ったのは伏兵のヴァルトガイスト(9番人気)。
道中はやや後方に構え、直線に入って外に持ち出すとそこから鋭く伸びる。その時点でエネイブル(2着/1番人気)は先行勢をぶっ潰して先頭に立っていたが、そこに馬体を合わせずに「出し抜くような形」で差し切った。
ヴァルトガイストは今年に入ってからはエネイブル、マジカル、クリスタルオーシャンには歯が立たないが、他には負けないという結果を出していたが、大一番のここで大逆転劇を演じた。まあ、展開が向いたというのはあったとは思うが、実力が無ければできない話。

逆にエネイブルは勝ちに行った分、最後は脚が止まってしまっての2着。
いわゆる「負けて強し」の競馬だった。

一番期待していた◎マジカル(8番人気)は5着。
直線に入ったところでは先頭に立って一瞬夢を見たが、あっさりエネイブルにぶっ潰されてしまった。ただ、マジカルを捕まえに行った分、エネイブルは最後に止まったわけで、ある意味「エネイブルの3連覇阻止」の影の立役者だった。

さて日本馬はキセキ(6番人気)の7着が最高で、ブラストワンピース(5番人気)は11着、フィエールマン(4番人気)は12着に終わった。ちなみに昨日は12頭立てだったので、要するに最下位とブービーである。
私は今回の日本馬には何の期待もしていなかったが、それにしても酷い結果である。やはり、日本馬が凱旋門賞で勝負しようと思うなら、欧州に長期滞在するしかない。そんな「みんな知ってる」ことを再確認するだけの結果だった。とりあえず「札幌記念から凱旋門賞直行」というのは全く意味が無いからやめた方がいい。

個人的には、日本馬の「競走馬としてのポテンシャル」は海外馬のそれと遜色ない「はず」だと思っている。
ただ、日本の高速馬場に順応し過ぎて、欧州の馬場に対応できていないだけだと思っている。
なので、↑にも書いたが、欧州に長期滞在することで欧州の馬場に対応することはできるはず。実際、ディアドラが今年の4月から欧州に長期滞在して、最初はいいところが無かったが3戦目でついにG1を勝ったし、4戦目のチャンピオンSでは4着に健闘した。
こういう“お手本”が近くにいるのに(て言うか20年前にエルコンドルパサーが通った道です)、なんで学ぼうとしないのか。
こう考えると、日本馬が凱旋門賞で話にならないのは、馬の実力以前に馬に関わる人々に問題があると言わざるを得ないと思う。

さて、馬券的には馬連15倍を当てることができた。
凱旋門賞を初めて当てることができてとても嬉しい。まあ、「タテ目」での的中だが、当たれば何でもいいです(笑)。

| | コメント (0)

毎日王冠と京都大賞典の感想。

今日の競馬は毎日王冠と京都大賞典。

毎日王冠を制したのは圧倒的1番人気に応えてダノンキングリー。
道中は最後方を進み、直線に入って大外に持ち出すとそこから鋭く伸び、逃げるアエロリット(2着/2番人気)をあっさり差し切った。
うん、やはり「G2・G3でのダノン馬」は強いなあ。というのは半分冗談で(つまり半分は本気で書いてます)、この馬は中距離ではなかなか強いと改めて思った。
ただ、さすがに天皇賞(秋)では厳しいかなと思ったら、この後はマイルCSに向かうらしい。それは賢明な判断だとは思うが、鞍上が戸崎なのは京都で走ることを思うと不安ではある。
期待したアエロリットは↑にも書いた通り2着。
いつも通りに逃げて、直線ではインディチャンプ(3着/3番人気)を差し返す渋太さを見せたが、勝ち馬の決め手に屈した。さすがに5歳秋ともなると衰えが出てくるかなあ…。

さてこの後はどうするのだろうか。過去2年結果を出せていない京都遠征は止めて、天皇賞(秋)に向かって欲しいのだけど。

京都大賞典を制したのは超伏兵のドレッドノータス(11番人気)。
好位を追走して、直線では逃げるダンビュライト(2着/6番人気)をあっさり捕らえて快勝。
…え?としか言いようがない(笑)。確かに前に行ける馬ではあるのだが、最近は結果を出せておらず、「終わった馬」だと思ってました。ただ、改めて過去の実績を見ると、秋の京都に好走が多い馬ではあったんだよなあ。
期待した◎ノーブルマーズ(4番人気)は4着。
やや中団に押し込まれた分、4角でもたついてしまったのが痛かった。スタート直後からもっといい位置を取りに行けばこうはならなかった気もするが、高倉に多くを望んではいけないのだろう。
ただ、もう一頭期待したダンビュライトはよく頑張ってくれた。やはり積極的に行ってこその馬だと思う。
というわけで、馬券はどちらも渋いところが的中。
毎日王冠は馬連3倍、京都大賞典はダンビュライトの複勝5倍。
結果、今日はプラス100円で終わった(笑)。
まあ、負けないことが大事ですよ。
そしてこの後は23時5分から凱旋門賞。
私が期待しているマジカルの単勝が現時点で24倍、エネイブルとの馬連も8倍つくようで、ちょっと楽しみ。
家事は全て終えたので、後は発走を待つばかり。
レースの感想は明日書きます。

| | コメント (0)

豊島市場まつりに行った。

今日は東京が首位から陥落した。まあ、昨日の時点で覚悟はしていたので、さほどショックは無い。


今日は朝から巣鴨駅の近くの豊島市場へ。
今日は「豊島市場まつり」が開催されており、9時開始だったが最初からめちゃくちゃ混んでた。
理由は簡単で、輪投げやダーツなどのゲームが数百円でできるのだが(大人も可)、その景品が野菜の詰め合わせなどで、絶対に元が取れるから。運が良ければメロンが貰えたりもした模様。
我が家は残念ながらメロンは貰えなかったが、野菜の詰め合わせは貰えた。しばらくは野菜食べまくりの日々になるでしょう。

今日の競馬の感想は後で書きます。

| | コメント (0)

凱旋門賞の予想。

続いて凱旋門賞@ロンシャンの予想。

まず、日本馬は1円も買わない。
フランスで前哨戦を使わない日本馬は好走したことが無いし、唯一使ったキセキは鞍上のスミヨンが「キセキの良さ(=逃げてからのロングスパート)」を全く理解してなさそう。

そして3連覇がかかるエネイブルだが、ここに来て「絶対勝つ」とは思えなくなってきた。
やはり5歳の秋で衰えが無いとは言えないと思う。「5歳以上の牝馬は2006年を最後に凱旋門賞で馬券になっていない」というジンクスもあるし。

というわけで結論はこう。
◎マジカル。
○エネイブル。
△ヴァルドガイスト。

マジカルは昨年の凱旋門賞14着の後、9戦5勝2着4回と安定している。
しかし、昨年の凱旋門賞を含めてエネイブルには4連敗。「勝負付けは済んだ」という声も大きい。
でもねえ。
こうやって「なかなか勝てない相手に挑み続ける馬」って好きなんですよ。メイショウドトウを思い出させてくれて(笑)。
1世代上のライバルに、最後の最後で逆転するというドラマを見たいので、応援込みで◎を打ちます。「今年の4月に復帰してから明日で8戦目というのは使い過ぎじゃね?」という声は無視します。そんなことは承知の上です。
○はさすがにエネイブル。仕方ない。
△は、昨年は◎に推したヴァルドガイスト。
今年も順調に使われていて、エネイブルやマジカルの「次の席」はキープできている。

これ以外の馬では、ジャパンは買わない。
今年の欧州の3歳馬はレベル低いと思うんだよなあ。イギリスダービーを制したアンソニーヴァンダイクがキングジョージでボロ負けした時からずっと思っているのだけど。

馬券は挙げた3頭で買う。
日本馬が激走して馬券が外れるなら、それはそれでいいです。
明日は日本時間23時5分発走予定。なんとかしてリアルタイムで見るぞお(フジテレビやグリーンチャンネルで見れるっぽい)。

| | コメント (0)

毎日王冠と京都大賞典の予想。

続いて明日の競馬。

「日本では」毎日王冠@府中と、京都大賞典@京都が行われる。

毎日王冠は素直にこの馬を買う。

◎アエロリット。

現在2番人気。まあ、何番人気でも買うけど。
昨年のこのレースの覇者であり、今年も安田記念2着と衰えは無し。鞍上が津村に乗り替わりというのは果てしなく不安だが、そこは気にしないことにする。
相手もダノンキングリー(1番人気)かインディチャンプ(3番人気)でどうしようもない気がする。馬券はアエロの単勝と、この2頭への馬連で。

京都大賞典は悩ましい。現時点では天皇賞(春)2着のグローリーヴェイズが1番人気だが、それ以来の休み明けで16番枠を引いて単勝2倍前後では買えない。
迷った時は前に行ける馬を買う。

◎ノーブルマーズ。

現在6番人気。
昨年の宝塚記念3着以降は不振だったが、前走の小倉記念では差の無い3着と復調気配を見せた。
明日は先行馬も多くなく、この馬には展開が向きそう。1番枠を引けたのもプラス材料。一発があってもいい。
もう一頭気になるのはダンビュライト(5番人気)。
これも先行できるし、京都外回りの実績もある。
ただ、14番枠と外目の枠を引いたのと、大阪杯以来の休み明けというのは気になる。
馬券はこの2頭で買う。買えば買うだけ外れそうだし(笑)。

G1で当たらない分、G2は当てていきたいです。
あと、凱旋門賞@ロンシャンの予想はこれから書きます。

| | コメント (0)

藤田菜七子、今日4勝。

今日はJ1第28節、東京vs鳥栖@鳥栖。


結果は1-2。

誤審で負けた。以上。

というわけでとっとと明日の競馬の予想に話を切り替えようと思ったが、その前に今日の競馬の話。

今日は新潟競馬で藤田菜七子が4勝した。
全て2番人気で、勝っておかしくない馬ばかりではあるが、それでも1日4勝は素晴らしいの一言。1番人気ばかり乗って全然勝てない騎手もいるんだし(笑)。

ただ、今日勝ったのは平場ばかり。つまり「女性騎手限定の斤量3キロ減」の恩恵を受けた勝利ばかりではある。
こうなると「この3キロ減の恩恵が無ければ勝てたかわからないし、そもそも騎乗依頼が来るかもわからない」とか言ってくる奴等も少なからずいるだろう。個人的には「決まったルールなんだからガタガタ言うな」とは思うが。

まあ、この手の雑音を封じるには、斤量減の恩恵が無い特別戦や重賞を勝つしかないですな。
でも、今こうやって平場で勝つことで調教師や馬主に信用されれば、特別戦や重賞でもいい馬に乗れる日は来ると思います。

| | コメント (0)

競輪が大変なことに。

今日のちょっと怖い話。

「前代未聞、競輪で全レース中止」

実は昨日にシステム障害が起こっていたらしいが、今日もその障害は続き、「今日開催される予定だった6つの競輪場でのレース全てが中止」になった。
どうやらネットから車券を購入するシステムに不具合が発生したらしく、「車券の投票が入ってもオッズに反映されない」状況になったらしい。まあ、中止にするのは仕方ないかなあ、というところ。

さて。
この障害が自然に起きたものなのか、誰かが人為的に起こしたものなのかはわからないが、こうやって競輪がシステムの不具合で中止になるということは、競馬だってそうなる可能性がある、ということである。
て言うか、競馬も馬券が売れない状況になったらレースは中止になるだろう。

・・・そうなったら、システムの開発メーカーは多額の賠償金を払うことになるだろうなあ・・・。

例えば昨年の有馬記念の売上が436億円。
これが「システム障害で馬券を売れませんでした」なんてことになったら。

・・・賠償金とかを考えただけで恐ろしい・・・。

| | コメント (0)

祝・藤田菜七子、統一重賞初制覇!

昨日の話。

昨日は大井競馬場で東京盃(統一G2)が行われ、藤田菜七子騎乗のコパノキッキングが圧倒的1番人気(単勝1.5倍)に応えて逃げ切り勝ちを決めた。
この勝利は「JRA女性騎手初めての統一重賞制覇」となり、メモリアルな勝利となった。

まあ、昨日のメンバーは「ここで負けたらダメだろ」的なものだったのだが、圧倒的人気を背負っても負ける時は負けるのが競馬。
そういう意味ではきっちり結果を出した藤田は偉いと思う。

そして個人的にもっと偉いと思うのは「藤田にチャンスを与えた馬主の、『Drコパ』こと小林祥晃氏」。
なんだかんだで藤田はまだ技術的には未熟なところもあるわけで、それでも「勝てそうな馬」を藤田に乗せてあげるのはなかなかできないこと。「藤田が活躍すれば競馬界が盛り上がる」ことを理解してくれているのだと思う。

実際、昨日の東京盃の売上は10億円を超えて、東京盃史上最高額。入場人員も9千人を超えて、昨年比123%だったとのこと。
確かに、昨日の中継を見たらめちゃくちゃ観客が入っていたもんなあ・・・。

さてこうなると次に見たいのは「藤田の中央競馬での重賞勝利」。
Drコパ氏以外にもチャンスを与えてくれる馬主が増えてくれれば、その日が来るのもそう遠い話ではないだろう。

| | コメント (0)

日曜日は凱旋門賞。

今日は若干仕事が忙しかったぐらいで特に何も無い一日だったので今週末の話を。

今週の日本時間の日曜23時頃、凱旋門賞@ロンシャンが行われる。
今年は日本からキセキ、ブラストワンピース、フィエールマンのG1馬3頭が挑む。
・・・のだが、さすがに厳しいだろうなあ、というのが正直なところ。
キセキは前哨戦のフォア賞を完敗してしまったし、ブラスト&フィエールマンは前哨戦を使わずにぶっつけで挑む。もちろん頑張ってはもらいたいのだが・・・。

それに加えて今年は(「も」と書くべきか)「女王エネイブル」がいる。
一昨年&昨年の凱旋門賞を制し、史上初の3連覇がかかる女王である。今年も7月に復帰してからG1だけ出走して3連勝(ついでに3年がかりで12連勝)と、どうしようもないくらいに強い。
これに勝てというのはかなり無理がある。

凱旋門賞は馬券を買うことができるのだが、現時点では「エネイブルから日本馬を外した馬券」という、誰でも考えそうな馬券を買う予定。
ただ、エネイブル以外の海外馬はよくわかっていないので、もう少し勉強しておこうと思います。

| | コメント (0)

王座戦第3局。

今日は奥さんと息子達が新潟から帰ってきた。

家に入ると奥さんが長男にキレていて、「ああ、いつもの日常が戻ってきたなあ」しみじみ感じる。ええ、もちろん長男へのフォローはしました。

今日は王座戦第3局。
永瀬叡王挑戦者が勝ってストレート奪取となるか、斎藤王座が勝って一矢報いるかという一局。

結果は永瀬の勝利。

先手の永瀬が矢倉に組もうとしたところを、後手の齋藤が速攻を仕掛ける。この速攻はすぐにひと段落したが、その後も斎藤が攻めて永瀬が受ける展開が続く。ただ、結局は斎藤が攻め切れず、永瀬が反撃に出ると一気に寄せ切った。
ちょっと齋藤の攻めが細すぎたかな、という印象。それをきっちり受け切った永瀬はもちろん素晴らしいのだが。

というわけで永瀬がストレートで王座を奪取。
これで永瀬叡王&王座の二冠となった。
…「永瀬二冠」というのはちょっとピンと来ないなあ…。
まあ、すぐに慣れるのだとは思うが。

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »