« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

高橋幸宏氏の回復を祈ります。

今日の昼に知って思わず声が出たニュース。

「YMO高橋幸宏さん、脳腫瘍で手術」

テクノミュージックで超有名なYMO(イエローマジックオーケストラ)のメンバーである高橋幸宏が、今月13日に脳腫瘍で手術していた。
術後の経過は順調ということで安心したが、これはかなり驚いた。

YMOのメンバーは、世間一般的には坂本龍一が一番有名なのだと思う。
でも、YMOで私が好きな曲は高橋が作曲したものが多い。
例えば「ライディーン」。これは高橋作曲である。もう、「『ライディーン』を作曲した」というだけで、YMOの中では高橋が一番好きである(笑)。他にも「ソリッドステートサヴァイヴァー」とかも好きだなあ。

高橋はまだ68歳。
早く元気な姿を見せて欲しいと思います。

| | コメント (0)

キーンランドCと新潟2歳Sの感想。

今日は特に予定も無いので息子たちと公園で遊んだだけの一日。
さすがにこう暑いと公園で遊ぶ子供も少ない。我が家の近くの公園はそこそこ日陰・木陰があるので、ちゃんと見張っていればそんなに危なくもないのだけどねえ。

今日の競馬はキーンランドC@札幌と、新潟2歳S@新潟。

キーンランドCを制したのは私の期待に応えてエイティーンガール(5番人気)。
3角15番手というかなりの後方だったが、絶好の手応えで大外をぶん回す姿を見て、「ああ、これは差し切るわ」と思った。で、実際に直線でも脚色は衰えず、そのまま突き抜けた。
いや~、ここまで思惑通りに進むとは思わなかった。外目をスムースに走れれば突き抜けてもいいとは思っていたが、ここまで走ってくれるとは。
この馬は「外枠を引いて、適度に時計がかかって差しが決まりやすい馬場」だったら強いことはわかったので、そういう時が来たらまた買おう。
馬券は単複(15.5倍&3.6倍)と、なんとなく買った馬連(23.9倍)を当てました。

新潟2歳Sを制したのは、これも私の期待に応えてショックアクション(2番人気)。
好位を進んで直線に入ると、馬場のど真ん中を突き抜けた。「鋭く伸びる」というよりは「じわじわ伸びる」という感じだった。
鞍上の戸崎は、先日の関屋記念に続いて新潟マイル重賞勝ち。戸崎は完全に復活している、と見ていいのだろうか。
こちらの馬券は単複(4.3倍&1.5倍)のみ的中。て言うかこれしか買ってない。

というわけで、今日は奇跡の2重賞ダブル的中。
こんなのいつ以来だろうか・・・。この反動で、何か悪いことが起きないか心配です(笑)。

| | コメント (0)

ラッキーゴールだらけの勝利。

つい先ほど終わったJ1第13節、東京vsG大阪@吹田。


結果は3-1で勝利!

前半8分、G大阪のバックパスをカットしようとしたFW永井と、G大阪GK東口が接触し、ボールがこぼれたところをFWディエゴオリヴェイラが流し込んで先制!少しラッキーな形で先制した。
しかし、前半終了間際にG大阪FW宇佐美にスーパーミドルを叩き込まれて追いつかれる。
後半は攻防が続くが、25分にFWアダイウトンを投入してから流れが変わる。
直後に、右サイドを突破したアダイウトンがクロスを上げると、これがG大阪のDFの腕に当たってしまいPK獲得。これをFWレアンドロがきっちり決める。ラッキーな形で勝ち越した。
さらに36分にはG大阪のCKを防いだ後、G大阪の横パスをレアンドロが奪ってカウンター発動。最後はアダイウトンにスルーパスを出して、それをアダイウトンがダイレクトで決める。ラッキーな形でトドメを刺した。
ただ、その後はG大阪のパワープレーで危ないシーンをいくつか作られたが、GK林のスーパーセーブで凌いで逃げ切った。

はい、3点ともラッキーゴールでした(笑)。
でも、そういうラッキーチャンスをきっちりものにできるというのは大事なことです。

あと、今日の殊勲は得点を挙げたブラジル人トリオよりは林を推したい。
終盤のパワープレーを防いだのも凄かったが、それ以外にも好セーブ連発だった。
今月はGK波多野にスタメンを譲る試合もあったが、そこで一歩離れて試合を見れたのが今の好調に繋がっている…のかも。

今日は家事が早く終わって、息子達も早く寝たので後半20分くらいからリアルタイムで見れたのだが、東京の得点シーンを見れてよかった。
最近は東京の試合をリアルタイムで見ることも減ったが、勝ち試合をリアルタイムで見るのは最高ですな。


| | コメント (0)

キーンランドCと新潟2歳Sの予想。

今日は、当初は奥さんと息子2人で義妹さんの家に泊まりに行く予定だったが、2人ともベストの体調ではないので断念した。まえ、おそらくは来週がお泊まり会です(笑)。


暇なので明日の競馬の予想を書く。
明日はキーンランドC@札幌と、新潟2歳S@新潟。
キーンランドCは6枠より外の馬が5連勝している、外枠の馬が強いレース。
現在1番人気のダイアトニックは最内枠を引いたので嫌いたい。
さて、明日の札幌は雨が降るらしい。ただ、どの馬が重馬場上手そうかはよくわからんので、外枠の気になる馬を買う。
◎エイティーンガール。
現在8番人気。
前走のオープン特別で1番人気ながら7着に敗れたので、この人気も仕方ない。
しかし、その前走は馬群の中から外に持ち出さずに終わり、不完全燃焼だった。今回は14番枠を引いたので、「外に持ち出さない」不安は無い。外に持ち出せれば末脚を爆発できると思う。
もう一頭気になるのはダイメイフジ(9番人気)。
これは今までずっと買ってる馬。前走は函館スプリントSで2着に好走し、久々に期待に応えてくれた。
連続で好走する馬ではないのは承知しているが、今回も人気が無いので買う。
馬券はこの2頭だけで。
新潟2歳Sは「前走で左回りのマイル戦を、メンバー中1・2位の上がりで勝った馬」が強いレース。まあ、そんな馬は人気になるのだけど。
◎ショックアクション。
現在3番人気。
前走は新潟のマイルの未勝利戦を4馬身差の圧勝。1400mの新馬戦は負けたが、変わり身を見せた。
正直あまり自信は無い(笑)。この前の関屋記念でお世話になった戸崎を、もう一度新潟マイル戦で狙うというだけの話。
8月をいい形で締め括りたいです。


| | コメント (0)

安倍首相、やめるってよ。

昨日は次男の3歳の誕生日だったわけだが、実はその裏で長男が熱を出して幼稚園をお休みしていた。
朝の時点では37.1度で「なんとかなるかな?」と思って行かせたのだが、10時前に幼稚園から「38.3度あります」と電話が入って終了。奥さんが帰って面倒を見ていた。
で、今日も奥さんと長男は自宅で休養し、病院にも行ったのだが、そこそこ元気らしい。まあ、単なる夏風邪ですかね。

ただ、今日は「次男の通院(身体全体の湿疹)」があるので、もうすぐ退社しないといけない。
で、今日のネタと言えばもちろんこれ。

「安倍首相、辞任の意向固める」

噂はされていたが、安倍首相が辞めるらしい。
理由は、これも憶測だが体調不良らしい。まあ、コロナ対策で心身ともに疲れたのだろう。
ただ、他の主要国でコロナ対策で疲れて辞任した首相や大統領はいない気がするので、そういう意味ではなんだかなあ、とは思う。

あとこの時期に辞任すると「首相在任記録を更新したタイミングで辞めるのでは?」とか邪推してしまう。本当のところはわからないが。

まあ、まだまだコロナ対策は続くわけで、ちゃんと仕事してくれる首相に代わってくれた方がいいのは間違いない。
ただ、誰に代わるのだろうねえ・・・。

| | コメント (0)

次男が3歳になった。

今日は次男の3歳の誕生日。
早いものである。

次男が生まれる前の日は、私は大学の1年後輩のS君の家で飲んでいた(笑)。
1年後輩の男どもの飲み会に強引に参加する形だった。S君の家に行く途中で奥さんから「これから病院に行く」と連絡が入り、「頑張って!」とメールを入れながら「これから飲むぞ~」とウキウキ気分だったのを覚えている。

それから3年、次男はスクスク育っている、と思う。
最近はしゃべる量も増えてきたし、基本的に活発である。

少し気になるのは、ちょっと体調を崩すとすぐにせき込みがちになることと、皮膚の湿疹が出やすいことくらい。
まあ、長男もそういう傾向があったが今は無いので、そこまで気にしなくてもいいとは思う。

次男は来年は幼稚園に通わせる予定。
4歳の誕生日まで、どういう成長を見せてくれるか楽しみです。

| | コメント (0)

若手に経験を積ませただけの試合。

今日はJ1第26節(たぶん、秋に行われるACLの影響による前倒し)、東京vs鹿島@味スタ。


結果は1-2で負け。

前半終了間際に右SB中村のクロスが鹿島のオウンゴールになり、ラッキーな形で先制。
しかし、後半開始早々に鹿島の外国人に次々とゴールを決められて逆転を許す。その後もチャンスらしいチャンスは作れず、終わってみれば「よく1点差で済んだな」という感じの負け。

今日は中2日での試合だったが、それは鹿島も同じなので言い訳にならない。
今日はターンオーバーでFWディエゴオリヴェイラ、レアンドロ、永井を先発から外したのだが、さすがにそれで勝てるほどJ1は甘くないよねえ…。

まあ、今日は若手に経験を積ませたことにいぎかあった、と思うことにする。

| | コメント (0)

「Number」で将棋特集。

昨晩は息子たちが風邪で苦しんで大変な夜だった。
特に長男は喉が痛いみたいでかなり苦しそうだった。
今日は二人は幼稚園&保育園をお休みにして、奥さんが病院に連れて行ってくれたのだが、早く治って欲しいです。
それにしても、暑いからといって冷房をつけっ放しで寝ると冷房の風が当たって風邪ひくし、風邪ひくからといって冷房を止めると暑さでのぼせて鼻血出すし、なかなか悩ましいです。

先週、王位を奪取して二冠となった藤井王位・棋聖。
それを記念してか、こんな本が発売されることになった。

「Number 将棋特集」

「Number」は1000冊以上の歴史がある“スポーツ雑誌”である。私も昔は競馬特集、サッカー特集などの時は買っていた。
その「Number」で将棋を取り上げると聞き、思わず「はあぁ?」と声が出た(笑)。
いつから将棋はスポーツになったんだろう・・・。

内容は、基本的には藤井二冠の特集だが、それ以外の将棋ネタもいろいろ書かれている模様。
「将棋ファンへの入門書」的な作りになっているのだろう。

まあ、面白そうな試みであることは間違いない。
相当久しぶりになるが、来週3日(木)に忘れずに買おうと思います。

| | コメント (0)

佐藤琢磨2度目のインディ500優勝。

今日の「へえ~」と驚いた話。

「43歳佐藤琢磨3年ぶり2度目V」

世界三大レースの一つとして知られるインディ500@アメリカで、佐藤琢磨が3年ぶり2度目の優勝を成し遂げた(三大レースの残り二つはF1のモナコグランプリと、ル・マン24時間レース)。
・・・3年前とほぼ同じ書き方してます(笑)。

正直、佐藤琢磨の名前を聞いたのも3年ぶりではあるのだが、「インディ500」という大レースで勝てるくらいに活躍しているのは凄いと思う。
でも、日本ではこの偉業が伝わらないんだろうなあ・・・。アメリカではめちゃくちゃ凄えと騒がれるのだろうけど。

まあ、こう書いている私自身もインディ500はそれほど好きではなかったりする。これも3年前に書いたが、周回コースをぐるぐる200周回るだけだからなあ。
でも、レース映像をちゃんと見たことは無いので、機会があったら見てみようかと思います。

| | コメント (0)

林のビッグセーブに痺れる。

次にサッカーの話。

今日はJ1第12節、東京vs湘南@味スタ。

結果は3-0で勝利!

前半37分にCKから相手のミスでこぼれたボールをFW永井が押し込んで先制!ラッキーな形ではあったが先制できたのはよかった。
しかし、後半開始早々に湘南に超決定機を作られるが、GK林が湘南FWとの1vs1をきっちり止めるビッグセーブ。終わってみればこの1本が大きかった。
後半39分にはGK林のフィードからFWレアンドロ→FWディエゴオリヴェイラと繋がり、さらにそこからレアンドロとのワンツーパスを受けたディエゴオリヴェイラが決めて追加点!
終了間際には湘南のCKからカウンターを仕掛け、レアンドロのパスを途中出場のFW原が左足で流し込んでトドメの3点目!
その後すぐに試合終了となった。

↑にも書いたが、林のビッグセーブが大きかった。
後半開始早々にこれを決められて追いつかれていたらかなり厳しい展開になっていたはず。林は4試合ぶりの先発となったが、きっちり結果を出すあたりは立派。

今日の結果、暫定ながら4位浮上。
今日は首位の川崎が負けたので、勝ち点差は一応9に縮まった。
競馬はいいところが無かったが、サッカーは最高の結果に終わり、よくバランスが取れているなと思った(笑)。

| | コメント (0)

札幌記念と北九州記念の感想。

今日は競馬とサッカーの話を書くが、まずは競馬。

今日の競馬は札幌記念@札幌と、北九州記念@小倉。

札幌記念を制したのはノームコア(2番人気)。
道中は中団に構え、直線に入って外に持ち出すと鋭く伸び、早めに抜け出たラッキーライラック(3着/1番人気)をあっさり差して突き抜けた。
馬自身の強さもあるが、鞍上の横山典がうまく乗った。4角でも手を動かさずに馬の行く気に任せたことで最後の直線での末脚に繋がった。こういう落ち着きが横山典の真骨頂だよなあ。
逆に、3着に負けたラッキーライラックの鞍上のデムーロは酷かった。スタートから先行させて脚を使い、早めに仕掛けて逃げ馬を潰して先頭に立つが、あっさり差された。新人の騎手だってもう少し考えて乗るだろ、というレベル。
改めて「騎手って大事だな」と考えさせられる結果だった。
あと、期待した◎トーセンスーリヤ(5番人気)は6着。
スタートで少し出負けて4番手あたりからの競馬になり、そこからぐるっと回ってきただけで終わった。人馬ともに格上の相手では厳しいと感じた。

北九州記念を制したのは伏兵のレッドアンシェル(8番人気)。
モズスーパーフレア(2着/1番人気)が前半3ハロン32.4秒というハイペースで飛ばす中、中団に構える。そのまま絶好の手応えで直線に入り、鋭く伸びるとモズを1・3/4馬身差差し切った。
実は今日の小倉は午前中にスコールのような大雨が降り、北九州記念はやや重で行われた。勝ち馬は重馬場を得意としており、今日の大雨がプラスに働いたのだろう。
さて、今日の北九州記念は差し・追い込み馬が上位を占めたのだが、先行勢で唯一好走できたのが2着に入ったモズスーパーフレア。休み明け・ハンデ56.5kgと厳しい条件でありながらこの結果を出したのは、地力の高さを証明している。このまま順調に行ければ、スプリンターズSでもかなり有力な一頭だろう。
期待した◎ダイメイプリンセス(4番人気)は13着。
4角で手応えが悪かったので厳しいと思った。さすがに年齢的に厳しくなってきたのかな・・・。

というわけで今日はいいところ無し。
まあ、そう毎週当たらないよね。

| | コメント (0)

札幌記念と北九州記念の予想。

今日も義妹さんの家に遊びに行ったくらいで特に何も無い一日。

というわけで明日の競馬の予想。
明日の競馬は札幌記念@札幌と、北九州記念@小倉。
札幌記念は、ずっと応援しているラッキーライラックが1番人気。
ただ、ラッキーライラックは「1番人気に応える」というキャラじゃないと思うんだよなあ…。あと、札幌記念自体「1番人気が2〜3着に負けがちなレース」というのも気になる。もちろん買うは買うのだけど。
札幌記念で強いのは内枠の馬。内枠で一発ありそうな馬を狙う。

◎トーセンスーリヤ。

現在6番人気。
前走の宝塚記念は果敢に逃げて、クロノジェネシスに早めに来られてぶっ潰されたが、これは馬場適性も含めて相手が悪かったとしか言いようがない。明日は良馬場だし、内枠から先行できれば粘れると思う。
あと、この馬は北海道(札幌&函館)で7戦して5着以下ゼロと、比較的相性が良かったりするのも買い材料。
最後にオカルト的な話をすると、伊藤正徳元調教師が今週亡くなったのだが、伊藤師の主な管理馬の一頭がローエングリン。トーセンスーリヤの父である。…こういうのを知ると買わざるを得ないのですよ。
他に気になるのはトーラスジェミニ(7番人気)。
大外枠は気になるが、最近は逃げて好走を続けている。ここも先手を奪えれば前残りがあるかもしれない。
馬券は↑で挙げた3頭で。

北九州記念は、アイビスSD直後からこの馬と決めている。

◎ダイメイプリンセス。

現在5番人気。
このレースは一昨年は2着、昨年は勝利と得意にしている。小倉だと伸び脚が違う、という感じ。
56kgという斤量は楽ではないが、小倉適性の高さでこなしてくれると信じる。
相手は何買っても当たる気はしないのだが(笑)、小倉適性の高さだけならメイショウキョウジ(15番人気)が気になる。
小倉1200mは7戦して着外ゼロ。ここまで人気が無いなら買ってもいい。
あと、北九州記念は北村友が得意としているイメージ。て言うか、だいぶお世話になっている。
というわけで北村友が乗るアンヴァル(7番人気)も買う。この馬自身、昨年のこのレースで3着に入っているので普通に買える。
最後にもちろんずっと応援しているラブカンプー(11番人気)も買う。
…買うのだが、今回はモズスーパーフレア(1番人気)という強力な同型がいるので展開的に厳しそう。
馬券は↑に挙げた4頭で。よく見たら森田直師と藤岡健師の2頭出しを両方買ってるんだな。

札幌記念と北九州記念は、昨年は両方当てて美味しい思いができた。
今年もそうなるといいなあ。


| | コメント (0)

クジ運。

今日はたいしたニュースも無いので自分の話。

最近はクジ運がそこそこよく、たいしたものではないが、いろんなものが当たっている。
具体的には、500mlのお茶(セブンイレブン)、ファミチキ、コーヒー(ファミリーマート)、ロールケーキ(ローソン)など。
1個1個は100円前後の飲食物だが、これらが無料で飲み食いできるというのはささやかながら嬉しい。

このうち、セブンイレブン以外はツイッターで当たったもの(セブンのお茶は、セブンのアプリで当たった)。
こういうプレゼントがあると、ツイッターのアカウント持っててよかったと思う。

最近は馬券も好調だし、運気的にいい流れなのかなあ、とか思ったりしてます。

| | コメント (0)

王位戦第4局。

今日は王位戦第4局2日目。

藤井棋聖挑戦者が勝って4連勝で王位奪取なるか、木村王位が勝って巻き返すかという一局。

結果は藤井の勝利。

相掛かり(という戦法名です)から先手番の木村が積極的に動く。
それに対して藤井も攻めてきたところを、木村が藤井の飛車を抑え込もうとしたのが昨日。
そして今日開封された封じ手が、その抑え込まれそうになった飛車をぶった切っての攻めの一手。
「そんな攻め繋がるの!?」と思ったが、藤井はガンガン攻める。木村も反撃するが、きっちり対応され、終わってみれば藤井の完勝だった。

いやもう強過ぎの一言。
封じ手の飛車切りは、将棋ソフトは最善手と判断していたが、人間では怖くて指せないという手。しかし、そこに踏み込んで、そのまま押し切るのだから「強過ぎ」としか言いようがない。

というわけで藤井は王位&棋聖の二冠となった。
「10代での二冠制覇」は史上初。この記録は、少なくとも藤井が衰えない限りは破られないだろうなあ…。

さて、同い年ということで応援していた木村は残念な結果に終わった。
第2局で優勢な将棋を勝ち切れなかったのが痛かったが、そこを勝ったとしても…とは思った。
ただ、木村はこれで終わる棋士ではない。
いつかまた、タイトル戦の舞台に戻ってくれると信じて応援します。


| | コメント (0)

レアンドロのFK凄え。

今日はJ1第11節、東京vs広島@広島。


結果は3-3のドロー。

前半の14分に先制を許すが、すぐにFWディエゴオリヴェイラがFWレアンドロとの連携でゴールを決めて追いつく。
そしてその後にはMF安部が縦パスを受けて抜け出るとシュートを決めて逆転!
…しかし、その後にCK崩れから決められて試合は振り出しに。
しかししかし、前半終了間際に得たFKをレアンドロが直接決めて再度勝ち越し!鮮やか過ぎて笑うしかなかった。
後半は広島の攻撃を受けながらも耐えていた。
しかし、アディショナルタイムに失点して追いつかれ、そのまま終了。

う〜〜〜ん、もったいなさ過ぎる。
こういう試合できっちり勝ち切れないようでは上位争いとか言えないなあ。

まあ、それはそれとして、レアンドロのFK凄すぎ。
今年既にFKだけで3点目なのだが、このペースなら年間で10点くらい取れるのではないだろうか。


| | コメント (0)

「関ジャム完全燃SHOW」。

今日は特に何も無い一日。
なので、そのうち書こうと思っていた話を書く。

私と奥さんの間では「息子たちと一緒に寝る日」と「独りで寝る日」をあらかじめ決めている。
息子たちと一緒に寝るのは結構大変(寝相が悪いので蹴られて起こされるから)なのがその理由。

で、私が独りで寝られるのは日・火・木曜日。
この曜日は、家事が終われば寝るまでは完全に自分の時間となり、TVも見れる。

・・・なのだが、日・火・木曜日の22時以降(家事が終わるのがだいたいこの時間)はたいして面白い番組が無い。
この3曜日で確実に見ているのは、日曜日の23時頃から始まる「関ジャム完全燃SHOW」のみ。
この番組は「関ジャニ∞が、毎回様々なアーティストをゲストに迎え、一夜限りのジャムセッションやトークを繰り広げる音楽バラエティー番組」なのだが、これが結構勉強になる。

ヒット曲を音楽の専門家が分析したり、最近流行している音楽の「流行り方」だったり、聞いててためになる。
で、番組で取り上げられた楽曲を「LINEMUSIC」で聴く、というパターン。

音楽好きな人なら見てみて損は無いと思います。

| | コメント (0)

うちの会社でも。

今日から仕事再開。
正直、家でダラダラするのも飽きていたので、会社で仕事する方が精神的に楽だったりする。

さて。

ついにうちの会社でもコロナ感染者が発生した。

状況を聞くと以下の通り。

うちの社員が、9日にコロナウイルス陽性が判明した感染者の「濃厚接触者」だった。

12日にPCR検査受診。

14日に陽性反応確認。

という流れ。
ただ、感染者のうちの社員には感染症の症状は出ていないとのこと。

で、このパターンだとこの社員の「感染日」は12日になる。この日はうちの会社は夏休みになっており、「この社員との『社内での濃厚接触者』はいない」ということになるらしい。

・・・そういうものなの?という気はしないでもない。

さて、現時点でこの社員が誰なのか、どのフロアの人なのか、という情報は漏れていない。
まあ、「8月いっぱいは出社しないように」と言われているらしいので、すぐに判明するとは思うけど。

それにしても、いよいよコロナが身近なものになってきたなあ、としみじみ思う。
て言うか、私だってPCR検査受けたら、自覚症状が無いだけで陽性だったりするのでは、とは思うのだけど。

| | コメント (0)

関屋記念と小倉記念の感想。

今日の競馬は関屋記念@新潟と、小倉記念@小倉。

関屋記念を制したのは私の期待に応えて◎サトノアーサー(4番人気)。
スタートで出負けて後方からの競馬になった時点では「戸崎(鞍上)死ね」と思ったが(笑)、最後の直線で馬群を割るとぐんぐん伸びて一気に差し切った。
・・・え、こんな末脚使える馬だったっけ?
まあ、これまで乗ってた騎手が下手だっただけなのかもしれないが。
というわけで2年前のエプソムC以来の重賞勝ち。その時も鞍上は戸崎だったが、この馬には戸崎が一番合うのだろう。ただ、次走以降も今日みたいな末脚がいつも使えると思って買うと痛い目に遭いそうに気はする。
2着には「他に気になる1頭」として挙げたトロワゼトワル(8番人気)が逃げ粘り、単勝(7.5倍)だけでなく、馬連(72.3倍)&ワイド(23.5倍)も当たりました。

小倉記念を制したのは伏兵のアールスター(10番人気)。
道中は中団のインに構え、直線では最内を鋭く伸びて突き抜けた。
・・・昨夏に小倉2000mの1勝クラスを勝っているなあ、というのは気付いていたのだが、さすがにここでは荷が重いかと思って無視してしまった。
鞍上の長岡はこれが初重賞制覇。アールスターの調教師は杉山晴師で、このコンビは今年のフェブラリーSで大穴を開けたケイティブレイブと同じ。
今、長岡は杉山晴師の調教をつけているらしく、その縁でアールスターに乗せてもらったらしい。こういう「努力している人が報われる」展開は好きです。
期待した◎ノーブルマーズ(5番人気)は5着。
いい感じで先行していたが、4角からペースが上がった影響で先行勢が総崩れになってしまった。ペースが上がらずに淡々と流れたら3着ぐらいはあったような・・・気もする。
で、↑に書いた「ペースが上がった」原因はずっと買っているロードクエスト(11番人気)。
これが4角からまくって行ったせいで先行勢総崩れになったのだが、ロードが直線で先頭に立った時は一瞬夢を見た(笑)。まあ、冷静に考えれば早仕掛け過ぎなのだけど。

というわけで関屋記念が大的中したおかげで余裕のプラス。たぶん、8月のプラスも確定したと思う。
昨年に続き、夏競馬はよく当たるなあ(笑)。

| | コメント (0)

5試合ぶりに勝利。

最後にサッカーの話。

今日はJ1第10節、東京vs名古屋@味スタ。

結果は1-0で勝利!

前半33分に、今日が海外移籍前の最後の試合になるSB室屋のプレスから奪ったボールを繋ぎ、最後はFWレアンドロが狙いすましたシュートを決めて先制!
後半は終盤に名古屋に退場者が出たり、試合終了間際に東京がPKを得たが途中出場のFWアダイウトンが失敗したりもしたが、なんとか逃げ切った。
今日の勝利は5試合ぶり。やはり勝利の味は最高です。

今日は室屋の東京でのラストマッチになるので、勝って送り出してあげたかったが勝ててよかった。
この前の橋本の壮行試合も勝てたが、昔から「壮行試合」はよく勝ってる気がする。よし、毎試合誰か海外移籍させるか(←無茶言うな)。

冗談はともかく、2試合連続で完封できているのはいい感じ。
今日もGKは波多野だったが、こうなるとしばらくは波多野で固定することになりそう。

今日の結果で暫定ながら順位は4位。
まあ、首位の川崎がリーグ戦9連勝とぶっっっちぎりまくっているので軽くシラケムードではあるのだけど。

| | コメント (0)

名人戦第6局。

続いて将棋の話。
今日は名人戦第6局2日目。
渡辺二冠挑戦者が勝って悲願の名人奪取なるか、豊島名人(&竜王)が勝って最終局に持ち込むかという一局。

結果は渡辺の勝利。

相矢倉から後手番の豊島が積極的に攻めるが、渡辺が角交換からカウンターで攻めると一気に寄せ切った。
見ていて「え、こんな簡単に寄るものなの?」と思った。それくらい渡辺の寄せが鮮やかだった。

というわけで渡辺が悲願の名人奪取&三冠復帰(名人・棋王・王将)となった。
羽生に竜王を奪われ、順位戦でB1に降級した時はかなりのドン底だったが(その頃は「三浦九段のカンニング疑惑」でかなり叩かれていた時期でもあった)、そこからここまで復活したのは凄いとしか言いようがない。

逆に豊島はちょっと不本意な名人戦だった。
まあ、叡王戦で永瀬と長手数の将棋を指し過ぎて感覚が狂ってしまったかなあ・・・。今のままでは今秋から始まる竜王戦の防衛戦もかなり不安だったりする。

それにしても。
例年なら夏前には終わる名人戦がコロナの影響で決着が8月まで伸びてしまった。
来年は「新緑の頃の名人戦」が見れることを願うばかりです。

| | コメント (0)

関屋記念と小倉記念の予想。

今日は、個人的には長男の習い事の付き添いで出掛けたくらいで特に何も無い一日。
久々にのんびりした一日を過ごせた。

今日は書くネタがあり過ぎるのだが、名人戦はまだ終わってないし、東京の試合はこれからなので、先に競馬の予想を書いてしまう。

明日は関屋記念@新潟と、小倉記念@小倉。
関屋記念は素直に好きな馬を買う。

◎サトノアーサー。

現在5番人気。
今年に入ってからのレースはいまいち勝ち切れていないが、休み明けだったり渋った馬場だった。
明日は久々の良馬場でのレース、このレースで強い外枠を引けたなど条件は好転している…はず。巻き返しがあってもいい。
相手は2頭。
まずは前走のCBC賞で1番人気にも関わらず◎を打ってボロ負けしたクリノガウディー(4番人気)を。
3歳以降この馬が好走できているのは左回りの時。CBC賞(@右回りの阪神)の時に気付けよ、とは思うが(笑)。前走で買って外れて、今回無視して好走されたら悔し過ぎるので買う。
もう一頭はトロワゼトワル(7番人気)。
おそらくはこの馬が逃げるだろう。そして関屋記念は逃げ馬が残りやすいレースである。
前走の中京記念は先行馬が壊滅する流れでブービー負けしたが、明日はそういう展開にはならないと思う。
馬券はこの3頭で。

小倉記念も好きな馬を買う、と書きたいところだが、さすがにロードクエスト(11番人気)に◎は打てない。2000m戦は4年前の皐月賞以来(8着)だし。一応買うけど。
近年の小倉記念は、高速馬場で先行馬が止まらないイメージ。切れ味は無いけど先行して押し切るタイプを買うべきだろう。

◎ノーブルマーズ。

現在4番人気。…この人気で買う馬じゃねえなあ、というのは理解している。
昨年のこのレースでは先行して3着に粘った。今年は最内枠を引いたので、昨年と同じようなレースをするだろう。
今年に入ってから、良馬場では大崩れしていないので、明日も3着は確保してくれると思う。
相手はよくわからんので、◎とロードクエストの単複だけ買って眺めます。

ほんと、そろそろ予想を当てて馬券も当てたいです。

| | コメント (0)

室屋も移籍。

今日は夜になって「渡哲也が死亡していた」というニュースを聞いて驚く。
「西部警察」で、ヘリコプターからライフル銃をぶっ放す姿は、小学生の私にとってはめちゃくちゃカッコよかった。

合掌。

さて話は変わり。

今日も、昨晩我が家に泊まった義妹さんと子供たちとで遊んで過ごす。

例年なら義妹さん一家も新潟に帰省して、新潟で遊んで過ごしたのだが、今年は仕方がない。
秋頃には帰省できればいいのだけれど、厳しいかなあ…。

さらに話は変わり。
今日はFC東京の公式サイトで「DF室屋がドイツ2部のハノーファーに移籍する」と報じられた。

ああ、ついに室屋も移籍か…。
ただ、室屋のポテンシャル的にはいつか海外に行くだろうとは思っていたので、移籍すること自体には不満は無い。むしろ「今まで東京で頑張ってくれてありがとう」と言いたい。

…のだが、少し気になるのは「この移籍で移籍金をもらえていないらしい」ということ。いわゆる「0円移籍」である。
日本代表クラスを0円で移籍させてはダメだろ…。この噂を聞いて、手放しでは「ドイツでも室屋頑張れ」とは言えなくなってしまった。

まあ、もし室屋がハノーファーで活躍して、そこから他のクラブに移籍すれば、その時の移籍金のおこぼれをもらうことができる…はず。
そうなるくらいにハノーファーで頑張れ、室屋(←結局、「頑張れ」とは言う)。

それにしても、橋本&室屋が抜けて、無理矢理に世代交代させられてるなあ…。


| | コメント (0)

耳掃除。

今日は午前中に長男を耳鼻科に連れて行った。
目的は「溜まりに溜まった耳垢を取ってもらう為」。
「そんなの親がやれ」というご意見はごもっともなのだが、長男は耳掃除を嫌がるし、私も奥さんも耳かきで取ろうとするのは微妙に怖い。
というわけで、いつもは「幼稚園の健康診断で指摘されるまで放っておく」というパターンなのだが、自宅の近くに耳鼻科が新しく開設されたのですよ。
で、調べたら今日も診察しているということなので、ネットで予約して、長男を連れて受診してきた。

結果、がっっっつり耳垢を取ってもらいました(笑)。

私が長男を抱きかかえて、看護師さんが長男の頭を抑えて、先生がピンセットで耳の奥からがっつりと耳垢をつまみ取るという共同作業だった。
そりゃあ、これだけやれば取れるよね。て言うか、私も取ってもらえばよかったかも(笑)。

午後からは義妹さんが子供たちを連れて遊びに来て、プールで遊んで、家で遊んで、夕食食べた後に近所の公園で花火で遊んで(文京区は「大きい音が出ない花火遊びはOK」だったりする)、そのまま今日は我が家にお泊り。

やることやって、遊ぶだけ遊ぶ、有意義な夏休みです。

| | コメント (0)

墓参り。

今日は家族みんなで私の両親のお墓参り。

暑くなる前に済まそうと思って9時過ぎに家を出たが、既に暑かった(汗)。

南北線に9時半頃に乗ったが、結構混んでて驚く。
サラリーマン姿の男性が多かったが、夏休みになっていないということなのだろうか。
あるいは、某「この樹何の樹」でおなじみの会社は、オリンピックの混雑対策で8月第1週(つまり先週)が夏休みだったのだが、そういう会社なのかもしれない。

そんなこんなで白金高輪に着き、強い日差しの中を10分くらい歩いて両親の墓のあるお寺へ。
住職さんに挨拶して線香を頂き、墓参り。
特にどうということもなく終了。

母親が亡くなって8年、父親が亡くなって今年の秋で4年経つ。早いものだ。
まあ、今の暮らしができるのは父親が残してくれた遺産のおかげである。
感謝の気持ちを忘れずに、せめてお盆の墓参りぐらいは毎年行こうと思います。


| | コメント (0)

大好きだったよ、「アクタージュ」。

そのニュースを知ったのは先週の土曜日の夜。
もうその時点で「これはダメだろうな・・・」と思った。

「漫画『アクタージュ act-age』週刊少年ジャンプ36・37合併号の掲載をもって打ち切り決定」

ジャンプで連載されている「アクタージュ」の原作者が強制わいせつで逮捕された、というニュースを聞いたのが土曜日の夜。

さすがにこれは“打ち切り”だと思った。
今までもジャンプで連載している作家が逮捕されたことはあったが、未成年との淫行(合意だったらしい)や児童ポルノ所持など、ある意味「被害者のいない犯罪」だったのでその後復帰できている。
しかし、今回は「強制わいせつ」で被害者がいる。
これは「人として最低レベルの犯罪」で、こんなやつの原作のマンガの存在が許されるわけもない。

というわけで、昨日の「打ち切り決定」というニュースは普通に受け止めることができた。

・・・なんだけど、あまりに残念である。
今日発売の「ジャンプ」には普通に「アクタージュ」は掲載されていて、新章がこれから面白くなっていきそうなところだった。

しかし、この続きを読むことは、おそらくは未来永劫無い。
これを「残念」以外の言葉で表現することはできない。

大好きだったよ、「アクタージュ」。

さよなら。

| | コメント (0)

叡王戦第7局(実質第5局)。

そして今日は叡王戦第7局が行われた。

永瀬叡王(&王座)vs豊島二冠挑戦者の対戦成績はここまで2勝2敗(&2持将棋)。
今日勝った方が叡王防衛or奪取に王手をかけることになる。

結果は永瀬の勝利。

相掛かり(という戦法名です)から、先手番の永瀬が飛車角総交換に持ち込み、お互いに飛車角を手持ちにする激しい展開に。
その後、豊島が先に龍を作るが、すぐに永瀬も馬を作り反撃。その後は攻め合いになるが、永瀬が上手く攻めて、終わってみれば一方的にぶっ潰した。

う〜む、やはり豊島は相当不調な感じ、としか言いようがないくらい見せ場の無い将棋だった。
もちろん永瀬も強いのだけど。

さて、これで永瀬が叡王防衛に王手をかけた。
普通に考えたらこのまま防衛すると思うが、豊島にも竜王・名人の二冠の意地を見せて欲しい。

さて。
話は全く変わるのだが、ジャンプの「アクタージュ」の打ち切りについての話は明日書きます。


| | コメント (0)

波多野J1デビュー。

今日も書くネタはいろいろあるのだが、まずは昨日書かなかった話(書くつもりはあったのだが、眠過ぎて書く気力が無くなってた)。


昨晩はJ1第9節、東京vsC大阪@長居が行われた。

結果は0-0のドロー。

序盤からC大阪に攻め込まれるが、J1初スタメンのGK波多野のビッグセーブで凌ぐ。
その後はお互いに決定機を作りながら決め切れないという展開が続き、試合終了直前のFWレアンドロの決定的なヘディングシュートもC大阪GKキムジンヒョンのビッグセーブで防がれ、そのまま試合終了。

まあ、この試合は「波多野のデビュー戦で負けなかった」というのが最も重要な結果。
波多野は東京ユース上がりの22歳で、身長198cmの大型GK。
正GKである林の壁が高くJ1での出場はできなかったが、今回C大阪相手で完封できたのはかなり嬉しい。
林も今年33歳になったし、そろそろ後継者を考えなくてはいけないところだったわけだが、波多野でやっていけそうとわかったのは収穫。

…て言うか、今年は降格も無いわけだし、今年は波多野の経験を積ませる為にも今後の正GKは波多野でもいいのでは、とか思ったり。
まあ、本当にそんなことしたら林はすぐに移籍すると思うけど。


| | コメント (0)

レパードSとエルムSの感想。

今日は義妹さんとその子供2人(6歳の息子と1歳の娘)を連れて遊びに来た。
みんなで水遊びしたり(ビニールプールを買いました)、男の子だけ連れて近所の公園でセミを捕まえたり、大人だけで酒飲んでダラダラくっちゃべったりして過ごす。夏を満喫してます(笑)。

今日の競馬はレパードS@新潟と、エルムS@札幌。
エルムSを制したのは伏兵のケンシンコウ(7番人気)。
好スタートから先行し、最内枠を生かしてコーナーワークで先頭に立つ。そのまま軽快に逃げ、直線に入っても脚色は衰えず、結局は2着の◎ミヤジコクオウ(2番人気)に2馬身半差をつける快勝。
・・・いや、逃げるなら逃げると言ってくれよ・・・。「内枠の先行馬」は気にしていたのだが、この馬は先行できないと思って無視してしまった。
さて、この馬の今後だが、そうそう今日みたいに楽に逃げれるとは思えなかったりする。展開が向きそうな時だけ買えばいいと思う。
期待した◎ミヤジコクオウ(2番人気)は↑にも書いた通り2着。
よく伸びてはいるのだが前を捕らえ切れず。不良馬場で前が止まらなかったのも響いたか。ただ、今後安定して走りそうなのはミヤジコクオウの方だと思う。

エルムSを制したのは人気に応えてタイムフライヤー。
3~4角から進出して行き、直線では後方から伸びてきたウェスタールンド(2着/2番人気)を競り落として勝利。
うん、普通に強かった。このメンバーでは力が違った感じ。ただ、2走前までは普通に負けていた馬なので、これで「G1でも勝負できそう」とか言う気はしない。
期待した◎リアンヴェリテ(7番人気)は10着。
いい感じで逃げてはいたが、3角で捕まって終了。まあ、逃げ馬が負ける時はこんなもの。

というわけで今日の重賞はレパードSでミヤジコクオウとブランクチェック(3着/5番人気)とのワイド(10.3倍)を取っただけだった。
しかし、今日は藤田菜七子の誕生日ということで最終レースの単複を買ったらこれが大正解で、単勝(10.1倍)&複勝(3.2倍)を的中。終わってみればプラスだった。

菜七子、愛してます!

| | コメント (0)

名人戦第5局。

さて今日は名人戦第5局2日目。

豊島名人(&竜王)vs渡辺二冠挑戦者の成績はここまで2勝2敗のタイ。
今日勝った方が防衛or奪取に王手をかける一局である。

結果は渡辺の勝利。

序盤から後手の渡辺が前例の無い局面に誘導し、お互いの地力勝負に持ち込む。
中盤までは豊島が攻め込んでいて優勢だったはずなのだが、終盤で誤算があったようで急転直下で渡辺が凌ぎ切った。その時点で豊島は勝ちの見込みなしとして投了。結構あっさりした決着だった。

なんかよくわからんが、要は「豊島が自爆した」ということらしい。よくある話ではある。

というわけで、渡辺が名人奪取に王手をかけた。
豊島の先手番をブレイクして王手をかけ、次の第6局は渡辺の先手。

…これは「渡辺名人」誕生の可能性が高まってきたかなあ。

| | コメント (0)

レパードSとエルムSの予想。

今日から夏休み。来週の日曜日まで9連休となる。

ただ、今年は新潟に帰省しないので(奥さんが行かない方針に決めた)、東京で過ごすしかない夏休みになる。
…さて、どうしたものかねえ。

まあ、それはさておき。
今日は名人戦第5局2日目が行われた。
結果は知っているが、内容をまだ確認できていないので後で書く。

というわけで明日の競馬の予想。
明日はレパードS@新潟と、エルムS@札幌。
1日で2つのダート重賞というのはかなり珍しい気がする。

レパードSは「前走ジャパンダートダービー(以下「JDD」)組」が強いことで知られる。大舞台で得た経験が大きいということだろうか。
で、今年は該当馬が1頭だけだったりする。

◎ミヤジコクオウ。

現在3番人気。
前走はJDDで2番人気ながら5着と人気を裏切ったが、初の2000m&ナイターで戸惑った部分もあったのだろう。そのJDDで2着だったダイメイコリーダは前走の鳳雛Sで負かしているわけで、世代トップクラスの実力であることは間違いない。
そんな馬が3番人気で買えるというのはありがたい。
ちなみにこの馬は、かつてダート路線で圧倒的強さを誇ったエスポワールシチーの半弟。こう書くだけでダートG3なんか楽勝できそうな気がしてしまう(笑)。
馬券はこの馬の単複と、内枠の先行できそうな馬へ適当に流します。

エルムSは、かつてお世話になって、その後も買い続けてはいるが恩恵を受けれていないワンダーリーデル(9番人気)とロードゴラッソ(11番人気)が出走する。もちろんこの2頭は買うのだが、それ以上に買いたいのがこの馬。

◎リアンヴェリテ。

現在7番人気。
前走は1番人気を背負いながら逃げることができず惨敗。それで今回は人気を落としているのだろう。しかし今回は単騎逃げが打てそうなメンバー。
「前走逃げられなかった逃げ馬が、今度は逃げられそうで、しかも人気を落としている。」

こういう馬は死んでも買わなくてはいけない、ということをスマートボーイから教わった身としては、ここは買うしかない。

もう一頭気になるのはハイランドピーク(6番人気)。
一昨年のこのレースを制し、昨年は2着(しかも10番人気)。
「2度あることは3度ある」とも言うし、このオッズなら買ってもよかろう。

う〜む、なんか知らんがたくさん買ってるなあ(笑)。


| | コメント (0)

米津玄師が無料で聴けるなんて。

昨日書いた「義妹さんが勤めている病院でコロナ感染者が出た」という話だが、義妹さんは医師との接触が無い部署での仕事なので、とりあえずは問題無いらしい。
よかったよかった。

今日は名人戦第5局の1日目。
序盤からわけのわからない戦型になっていて楽し過ぎるのだが、感想は明日書きます。

というわけで、そのうち書こうと思っていた話。

私は音楽配信サービスで「LINE MUSIC」を使っているのだが、一昨日から米津玄師の楽曲配信が始まった。

これはかなり驚いた。
一昨日の朝に出社中の山手線の中で知って、思わず「えっ!」と声が出そうになった。しかも新譜の「STRAY SHEEP」まで配信してくれるという太っ腹。嬉しいとしか言いようがない。
私は「LINE MUSIC」の無料会員なので、同じ楽曲は月1回しか聴けないが、これを機に米津の楽曲をいろいろ聴いてみようと思う。

それにしても。
以前にも書いたかもしれないが、いろんなアーティストの楽曲が無料で(有料だとしても安価で)聴けるというのはいい時代だと思います。

| | コメント (0)

魚沼基幹病院。

今日知って驚いたニュース。

「魚沼基幹病院 県外からの助勤の医師が感染 新潟県」

奥さんの実家は新潟県の南魚沼市なのだが、そこの魚沼基幹病院で県外から助勤に来ている医師が新型コロナウイルスに感染したとのこと。

この病院は、2年前の帰省中に長男が発熱した際に行ったことがある。
そして、現在は義妹さん(巣鴨に住んでいる方の義妹さんではなく、さらにその下の義妹さん)がこの病院職員として勤務中だったりする。
そりゃあ驚きますよ。

このニュースを見てすぐにLINEを入れたが、現時点では反応無し。
まあ、勤務中なのだろう。

義妹さんは実質シングルマザーで(離婚協議中)、3歳の娘さんがいる。
コロナに感染していないことを祈るばかりです。

| | コメント (0)

王位戦第3局。

今日は夕方に幼稚園から電話が入った。

内容は「長男が37.8度の熱を出した」というもの。
現在幼稚園は夏休みだが、預かり保育的なことは行ってくれるので預けている。
しかし、熱が出てしまうと強制終了だし、明日も預けられない(奥さんが仕事休んで対応)。まあ、仕方ないですな。

ちなみに、夜になっての長男は元気に遊んでいるし、熱も36.4度(笑)。そんなもんだ。


今日は王位戦第3局2日目。
藤井棋聖挑戦者が勝って王位奪取に王手をかけるか、木村王位が勝って巻き返すかという一局。

結果は藤井の勝利。

相矢倉(という囲いの名前です)から先手の藤井が端攻めを敢行。そこから攻めを繋いで上手く行ったかに見えたが、珍しく寄せの段階で悪手を指してしまい、木村が粘り切れるかも?という展開に。
しかしそこから藤井は立て直し、最後はきっちり寄せ切った。

先日発売された「将棋世界」(将棋の月刊誌)で藤井が語っているが、2日制の対局の2日目は結構疲れが出るらしい。まあ、慣れていないというのもあると思うが。
今回、終盤でミスが出たのはそういう理由なのだろう。

とは言え、終わってみれば藤井の3連勝で王位奪取に王手をかけた。
…う〜ん、木村には頑張ってもらいたいが、流石に厳しいかなあ…。
でも、木村もかつて王位戦で「3連勝から4連敗を食らった男」。今回、その逆が無いと誰が言えようか。
諦めずに頑張って欲しいと思います。


| | コメント (0)

あれから9年。

今日は王位戦の第3局が始まったくらいで特に何も無い一日。
決着がつくのは2日目の明日なので、感想は明日書きます。

今日8月4日は、元日本代表DF松田直樹の命日である。
当時所属していた松本山雅での練習中に倒れ、そのまま急死。34歳の若さだった。もう9年も経つんだな・・・。

練習していたグラウンドにはAEDが設置されておらず、もし設置されていれば違う結果になったのかもしれない。
ただ、松田の死をきっかけにJリーグ会場、練習場でAEDの設置が義務化された。そのことで救われた命もあるのだろう。

私も、会社でAED講習は受けたので、一応は使い方はわかる。
ただ、実際に使わなければいけない場面が来たら使えるか、と聞かれるとあまり自信が無い。願わくばAEDを使う機会に立ち会わずに済むことを祈ります。
もしそういう機会が巡ってきたら・・・頑張ります。

| | コメント (0)

バトル漫画に飽きてきていると感じる今日この頃。

今日「ジャンプ」を読んで改めて思ったのは「ハイキュー!!」が終わったことの寂しさ。
「『ハイキュー!!』ロス」は結構大きいかもしれない。

今の私がにとって「ジャンプ」で読みたい漫画は「Dr.STONE」と「アクタージュ」の2本。
世間一般的に「ジャンプの看板漫画」と思われている「ワンピース」「僕のヒーローアカデミア」「ブラッククローバー」あたりは、読むは読むけど割とどうでもいい。

で、ふと思ったのだが、

「特殊能力を使うバトル漫画」に飽きてる。

↑に挙げた漫画のうち、「ハイキュー!!」はスポーツ漫画、「Dr.STONE」は科学SF、「アクタージュ」は人間ドラマ。
そして「ワンピース」を含めた3作は「特殊能力を使うバトル漫画」である。

世間一般的には後者の方が受けがいいのだろう。それは分かる。
しかし、そういう漫画を30年以上読んでいる身としては、それでめちゃくちゃ面白く感じることが無くなってきている。正直、たいして変わり映えしないんだよねえ・・・。

まあ、これが「感性がおっさんになった」ということなのかもしれない。
やれやれ。

| | コメント (0)

クイーンSと関越Sの感想。

今日は(今日も、とも言う)義妹さんの家@巣鴨に遊びに行った。
長男が従兄のお兄ちゃんの家に遊びに行きたいというので奥さんが打診したらOKの返事。
というわけで、午後は義妹さんの家でご飯食べて(大人は酒飲んでた)、子供たちはプールを作って水遊び。夏を満喫した。
今年の夏はどこにも遊びに行けそうにも無いし、奥さんの実家に帰省することも難しいかもしれないので、義妹さんの家に遊びに行く展開は今後もありそう。

今日の競馬はクイーンS@札幌。

勝ったのは伏兵のレッドアネモス(11番人気)。
道中はハイペースのインでじっと構え、直線で馬群を割って突き抜けた。馬群が割れることに賭けた鞍上・吉田隼の判断が素晴らしかった。
この馬はこれまで渋った馬場に泣かされることが多かったが、良馬場ならこれだけの脚を使えるのね・・・。
期待した◎リープフラウミルヒ(6番人気)は7着。
4角でビーチサンバ(2着/4番人気)に前をカットされたのは痛かったが、それが無くても今日の位置取りでは厳しかった。

あと、関越Sで期待した◎ウインガナドル(4番人気)は2着。
離れた2番手の追走から、勝ち馬(ザダル(1番人気))の決め手には屈したが、しぶとく2着には粘った。オープンクラスでも展開が向けばそこそこは走れそうとは思った。

今日は関越Sの複勝(1.9倍)を取っただけで余裕のマイナス。
ほんと、重賞が難し過ぎるんだよなあ・・・。

| | コメント (0)

叡王戦第6局。

最後に将棋。

今日は叡王戦第6局。
永瀬叡王(&王座)が勝って防衛に王手をかけるか、豊島二冠挑戦者が勝って2勝2敗(&2持将棋)のタイにするかという一局。

勝ったのは豊島。

お互いに横歩取り(という戦法名です)から大乱戦になり、一時は永瀬優勢だったが寄せが甘く、豊島に逆に寄せ切られた。

正直、どっちも不調だなあとしか言いようがない将棋。
中盤戦での豊島の指し回しは微妙だったし、終盤戦での永瀬の寄せの甘さもいかがなものかという感じ。
まあ、豊島はこれで連敗を止められたので、少しは流れが上向くかもしれないが。

とりあえずこれで2勝2敗(&2持将棋)のタイになった。
はい、第8局まで行くことが確定しました(笑)。
次の第7局は持ち時間6時間の将棋なので、もう少しマシな将棋になることを祈ります。


| | コメント (0)

味スタで勝てなさ過ぎる。

続いてサッカー。

今日はJ1第8節、東京vs鳥栖@味スタ。

結果は2-3で負け。

今日も今日とて先制を許し、FWレアンドロの鮮やかな直接FKで一度は追いつくが、直後にまた突き放される。
後半にも失点を許し、試合終了間際にオウンゴールで1点差に迫るがそこまで。

う〜ん、今の鳥栖にホームで負けてはダメだよねえ…。
ていうか、味スタで勝てなさ過ぎる。16年ぶりに味スタで浦和に勝ったので、そこで運を使い果たしてしまったのだろうか(笑)。
正直、今月一杯でDAZN休止しようかなあ、とか考えてしまう敗戦でした。


| | コメント (0)

クイーンSと関越Sの予想。

今日の東京は、明け方こそ雨が降ったがその後は晴れた。8月になってようやく夏らしい天気になったという感じ。

久々に子供達の布団を干せたよ…。

今日は書くネタがありすぎるのだが、まずは競馬。
明日の重賞はクイーンS@札幌。
ここ数年はG1連対経験のある馬が人気に応えるパターンが多いが、今回はG1連対馬ゼロ。波乱の予感はある。
昨年のこのレースで◎を打って3着に頑張ってくれたカリビアンゴールド(5番人気)は一応買うが、このレースは何故か「昨年の好走馬」の成績がイマイチ。
◎は他の馬から選ぶ。買いたいのは「札幌に実績のある馬」。
◎リープフラウミルヒ。
現在6番人気。
これまで札幌では3戦2勝で、2勝はどちらも1800m。
明日の鞍上は、この馬が挙げた3勝すべての手綱を取った丹内。この馬に関しては丹内がベストの騎手である。
前走は惨敗だが、初の関西圏でのレース、2000mの距離、鞍上が丹内ではなかった。これは度外視していい。
逆にこれで人気が落ちるなら美味しい。
もう一頭穴馬で気になるのはアロハリリー(13番人気)。
札幌どころか函館でも走ったことは無いが、8月のレースはこれまで3戦2勝2着1回。この人気の無さなら、「8月適性」だけを信じて買ってもよかろう。
さて、明日の重賞はクイーンSだけだが、新潟のメインはオープン特別の関越S。

ここには前走のむらさき賞(3勝クラス)でお世話になったウインガナドル(6番人気〕が出走する。

ダービーの前のレースで、武豊の鮮やかな逃げ切りに大喜びしたなあ。
明日も単騎逃げできそうなメンバーだし、再度の逃げ切りを期待したい。
7月は予想はダメダメだったが、馬券は絶好調だった。
今月は予想も馬券も当てていきたいです。


| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »