« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

大スランプ。

今日はマーチS@中山が行われたぐらいで特に何もない一日。
◎メイショウワザシ(6番人気)で馬券を買って5着に敗れた。
この結果、今年に入ってからの重賞での◎はいまだに未勝利。このブログに書いていない、土曜日とかの重賞でも勝っていなかったりする。ちなみにここまでの平地重賞36レース、全部買ってます。

正直、ここまでの大スランプはあまり記憶が無い。
3月が終わって回収率35%というのはなかなかに酷い数字だと思う。何が酷いって、「人気薄ばかり狙って外し続けている」わけでもなく、「そこそこの人気の馬も買っているのに外し続けている」というのが酷い。

今年は何を◎にしたかをまとめているのだが、今年のここまでの平地重賞36レースで単勝10倍以下の馬を◎にしたのが17レースあり、2着4回で未勝利。
これはもう「センスが無い」としか言いようがない結果である。

あと、単純に「競馬に割く時間が減ってる」というのもある。
昨年は「ちょっとした空き時間は競馬のことを考える」ことが多かったが、今はスマホで漫画読んだり、詰め将棋解いたりしている。馬券の検討を始めるのが「金曜日に枠順が確定してから」ということも多いんだよなあ・・・。

ただ、なぜ競馬に割く時間が減ったかというと、「競馬に時間を割いても当たる確率が上がる気がしない」から。
結局「時間が無駄になるんじゃね?」と思ってしまうんだよねえ。

とは言っても、今のままではダラダラと外れ続けてお金が減るばかり。
もう少しだけ真剣に馬券に取り組もうかと思います。

| | コメント (0)

志村けん死去に思う。

今日のニュースと言えばもちろん「志村けん死去」。

午前中に速報で知った時は、仕事中にも関わらず「マジか…。」と声が出た。
志村は先週に「コロナウイルスに感染して、かなり危険な状態」とは言われていた。なので、ある程度は予想の範囲内ではあったが、実際に亡くなってしまうとショックは大きい。
志村を初めて見たのは幼少期に見た「8時だョ!全員集合」。
これの前半のコントを見るのが土曜日の楽しみだった。公開収録のコントはいつも大掛かりで、志村のパフォーマンスで毎週爆笑していたのを覚えている。
「全員集合」以外も、「ドリフの大爆笑」[バカ殿」で笑わせてもらった。幼少期の私にとって、テレビで笑わせてくれたのは志村とビートたけしだった。
そんな志村のコントをもう見れないと思うと悲し過ぎる。
ほんと、今回のコロナウイルスには憎しみしかない。
早く、いい治療法が見つかることを祈るばかりです。
そして、志村の冥福を祈ります。

合掌。

| | コメント (0)

高松宮記念の感想。

今日は母親の命日。
もう8年経つんだなあ…。

今日の東京は午前中から雪が激しく降る、変な陽気。

おかげで中山開催は3レースで中止になり、4レース以降は明後日の火曜日に行われることになった。せっかくマーチSの予想したのに…。
さて、高松宮記念@中京。
制したのは伏兵モズスーパーフレア(9番人気)。
いつも通りに果敢に逃げて、逃げ切れるか、と思ったところをクリノガウディー(4着/15番人気)にきっちり差し切られた。
しかし、長い審議の末、クリノが大斜行してダイアトニック(3着/4番人気)の進路を妨害したとして降着。結果、モズが繰り上がりで1着となった。
なんだろう、このモヤモヤした結末は(笑)。
もしクリノが真っ直ぐ走っていたら差されていたし、クリノの進路妨害が無ければダイアが差し切っていたかもしれない。
でも「なんで勝っても勝ちは勝ち」だし、逃げ粘ったのはこの馬の実力だと思う。
期待した◎ステルヴィオ(7番人気)は9着。
今日はスタートはまずまずだったが、直線では伸び切れず。終わってみれば1200mは忙しかったかなあ。
というわけで今週も外れ。

いや〜、ここまで当たらないと笑うしかない。でも諦めずに買うだけです。毎週同じこと書いてますが。

| | コメント (0)

高松宮記念の予想。

今日は息子達と公園で遊んだくらいで特に何も無い一日。

5ちゃんを見ていたら「コロナウイルスにはBCGワクチンが有効かもしれない」という話が出ていて驚いた。
実際、ヨーロッパでBCG接種を行なっていないイタリア、スペイン、イギリスは死者が出まくっていて、BCG接種を行なっているポルトガル、アイルランドは死者があまり出ていないらしい。
さて、どうなることやら。
話は変わって明日は高松宮記念@中京。史上初の「無観客G1」となってしまった。
気になる天気だが、天気予報を見ると中京は今は雨で、明日の明け方から昼まで雪が降るらしい。…なんだ、この天気は…。
高松宮記念は内枠が強いレース。
その内枠に有力馬が揃っているが、やはりこの馬を買うしかない。
◎ステルヴィオ。
現在6番人気。
ええ、2年前のPOGで持っていたからずっと応援している馬です。
一昨年のマイルCS勝ち以降は未勝利なのでこの人気もやむなしか。
前走は初の1400m戦&休み明けで、出遅れながらもそれなりには伸びてきた。ゲートをまともに出て、最内枠を生かしてインで我慢できればチャンスはあるはず。
…丸山にそんな騎乗ができるとは思ってないけどさ…。
気になる穴馬は2頭。
まず一頭目はセイウンコウセイ(10番人気)。
このレースは3年前に制し、2年前は6着で、昨年は12番人気ながら2着に激走。相性の良いレースである。
前走のシルクロードSは差し馬が上位を占める中、先行して5着に踏みとどまった。衰えは少ないと見る。
今年は12番枠と外目の枠を引いてしまったが、軽視はできない。
もう一頭はグルーヴィット(14番人気)。
今年はじめのニューイヤーS7着からの臨戦、初の1200m戦ということで全く人気は無い。
しかし、この馬何気に中京は重賞を2戦して1勝2着1回。得意なコースだったりする。
7番枠と内目の枠を引けたし、鞍上は2週連続重賞勝ちと好調の岩田康。得意のイン突きが炸裂すれば一発あってもいい。
買えば買うだけ外れると思うので、馬券はこの3頭だけで買う。
人気馬も絡めるべきだとは思うが、どれも信用できないんだよなあ…。

真面目な話、明日は馬場も読めないのだし、勝負してはいけないと思う。

| | コメント (0)

漫画読みまくりの日々。

今週、小池都知事が「今週末は不要不急の外出を控えるように」と発言したわけだが、その影響で明日の長男の習い事は急遽お休みになった。
まあ、習い事なんて不要不急ですよね。
ただ、次男の習い事はお休みにならないらしい。運営している会社によって考え方は様々だなあとか思ったり。

さて、今回のコロナウイルス大流行の影響での数少ないありがたいことと言えば「漫画の無料配信が多くなった」ということ。
漫画の電子配信アプリはいろいろあるが、軒並み無料配信をやってくれているイメージがある。

私が使っているのは「ジャンプ+」だが、ここは連載している漫画(これは元々無料)に加え、過去のジャンプの名作を期間限定で無料配信してくれる。
で、現在配信している主な作品は、「ワンピース」(60巻まで)、「ブリーチ」(48巻まで)、「ハイキュー!!」(28巻まで)、「ナルト」(27巻まで)など。ぶっちゃけ、読み切れる量ではない(笑)。

私はこの中で「ハイキュー!!」を読んでいる。
今は15巻で、春高バレー県予選の決勝、烏野vs白鳥沢の真っ最中。やはり面白い。面白過ぎてついつい読み進め過ぎてしまい、睡眠時間が削られるのが悩みの種(笑)。
あと、馬券検討の時間も削られている。まあ、じっくり検討すれば当たるのか、という問題はあるのだけど。

| | コメント (0)

王将戦第7局。

今日は世間一般的には「今週末の外出自粛が発表された」というのが大きいニュースなのだろうけど、もう今更どうでもいいというのが正直なところ。

それよりも今日は王将戦第7局2日目。
渡辺王将(&棋王・棋聖)が勝って防衛するか、広瀬八段挑戦者が勝って奪取するかという大一番。
勝ったのは渡辺。
先手番の渡辺が矢倉囲いに組み、中盤戦が続くと思っていたところでいきなり角を切って銀を取り、さらに飛車を切って角を取り、その角ですぐに馬を作って攻めるという強引な攻めを敢行。
広瀬も金を捨ててから渡辺に王手馬取りをかけて馬を奪うが渡辺はそこから金銀をうまく使って抑え込み、優勢に。
広瀬も粘り、最後は入玉も狙うが、渡辺がきっちり寄せ切った。
渡辺の強引に思える攻めをうまく繋げたのが見事だった。こういう攻めでも繋がるものなんだなあ…。
というわけで渡辺が王将防衛。なんとか三冠をキープした。
そして4月からは豊島名人(&竜王)に挑戦する名人戦が始まる。
これはめちゃくちゃ楽しみ。現在の将棋界での最高の組み合わせと言っていい。

名人戦の観戦は有料なのだが、この組み合わせならいくらでも…とは言わないが(笑)、お金出せます。

| | コメント (0)

また延期。

ああやっぱり。

「Jリーグおよびルヴァンカップの延期が決定」

というわけで、当初4月3日再開予定だったJリーグの延期が決まった。
先日「観客あり」で開催したK-1がめちゃくちゃ批判されているのを見ると、延期も仕方ないとは思う。

不幸中の幸いと言ってはいけないのかもしれないが、東京五輪が来年に延期になったので、五輪開催期間中に延期分の試合を詰め込むことができるようになったのはラッキーかもしれない。クソ暑い中、週2で試合をする選手にとっては大変だと思うが。

まあ、今年は降格もないし、「東京の試合が見られるだけラッキー」と思うことにしよう。
あと、DAZNはしばらくお休みすることにしよう(笑)。見るものも無いし。

| | コメント (0)

1年延期。

つい先程、「東京五輪は1年程度延期する」という報道が流れた。

IOCの会長と安倍首相の会談で決めたことらしいので、ほぼ確定だろう。
さすがに今年の夏には開催できないだろうとは思っていた。
ただ、なんだかんだで今年の秋ぐらいに延期かな、と思っていたので、「1年延期」という結論は少し驚いた。
まあ、コロナウイルス感染はまだ終息の気配は全く見えないし、「1年延期」というのは仕方ないのかもしれない。
とりあえず、五輪のチケットを持っている身としては、「中止にならなくてよかった」というのが正直なところ。

「中止になって、五輪は見れない、お金も戻らない」という最悪の事態は免れた…のだろう。たぶん。

| | コメント (0)

ドバイWCデー中止。

昨晩のブログを書き上げた直後に知って衝撃を受けた話。

「ドバイWCデーの中止が決定」

今週末の28日に開催される予定だったドバイワールドカップデーの競走が中止されることが発表された。
あまりの衝撃で、昨晩このネタでブログを書く気力は無かった(本当は眠かっただけ)。

それにしても、「このタイミングで中止にするかあ?」とは思う。
出走予定馬のほとんどがドバイ入りし、騎手も何人かはドバイ入りしていた。それが、レースまであと1週間を切ったところで中止ですよ。だったらもっと早く言ってくれと思う関係者は多くいるだろう。

まあ、決まったものは仕方ないので、馬はすぐに帰国すると思うが、「ドバイを使わなかったからすぐに国内のレースを使う」というわけにはいかないだろう。ダビスタやウイニングポストじゃないんだから(笑)。早くてもヴィクトリアマイル(5月17日)ぐらいだろうなあ。

もしもドバイWCデーの中止がもっと早く決まっていたら、春のG1の出走メンバーはもっと豪華になっていただろう。
そう思うと、本当に「もっと早く言ってくれよ・・・」と思う。

とりあえず今は「人馬ともに無事に帰国して欲しい」と願うばかりです。

| | コメント (0)

スプリングSと阪神大賞典の感想。

今日も長男の習い事に一緒に行ったり、息子達と公園で2時間近く遊んだぐらいで特に何も無い一日。「みんなでどこかに出掛ける」という選択肢を持てないのが地味に辛い。

今日の競馬はスプリングS@中山と、阪神大賞典@阪神。
スプリングSを制したのは伏兵ガロアクリーク(7番人気)。
前半1000m63.2秒という超スローの流れを、大外からまとめて差し切った。
…前走1勝クラスを4着に負けた馬がこんな勝ち方できるとか思わないわ…。まあ、終わってみれば「前走の2200m戦が長かった」ということなのだろう。
さて、この後は皐月賞なのだろうか。しかし、キンシャサノキセキ産駒で2000mが向く気もしない。それならNHKマイルCに向かった方が良さそう。
期待した◎ファルコニア(3番人気)は4着。
スタートで出負けて、向正面で押し上げて4角では3番手にいたが、そこから後方勢にあっさり差された。まあ、スローペースだから前目につけたのは仕方ない。これでダメなのは力不足ということなのだろう。
阪神大賞典を制したのはユーキャンスマイル(2番人気)。
キセキ(7着/1番人気)の大出遅れで始まって、そのキセキが直線に入って止まる中、馬群を割って突き抜けたのはユーキャンスマイル。落ち着いたインで構えた岩田康の判断が光った。
さてこの後はもちろん天皇賞(春)だろう。何が出走するのかはよくわかっていないが(笑)、普通に有力馬の一頭だろう。
期待した◎タイセイトレイル(7番人気)は6着。
積極策に出たが、息の入らない展開になってしまい、最後は失速してしまった。でも、大きくは負けておらず、長距離戦への適性を改めて見せてもらった感じ。
というわけで今日も(ていうか今週)全部外れ。

 

…そろそろPAT用の口座に入金しておかないとなあ。

| | コメント (0)

スプリングSと阪神大賞典の予想。

今日も息子を習い事に連れて行ったぐらいで特に何も無い一日。

あ、長男が通う幼稚園の桜は満開になっていた。3月21日で満開になるのはいくらなんでも早過ぎるなあ…。
というわけで明日の競馬の予想。
明日はスプリングS@中山と、阪神大賞典@阪神。
スプリングSは「(条件問わず)前走で勝った馬が強いレース」である。該当するのは2頭いるが、買いたいのはこっち。
◎ファルコニア。
現在3番人気。
前走のあすなろ賞を制して、ここが重賞初挑戦。それで3番人気というのは少し過剰人気にも思うが、あすなろ賞勝ち馬はスプリングSと相性が良い。2年前の勝ち馬エポカドーロはスプリングS2着(その後皐月賞制覇)、4年前の勝ち馬マウントロブソンはスプリングS勝利。ええ、これだけの理由で◎に推します(笑)。
相手はヴェルトライゼンデ(1番人気)で仕方ない気もするが、共同通信杯で◎を打って外れて「小回り向きかもしれない」と書いたココロノトウダイ(4番人気)も買う。半姉フェアリーポルカが先日の中山牝馬Sを勝ったし、もしかしたら「中山1800m得意血統」かもしれないので。
馬券はこの3頭で。
阪神大賞典は、これまで戦ってきた相手的にもキセキ(1番人気)で仕方ない気もするが、菊花賞以来勝っていないというのは気になる。
なので、「勝つとは思わないけど2〜3着ならありそう」な馬を狙う。
◎タイセイトレイル。
現在7番人気。
人気は無いが、昨秋のジャパンカップ以外は大崩れしていない。いわゆる相手なりに走る馬である。
こういう馬は格の高いレースでも頑張れるものなので、人気が無くても買うべき。
馬券は◎の単複とキセキへの馬連&ワイドで。正直、全く自信無いです。
今週は金曜日から3日間開催だが、実は金曜・土曜ともに的中無し(3レースしか買ってないけど)。

明日はなんとか当たって欲しいなあ。

| | コメント (0)

多趣味。

今日から3連休。

午前中は息子達と公園で遊び、午後はそれぞれ習い事に出掛けるくらいの一日。
公園は今日も子供たちで賑わっていた。まあ、今日は天気も良かったし。おそらく、明日も明後日も公園で遊ぶことになるだろう。
さて、コロナウイルスによるイベント自粛が続いているわけだが、個人的にはあまり困っていない。
私の趣味で、コロナの影響を受けているのはJリーグ観戦ぐらい。
これ以外は、競馬はいつもと変わらずに馬券を買えているし、将棋もいつもと変わらずにタイトル戦などを観戦できている。

こういう事態になると、趣味が多いのはいいことだなあとか思ったりします。

| | コメント (0)

降格無し。

今日は奥さんと息子たちが新潟から帰京した。

楽しい一人暮らしもついに終わり(笑)。でも、リフレッシュできた4日間でした。
さて、再開できるのか不明なJリーグだが、今日になって「今年はJ1・J2からの降格は無しにする」というニュースが報じられた。
今年は延期続きでクラブ運営も厳しいから、という理由なのだろうか。
う〜ん、降格無しにしたい事情もわかるのだけど、リーグ戦の終盤は、優勝やACL出場権争いに関わらないチームにはかなりつまらないものになりそう。もしかしたら「若手のお試し」をしまくるチームも出てくるかもしれない。
とあるサッカーブログで「今年の順位が、来年の順位に影響する形になって欲しい」と書かれていたが、これは本当にそう思う。
来年のリーグ戦で、「同じ勝ち点だったら今年の順位が上の方を上位とする」とすれば、今年は消化試合が減るはず。
それにしても。
やっぱり、残留争いを見られないのは寂しいなあ…。

| | コメント (0)

五輪チケット。

今日知って「おいおいおい」と思ったニュース。

「五輪チケット、規約上払い戻しは不可 コロナで中止なら」

予定通り開催か、延期か、中止かで揺れている東京五輪。
新型コロナウイルスの大流行のせいで予選もままならない状況なわけだが、そんな中で「中止の場合はチケット代は払い戻されない」という
ニュースが報じられた。

ふっざけんな。

この一言である。
我が家はチケットを購入しているのだが、その代金は約33万円。それが払い戻されないとか、詐欺以外の何物でもない。

・・・と言いたいところなのだが、「規約に書いてある」と言われると何も言えない。当然、規約なんて見ていない(て言うか、規約があったことすら知らない)わけだが、「見ていない方が悪い」という話である。

しかし、額が額ですよ。
「返金されなかったイベント」と言えば今年の東京マラソンだが、あれは参加費が16,200円(国内ランナーの場合)だったらしい。痛いは痛いが、「死ぬほど痛い」レベルではない。これと比較するのは違うと思う。

というわけで。
「東京五輪は死んでもやれ」というのが私の願いです(笑)。
まあ、なんだかんだ言って東京五輪は予定通り開催されると思うんですけどね。

| | コメント (0)

棋王戦第4局。

今日は棋王戦第4局。
渡辺棋王(&王将・棋聖)が勝って防衛を決めるか、本田五段挑戦者が勝って奪取に逆王手をかけるかという一局。

勝ったのは渡辺。

先手番の本田が矢倉に組み、後手番の渡辺が雁木囲いに組む。
中盤で渡辺の角と本田の飛車が交換され、前例の無い局面に突入。構想力が問われる展開になったが、渡辺が端を攻めたのが鋭く、本田に反撃の隙を与えずに一気に端を突破。後はきっちり寄せ切り、終わってみれば渡辺の完勝に終わった。

う~む、渡辺強い。
王将戦第6局が先週の金・土曜で、そこから中2日という過密日程も関係無し。
これで渡辺は棋王戦8連覇を達成したわけだが、素晴らしいの一言。

ただ、来週は広瀬八段との王将戦の最終局が控えているし、その後は豊島名人(&竜王)に挑む名人戦が行われる。
渡辺、忙し過ぎるな・・・。

| | コメント (0)

立教に中田英寿。

今日は先週の水曜日以来の出社。
こう言ってはなんだが、次男と一日中一緒にいるよりは、会社で仕事している方が楽です(笑)。次男はイヤイヤ期真っ盛りなんだよねえ・・・。

今日知って「へえ~」と思った話。

「中田英寿氏、立大客員教授に就任 9月に初講座」

私の母校である立教大学。
その立教大学の客員教授に、あの中田英寿が就任することになった。

・・・唐突過ぎて、思わず笑ってしまった。
昨年、古舘伊知郎も立教の客員教授になったが、古舘は立教OBだから理解できる。
しかし、中田は何の縁も無い。どう見ても「客寄せパンダ」だよなあ。

て言うか、今の大学生に中田は認識されているのだろうか?
中田が引退したのは2006年のドイツW杯。もう13年も前の話である。「中田のプレーを見たことが無い大学生」はかなり多いはず。そして「引退した後の中田」は、正直何やってるかよくわからない人である(笑)。

・・・せっかく中田に就任してもらったのに思ったほど盛り上がらない、なんて展開にならないことを祈ります。

| | コメント (0)

金鯱賞とフィリーズレビューの感想。

今日は奥さんと息子たちが新潟に帰省した。
というわけでしばしの自由時間を満喫できることに。
早速、大学の後輩のN君と飲みに行く・・・予定だったのだが、N君の体調が優れないということで中止。まあこればっかりは仕方が無い。

今日の競馬は金鯱賞@中京と、フィリーズレビュー@阪神。
金鯱賞は圧倒的1番人気に応えてサートゥルナーリア。
前半1000m63.6秒という超スローペースの5番手から、直線であっさり突き抜けて楽勝。
うん、普通に強かった。左回りの巧拙以前に能力が違い過ぎた。鞍上のルメール、鞭使ってないもんなあ。
さてこの後は普通に考えて大阪杯で、そこも断然人気になるだろう。ただ、サートゥルナーリアの2敗は、「左回り」だったが「叩き2戦目」でもあった。
・・・まあ、こうやって揚げ足を取ろうとしてもあっさり勝つんだろうなあ・・・。
期待した◎ダイワキャグニー(6番人気)は3着。
予想通りに超スローペースで逃げて、よく粘ってくれた。ただ、楽に3着と思ったら、首の上げ下げでハナ差まで迫られていたのには驚いた。

フィリーズレビューを制したのはエーポス(5番人気)。
道中は中団のインで構え、直線に入ってインから馬群を割って突き抜けた。
岩田康らしいインからの突き抜けだったわけだが、今日の1~7着は馬番1~7番の馬で独占されており、明らかに内枠有利だった。というわけで、今日の勝利を評価するのはどうかなあ、とか思わないでもない。
期待した◎マテンロウディーバ(6番人気)は10着。
↑にも書いた通り、内枠有利な馬場で15番枠ではどうにもならん。ただ、鞍上の藤岡佑ももう少し考えて乗れよ、とは思ったが。

馬券は、金鯱賞でサートゥルとダイワのワイド(5倍)と、ダイワの複勝(3.2倍)、あとついでに買ったアストラエンブレム@東風S(2着)の複勝(2.2倍)が当たってほんの少しだけプラス。
負けなかったことに意義がある、と思うことにする。

| | コメント (0)

金鯱賞とフィリーズレビューの予想。

明日の競馬は金鯱賞@中京と、フィリーズレビュー@阪神。

金鯱賞はサートゥルナーリアが圧倒的1番人気に推されているが、これまで左回りは馬券になったことが無い馬。さすがにこのメンバーなら負けないとは思うのだが、万が一の可能性は考えておいていい。
金鯱賞は前に行った馬が強いレース。そして、今年は単騎逃げ濃厚な馬がいる。
◎ダイワキャグニー。
現在6番人気。
明日、この馬で逃げなかったら鞍上の内田は引退しろ、と言っていい(笑)。それぐらいに単騎逃げが濃厚である。
そして、単騎逃げが意外と残るのが金鯱賞である(ロードヴァンドール、サトノノブレス)。
サートゥルが早めに捕まえに来なければ逃げ残りはあると思う。
馬券は◎からサートゥルだけ買う。馬連10倍あれば充分です。
フィリーズレビューはこの馬を買うしかない。
◎マテンロウディーバ。
現在5番人気。
ええ、今年のPOGで持ってます。
もちろんそれが◎の理由だが(笑)、真面目な話、前走の紅梅Sは前残りの流れで最速の上がりを使って3着と、見どころのある内容だった。明日のメンバーなら突き抜けてもおかしくない能力はある。
相手にはヤマカツマーメイド(2番人気)。
1400mで1勝クラスを勝ち、阪神JFで5着の実績はここでは格上と言っていいはず。
馬券は◎の単複と、ヤマカツとの馬連&ワイド。正直、金鯱賞よりはこっちの方が勝負レースです(笑)。
あと、ちょっと気になっているのは中山10レースの東風S。どうでもいいが、「東風」を迷わず「こち」と読める奴、8割方競馬ファンだと思う(笑)。
ここには秋華賞馬ブラックエンブレムの仔、アストラエンブレム(2番人気)が出走する。
で、ブラックエンブレムの父であるウォーエンブレムが今週亡くなったのですよ。これは、ウォーエンブレムの孫であるアストラエンブレムが激走するサインなのでは、とか思ったり。

明日は多分奥さんと息子達が新潟に行くので、テレビの前で応援するぞお。

| | コメント (0)

王将戦第6局。

今日の東京は桜の開花宣言が出たが、午後からは激しく雪が降るというよくわからない一日だった。

今日は王将戦第6局2日目。
広瀬八段挑戦者が勝って王将を奪取するか、渡辺王将(&棋王・棋聖)が勝って防衛に逆王手をかけるか、という一局。
勝ったのは渡辺。
角換わり(という戦法名です)から先手番の広瀬が端に手を費やし、渡辺を右玉に誘導。この形なら普通は左側に囲うが、端に手を費やしたことを無駄にさせたい渡辺は右玉に囲い、後手番ながら積極的に攻める。
しかし、直後の広瀬のカウンターが強烈で、いきなり渡辺の王のまわりに駒がいない不安定な状態に。
で、おそらくは広瀬が勝つ順はあったはずなのだが、渡辺の必死の反撃に対する受けを誤り、急転直下で渡辺が制した。
角換わりから後手番に右玉に誘導する広瀬の構想はよかったと思う。
結果、渡辺に先攻されたが、その後のカウンターはほぼ決まっていたのだから。
それだけに終盤の読み違い(なのか?)で負けたのは広瀬にとっては痛い。
これで3勝3敗のタイになり、決着は最終局に持ち越された。
ここは先手後手は振り駒で決めるので、どうなるかはわからない。

どちらにせよ、次の最終局(25・26日)が楽しみです。

| | コメント (0)

有名人も感染しまくり。

今日も有休で次男と過ごす。

と言っても、午前中は次男の歯医者の検診だし、夕方は火曜日に次男が受けた検査の結果を聞きに病院に行ったりで、いろいろやることはあった。
ちなみに次男の検査結果は「百日ぜきでも結核でもなく、軽めの肺炎」というもの。

次男は、奥さんと長男と一緒に日曜日から木曜日くらいまで新潟に帰る予定だったが、この結果を受けて新潟行きを止められてしまった。

でも、このことを長男に話したら号泣された。新潟に行けるのを喜んでいたからなあ…。
というわけで、現在は「医者の言うことを無視して新潟に行くか悩み中」。まあ、医者が止める理由は、「今は次男くんの身体が弱っているから休ませた方がいい」というもので、そんなこといっても今日は普通に電車乗ったりしてるからなあ…というので「休まなくてもいいんじゃね?」と考え中。
さて、気になるのはコロナウイルス。
日本よりは海外の方が流行しているようで、俳優のトム・ハンクス、プレミアリーグのアーセナルの監督、カナダ首相の奥さんなどの感染が発表された。芸能人、スポーツ関係者、政治家の家族と、こう言ってはなんだが多彩な顔ぶれである。
で、おそらくは一般人よりも感染しないように対応できるはずのこの人たちでさえ感染するのだから、そりゃあ一般人は感染するよね、とは思う。
こう考えると、有名人が感染したと「発表されない」日本は凄いなあ(棒読み)。
…発表されないだけ、だとは思うけど。

 

| | コメント (0)

予想通りの延期。

今日は有休。て言うか昨日も有休だった。ブログ書くのを忘れてました(笑)。

次男の咳込みが続くので、検査結果が出るまで自主的に自宅待機なのだが、今週は月曜日から水曜日まで奥さんが自宅で次男を見ていた。
で、そろそろストレスの限界かな…と思い、昨日と今日休むことにした。一応、会社のPCは持って帰ってきたので仕事をしようと思えばできたのだが、うちの部長に「それはできるだけ避けて」と言われたので断念。どうやら、いろいろ手続きが面倒らしい。
この「在宅勤務が当たり前」になっている現在で何を言っているんだとは思うのだけどなあ…。
さて、昨日の夕方になって3月いっぱいのJリーグの公式戦の延期が発表された。
まあ、予想通りすぎて言葉も無い。春の高校野球の中止も決まったので、絶対こうなると思った。
ただ、個人的にはこれが最後の延期だと思う。
4月になったら「普通に開催する」か「無観客で開催する」かの二択だろう。でないと日程的にどうにもならん。
まあ、あと3週間の辛抱と思うことにする。

…やっぱり長いな…。

| | コメント (0)

あれから9年。

今日は3月11日。
東日本大震災からちょうど9年経った。
ただ、今年はコロナウイルス感染が絶賛拡大中で、正直「追悼どころではない」という感じはある。実際、追悼式典も中止になっているし。震災に見舞われた方々には申し訳ないが、今年は仕方ないと思う。

さて、ここで普通なら「いつ何が起きてもおかしくないように備えておこう」とか書くべきところなのだろうが、正直なところ何もしていない(笑)。
「まあ、なんとかなるだろう」ぐらいに思っている。

・・・のだけど、コロナウイルス感染拡大の影響で紙製品が全く買えなくなったりする現状を思うと、やっぱり何かしらの備えは必要なのかも、とは思ってしまう。
少なくとも、息子たちが困らない程度には何か蓄えておく必要はあるのかなあ、とか思います。

| | コメント (0)

咳き込みが続く。

先日「次男の微熱が続いている」という話を書いた。
その後、微熱は治まったのだが、咳はまだ続いている。て言うか、この咳はサイパンに行く前から出たり出なかったりだったりする。
その都度、近所の「内科・小児科」の病院に足を運んでいたのだが、咳止めをもらうぐらいだった。

ただ、これでは埒が明かないということで、昨日奥さんが次男を連れて小児科オンリーの病院に行った。
結果、気管支炎になっているとのこと。
そしてレントゲンを撮ってもらい、血液検査も行ってもらった。そして先生には「子供は小児科専門の病院で診てもらわないとダメ」と注意されたらしい。

さて検査の結果だが、これは金曜日にはわかるらしい。
現時点では「マイコプラズマ肺炎ではない」ことはわかっているとのこと。大きい病気でなければいいのだけど・・・。

ちなみに、次男自体はめちゃくちゃ元気だったりする(笑)。
ほんと「時々咳き込む」以外は何の問題も無いんだよなあ。

| | コメント (0)

やっぱり延期。

今日はJリーグと日本野球機構が連携した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第2回会合が行われ、コロナの専門家の方々からは「Jリーグの3月中旬の再開と、野球の20日開幕は延期することが望ましい」という答申があったらしい。

予想通り、としか言いようがない。
専門家からすれば「開催しても大丈夫」なんて言えるわけない。
もしもJリーグや野球のスタジアム観戦者から感染者が出たら(←別にうまいことを言おうとしたつもりは無い)責任を問われるのはこの専門家の方々なのだから、そりゃあ無難に「開催しない方がいい」と言うに決まっている。

しかし「開催しないことによる経済的な影響」は考えなくてもいいのか?とは思う。
チケット収入を得られないクラブ、観戦客が来ないスタジアム周辺の店舗にとっては「とにかく早く開催して欲しい」と思っているはず。
先週も書いたが、ほんと早く見切りをつけていろいろ再開して欲しいです。

| | コメント (0)

弥生賞の感想。

今日は弥生賞@中山。

勝ったのはサトノフラッグ(2番人気)。
道中は後方に構え、3角からまくり気味に進出して直線に入ったところで先頭に立つと後続の追撃を許さずに押し切った。
う〜む、普通に強い勝ち方。デビュー戦は重馬場で負けていて、今日も重馬場だったので厳しいと思っていたがあまり関係無かった。ただ、多頭数の皐月賞で今日みたいな競馬ができるのか、という不安はある。まあ、皐月賞よりはダービーで買うべきな馬だとは思う。
期待した◎ワーケア(1番人気)は2着。
3角で外からサトノに交わされても動かず、直線に入って追い出したがあまり伸びず。
サトノに出し抜かれた形になったのが痛かったか。ただ、もう少し早く動けば勝てたかというとそれも違うような気はする。
さて、この敗戦で皐月賞では人気を落とすと思うが、皐月賞は「弥生賞でちょい負けした馬」がよく穴を開ける。というわけで、皐月賞でもう一回狙いたいと思う。
今日は馬券は当たらず。
今日の馬連は3.7倍だったが、このオッズでは買えない。
て言うか、今週の3重賞はどれも固すぎ。

3レースとも1・2番人気が3着以内に入り、残りの1頭も3・4番人気の馬。穴党の人には厳しい週末だったと思う。

| | コメント (0)

弥生賞の予想。

最後に明日の競馬の話。

明日は弥生賞@中山。今年から正式名称は「報知杯弥生賞ディープインパクト記念」だが、長過ぎるのでいつも通りに「弥生賞」表記で書く。
弥生賞は例年「前走が重賞で好走していた馬」が強く、「前走がG1だった馬」は大きく崩れていない。というわけで。
◎ワーケア。
前走2番人気。
前走はホープフルSで3着し、そこから直行。鞍上はルメールだし、当然一番人気だと思ったらサトノフラッグに譲っていた。
そりゃ買うしかないです。ここなら「格が違う」と思うのだが。
人気薄で気になるのはメイショウボサツ(8番人気)。
単純に、「先週と昨日でお世話になった横山典が乗るから」。
ただ、未勝利を勝ったばかりとは言え、これまで負かされた相手はそこそこ強力。少し運がなかった、のかもしれない。
馬券は◎の単勝を厚めに、遊びでメイショウボサツとの馬券を。

中山記念→オーシャンSと、安いながらも馬券は当たっているので、この流れを持続させたいです。

| | コメント (0)

次点。

続いて将棋の話。

今日はプロ棋士の育成機関である奨励会の「三段リーグ」の最終日。
半年サイクルで行われるこの三段リーグで、原則的に上位2名に入ったものだけが四段に昇段して「プロ棋士」になれる。
で、先日も書いたが、今回の三段リーグでは西山朋佳三段に「史上初の女性棋士」になる可能性があった。

結果は、惜しくも3位で「次点」。

今日は2局対局して2連勝したが、今日が始まる時点で上位の2名が崩れず、西山を含む3名で14勝4敗で並び、前回の順位が悪かった西山が次点ということになった。
う〜む、本当に惜しい。
14勝4敗は、例年なら昇段できておかしくない成績。これで昇段できないのは少し運が足りなかったかなあ。
しかし、昨年からの西山の充実ぶりはかなり凄い。
絶対女王だった里見香奈からタイトルを奪いまくり、三段リーグでもこの好成績。これなら「史上初の女性棋士」誕生はもうすぐなのでは…と思ってしまう。

これからも頑張って欲しいと思います。

| | コメント (0)

チューリップ賞とオーシャンSの感想。

今日はプライベートでは散髪したぐらいの一日だったが、競馬と将棋でそれなりのニュースがあった。

まず競馬。
今日はチューリップ賞@阪神と、オーシャンS@中山が行われた。
チューリップ賞を制したのはマルターズディオサ(4番人気)。
今日はスローペースで逃げたレシステンシア(3着/1番人気)の2番手を進み、直線でレシステンシアを交わし、さらにインから抜け出たクラヴァシュドール(2着/2番人気)もきっちり捕らえた。
スローペースで流れたおかげでこの馬の決め手が生きた、ということなのだろうか。桜花賞はこんな楽な流れにはならない気がするが…。
オーシャンSは人気に応えてダノンスマッシュが勝利。
好位のインから馬群を抜け出て、逃げるナックビーナス(2着/3番人気)をあっさり捕らえて快勝。
うん、さすが「前哨戦に強いダノン軍団」。この勝ち方だけ見たら高松宮記念も楽勝しそうに見えるのだが、これで勝てないのがダノン軍団なんだよなあ…。
今日はオーシャンSの馬連5.7倍と、中京10レースでPOGで持っている馬の単勝4.5倍を当ててほぼチャラ。
安いのを当てて大崩れはしない、という結果である。
こういうのを拾い続けていれば、そのうちいい流れが来ると信じてます。

明日の弥生賞の予想はもう少し後で。

| | コメント (0)

王将戦第5局。

今日は王将戦第5局2日目。

渡辺王将(&棋王・棋聖)と広瀬八段挑戦者との対戦成績はこれまで2勝2敗。ここで勝った方が防衛または奪取に王手をかけることになる。
勝ったのは広瀬。
相矢倉から先手番の渡辺が攻めるが、広瀬が粘りを見せ、渡辺が寄せ切れない。そして広瀬が攻めて渡辺の王を追い詰める。そこから渡辺が怒涛の攻めを見せるが、広瀬がきっちり凌いで逃げ切った。
攻守の入れ替わりの激しい凄い一局だった。
ソフトの評価では渡辺がかなり優勢だったが、うまく凌いだ広瀬の粘りが見事だった。
というわけで広瀬が王将奪取に王手をかけた。
後手番でブレイクできたのは大きい。次の第6局は先手番なので、このまま広瀬が王将奪取する可能性はそこそこ高そう。
でも渡辺が意地を見せるところも見たい。幸いにも次の第6局は来週の13・14日で、その間公式戦は無い。ここで広瀬対策を練ってくるだろう。

次の第6局がかなり楽しみです。

| | コメント (0)

ローソンで牛乳飲もう。

今日、今週末の中央競馬も「無観客競馬」で開催されることが発表された。
まあ、予想の範囲内ではある。
おそらく、22日(日)までは無観客競馬で開催して、高松宮記念(29日)が行われる前日の28日(土)から観客を入れるのではないかと思うがどうだろう。
て言うか、どれだけイベントを延期・自粛したところで感染者がゼロになるわけはないのだから、どこかで見切りをつけてイベントを再開させるべきだと思う。そうでないとコロナウイルスではなく経済的に死んでしまう関係者が続出すると思うのだけど・・・。

さて、コロナウイルスの影響で小・中・高が休校となったわけだが、それにより「給食の食材が余る」という現象が起きているらしい。
そんな中、コンビニのローソンからこんな発表があった。

「新型コロナウイルス対策に「ホットミルク半額」「カフェラテ30円引き」で協力」

まあ、ローソンは「給食に使う予定だった牛乳」を使うわけではないだろうが、間接的には牛乳の廃棄を減らそうという思いでのキャンペーンだと思う。
こういう対策には全力で乗っかりたい。単純に「半額で飲める」というのも嬉しいし(笑)。
このキャンペーンは来週9日~20日までだが、これ以外のところでもなるべく牛乳を飲もうと思います。

| | コメント (0)

どうなるJリーグ。

今日の東京はまた寒い一日。

最近は一日置きに暖かったり寒かったりで、ほんと体調管理に気をつけないとなあ、と思う。
さて、先週から始まった「いろんなスポーツの延期、無観客開催」。
それでコロナウイルス感染者の増加が落ち着いた、というニュースは全く聞かない。まあ、予想通り過ぎる展開ではある。
で、気になるのは「Jリーグの日程」。
3月に消化できなかった試合は平日で消化するしかないわけだが、平日もACL、ルヴァン杯、天皇杯と予定はたくさん組まれている。
仮に4月から公式戦の開催が可能になったとしたら、毎週「週2試合」の日程になるのではないか、と思ってしまう。
個人的には「オリンピックの間もJリーグ、ルヴァン杯、天皇杯の試合やってもいいのでは?」と思う。
関東圏のスタジアムはオリンピックに使われるようだが、関東圏以外は使わない…と思う(調べたわけではない)。
東京サポ的には、オリンピック期間にJリーグなどを中断して後で怒涛の「週2試合モード」が続くなら、例えアウェー連戦でもいいからオリンピック期間に公式戦を消化して欲しい。アウェー連戦は、昨年のラグビーW杯で経験済みだし(笑)。

まあ、ほんとに早く終息して欲しいです。

| | コメント (0)

今更ながら棋王戦第3局。

次男の具合だが、昨晩は夕食後に激しくせき込んで、少し嘔吐してしまい、「これは明日(つまり今日)も保育園は無理かな・・・」と思ったが、寝かしつけたらすんなり寝てくれて、今朝起きたら熱も下がったので保育園に連れて行った。
念の為熱を計ったら37.3度とギリギリだったが(37.5度あったら強制帰宅)、預かってもらえた。
その後、現時点まで保育園から連絡は無いのでなんとか乗り切ったのだろう。よかったよかった。

さて、すっかり書き忘れていた話を。

一昨日の日曜日、棋王戦第3局が行われた。
渡辺棋王(&王将・棋聖)と本田五段挑戦者の対戦成績はここまで1勝1敗で、この第3局を制した方が防衛оr奪取に王手をかけることになる。

結果は渡辺の勝利。

相矢倉の立ち上がりから、中盤に渡辺が銀を引いて角の効きを通して攻める構想が思いの外厳しく、渡辺が一方的に攻める展開に。そして本田に反撃もさせずにぶっ潰してしまった。

タイトル戦でここまでのボッコボコの対局は結構珍しい。
渡辺の構想が素晴らしかったというのもあるし、本田はもう少し警戒すべきだった。

これで渡辺が2勝1敗となり、防衛に王手をかけた。
ただ、次の第4局は本田の先手番である。本田が先手番だった第2局は本田の快勝だったし、まだわからない・・・と思う。

| | コメント (0)

微熱が続く。

実は先週の木曜日&金曜日は、次男が保育園をお休みしている。
理由は単純に「熱があるから」。
木曜日の朝は37.7度あったので最初から断念。
金曜日の朝は、家では36.8度だったので保育園に連れて行ったが、「念の為熱を計りましょう」と言われて計ったら38.3度!で断念。
で、土曜日に病院連れて行ったが解熱と咳止めの薬をもらっただけ。
実はこの前の週(つまり新潟に帰った日)も同じ病院に行ったのだが、その時も解熱と咳止めの薬をもらっただけだった。
ただ、今回は薬が効いたのか、昨日は熱が出ることもなく、元気に過ごしていた。

さて、今朝の話。
起きてすぐに熱を計ったら、37.7度ありました・・・。
保育園に連れて行く時間(7時半)には36.9度と下がっていたので、保育園に連れて行ってもいいかなあとか思ったが、日中に園から呼び出される可能性が高過ぎるので断念。
結局、また休ませることにした。

こういう「微熱が出たり出なかったり」というのはかなり厄介。
ずっと微熱が続くとか、いっそのこと高熱になるというのであれば大きい病院で診てもらうことになるのだが、微熱が出たり出なかったりの状況だと大きい病院で長い時間待って診てもらう、というのがかなり躊躇してしまう。特に新型コロナウイルスが流行しているこの時期に病院に行くというのは、逆に病気になりに行くようなものではないかと思ってしまう。

というわけで、次男には自力でなんとか回復してもらおうというのがうちら夫婦の結論。
明日には保育園に連れて行けるといいのだけど・・・。

| | コメント (0)

中山記念と阪急杯の感想。

今日はプライベート的には何も無い一日。

息子達と午前中に図書館と公園に行ったが、図書館は明日から「図書館での読書」はしばらく休止するらしい。ほんと、子供たちが遊べるのは自宅と公園だけになるな…。
今日の競馬は中山記念@中山と、阪急杯@阪神。
中山記念を制したのは人気に応えてダノンキングリー。
離れた3番手を追走し、直線できっちり先行勢を捕らえて完勝。
うん、普通に強かった。この馬のベストは1800mなんだろうなあ。そして相変わらずの「G2でのダノン馬の強さ」を感じた(笑)。
さてこの後は大阪杯なのだろうか。2000mはギリギリ守備範囲だと思うが、G1だとイマイチなのがダノン馬だからなあ…。
期待した◎ラッキーライラック(2番人気)は2着。
ダノンの後ろから進むも、4角で少し置いていかれ、直線でじわじわ伸びてなんとか2着を死守。
う〜ん、今となっては1800mという距離は忙しいのかも。あと、今日に関して言えばプラス11kgという馬体重も影響したか。
阪急杯を制したのはベストアクター(6番人気)。
道中は中団に付け、直線に入って外に持ち出すと鋭く伸びて突き抜けた。
条件戦を連勝した勢いがここでも通用した、という感じ。まあ、そういう勢いが通用してしまうレベルの一戦だったということなのだろう。
この馬はひたすら1400m戦を使って来ていて1200m戦は未経験なので、高松宮記念には行かないかも。京王杯スプリングCに直行したらかなり有力だろう。
期待した◎ステルヴィオ(4番人気)は5着。
スタートで出負けてインを追走し、直線に入ったところで勝ち馬に外を塞がれて馬群に突っ込むが伸び切れず。
スタートが悪いのはこの距離だと致命傷になってしまうなあ。直線が長ければまだどうにかできるのかもしれないが…。
今日は中山記念の馬連(3.6倍)という激安の馬券を当てただけなので当然マイナス。
ただ、今年初めて◎が複勝圏内に入ってくれた。

これが復調のきっかけになればと思います。

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »