« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

チャンピオンズCの予想。

明日の競馬はチャンピオンズC@中京。

オッズ的には「5強」となっている。その中で買いたいのはこの馬。
◎ゴールドドリーム。
現在2番人気。
このレースに関して言えば、3年前は惨敗したが2年前は勝利し、昨年は直前で出走回避。コース適性的には問題無いはず。
前走の南部杯は仕上がり途上だったらしいので度外視していい。そもそもこの馬、南部杯は3回走って1回も勝ってないという苦手なレースだし。
今回は追い切りもしっかり動いて万全の態勢。後はルメールの腕に託す。
相手で怖いのはインティ(3番人気)。
前走のみやこSではまさかの15着と大敗したが、休み明け・斤量59kg・大外・逃げ馬多数で逃げられず等々、ネガティブ要素満載だった。
今回は内枠・逃げ馬少なめと、条件は好転している。中京ダート1800mは今年の東海Sで快勝した舞台で、これもコース適性は問題なし。
最後に、武蔵野Sでお世話になったワンダーリーデル(10番人気)も買う。
「義理で買う」のは事実だが、武蔵野Sの勝ち馬がこの人気薄なら抑えてもバチは当たらないだろう。「2頭出しは人気薄を狙え」とも言うし(オメガパフューム(4番人気)と同じ厩舎)。
馬券はこの3頭だけで。
12月に入って流れが変わるといいなあ。

| | コメント (0)

厳しい状況。

今日はJ1第33節、東京vs浦和@味スタ。

結果は1-1のドロー。
詳細は触れない。
今日は横浜が川崎に4-1で圧勝したので、来週の横浜戦は「4点差以上の勝利」でしか逆転優勝の目が無くなってしまった。
まあ、残留争いしている湘南&浦和にホームでドローという結果では優勝とか無理ですよ。
今日はFWディエゴオリヴェイラ&永井の2トップが負傷退場するというアクシデントがあったけど、それまでの時間でいくらでも先制のチャンスがあったのに決め切れないのが悪い。
とはいえ、可能性が無くなったわけではない。

最後まで諦めないで戦って欲しいと思います。

| | コメント (0)

中曽根 元首相死去に思う。

今日の東京は久々の好天。
青空を見ると気分も晴れやかになるなあとしみじみ思う。

今日のニュースと言えばこれ。

「中曽根 元首相が死去」

1982~87年に首相を務めた中曽根氏が亡くなった。なんと101歳。
30年以上前に首相を務めたのだから、そのくらいの年齢でもおかしくはないのだが。

中曽根氏が首相だったのは私が9~14歳の頃。私にとって「記憶に残っている最も古い首相」である。中曽根氏の前の首相は鈴木善幸氏だが、全く記憶に無い。
まあ、「記憶に残っている」といってもレーガン大統領と一緒に写っている画像なのだけど。

で、改めて「中曽根氏の功績」を調べてみたが、大きいのは「国鉄民営化」なのだろうか。
赤字が大きかった国鉄の経営状況が改善されたわけで、これは評価されるべきところなのだろう。
もっとも、国鉄民営化の本当の目的は「共産党の支持基盤であった国鉄の労働組合を潰すこと」だったらしいけど(中曽根氏自身がそう語ったらしい)。

今のJRのサービスがいいのは、ある意味中曽根氏のおかげなのだなあと思いつつ、山手線に乗って帰ろうと思います。

| | コメント (0)

ストラップが切れた。

今日も東京は雨。
こうも冷たい雨が続くと気持ちも沈みがちになってしまう。
まあ、明日からは晴れてくれるらしい。久々に太陽の光を浴びれそうです。

今日、会社の中を移動していたら「何か落としたよ」と声をかけられた。
なんだろうと思って見てみたら、

私の携帯につけていた東京ドロンパ(FC東京のマスコット)の「しっぽストラップ」だった。

ストラップの「携帯にひっかける紐」が切れて落ちてしまった、という話。

このストラップ、少なくとも5年以上は使っていて、だいぶ色あせていた。
愛着もあるのでずっと付けていたのだが、ついに紐が切れてしまった。

さて、これをどう捉えるか。
これがミサンガだったら「切れたから願いがかなう」とか言えるのだが、「ストラップが切れたら」というのはあまり聞かない(笑)。
まあ、やはり「ミサンガと同様に、切れたから願いがかなう(=東京悲願のリーグ初優勝)」のだと思うことにする。
何事もポジティブシンキングですよ。

| | コメント (0)

来年の「ジャンプ」。

今日は仕事の途中でインフルエンザの予防接種をしたぐらいで特に何も無い一日。
今年は社員に限り「接種費用を会社が全額負担」となったので、値段を比べる必要が無くなった。
というわけで会社の近くの病院でさくっと接種してきた。これで今シーズンも大丈夫だろう。たぶん。

今週の、というか最近の「ジャンプ」を読んで思うこと。

来年の「ジャンプ」大丈夫?

ということ。
現在の「ジャンプ」で連載が2年以上続いている作品のいくつかがもうすぐ終わりそうな雰囲気だったりする。
「ハイキュー!!」は、つい最近「最終章」に突入。
「鬼滅の刃」は、ラスボス(だよねえ?)と戦闘中。
「約束のネバーランド」は、鬼側のラスボスは倒して、あとは人間側の敵との対決を残すのみ。
「ぼくたちは勉強ができない」は、主人公&ヒロイン達がもうすぐ卒業。

この4作品は普通に考えれば来年中には完結しそう。
で、冒頭の心配に繋がるわけですよ。
この4作品が終わったら、「ジャンプ買ったらすぐ読みたい」作品は「Dr.STONE」と「アクタージュ」だけになってしまう。
これはなかなか厳しい状況。
今年に連載が始まった作品も、ほとんどは2021年まで続かなさそうな作品ばかりだしなあ。

正直、「面白いマンガ」の数で言えば、無料アプリの「ジャンプ+」の方が全然多い。
お金払って購入している「ジャンプ」の方がイマイチでは本末転倒では・・・なんてことを思ったりします。

| | コメント (0)

ミカエル・ミシェル、JRA通年免許取るつもりらしい。

今日の東京は昨日から一転してめちゃくちゃ寒い一日。
いっつも書いているが、こう寒いと本当に体調管理が難しい。実際、うちの会社でも風邪をひいている人が多い。
「インフルエンザに罹った人がいる」という話はまだ聞かないが、時間の問題だろうなあ。

それ以外は特に何も無い一日なので、そのうち書こうと思っていた話を。
一昨日行われたジャパンカップだが、このレースを観戦しにフランスの女性騎手、ミカエル・ミシェルが来日した。
で、インタビューにも応えているのだが、

JRAの通年免許を取るつもりらしい。

日本語の勉強もしている(ルメールに日本語を教えた先生がついているらしい)とのことなので、これは真剣っぽい。

これはかなり楽しみ。
ミシェルは騎乗技術も確かだが、何より素晴らしいのはそのルックス。「美し過ぎる女性騎手」の名に偽り無し、という感じ。もしもミシェルがJRA騎手になったら、かなりの集客効果が見込めそう。
JRAも「来年受験してくれたら特別に合格させてあげる」ぐらい言ってもいいと思う(←いいわけ無い)。

というわけで、早く日本語ペラペラになって、JRAの試験に合格してくれることを祈ります。

| | コメント (0)

キャッチボール。

今日は特に何も無い一日だったので昨日書かなかった話を。

昨日は長男の習い事で練馬に一緒に行った(奥さんと次男は留守番)。
毎週土曜、総合スポーツ的な習い事で池袋に通っているのだが、一昨日は別の用事があったのでお休みし、昨日に振り替えていた。

今月のテーマは「野球」で、昨日はキャッチボールのテストがあった。
長男を含めて生徒みんな(年中5人、年少2人)で事前に先生と練習し、迎えた本番。

長男以外の子は、まず「ボールが取れない」。
先生はふわっと下からボールを投げるのだが(距離は年中は5メートル、年少は3メートルぐらい)、手には当てられても取れないのですよ。
で、取れたとしても「投げても届かない」。
地面に叩きつけるような形になったり、あさっての方向に行ってしまったり。
一応書いておくが、今月はこのキャッチボールの練習ということでボールの取り方&投げ方は先生がていねいに教えてくれています。それでも難しいみたい。
結局、長男以外は年中の子でひとりだけ成功していた。その子は取るのは上手だったが、投げるのは先生が身体を伸ばしてどうにか取るような感じだった。

で、テストの最後はうちの長男。
先生のボールを余裕でキャッチし、投げるフォームもきれいで、先生が一歩も動くことなくキャッチ。要するに「キャッチボールになっている」。もちろんテストは合格。
この習い事は子供たちの親も一緒の部屋で見学しているのだが、長男が投げるボールを見て「おお~」と声が上がっていた(笑)。

いやもう、マジで嬉しかった。

家でもキャッチボールの練習はしていたのだが、その成果を出してくれた。お父さん、鼻が高いです。
習い事が終わった後は、駅の近くのパン屋(カフェが併設されている)でご褒美のチョコパンを買ってあげて、私はあんぱんを買って二人で食べてお祝い。
そんな幸せな日曜の午後でした。

| | コメント (0)

ジャパンカップの感想。

今日の競馬以外の話題は柏に引き続いて横浜FCのJ1昇格が決まったぐらいで特に何も無い一日。


というわけでジャパンカップ@府中。
勝ったのはスワーヴリチャード(3番人気)。
先行策から最後の直線で外に持ち出そうとしたらカレンブーケドール(2着/5番人気)に外から寄られてしまう。そこでズバッとインを突き、そこからじわじわ伸びて粘るカレンを振り切った。
前走の天皇賞(秋)では末脚不発だったが、距離が伸びた今日は伸び脚が違った。今更ながら、前走は叩き台だったんだろうなあ…。
あと、鞍上のマーフィーの度胸の良さにも感動。最後の直線でインを突く判断が素晴らし過ぎた。あそこで一瞬でも遅れたらカレンに出し抜かれていたと思う。
逆にカレンの鞍上の津村にしてみればギリギリのところで進路を塞いで出し抜こうとしたのに、インが空いていたのは誤算だっただろう。インを空けたのは石橋だが、津村は石橋をぶん殴る権利があると思う(笑)。
期待した◎ダンビュライト(10番人気)は14着。
まさかあんなに先行争いが激しくなるとは思わなかった。それにしたって粘れなさ過ぎだとは思うけど。
馬券は当然外れ。
来年からジャパンカップは「内枠の馬」は目をつぶって買うことにします。
来週はチャンピオンズC@中京。
ここは現在のダート路線のベストメンバーが揃った感じ(故障休養中のルヴァンスレーヴがいないのは寂しいけれど)。

使い分けの多い芝路線に比べたら全然面白いです。

| | コメント (0)

ジャパンカップの予想。

明日の競馬はジャパンカップ@府中と京阪杯@京都。

京阪杯は全くわからん。意地で追ってるダイメイフジ(8番人気)と義理で買ってるラブカンプー(11番人気)だけ買う。
今回は初めての「外国馬がいないジャパンカップ」だが、ここ数年は「いないも同然」だったので個人的には気にしていない。
それよりも問題なのは「日本馬のメンバーがショボい」ということ。
メンバー中、「今年のG1を勝った馬」が一頭もいないというのはなかなか酷い。これならどの馬からでも狙える気はする。
ここは展開面で恵まれそうな馬を狙う。
◎ダンビュライト。
現在11番人気。人気無いなあ。
たぶん逃げるのはこの馬になるだろう。鞍上の松若は、ダンビュライトに乗った時はいつも前に行くし。そして楽な逃げが打てそうなメンバー構成である。たぶん「ダンビュライトを早めに潰さないと」と思う騎手はいない…はず。雨の影響で馬場が渋るだろうが、それもこの馬にはプラス。あれよあれよの前残りを期待する。
他に気になるのは「祖母シンコウラブリイ」の2頭、ムイトオブリガード(6番人気)とタイセイトレイル(13番人気)。
シンコウラブリイは引退レースとなった不良馬場のマイルCSを完勝した重の鬼。その血を引くこの2頭ならこの馬場でも大丈夫だろう。
さらに書くと、ムイトは府中2400mは3戦3勝と得意の舞台。
タイセイは1勝クラス時代から10戦連続3着以内。前走は初重賞挑戦だったが2着に好走。いわゆる「相手なりに走る馬」である。
これに天皇賞(秋)で◎に推したスワーヴリチャード(4番人気)を加える。
天皇賞(秋)で推して、明日無視して、それで来られたら死んでも死に切れん。馬券はこの4頭で買う。
…予想しておいてなんだが、これで当たるとは思えんなあ(笑)。

| | コメント (0)

また2位転落。

今日はJ1第32節、東京vs湘南@味スタ。

結果は1-1のドロー。
試合開始から湘南の激しいプレスにてこずり、そして一瞬の隙を突かれて失点。
当然その後は反撃に転じるがなかなか得点を奪えず、敗色濃厚となった後半48分、湘南DFのクリアボールを奪ったDF森重が右足アウトサイドでのロングシュートを決めて同点!なんとか勝ち点1を奪い取って試合終了。
連敗中で16位に沈む湘南相手にこの内容か…とも思うが、正直今日の湘南はかなり気合が入っていた。まあ、残留争い真っ只中なのだから気合が入っているのは当然だが。
雨が降り続く状況で、その気合をうまく捌けなかったなあ、というのが感想。微妙なジャッジにも泣かされた感はあるし。前半にSB室屋が後ろから倒されたのはPKだと思ったがなあ…。
今日は横浜が勝ったので、首位を奪われた。
ただ、東京は最終節の相手がその横浜なので、残り2試合連勝すれば優勝できる。

なので悲観は全くありません。

| | コメント (0)

竜王戦第4局。

今日は「会社としてのお休み」。

昨年から「祝日が土曜日になったら、その前の金曜日をお休みにする」ルールになり、今日はそれに該当する。
しかし、奥さんにはそれは告げず、いつも通りにスーツ姿で出掛ける。だって一人でのんびりしたいし(笑)。おかげさまで久々に休日を満喫しました。
今日は竜王戦第4局2日目。
豊島名人挑戦者が勝ってストレートで奪取を決めるか、広瀬竜王が意地を見せるかという一局。
結果は広瀬の勝利。
相矢倉から先手番の広瀬が端攻めから小駒(飛車と角以外の駒)で攻めを繋いで優勢になり、最後は豊島の反撃もあったが押し切った。
広瀬は今日負けたら竜王を失うところだったが、思い切りのいい攻めを見せての快勝だった。
だが、まだ豊島の3勝1敗であり、豊島が有利であることは間違いない。
次の第5局、豊島の先手番で広瀬が勝ったら面白くなるのだけど…。

| | コメント (0)

鼻血。

昨晩、洗濯物を外に干しているあたりから若干だるさを感じた。
「あ、これは風邪だな」と思い、スマホも見ないでとっとと寝たのだが、今朝の身体のだるさは尋常では無かった。
今日、会社で打合せや提出しなければいけない資料が無ければ休みたいぐらいだった。家から田端駅までの徒歩12~3分がめちゃくちゃ遠く感じたよ・・・。
ただ、会社に来てからは少し体調も良くなってきた。この調子なら明日にはだいぶマシになっているはず。よかったよかった。

さて、昨日「次男が日曜日に頭を打ったがその後問題無かった」という話を書いた。
しかし、今朝私の寝室に奥さんと次男が来て「次男が鼻血出してる」と言ってきた。

え、頭を打った後で鼻血はやばくない?

と思ったのだが、鼻血の量は大したことが無く、ちょろっと出ただけ。
おそらくは鼻をほじり過ぎて(次男はよくやる)鼻血が出ただけだろう、ということでいつも通りに保育園に行かせた。

そして現時点で園からは連絡無し。おそらく問題無く過ごせたのだろう。
ちょっと焦った朝でした。

| | コメント (0)

日曜日の昼の話。

ひと段落したので書ける話。

日曜日の昼、家族4人でファミレスでご飯を食べた。

その後、近くの公園で遊ぼうと長男がせがむので、私と長男、奥さんと次男の組み合わせで遊んでいた。
すると突然奥さんが次男の名前を絶叫。
何が起きたのかと思ったら、吊り橋みたいな遊具を歩いていた次男が転び、その脇から地面に落ちてしまったとのこと。1mぐらいの高さから後頭部強打だったらしい。
当然次男はギャン泣き。出血は無かったが、たんこぶにはなっていた。そして、打ったところが頭なので、すぐに病院に電話したのだが「まずは様子を見て欲しい」と言われたので、とりあえず帰宅。
昼過ぎだったので、長男と一緒に昼寝させることにした。
で、結局夕方にはケロっとしていた。
頭は「いた〜い」と言っていたが、食欲は普通にあった。
念の為お風呂はやめて、とっとと寝かせて、翌日も元気はあったが保育園は休ませて様子見。
で、その後も現時点で普通に元気。
たぶん大丈夫だろう。
次男は最近は元気に歩き回るのだが、まだ2歳なのだから注意して見てあげないといけないし、危なそうな場所を避けてあげないといけないなあと改めて思いました。

| | コメント (0)

王将戦挑戦者決定。

昨日書いたが、今日は王将戦の挑戦者決定リーグ戦最終局、広瀬竜王vs藤井七段の対局が行われた。

勝った方が渡辺王将への挑戦権を得る大一番である。
勝ったのは広瀬。
最近では珍しい相矢倉から藤井が攻めるが、広瀬の反撃が厳しく広瀬が優勢に。しかし藤井の粘りの指し回しに広瀬が誤り、藤井が逆転。広瀬は自陣は受けが効かず、後は攻めるしかないという状況になり、「最後のお願い」とばかりに龍で王手をかける。
ここで藤井は玉を交わせば勝ちだったのだが歩で合駒してしまい、これが痛恨の大悪手。そこから広瀬が長手数の王手ラッシュで詰ましきった。
う〜〜〜ん、藤井にとってはもったいなさ過ぎる敗戦。
最後の詰み手順は、いつもの藤井なら回避できたと思うのだが、中盤の劣勢時に時間を使い過ぎたのが響いてしまったか。
ただ、今回の王将戦リーグ戦ではかなりの強敵相手に4勝2敗という好成績を挙げることができた。
今回は残念ながらタイトル戦挑戦はならなかったが、来年はどこかしらのタイトル戦の挑戦者になりそうな気がします。
…あ、一応勝った広瀬にも触れておくか。

今の渡辺相手に七番勝負を戦うのは大変だと思うが、ストレートで負けないように頑張って欲しいです。

| | コメント (0)

明日は王将戦挑戦者決定戦。

今日は年末調整の入力に四苦八苦したぐらいで特に何も無い一日。
て言うか、年末調整というシステムはなんとかならんのか。
「わざわざ入力しないと還元されない」とか、前時代的過ぎると思う。「納税者が何もしなくても税還元される」仕組にすれば、納税者側も税務署側も楽になるような気がするのだがなあ。

明日の話。しかも珍しく「明日の将棋の話」である。
明日は王将戦の挑戦者決定リーグの最終節。
現時点で広瀬竜王と藤井聡太七段が4勝1敗で並び、明日はこの二人が直接対決する。勝った方が渡辺王将(&棋聖・棋王)への挑戦権を獲得する大一番である。

今回の挑戦者決定リーグは、藤井、広瀬以外は豊島名人、羽生九段、久保九段、三浦九段、糸谷八段という強敵揃いだったが、藤井はその中で4勝1敗(負けたのは豊島)と素晴らしい成績。
となると、世間一般の誰もが「ここまで来たら『藤井のタイトル初挑戦』を見たい」と思っているだろう。
ただ、広瀬が簡単にタイトル挑戦を許すとも思えない。もうすぐ竜王を失うだろうし(涙)、タイトル獲得のチャンスは絶対にものにしたいだろう。

明日は残念ながらabemaTVでの生中継は無いようだが、中継サイトで棋譜は追える模様。
仕事の合間で時々見るとします(←おい)。

| | コメント (0)

マイルCSの感想。

今日の競馬はマイルCS@京都。

勝ったのはインディチャンプ(3番人気)。
スタートからすんなり好位に付け、直線に入って早目に抜け出たダノンプレミアム(2着/1番人気)をインから並びかけるとあっさりと抜き去り、そのまま1・1/2馬身差突き抜けた。
正直「ここまで強かったの!?」と驚くほどの完勝だった。前走の毎日王冠がイマイチな3着だったので「近年よくある安田記念だけの一発屋かな」と思っていたのだが、見る目が無さ過ぎた。今思えば「単に1800mが長いだけ」だったのだろう。
これで春秋マイルG1制覇となったわけだが、これは2015年のモーリス以来の快挙。まだ4歳と若いので、来年のマイル路線もこの馬の天下が続くかもしれない。
期待した◎アルアイン(5番人気)はまさかの16着(ブービー負け)。
先行もできなければ追っても伸びない。ちょっと「終わってしまった」感もあるなあ。
あと、応援していたエメラルファイト(16番人気)は17着(最下位)。
まあ、妥当な結果でしょう。でもこの馬はまたいつか穴を開けてくれると思うので買い続けます。
というわけで馬券は外れ。
来週はジャパンカップだが、登録メンバーのショボさに泣けてくる。

あまり真剣に予想する気にならんなあ…。

| | コメント (0)

東スポ杯2歳Sの感想とマイルCSの予想。

今日は柏のJ1昇格決定と沢尻エリカ逮捕というニュースがあったが、特に思うところもないのでスルー。

明日の競馬はマイルCS@京都。

…の前に今日の東スポ杯2歳Sの話。
勝ったのは1番人気に応えてコントレイル。2着に5馬身差をつけてのレコード勝ちという圧巻の勝ち方。
東スポ杯を勝ったディープ産駒は2頭いて、どちらもダービー馬になっている(ディープブリランテとワグネリアン)。この馬もディープ産駒なのでダービー制覇の期待がかかるところだが、この馬の兄姉は2頭いてどちらもダート短距離馬。距離の壁はあるかもしれない。
マイルCSの予想に戻る。
今年のG1を勝った馬が2頭、2・3着に入った馬が4頭いて、たぶん来週のジャパンカップよりレベルが高い一戦。ここに「香港マイルに直行する馬」が出走すればもっと面白かったのだがなあ。
さて、普通に考えたらダノンプレミアム(1番人気)で仕方ないと思う。
アクシデントがあった安田記念を度外視すれば、復帰以降は天皇賞(秋)でアーモンドアイに負けただけ。得意のマイルに戻れば楽勝してもおかしくない。
ただ、デビュー以来初めての「中2週での競馬」というのは気になる。自滅するケースも考えて、敢えて他の馬を◎に推す。
◎アルアイン。
現在5番人気。
昨年のこのレースの3着馬であり、今年は大阪杯を制した。
前走の天皇賞(秋)は14着に大敗したが、府中2000mで大外を引いて先行もできなかったレースなので度外視していい。
鞍上もムーアに乗り替わるのは絶対にプラス。「そこそこの日本人騎手から、優秀な外国人騎手に乗り替わる」ことのメリットは先週実感してます。
他に気になるのはまずはダノンキングリー(2番人気)。
毎日王冠の走りを見たら軽視はできない。「クラシックで好走した3歳牡馬」がここ2年連勝中でもあるし。
次にペルシアンナイト(6番人気)。
一昨年は勝利して、昨年は2着。マイルCSは大得意な舞台である。今年は1回も馬券圏内に入っていないが、大敗続きというわけではない。得意な舞台での巻き返しがあってもいい。
最後にエメラルファイト(16番人気)。

今年のスプリングSでお世話になった馬である。前走の富士S(7着)は強気の競馬で早目に先頭に立ったが最後はズブズブ差された。ただ、見所のある競馬だったとは思う。まあ、明日のメンバーでどうにかなるとは思わないが、単複だけ買って応援します。

先週に続いてG1的中といきたいです。

| | コメント (0)

香港大丈夫?

今日の「ほんと、大丈夫なの?」と思う話。

「香港競馬が開催中止」

連日報じられている香港の反政府抗議デモだが、その影響で香港競馬が中止になっている。「競馬場の従業員が来れない・帰れないから」という理由らしい。交通機関が運休しているらしいから仕方ないなあ、とは思う。

さてこうなると気になるのは「12月8日に行われる香港国際競走は大丈夫なの?」ということ。
ここにはアーモンドアイが香港カップに出走するほか、かなりの日本馬が香港に向かう予定である。
もしも香港国際競走が中止ということになったら、影響は大きいと思う。て言うか、今の香港がこんな状況なのに香港に遠征しようとするというのがそもそもどうなのよ、とは思うが。

個人的には、「みんな香港遠征やめて、香港カップ&香港ヴァーズに出走する予定だった馬は有馬記念に、香港マイル&香港スプリントに出走する予定だった馬は阪神カップに出走すればいいのに」と思う。
もしそうなれば、有馬記念にアーモンドアイ、ラッキーライラック、ディアドラ、ラヴズオンリーユー、ウインブライトが、阪神カップにノームコア、インディチャンプ、ダノンスマッシュ、ペルシアンナイトが出走することになる。
これが実現すればかなり面白くなる。

まあ、現実には香港側は意地でも香港国際競走を実施すると思うし、仮に中止になっても日本馬が有馬記念や阪神カップに切り替えるとも思えないので、実現するとは思ってません。
あくまで私の妄想です。

| | コメント (0)

キルギス戦。

今日はサッカーW杯アジア二次予選、日本vsキルギス@キルギス。


結果は2-0で勝利!

前半終了間際にFW南野が倒されて得たPKを、自分で決めて先制!
後半にはMF原口の蹴ったFKが相手GKの逆を突いて決まって追加点!
結局その2点で逃げ切った。

…ただ、キルギスには結構攻められた。ギリギリのところでGK権田のスーパーセーブに救われてなんとか凌いだ、という感じ。て言うか、思った以上にキルギス強かった。これは数年後にはバカにできない相手になりそう。

東京サポ的には、東京の選手が怪我無く試合を終えられたようなので一安心。こんな試合で怪我させられたらたまったもんじゃないです。

| | コメント (0)

NHKスタジオパーク。

今日知って衝撃を受けた話。

「NHKスタジオパーク 閉館のお知らせ」

代々木公園の近くにある「NHKスタジオパーク」が来年の10月で閉館することになってしまった。
どうやら「新放送センター」とやらを作るかららしい。

これはかなり残念。
現在、土曜日の午後に長男の習い事で代々木に行くのだが、習い事が始まる前にスタジオパークで遊ぶことはこれまで何度かあった。
8Kの映像に感動したり、昔のNHKの映像を見たり、NHKグッズを買ったり、それなりに重宝していた。入館料も大人200円&子供無料とお手頃だったし。
「いないいないばあっ!」のワンワンのぬいぐるみ、ここで買ったなあ・・・。

さて、そうなると「NHKのPR施設」はこの後どうなるのか、というのが気になるが、11月1日から渋谷スクランブルスクエアの14階に「NHKプラスクロスSHIBUYA」というのがオープンしたらしい。
見てみるとこれはこれで面白そう。
渋谷スクランブルスクエアにはまだ行ったことが無いので、これ目当てに行ってみてもいいかな、とか思いました。

| | コメント (0)

タピオカ。

今日は特に何も無い一日なので、そのうち書こうと思っていた話。

今月の初めに日経トレンディが「2019年ヒット商品ベスト30」を発表した。
で、見てみたわけだが、

買ったもの、触れたものがほとんど無い(笑)。

13位のバスク風チーズケーキ、18位の悪魔のおにぎり、26位の新ペットボトル紅茶は買ったことがあり、8位の米津玄師は「パプリカ」をよく聴くので知っている。
でも、これぐらいしか私には縁が無い。

「え、2位のタピオカは?」と思う人もいるかもしれないが、自慢じゃないが私はタピオカを「今年は」食べていない。
数年前に一度食べたことがあるような気がするので、「食べたことが無い」とは書かない。

私がタピオカを食べない(あるいはタピオカ飲料を飲まない)理由は、「あまり美味しいと思わなかった」から。
タピオカって「食感を楽しむだけ」で、別に美味しいものではない、と思っている(最近はどうなのかは知らんが)。
これに500円前後出すならケーキ食べた方がいい、というのが私の考え。

あと、あの黒いつぶつぶが生理的にダメ、というのもある。
「つぶつぶがダメ」というわけではない(イクラは大丈夫だし)のだが、「黒いつぶつぶ」となるとなんとなく気持ち悪い。

というわけで、どんなに「タピオカがブーム!」とか騒がれても、あまりタピオカ飲料を飲む気にはならんなあ、というお話です。
まあ、どうせ来年になればタピオカブームも終わると思うが。

| | コメント (0)

久保スペイン初ゴール。

今朝になって知ったが、マジョルカ(スペイン)MF久保が昨日のビジャレアル戦でリーグ戦初ゴールを決めた。
動画を見たが、ペナルティエリア外から左足での鮮やかなミドルをゴール隅に叩き込んでいた。実にいいシュートだった。
このゴールは、「欧州4大リーグ(スペイン、イングランド、イタリア、ドイツ)での日本人の得点」としては最年少のもの。
これまでの森本(懐かしい・・・)の記録を3ヶ月更新したらしい。

久保はマジョルカにレンタル移籍してからあまり活躍できていない印象だったが、ようやく結果を出すことができた。
このゴールでチームメイトや監督の信頼を得られればもっと活躍できるはず。

「元・東京」の海外組は、DF長友、FW武藤、MF中島が全くパッとしないので、久保ぐらいしか楽しみが無いのが現状(涙)。
昨日のような活躍を見せ続けてくれることを期待します。

| | コメント (0)

竜王戦第3局。

そして今日は竜王戦第3局2日目でもあった。

豊島名人挑戦者が勝って奪取に王手をかけるか、広瀬竜王が勝って巻き返すかという一局。
結果は豊島の勝利。
角換わり(という戦法名です)から先手番の豊島が駒損覚悟でガンガン攻めるが、やや無理があった模様。その後広瀬の反撃をくらい、劣勢に。しかし、終盤の豊島の攻めの応対を広瀬が誤り、一気に豊島が寄せ切った。
まあ、二転三転の将棋ではあるが「広瀬、その負け方は無いだろ…。」という結果に。広瀬って、終盤の底力で勝ってるイメージだっただけに終盤でのミスでの負けは痛い。
この結果、豊島の3連勝。竜王奪取に王手をかけた。
これはさすがにどうもならんだろうなあ…。

豊島の勝ち方も、毎回不利になってから広瀬のミスでの逆転勝ちなので、決して褒められたものではないのだけれど。

| | コメント (0)

エリザベス女王杯と福島記念の感想。

世間一般的には今日のニュースと言えば「祝賀御列の儀」なのだろうが、全くもってどうでもいいので触れない。

今日の競馬はエリザベス女王杯@京都と福島記念@福島。
エリザベス女王杯を制したのは私の期待に応えた◎ラッキーライラック(3番人気)。
スローペースの中団を進み、4角の時点ではクロコスミア(2着/7番人気)とそれなりに差があったが、そこから最内を突いて鋭く伸び、最後はクロコスミアに1・1/4馬身差をつけて差し切った。
これはもう「鞍上のスミヨン凄え」の一言。
武豊が得意とする「京都のイン突き」をこの大舞台で決めるとは思わなかったし、そもそもラッキーライラックでこんな末脚を引き出したのも凄い。昨年のリスグラシューが勝った時も思ったが、やはり騎手って大事ですよ。
2着には↑に書いた通りクロコスミア。
これは鞍上の藤岡佑がうまく逃げた。3角から引き離して逃げて、普通なら押し切れたと思うのだが異次元の末脚で差し切られた。これでエリザベス女王杯3年連続2着。運の無い馬だ…。
福島記念は1番人気に応えてクレッシェンドラヴが勝利。
3角からまくって行くいつものスタイルで突き抜けた。
期待した◎デンコウアンジュ(4番人気)は6着。勝負所で少し置かれてしまった感じ。
馬券はエリザベス女王杯の単勝(5.4倍)、馬連(33.8倍)、3連複(40.6倍)を当てて大幅のプラス。

今週は、東京が首位を奪い返し、馬券は土日ともプラス。この反動が怖いです(笑)。

| | コメント (0)

エリザベス女王杯と福島記念の予想。

明日の競馬はエリザベス女王杯@京都と福島記念@福島。

エリザベス女王杯は、府中牝馬Sを見た後から「この馬が内枠引いたら本命にする」と決めていた馬がいる。そして、その馬は内枠を引いてくれた。
◎ラッキーライラック。
現在3番人気。
前走の府中牝馬Sは、鞍上の石橋が強気に乗って早めに先頭に立つが、ズブズブ差されて3着。もう少し抑えが利けば…と思える内容だった。
で、今回は鞍上をスミヨンに変更。スミヨンなら石橋よりは抑えは利くはず。昨年のリスグラシューのように、外国人騎手に乗り替わっての勝利に期待する。
相手にはクロコスミア(7番人気)。
このレースは2年連続2着と相性が良い。今年も牝馬限定戦では大負けしておらず、上位争いできていい。
3歳2強(ラヴズオンリーユー(1番人気)、クロノジェネシス(2番人気))は、「まあ、強いんだろうな」とは思うが、あまり信用していない。この人気で買うのはどうかと思うが、他もパッとしないからなあ…。
馬券は◎の単勝と、挙げた3頭で適当に。
福島記念は、春の福島牝馬Sでお世話になったデンコウアンジュを買う。
福島では福島牝馬Sだけ出走して、4・3・1着。苦手なコースではないはず。
実は今日の武蔵野Sで勝ったワンダーリーデルの単勝25.2倍を当てて、連敗はストップした。
この勢いで明日も勝ちたいです。

| | コメント (0)

首位返り咲き。

今日はJ1第31節、東京vs磐田@ヤマハ。

結果は1-0で勝利!
磐田に攻められながらも耐えて、後半にSB室屋の突破が磐田DFのファウルを誘い、PK獲得。これをFWディエゴオリヴェイラが「コロコロPK」で決めて先制!
その後も磐田の猛攻をなんとか耐え切って逃げ切った。
まあ、「最下位の磐田相手にPKの1点だけ」というのが「不満ではない」と言えば嘘になる。
しかし、
勝てばよかろうなのだあああぁぁぁ!
である。
ただ、今後に向けての不安もある。
今日は前半でCB渡辺が負傷退場してしまった。
これはかなり痛い。今日は緊急出場のDF岡崎でなんとか凌いだが、守備の要となりつつあった渡辺を欠くことになると少し厳しい。
さて、今日は首位の鹿島が川崎に負けたので東京が首位を奪い返した。
しかし、勝ち点差1で横浜がずっと追い続けている。

残り3節、まだまだしびれる試合が見れそうです。

| | コメント (0)

「美女と野獣」。

今日は大きいニュースも無く、仕事もめちゃくちゃ忙しいわけでもなく、実に穏やかな一日。逆に言えばネタが無い一日でもある(笑)。
ネタが無い時は息子たちの話。

今日は次男の話。

我が家の近くには図書館があって、時々絵本やCDを借りてくる。
で、先日息子二人と図書館に行った時に数冊絵本を借りたのだが、その時「美女と野獣」を「私が借りたくて」借りた。
「美女と野獣」はディズニーで映画化された超有名作品であるが、私はアニメ版も実写版も見たことが無く、どんな話かよくわかっていない。
たまたま本棚にあったので、借りてみようと思ったわけである。

ただ、イラストが海外タッチなので、正直可愛げが無い(笑)。
ちなみにこんな感じです。

ところが、この「美女と野獣」を次男がやたらと見たがる。
私が「読んであげようか?」と言って一緒に見るが、話はほとんど聞かずにイラストのページだけ見たがるので、単純に「イラストが見たい」模様。
野獣のイラストを見て「びじゃじゅー、びじゃじゅー!」と指差して楽しそうだったりする。たぶん「びじょとやじゅう」と言いたくて、それがくっついているのだろう。可愛すぎる(笑)。

まあそれはそれとして、次男の美的センスは独特なのかなあ、とか思ったりします。

| | コメント (0)

香港か・・・。

夜中に目が覚めて、外が真っ暗なので「今、何時かな?あと何時間寝られるかな?」と思って時計を見たら5時だった。
・・・夜が長くなったなあ・・・。

今日は特に何も無い一日だったので、昨日の話。
昨日の「予想はしていたけど発表されてガッカリした話」。

「アーモンドアイは香港カップへ 鞍上は引き続きルメール」

天皇賞(秋)を圧勝したアーモンドアイの次走が香港カップ(芝2000m)に決まった。
ジャパンカップとの二択だった思うが、「天皇賞(秋)から間隔が長い」という理由で香港に決まったらしい。
ちなみに1着賞金は香港カップが(昨年と同じなら)約2億3千万円、ジャパンカップが3億円。ジャパンカップの方が勝ちやすい上に賞金も高くてお得だと思うが、アーモンドアイに中3週のローテは厳しいのだろう。

正直、なんだかなあ、という思いはある。
香港カップが、12月に行われる中距離馬向けの最高峰のレースであるのは認めるが、個人的にはこのレースは「2200mですら長い、マイル寄りの中距離馬が向かうレース」というイメージ。
日本馬で勝利したのがアグネスデジタル、エイシンヒカリ、モーリスという、まさにこういうタイプだったりする。
アーモンドアイはジャパンカップやオークスを勝っているわけで、香港カップに行く位なら有馬記念使ってくれよ、と思う。
まあ、香港カップを勝てば「日本調教馬として史上初の海外G1を2勝した牝馬」として名が残るので、それはそれでアリなのかもしれないが・・・。

| | コメント (0)

N君の話(明るい話)。

今朝起きたら携帯にメールが入っていることに気付く。
何かと思って開いてみたら、大学の後輩で競馬仲間のN君からで、

「司法書士試験合格しました」

の連絡だった。

思わず「おおっ!」と声が出そうになった(隣の部屋で奥さんと息子達が寝ているので実際には出せない)。
N君がずっと勉強しているのは知っていたので、これはかなり嬉しい報告だった。

それにしても、司法書士試験に受かるとはやるなあとしか言いようがない。
調べたら毎年3~4%程度の合格率らしい。それに挑み続けるとか、精神力が強くないと無理。私には絶対できない自信がある(笑)。

なるべく早くお祝いしたいところだが、育児中の身としてはなかなか動けないのが悲しい現実。
なんとかして時間を作りたいなあとは思います。

| | コメント (0)

O君の話(暗い話ではない)。

今日は「マヤノトップガン死亡」「メールドグレース、メルボルンカップ6着」というニュースがあったぐらいで特に何も無い一日。

マヤノトップガンは、正直あまり思い入れが無いんだよなあ…。なんか「マヤノトップガンが凄いのではなく、鞍上の田原が凄い」というイメージだったりする。
それにしても、今年は名馬の死亡が多い気がする。合掌。

一昨日のFさんのお別れ会の帰りの、同期5人での車中のトークが超楽しかったという話を書いた。
何が楽しかったというと「子育てに関する話」をひたすらしていた。
盛り上がったネタの一つは「O君が上の娘さん(小2)にやや嫌われ気味」というもの。
家族分としてまとめてパンを買って、O君が自分の分だと思って娘さんのを手に取ったら「何で触んの!見ればわかるじゃん!」と激怒されたという話は爆笑させてもらった。小2でこれだと「お父さんの下着と一緒に洗濯しないで」と言われる日は遠く無さそう(笑)。

で、その娘さんはバイオリンを習っているそうで(他にもピアノも習っているらしい)、発表会で「情熱大陸のテーマ」を弾いているのを聞かせてもらったのだが、普通に上手くて驚いた。音楽の才能は父親(=O君)に似なかったのだろう、とか言ってみる(笑)。


他にもまだネタはあるのだが(何しろ2時間以上話していたし)、今日はこのくらいで。

| | コメント (0)

東洋大の文化祭に行った。

今日は午前中から息子二人を連れて、東洋大学の文化祭へ遊びに行った。

奥さんは家で留守番。昨日、私が一人で外出させてもらえたので、今日は奥さんに休んでもらおうという話…だったのだが、実際は「今朝、軽い夫婦げんかがあって、奥さんが不貞寝してたから」だったりする(笑)。

まあ、それはともかく。
東洋大までは自宅から20分くらい歩けば着く。入ってみるとなかなかの賑わい。
いろいろ面白そうな展示もあったが、結局入ったのは「絵本の読み聞かせ展示」、「子供向けのゲーム展示」、「アリーナを使っての大掛かりな子供向けのゲーム展示」、「大道芸サークルのパフォーマンス」。
で、これら全て息子達は楽しんでいた。
大学の文化祭で、これだけ「幼児でも楽しめる」コーナーが充実しているのは珍しいのではないだろうか。
まあ、東洋大以外の文化祭を見ていないので、「いや、今の文化祭は幼児でも楽しめるのが普通ですよ」とか言われる可能性はあるが。

後、途中ではお昼ご飯も食べた。
ベビーカーで行っていたので、混雑したところに並びたくないなあと思っていたら、食料を売り歩いている人々がたくさんいた。結局、ホットドッグやチョコバナナなどを並ぶことなく買って、息子達は美味しそうに食べてました。

そんな感じの楽しい文化祭でした。

実は昨年も行ったのだが、たぶん来年も行きます。

| | コメント (0)

アルゼンチン共和国杯とみやこSの感想。

続いて今日の競馬の話。
今日はアルゼンチン共和国杯@府中とみやこS@京都が行われた。

アルゼンチン共和国杯を制したのはムイトオブリガード(2番人気)。
道中は3番手を進み、直線に入るとインから伸びる。終わってみれば2着に1・1/4馬身差つけての快勝だった。今年の目黒記念以来の休み明けだったが、全く問題ない勝利。鞍上の横山典もうまく先行させたと思う。

期待した◎アイスバブル(4番人気)は11着。
スタートで後手を踏み、そこから最後方を進み、直線では最内に突っ込むが全く伸びず。よくわからん。

みやこSを制したのはヴェンジェンス(7番人気)。
前半はハイペースだったが、そこで後方に構えていたヴァンジェンスが3~4角で一気にまくり先頭に。その後、他の馬に詰め寄られはするが、半馬身差振り切った。

今回は人気馬が総崩れ。これでは当てようが無い。しかも全馬後方からの競馬だし。これは「事故」と思うしかない。

というわけで今週も外れ。
これで4週間連続的中ゼロ。
例年得意としているアルゼンチン共和国杯ですらこれでは話にならん。

・・・来週から買う額控えようかな・・・。

| | コメント (0)

お別れ会。

今日は先日亡くなったFさんの「お別れ会」。
彼女の実家がある横瀬に向かう前に、大学の2学年下の後輩達から「お花代」を預かり、ついでに昼食も一緒に食べる。久々に会った後輩もいて、しばし楽しい時を過ごせた。
・・・こんな機会で会うのでなければなお良かったのだけど。

その後は西武線の特急に乗って1時間ちょっとで横瀬到着。
お別れ会はFさんの実家で行うということで、Fさんのお父様の誘導で車で移動。これが結構遠くて驚く。彼女は大学時代、ここから池袋まで通っていたのか・・・。

ご実家ではFさんの遺影が置かれてあり、そこに我々の同期女性が持参したお花を飾り、そこを「お別れスペース」として、みんなは別室へ。
ひとりひとりが「お別れスペース」でFさんと別れを告げ、残りの人々は別室でFさんの思い出を語り合う、という感じ。

・・・なのだが、みんな口を開かない。
まあ、仕方ないかと思うが、話すのはFさんの旦那さんと、Fさんの師匠にあたる先輩のKさん、それと私がほとんど。
旦那さんから「Fさんはガンと知っても治すつもりで頑張っていた」という話を聞いて、彼女らしいな、と思ったりした。
その後、結婚式の写真も見せてもらった。

絵にも描けない美しさ、というのはこういうものなのか、と思った。

その代わり、と言っては失礼だが、私が持参した大学時代のアルバムを旦那さんとお母様にお見せした。
旦那さんは学生時代のFさんの写真は見たことが無かったようで、「こんな感じだったんですね」と言ってもらえた。
お母様には「楽しんでたんですね」と言ってもらえた。
正直、アルバムを持参するかどうかは悩んだ。悲しみを増すだけになるのでは、とも思った。でも、みんなでFさんの写真(もちろんそれ以外の写真もある)を見て、「こんなことあったね~」と懐かしむ気持ちになれたので、結果としてはよかった。

そんな感じで2時間近く過ごし、16時に終了。
その後は同期のA夫妻の車に同乗して帰京。
車中はこれも同乗したО君、Kさん(愛称で言うならPさん)を含めた5人でのトークが超楽しかったのだが、これは機会があれば書くことにする。

お別れ会そのものは、何というか、みんなで悲しさを共有して、思い出話を語り合うことで少し楽になった、という意味では凄く有意義だった。
この会が無かったら、悲しさに包まれたまま、それを抱えたままだっただろう。
これで少し吹っ切れた、と思います。

| | コメント (0)

アルゼンチン共和国杯の予想。

明日の競馬はアルゼンチン共和国杯@府中とみやこS@京都。

ええ、こんな状況でも馬券は買います。逆に言えば、馬券の検討でもしないと思考がどんどん暗い方向に進んでしまう。
ただ、みやこSはよくわからないダート路線なので真剣には買わない。
パッと見にはアナザートゥルース(4番人気)を買いたい。
高レベルなメンバーだった平安Sで4着だったのは評価されていい。
アルゼンチン共和国杯は3勝クラスの六社S勝ち馬が強いレース。今年はアフリカンゴールドが該当するが、1番人気なんだよなあ…。大崩れはしないと思うが、頭で買う気はしない。
頭で買うなら「実績があるのに少し人気を落としている馬」。
◎アイスバブル。
現在4番人気。
前走の小倉記念では7着に敗れたが、たぶん距離不足だった。今春の目黒記念では2着に好走しており、距離的には今回は合うはず。
鞍上が浜中というのは若干不安だが、そこは見ないことにする。

あと、かつてPOGで持っていたポポカテペトル(11番人気)を義理で買う。
昨年の目黒記念で4着に好走したので、この距離は合うとは思うのだが…。

馬券は◎と、アフリカンゴールドとポポカテペトルを絡めて買う。

そろそろ馬券当てたいです…。(切実)

| | コメント (0)

2位キープ。

明日は、昨日書いたFさんの「お別れ会」が行われるのだが、その件で今日は昼に大学の後輩から「お花代(Fさんはカトリック)」を預かる。明日も別の後輩から預かるわけだが、みんなFさんのことが大好きだったんだなあとしみじみ思う。


ひとまず通常運転に戻る。

今日はJ1第30節、東京vs大分@大分。

結果は2-0で勝利!

前半5分に、大分DFの裏に出たボールを、FW永井が大分GKより先に触ってかっさらい、後は無人のゴールに流し込んだ。正直、相手のミス以外の何物でもないが、ありがたい形で先制した。
直後の7分、今度はMF三田のCKからDF渡辺が頭で合わせて追加点!早い時間帯で2点目を奪い、かなり楽になった。
その後は大分にも攻められるが、相手のシュート精度の低さにも助けられてそのまま逃げ切った。

まあ、終わってみれば快勝だった。
最近の試合では最も安全に勝てた試合だったと思う。

今節は首位の鹿島、3位の横浜も勝ったので順位に変動は無し。

あと4節、ひりひりする試合がまだ続きます。

| | コメント (0)

Fさんの話。

昨日書こうと思って書けなかった話。

先日、「大学の同期の女性のFさんが結婚した」という話を書いた。

昨日(木曜日)の深夜、別の同期の女性からLINEが入っていたことに気付き、読んでみると

Fさんが先週の26日に永眠しました。

と書いてあった。

意味がわからなかった。信じられなかった。

LINEのその後を読むと「結婚式の1ヶ月前に血栓から子宮癌が見つかり、肝臓にも転移していてステージ4だった。抗がん剤もあまり効かず、血栓が取れないことから手術もできなかった」とのことだった。

そんな酷い話あるかよ・・・。

その後はよく覚えていない。頭が混乱する中、なかなか寝付けなかった。
翌朝、出勤中に突然涙が堪え切れなくなって田端駅のホームで号泣した。
この日の仕事は、「ものすごい量の単純作業を定時までに終わらせる」ということを突発で頼まれ、ひたすらそれに没頭。仕事の間は忘れられたという意味では助けられた。

夜、ひと通り家事を終えて、大学のマンドリンクラブの同期男性(女性陣は既に知っていた)、後輩達に連絡。
後輩達への連絡は今朝や昼にも行う。後輩達から悲しみの返信を貰うたびにこちらも心が痛くなる。

午後になり、Fさんのお母様からお別れ会を3日(日)に行うとの連絡を受ける。
一応、同期だけで行くことになると思われる。

で、現在に至る。

 

Fさんを初めて見たのはもちろん大学1年生の4月で、「美人だな~」と思った。
1浪していることもあってか、他の同期の女性(現役生が多かった)よりは大人びた雰囲気だった。
でもツンツンした感じは無く、とても話しやすかった。

楽器の腕は1年生の頃から確かだった。
私もそれなりには弾ける方だったので、よく二人で合わせていた。
「ライバル」というのとは少し違うが、彼女に負けないように頑張ろうと思える存在だった。

3年生の時、彼女から「クラブ辞めようと思う」と相談を受けた。
練習の後、大学の近くの居酒屋へ二人で行き、私は涙を流しながら「辞められたら寂しい」と伝えた。
その涙のおかげか、彼女はその後もクラブを続けた。

4年生の冬の定期演奏会。
第3部(3部構成のラスト)で、私と彼女は隣に並んで弾くことになった。
本番前、「君が(実際には名前で呼ばれてます)あの時引き止めてくれなかったら、こうして並ぶことも無かったんだよね。ありがとう。」と言われた。

卒業してからは会う機会も減った。
そんな中、私の母親が他界した。
彼女は葬儀に足を運んでくれた。
後日「苦しいだろうけど、頑張れ」とメッセージカードを送ってくれた。
結局、この葬儀の時が彼女と会った最後になった。

 

彼女のことが「好き」だったか、と言われるともちろん「好き」だったわけだが、でもそれは「恋」ではなかった。
一番しっくりくるのは「お互いを支えあう『仲間』」という言葉だと思う。
本来であればお互いがじいさんばあさんになるまで「仲間」であり続けたであろう友人を、こんな形で急に失うというのはあまりに辛い。

・・・辛いのだけど、いつまでもそうは言っていられない。
昨日同期の女性にも書いた話だが、先に逝かれてしまって残された我々は、結局のところ彼女には何もできない。
なので「今日という一日は、彼女が生きたかった一日なんだ」と思い、後悔しないように生きる、それしかないと思う。
それが私なりの供養です。

そんな感じの、激動の2日間でした。

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »