« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

浦和相手にシーズンダブル。

今夜はJ1第29節(22試合目)、東京vs浦和@埼スタ。

結果は1-0で勝利!

前半からお互いにチャンスは作るが決め切れずに迎えた37分、浦和DFのクリアミスをFWレアンドロが拾いシュートを打つが、これが左に流れてFW永井の足元に。それを永井がシュートして一度は防がれるが、こぼれ球を豪快に蹴り込んで先制!いい時間帯に先制できた。
後半は浦和に攻め込まれるシーンも多かったが、浦和の決定力の無さに助けられ、そのまま1-0で逃げ切った。

まあ、内容はしょぼいの一言だが、この過密日程の中、勝ったことに意味がある。

て言うか。

浦和に埼スタで17年ぶりに勝ったあああぁぁぁ!

2003年の埼スタでの勝利はケリーのゴールで勝った時以来。
この試合は見に行ったなあ。

そしてシーズンダブル(リーグ戦で2連勝すること)を浦和相手に決めるのも2002年以来。

もう、この事実だけで今年は満足です(笑)。

| | コメント (0)

グルーポン、日本撤退。

「ああ、久々にその名前を聞いたなあ」と思ったニュース。

「グルーポン、日本撤退」

クーポンサイトとして2010年代初めに人気だったグルーポンが、日本から撤退することになったらしい。

グルーポンは、昔は(↑に書いてある、2010年代初め頃)よく使っていた。800~900円ぐらいのランチを500円以下で食べれたりして、そこそこお得感は味わえていた。

今年に入ってからの外食業界は世界的に悲惨なことになっていると思うし、グルーポンもその影響を受けたのだろう。
まあ、日本の場合は「すかすかおせちトラブル」のせいでグルーポンには悪いイメージがついてしまった、というのもあるのかもしれないが。

お世話になったサービスが廃止になってしまうのは寂しいが、それも時代の流れというもの。
今までありがとうございました。

| | コメント (0)

アレルギーかもしれない。

今日の東京は青空が広がっていい天気だった。。
明るいニュースも無いので天気ぐらいはよくなって欲しい。

先週、次男は採血して検査してもらったわけだが、今日はその結果を奥さんが聞きに行った。
結果として、問題は無いと言えば無いのだが、ハウスダストやダニのアレルギー反応が高いらしい。
うちの次男はせき込むことがそこそこあるのだが、それもアレルギーの可能性があるらしい。

まあ、思い当たることは無いわけでもない。
リビングはフローリングで、毎日お掃除ロボで掃除しているのだが、寝室は掃除できない日もある。
あと、寝室は畳を敷いていて、布団も敷きっぱなし(3分の1にたたんではいる)だったりする。
おそらくは寝室に原因があるのだろう。今の畳を捨ててしまって、マットレスとかに変えた方がいいのではないかと思う。

ただ、これをストレートに奥さんに言うとたぶん機嫌が悪くなる(笑)。
なので「現状を維持しつつ、ダニ対策を行う」方向で提案するしかないだろう。
さてどうしたものかねえ。

| | コメント (0)

竹内結子死去に思う。

今朝の話。
奥さんと息子たちが公園に出掛け、私も洗濯物を干したら公園に行こうと思った時にそのニュースは届いた。

「竹内結子さんが死亡 自殺か」

本気で「はあっ!?」と声が出た。
私は最近はEテレと「関ジャム」以外の地上波を見ないので、竹内結子の最近の動向は全く知らなかったが、さすがにこれは驚いた。
調べたら、再婚して今年の1月に子供が産まれたばかりとのこと。・・・育児ノイローゼだったのかなあ・・・とか思ったり。

竹内結子は、私にとっては「ストロベリーナイトの『姫川玲子役』」のイメージが強い。
(て言うか、これ以外は出演ドラマを知らない。ウィキペディアで調べたが、他に見たことがある作品は1個も無かった。)
「ストロベリーナイト」は再放送の時に一気に見たが、竹内結子演じる女刑事の姫川は印象に残っている。日下役の遠藤憲一との対決はいい演技だったと思う。

だがしかし。
ここで「ご冥福をお祈りします」で締めてもいいのだが、これだけは言いたい。

私は、大学の同期や、職場の新入社員を病気で失っている。
彼女・彼は、もっと生きて人生を楽しみたかったはずだが、病でその望みを絶たれてしまった。
そのことを思うと、「自殺した人」に対しては100%の気持ちで「ご冥福をお祈りします」とは言えない。自殺した人には「自殺しないといけない事情」があることは理解できるし、自殺そのものを100%否定はしないが、肯定はできないなあ・・・。

と、前フリを書いたところで。

ご冥福をお祈りします。
合掌。

| | コメント (0)

オールカマーと神戸新聞杯の感想。

今日は「竹内結子自殺」という、かなり衝撃的なニュースがあったが、それは後で書く。

今日の競馬はオールカマー@中山と、神戸新聞杯@中京。


オールカマーを制したのはセンテリュオ(5番人気)。
前半1000m64.3秒という超スローの流れの後方を進み、4角で大外をぶん回すが、直線では鋭く伸びて抜け出たカレンブーケドール(2着/2番人気)をハナ差差し切った。
あまりにスロー過ぎて斬れ味のある馬が届くというパターンだった。ただ、この馬自身、2200m戦は昨年のエリザベス女王杯(4着)以外は大崩れしていなかった。そういう意味では買えない馬ではなかった。
この後はエリザベス女王杯に向かうと思うが、軽視できない一頭だとは思う。
期待した◎ステイフーリッシュ(3番人気)は3着。
いい感じで先行できてはいたが、スロー過ぎて決め手勝負で屈した。田辺が乗る先行馬にありがちな負け方ではあった。

神戸新聞杯を制したのは圧倒的1番人気に応えてコントレイル。
道中は馬群の中で折り合いをつけ、直線に入ってから馬群をあっさり割って突き抜けた。
まあ、ここでは力が違ったぞ、と。て言うか、同世代との中距離戦では負けんわな。
さてこの後は菊花賞に向かう予定。「親子二代での無敗の三冠制覇」に王手をかけた。まあ、よっぽどのことがない限り三冠制覇するとは思うが、私はその「よっぽどのこと」に賭ける予定。
期待した◎ディープボンド(4番人気)は4着。
先行して直線に入って一瞬先頭に立つも、あっさりコントレイルに差された。その後も粘りはしたが力尽きた。
ただ、先行馬で上位に粘ったのはこの馬だけ。なので、力はあると思うんだよなあ…。

というわけで今日の馬券はいいところ無し。
ついでに夕方の東京の試合(vs鳥栖)も0-3のボロ負け。

ほんと、今日はいいことの無い一日でした。
まあ、こういう日もあります。


| | コメント (0)

オールカマーと神戸新聞杯の予想。

今日は長男の習い事で出掛けたくらいで特に何も無い一日。それにしても今日の東京は寒く感じた。こうも寒暖の差が激しいと体調崩しそう。


明日の競馬はオールカマー@中山と、神戸新聞杯@中京。
オールカマーは、フィエールマンが回避してかなり小粒なメンバー構成。
大好きなジェネラーレウーノ(5番人気)が1年8ヶ月ぶりに復帰するのは嬉しいが、いきなりの好走を求めるのは厳しいと思う。一応、応援で単勝は買うけど当てようとは思ってません。
今月の中山重賞は、「4角で1・2番手の馬」しか勝っていない。というわけでそういう位置にいそうな馬を狙う。

◎ステイフーリッシュ。

現在4番人気。
以前は差し馬だったが、最近は前目での競馬ができるようになっている。実際、今年のAJC杯や京都記念では先行して好走した。明日はおそらくはジェネラーレウーノが逃げるが、その2番手について行ければなだれ込めると思う。
あと、この馬は中山では3戦して2着2回、3着1回と安定しているし、2200m戦も4戦して1勝、2着2回、3着1回と安定している。
後は、鞍上の田辺が何故か後方待機策を採らないことを祈るだけ。
相手は難しい。上位人気は脚質的、ローテ的に買いづらいんだよなあ…。まあ、中山2200m適性の高さでミッキースワロー(1番人気)だけは押さえておく。

神戸新聞杯は無敗の二冠馬コントレイルが、現時点で単勝1.1倍の圧倒的1番人気。そりゃそうだよね、としか言いようがない。
そしてそのコントレイルに◎を打てるほど人間できてません(笑)。
ここは「過去にお世話になった馬」を買う。

◎ディープボンド。

現在5番人気。ただ、単勝では36倍。
京都新聞杯で単勝と馬連を取らせてくれた馬である。そしてその後のダービーでも先行策から5着に健闘した。
…その割にはあまり人気になっていない気はする。
◎はコントレイルと同じ、ノースヒルズでの生産馬&前田晋二氏所有馬。「コントレイルに初めて土をつけたのが同じ馬主の馬」だったら面白いなあ、とか思ったり。
馬券は◎の単複とコントレイルとの馬連1点(約7倍)だけ買う。

9月の収支はこのままだとマイナスなので、最後に巻き返して終わりたいです。


| | コメント (0)

封じ手オークション。

今日も今日とて将棋の話。

「藤井聡太二冠の封じ手オークション、最高落札額通りに正式決定」

先日行われた王位戦。
藤井聡太が木村前王位から王位を奪取して二冠となったこのタイトル戦の、第2~4局での封じ手はチャリティーとしてオークションに出品されたのだが、このたび落札額が確定した。

藤井が初めて封じ手を行った第2局が約550万円。
木村が封じ手を行った第3局が約200万円。
そして、タイトルを奪取し、封じ手自体も驚愕の飛車切りの一手だった第4局はなんと1500万円。
合計で約2250万円となった。凄いとしか言いようがない。

この落札額のほとんどは、今年の豪雨災害義援金として寄付されるとのこと。
将棋連盟的には懐は痛まず、話題も作れて、それでいて義援金も出しているという、いわば一石三鳥の手段。うまいことやったなあ、というのが正直な感想(笑)。

それにしても、藤井二冠の影響力というか「お金を動かす力」というのは凄い。
恐らく「CMで使いたい」と言っている企業も山ほどあると思う。いつかはCMに出てくることもあると思うが、どのCMで使われるのか、というのは興味があります。

| | コメント (0)

王座戦第3局。

というわけで王座戦第3局。
永瀬王座vs久保九段挑戦者の勝った方が2勝1敗となる一局である。

勝ったのは永瀬。

後手番の久保が三間飛車に振り、トーチカ囲いに囲う。それに対して永瀬は穴熊にガッチリ囲う。中盤に永瀬が久保陣に攻め込むが、久保が千日手(同じ局面が続いて指し直しになること)にする展開になるのでは、と思われたところで久保が千日手を回避。しかし、その後は永瀬に一方的に攻められて一気に寄せ切られた。

終わってみれば、第1局に続いて穴熊に組んだ永瀬が攻め切ったという将棋。
序盤は久保も工夫して少し面白い展開になるかと思ったが、思いのほか永瀬の攻めが厳しかった印象。

というわけで永瀬が2勝1敗として防衛に王手をかけた。
次の第4局は久保の先手番になるので、おそらくは久保が中飛車に振るだろう。私も振り飛車党なので、同じ振り飛車党の久保には頑張って欲しい。なんとか第4局を勝って凌いでくれ~。

| | コメント (0)

今更ながら叡王戦の今後の話。

今日は王座戦第3局。
永瀬王座vs久保九段挑戦者の対戦成績はここまで1勝1敗。
今日勝った方が防衛оr奪取に王手をかけるわけだが、現時点ではまだ決着がついていない。
感想はまた後で書きます。

先日書いた「叡王戦はこの後どうなるのか問題」。
これについて、将棋連盟から昨日発表があった。

「第6期叡王戦についてのお知らせ」

なんと「次の第6期開幕に向けて準備が進んでいる」という佐藤(康)会長の力強いメッセージが発信された。
まあ、もしかしたらレギュレーションは何か変わるところがあるのかもしれないが、それくらいであればどうということはない。

正直、叡王戦が存続するとは思ってなかったので(笑)、来年も見れるというだけで満足です。

| | コメント (0)

審判団のレベルの低さにがっかりな試合。

今夜はJ1第18節、東京vsC大阪@味スタ。


結果は2-0で勝利!

前半はお互いに惜しいシーンもあったがスコアレスで折り返す。
後半に入って18分、MF安部のドリブルからのスルーパスを受けたFWディエゴオリヴェイラがきっちり流し込んで先制!
直後の21分には、CKの流れからMF内田の折り返しをFWアダイウトンが押し込んで追加点!
…なのだけど、リプレイを見る限りはオフサイド。かなりラッキーな形での追加点だった。
終盤にはC大阪のFKが、壁に入ったFWレアンドロの肘に当たったがノーファールという、これまたラッキーな判定があり、そんなこんなで逃げ切った。

うん、はっきり言って後味悪い勝ち方。
今日に限っては「勝てばよかろうなのだあああぁぁぁ」とは言えない。
せっかくの2位&3位の上位争いなのに、審判団のレベルがこれでは酷過ぎる。
東京の勝利がこんなに嬉しくないのはかなり珍しいと思った。


| | コメント (0)

今更ながら叡王戦第9局(実質第7局)。

今日は連休最終日。
朝からなんとなく奥さんの機嫌が悪いので、息子2人を連れて池袋に新しくできた「イケサンパーク」へ遊びに行った。
ここは要するに「芝生が広がる公園」。息子2人は芝生の上を走り回って楽しんでいた。
その後は西武百貨店の九州物産展でジェラートを食べたりして帰宅。息子たちを楽しませ、奥さんの負担も減らし、頑張った一日でした。

昨日の話。
叡王戦第9局(実質第7局)が行われた。
永瀬叡王が勝って防衛するか、豊島竜王挑戦者が勝って奪取するかという大一番である。

勝ったのは豊島。

角換わり(という戦法名です)から後手番の永瀬が先攻するが、すぐに豊島も反撃して攻め合いに。中盤から終盤で少しずつ豊島が優勢を広げ、そのまま押し切った。
豊島の指し手で印象的なのは、中盤で取られそうな桂馬をタダ捨てで跳ねて永瀬の歩で取らせて、終盤にその歩が動いたことでできたスペースに豊島が桂馬を打って寄せたところ。終盤にこういう形になることを想定して桂馬を跳ねたのだとしたら凄いと思った。

というわけで豊島が叡王を奪取し、再び二冠(竜王&叡王)に返り咲いた。
・・・のだが、叡王戦については実はよくない噂がある。

もしかしたら今年度で終了(あるいは休止)するかもしれないのですよ。

それを裏付ける最大の根拠が「来年度の予選(つまり豊島叡王に挑戦する予選)が始まっていない&予定も組まれていない」ということ。
普通、タイトル戦というのは1年がかりで行うもの。そしてタイトルホルダーvs挑戦者が戦っている時期には翌年度の予選が始まっているのが普通なのですよ。
で、その予選が始まっていない&予定も組まれていないということは・・・というわけです。

さて、その叡王戦の今後だが、明日23日に将棋連盟の公式ホームページで発表があるらしい。
・・・ここまで死亡フラグが立ちまくって、これで叡王戦が存続されたら奇跡だと思う(笑)。

| | コメント (0)

セントライト記念の感想。

既に日付は替わってしまったが、昨晩は我が家みんなで義妹さん家族と飲みに行っていた。

自宅に着いたら21時を過ぎていて、そこから息子たちと風呂に入って寝かしつけようと思ったら一緒に寝てしまい、気がついたら現在に至る(笑)。

昨日の競馬はセントライト記念@中山。
制したのはバビット(4番人気)。
スタートから気合をつけてハナに立ち、そのまま逃げる。ラスト1200mから1バロン12秒を切るペースで加速したのが後続に脚を使わせるという意味ではよかったのか、直線でも後続に詰め寄られることなく1馬身半の差をつけて逃げ切った。
こういう勝ち方(要するにロングスパート)のできる逃げ馬は好き。スタミナが無いとできない芸当だと思うが、父ナカヤマフェスタから継がれているもの、なのかもしれない。
個人的には菊花賞でも一発あると思っている。て言うか、このまま行けば◎の予定。
期待した◎ヴァルコス(5番人気)は5着。
スタートからダッシュがつかずに後方からの競馬。4角からおっつけて前に取りつこうとはしていたが、前に届くことなく終了。
ただ、3ハロンの上がり最速タイではあり、能力が無いわけではない…と思う。距離が伸びる菊花賞ならもう少しなんとかなりそうな気はするのだが、鞍上が三浦では厳しいか。

馬券はバビットの単勝(5.9倍)だけ当たってほぼチャラ。
2日連続で「2番目に推した馬の単勝的中」でチャラにした。
…◎のチョイスが下手過ぎるなあ…。


| | コメント (0)

久々の現地観戦。

今夜はJ1第17節、東京vs仙台@味スタ。
先日書いたが、今日はたぶん2年ぶりの現地観戦となった。

結果は1-0で勝利!!!

試合開始からハイプレスで仙台にボールを持たせず押し込み、「この流れのうちに先制したいなあ」と思っていたら、13分に仙台の反則からのクイックリスタートからMF三田が抜け出し、GKとの1vs1をきっちり沈めて先制!理想的な展開で先制できた。
しかしその後は仙台に押し込まれる展開になり、前半の終わりにはポスト直撃のシュートも打たれた。あの「カンッ!」という金属音は久々に聞いたが、寿命が縮むかと思った(笑)。
後半に入り、最初のうちは押し込めていたが徐々に仙台に危ないシーンを作られる時間帯が続く。
「これはそのうち追いつかれるなあ・・・」と思いながら見ていたが、守備陣がなんとか凌ぎ、前線も途中出場のFWディエゴオリヴェイラや永井が走り回って守備をして、結局そのまま逃げ切った。

いや~~~、「よく勝ったな・・・」としか言いようがない試合だった。
結局、クイックリスタートで虚を突いて取った1点での逃げ切り勝ちだし。
まあ、連戦の疲れもあるし、MF高萩や安部といった主力をケガで欠いているという事情もある。とにかく今日は「勝てばよかろうなのだあああぁぁぁ!」の一言です。

さて、今日は味スタでの現地観戦だったわけだが、

やっぱり生観戦はいいよね。

選手紹介のアナウンス、試合前に流れる「ユルネバ」、選手達の声、観客の手拍子。この臨場感がたまらない。コロナ対策で声は出せなくても、充分楽しめた。
今年はたぶんもう見に行くことはないと思うが、来年もまた見に行こうと思います。

| | コメント (0)

セントライト記念の予想。

明日の競馬はセントライト記念@中山。

近年は「ダービー出走組」、それも「2桁着順にボロ負けした組」が強いレース。キタサンブラック(2015年勝ち馬)もダービー14着からセントライト記念を制したなあ。
というわけで、ここも「ダービー2桁着順」の馬から狙う。

◎ヴァルコス。

現在5番人気。
ダービーでも◎を打ったが、先行策から伸びることなく14着に終わった。
ただ、青葉賞(2着)でのレースっぷりから、今後も買い続ける価値のある馬だと思ったので今回も買う。
あと、「ダービー2桁着順からセントライト記念で馬券になった馬」はここ5年で7頭いるが(多いな…)、そのうち6頭は逃げ・先行馬。今回、「ダービー2桁着順の馬」はサトノフラッグ(1番人気)も該当するが、サトノは差し馬なのでヴァルコスを上位に推す。
相手には「前に行ける馬」という意味でバビット(3番人気)。
前走のラジオNIKKEI賞は逃げて5馬身差の圧勝。展開が向いた面もあるだろうが強かった。明日もおそらくは逃げることになると思うが、あっさり逃げ切ってもおかしくない。
あと、この馬には父ナカヤマフェスタ(2009年セントライト記念勝ち馬)との親子制覇がかかっていたりする。
馬券はこの2頭だけで買う。
サトノフラッグ、ガロアクリーク(2番人気)は差し馬なので、セントライト記念向きな馬ではないと見る。…どっちかは来そうな気はするけど。

3日連続開催の最終日をいい形で締めくくりたいです。


| | コメント (0)

ローズSの感想。

今日は朝から次男と2人で過ごす。

奥さんと長男は、義妹さんの家に泊まりに行っているから。
公園で遊んだり、家で遊んだりテレビ見たりして、久々に次男とのんびり過ごせました。

今日の競馬はローズS@中京。
勝ったのはリアアメリア(3番人気)。
今日はまさかの2番手追走から、直線で早目に先頭に立つと抜け出て、そのまま2馬身差つけて押し切った。
いやいやいや、こんなの私が知ってるリアアメリアではないです(笑)。こんな正攻法の競馬ができる馬とは思わなかった…。
こんな競馬がいつでもできるなら、小回りの秋華賞でもチャンスはありそう。ただ、この馬を管理する中内田厩舎の馬は「前哨戦は強い馬」が多いので、過信はしない方がよさそう。
期待した◎クラヴァシュドール(2番人気)は5着。
中団から外に持ち出すが伸び切れず、後方からの人気薄に差されるという、かなりガッカリな内容。

馬券はリアアメリアの単勝(5.1倍)だけ当たってちょい負け。
ただ「9月で初めての的中」ではある。
ここから巻き返すぜ〜。


| | コメント (0)

竜王戦挑戦者決定。

今日は竜王戦挑戦者決定戦三番勝負の第3局、羽生九段vs丸山九段が行われた。

今日勝った方が挑戦権を獲得する大一番である。

勝ったのは羽生。

…と書くのは凄く久しぶりだな…。
後手の丸山が得意の「一手損角換わり(という戦法名です)」からじわじわ攻める。
しかし、羽生は第1局で王を囲わないままで攻めてカウンターを食らって負けた反省からか、今日はしっかり囲ってから反撃。これが厳しく、一気に寄せ切った。

最近の羽生は、序盤・中盤で時間を使い過ぎてしまい、優勢で迎えた終盤で逆転されるパターンが多かったのだが、今日は終始時間に余裕を持って指せていた。これが大きかった…のかもしれない。

というわけで羽生が竜王の挑戦権を獲得した。
羽生がタイトル戦に出場するのは、無冠に転落した2年前の竜王戦以来。
今回は豊島竜王に挑戦することになる。
豊島は「タイトルを防衛したことが無い」ことで有名だが、「公式戦で藤井二冠に5戦全勝」の豊島が楽な相手のわけはない。
正直、今の羽生が七番勝負で豊島に勝てる気はしないのだが、頑張って欲しいと思います。


| | コメント (0)

ローズSの予想。

明日の競馬の予想を先に書いておく。

明日はローズS@中京2000m。例年のローズS(阪神1800m)とは距離もコースも違うので、そこは少し悩ましい。
例年は「前走オークス組」が強いレースなので、素直にその傾向通りに買う。

◎クラヴァシュドール。

現在5番人気。
桜花賞、オークスと◎を打って期待を裏切られた馬である。ここまで来たら意地で買う。て言うか、ここで軽視して来られたら死んでも死にきれん(笑)。
オークスの惨敗は謎だが、桜花賞の反動があったのかもしれん。まともに走れればチューリップ賞でレシステンシアに先着できるくらいの実力はある。ここでも勝ち負けできるだろう。
あと、この馬、昨年のローズS2着なビーチサンバに成績が似ているのよね。
ビーチサンバは阪神JF3着→クイーンC2着→桜花賞5着→オークス15着→ローズS2着。
クラヴァシュドールは阪神JF3着→チューリップ賞2着→桜花賞4着→オークス15着→ローズS出走。
…ほ〜ら、2着になりそうでしょ(笑)。
相手はリアアメリア(1番人気)。
昨年度のPOGで持っていた馬である。
昨年のアルテミスSを勝ってからはG1では足りないレースが続いたが、前走のオークスではよく伸びて4着。久々にいい脚を見せた。もしかしたら左回りの方がいいのかもしれない。
もう一頭、オカルト的に気になるのはラインオブダンス(15番人気)。
今週、昨年の京都大賞典を制したドレッドノータスが急死した。そのドレッドノータスと同じ矢作厩舎なのがラインオブダンスである。昨年の京都大賞典での鞍上だった坂井が乗るというのも気になる。

馬券はこの3頭で。
他に気になる馬がいないと言えば嘘になるが、買えば買うだけ外れそうだし。


| | コメント (0)

忙しい連休初日の午前中。

今朝は次男を連れて再び病院へ。

昨晩の時点で蕁麻疹はだいぶ治まっていたのだが、熱が38.5度に達していてかなり心配だった。
ところが今朝になったら熱は36.7度にまで下がり一安心。食欲はあまり無かったが(バナナ1本食べたらお腹いっぱいになった模様)、元気にはなっていた。

で、診察の結果だが、「まだCRP値が高い」というもの。
CRP値というのは、体内で炎症を起こしていると上がる数値で、一昨日計測した時は7あった(標準値は0.3)。

で、今日の結果は4.6。
少し下がったが、まだ高い。
というわけで、連休明けの水曜日に再検査してもらうことになった。
ただ、この連休は普段通りに過ごしていいとのことなので、そこは一安心。

なかなか大変な連休初日の午前中でした。

| | コメント (0)

将棋が好調(自分自身の話)。

その後の次男だが、今日は奥さんと一緒に家でお休み。
ただ、今日は37.5度を少し超えるくらいの微熱があった。
明日、再び大学病院に行くのだが、どういう結果になることやら。

他には特に何も無いので、そのうち書こうと思っていた話を。

8月以降の話だが、ネット将棋(「将棋倶楽部24」というサイトで指してます)の成績が良い。8月以降は10局指して8勝2敗と、かなり勝ち越せている。
このサイトは「レーティング」というもので「自分の実力を数値化」しているのだが、そのレーティングが過去最高の点数になった。

とは言ってもその8勝は「終始優勢でそのまま押し切った」というものは少なく、「相手のミスに助けられて逆転勝ちした」という方が多かったりする。
まあ、アマチュア二段~三段クラスではそんなもんですよ。

それにしても、将棋のいいところは、結果が100%自己責任であることだとしみじみ思う。なので、仮に負けたとしても「自分が悪い」とはっきり諦めがつく。
これがサッカー観戦の勝ち負けは100%自分がどうにもならないことだし、競馬(馬券購入)の勝ち負けも自分がどうにもできないことは多々ある。

そういうわけで、将棋の本を読んだり、詰め将棋を解いたりして、将棋の勉強をすることが最近は増えてます。

| | コメント (0)

蕁麻疹。

今日は有休。

実は、昨日次男が謎の蕁麻疹を発症し、今日も治まらなかった。
熱は無いので保育園に連れて行ったのだが、蕁麻疹がそこそこ広範囲に出ていたので拒否されてしまった(涙)。
で、奥さんは昨日休んだので、今日は私が休んで対応することになった、という次第。

さて、次男は今日は元々いつも通っている小児科に行く予定(今回の蕁麻疹とは異なる、手足の湿疹の診察)だった。
当初は18時からの診察だったが、休みを取ったので時間を早めて昼前からの診察に変更した。
そして診てもらった結果、

蕁麻疹が酷いから点滴を打つ

という話に。しかも1時間半くらいかけて。
まあ仕方ないと思い、病院の近くのセブンで昼食を購入して、食べながら点滴を打たせた(もちろん許可をもらってます)。
そのうち次男は寝てしまったのだが、途中で先生が「炎症の時に出る数値が、普通の20倍くらいある」と言ってきた。

それって、長男が1歳の時に入院した時と同じじゃないですかあああ。

とりあえず紹介状を書いてもらい、お茶の水の日本大学病院へ移動。
そこで診察してもらい、抗アレルギーの点滴を打ってもらい、今日のところは入院はしないことになった。よかったよかった。

ただ、土曜日にまた診察してもらうことにはなった。
何もなければいいのだけど…。

と、そんな感じの大変な一日でした。
有休だったけど、休んだ気はしません(笑)。


| | コメント (0)

追い上げ届かず。

今夜はJ1第24節(リーグ戦としては18試合目〕、東京vs大分@味スタ。


結果は2-3で負け。

後半に先制され、すぐにMFレアンドロのゴールで追い付くが、終盤に立て続けに失点。
しかしそこから粘りを見せて、45分にはMF品田のゴールで1点差にし、そこからも猛攻を仕掛けるがゴールを割れず終了。

なんか、失点シーンを見ると不用意なボールロストからだったり、あっさりとクロスを通されたりとか、集中を欠いていた感じ。
まあ、連戦の疲れもあるんだろうけどさ…。

さて、次の試合は日曜日の仙台戦@味スタなのだが、この試合は味スタに観に行く予定。
日曜日は奥さんと息子達が義妹さんの家に泊まりに行くので、思い切って観に行くことにした。既にチケットは購入済み。

…この試合で、今日みたいな不甲斐ない試合を見ないで済むことを祈ります。


| | コメント (0)

最近のジャンプ。

今日は3ヶ月に1回の眼科検診。

視野検査を行なったが、前回と状況は変わらず。
つまり、緑内障は進行していない、ということ。
緑内障は「治る」ものではなく、「進行を遅らせる」ことしかできないのだが、毎日目薬をさしていれば基本的には進行しないもの、らしい。
というわけで、今後も目薬だけは忘れないようにしようと思う。

他にネタも無いので、最近の「ジャンプ」を見て思うこと。

…いや、読める漫画が減ったなあ…。

今週号で掲載されている漫画が19本。
この内、「今週はどうなったかな?」と気になったのは「Dr.STONE」だけ。
後の18本の内、読んでない漫画は5本。でも、読んでる13本も惰性で読んでいるものも多い。特にバトルもの。

ほんと、「ジャンプ」からの卒業をそろそろ考えた方がいいのかも、とか思ったりしてます。


| | コメント (0)

菅新総裁誕生。

今日は自民党の総裁選が行われ、予想通りというか「予定通り」に菅が勝利。

というわけで、菅が首相の座につくことになる…のだろう。さすがにここで解散総選挙とは言わないと思う。

さて、菅は良くも悪くも「無難」なイメージ。
失言とかは聞いたことが無い…気がする。

ただ、本人も思っているようだが、菅って「優秀なNo.2」というイメージもある。
こういう人って、いざトップの地位に置くと意外とパッとしない、というのはよくある話。

まあ、今の日本は(ていうか世界的にも)コロナで大変な状況であり、そんな中で安倍の後任に手を挙げただけでも偉いと思う。
健康には気をつけて、頑張って欲しいと思います。


| | コメント (0)

不幸中の幸い。

というわけで「今日、運を使った話」。

今日の午後、息子2人と公園に遊びに行った。
長男は歩いて行き、次男はストライダー(ペダルの無い自転車みたいな乗り物)に乗って行った。
で、1時間半ほど遊んで帰る途中、下り坂にさしかかった。
次男に「一気に行ったらダメだよ」と言って、ふっと気がついたら、

下り坂をびゅーっと走る次男が!!!

すかさずダッシュして、掴むところが無いので次男のヘルメットを掴んで徐々に減速しようと思ったが次男は転倒。思いっきり頭から転んだが、ヘルメットを着けていたので大怪我にはならず。もちろんギャン泣きだったけど。

当然そのまま家に帰り、改めて「痛いところは無い?」と聞いたが、特に無いと言う。
とりあえず奥さんと一緒に昼寝することにした。

で、夕方になって起きてきて、やっぱり痛いところは無いようだし、食欲もあるのでとりあえずは一安心。

それにしても。
結局、次男が転倒したところは十字路を過ぎていたので、もしも車が通っていたらはねられる可能性があった。
また、もしも私が気付くのが一瞬遅れたり、次男がストライダーのコントロールができなかったら、壁に激突して大怪我(最悪の事態もあり得た)する可能性もあった。

・・・そう考えると、たいした怪我も無く済んだのは「不幸中の幸い」だったと言える。
ここで運を使ってしまったなあ、という話です。

| | コメント (0)

セントウルSと京成杯オータムHの感想。

今日の競馬はセントウルS@中京と、京成杯オータムH@中山。

セントウルSを制したのは人気に応えてダノンスマッシュ。
外枠からすんなり好位を進み、絶好の手応えで直線に入ると先行勢をあっさり捕らえ、後続の追撃も凌いで完勝。
うん、やっぱりG2・3だと強いよね。これぞダノンスマッシュという強さだった。・・・でも、これでスプリンターズS行って負けるんだろうなあ・・・。
期待した◎ビアンフェ(3番人気)は5着。
ハナを譲って3番手からの競馬だったが、直線に入ったところでダノンにあっさり交わされ、そのまま流れ込んで5着。
う~~~ん、力の差を感じる競馬だった。G1でどうこうという馬ではないのかなあ・・・。

京成杯オータムHを制したのはトロワゼトワル(4番人気)。
スマイルカナ(2着/3番人気)を先に行かせて2番手を追走し、直線に入ってスマイルカナをじわじわ追ってゴール前できっちりハナ差差し切った。
今日は逃げずに、無理に競らずに2番手を追走したことで最後まで脚が残った感じ。やはり横山典は上手いなあ、としか言いようがない。
期待した◎アフランシール(10番人気)は12着。
後方から3角で動いて前目に取り付こうとするが、そこで脚を使った分直線伸びず。まあ、今日の展開ではノーチャンスだった。これは仕方ない。

というわけで今日もいいところ無し。
まあ、今日は競馬以外で運を使ってしまったので仕方ない。その話はこの後書きます。

| | コメント (0)

イニエスタにやられる。

さて、今夜はJ1第16節、東京vs神戸@神戸。


結果は2-2のドロー。

先制されて、FWアダイウトンのゴールで追いついて、FWディエゴオリヴェイラのゴールで逆転したが、後半のアディショナルタイムにセットプレーから失点して終了。

最後の失点は、神戸MFイニエスタのキックからやられたのだが、どうも東京はイニエスタによくやられてる印象。
「イニエスタ」という名前にビビっているわけではないと思うのだが…。

というわけで、勝ち点2を失った試合でした。
こういう試合を勝ち切れないとダメだよなあ…。


| | コメント (0)

セントウルSと京成杯オータムHの予想。

今日は朝から雨。

ただ、気温が上がらなかったのでその点は良かった。
このまま涼しくなってくれると嬉しいのだが、まだしばらく暑いみたいだな…。

まずは明日の競馬の予想。

明日はセントウルS@中京と、京成杯オータムH@中山。

セントウルSは3歳馬が強いレース。ここ5年で3歳馬が出走した年は、必ず1頭は連対している。この時期なら古馬との斤量2kg差は大きいのだろう。

◎ビアンフェ。

現在2番人気。…あれ、昼頃は4番人気くらいだったのだけど…。
メンバー中、唯一の3歳馬である。
同世代相手ではあるが1200m重賞を2勝し、実績もある。
今夏、3歳馬は古馬相手の重賞で結果を出せていないが、そこは気にしないことにする。
相手は無難にダノンスマッシュ(1番人気)。
馬柱からG1を除いたら5連勝中で、「G1じゃなければ強い馬」。明日はG2なので普通に好走するだろう。
あと、ラブカンプー(10番人気)も一応買う。義理で。
今回は、鞍上がCBC賞を勝った時の斎藤に戻るというのはプラス材料…なのか?

京成杯はよくわからんが、3勝クラスを勝ってここに挑んできた馬が2年連続で勝っているので、そういう傾向に乗る。

◎アフランシール。

現在10番人気。
前走は1400mの3勝クラスを快勝。それでいてこの人気の無さは、マイル戦で勝ったことが無いからだろう。
まあ、昨年の勝ち馬で今年も出走しているトロワゼトワル(4番人気)も、1400m戦の3勝クラスを勝って臨み、それまでマイルの実績は新馬戦勝ちだけだった。なので気にする必要は無い。このレースで大事なのは「勢い」です。
ちなみにアフランシールの半弟はビアンフェ。まさかの姉弟◎になってしまった(笑)。
相手は↑にも書いたトロワゼトワル。
昨年の勝ち馬だし、前走の関屋記念(2着)ではお世話になった。同型のスマイルカナ(2番人気)との兼ね合いが読めないので強くは推せないが、あっさり勝ってもおかしくないとは思う。

実は9月に入って的中が無いのだが(涙)、そろそろ的中が欲しいです。


| | コメント (0)

「やべっちFC」やっぱり終わるってよ。

今日は9月11日。
「アメリカ同時多発テロ事件」から19年経ったことになる。
以前にも書いたかもしれないが、夜のNHKのニュースで知って、「ニュースステーション」でも見て、かなり衝撃を受けたことを覚えている。でも、今の新入社員だとリアルタイムで見ていない人もいるんだろうなあ。

話は変わる。

今日、テレビ朝日から発表があった。

「『やべっちFC』9月で終了」。

以前にも報じられていたが、「やべっちFC」が9月いっぱいで終了することになった。

これはかなり悲しい。
私は結婚して、息子が生まれてからは見ることは無くなってしまったが、独身時代は「やべっちFC」は毎週必ず見ていた番組だった。
Jリーグ、日本代表、海外サッカー、女子サッカーなどなど、サッカーの情報はこの番組(とNHK-BSの「Jリーグタイム」)を見れば充分だった。
Jリーグのオフシーズンの「デジっち」企画も面白く、Jリーガーの魅力を広める役割も担っていたと思う。

なんで番組終了になったかは知らんが、いろいろ事情はあるのだろう。
ここ数年見ていなかった人間が言うのもなんだが、18年間お疲れさまでした。

・・・まあ、正月特番とかで放映されそうな気はしないでもないけど。

| | コメント (0)

今更ながら伊勢谷友介逮捕に思う。

今日は特に何も無い一日だったので、一昨日の夜に知ったけど書いていなかった話を。

ニュースでも報じられたが、俳優の伊勢谷友介が大麻所持で逮捕された。
「いかにも大麻やってそうな俳優」という評判だったので、逮捕されたこと自体に特に驚きは無い。

ただ、気になるのはこれ。

「るろうに剣心」の劇場版どうすんの!?

伊勢谷は「るろ剣」の劇場版では四乃森蒼紫を演じている。
前作の劇場版ではいい動きを見せていて、蒼紫は適役だと思っていた。

で、今年の夏に「劇場版最終章」が上映される予定で、ここでも蒼紫役として出演することが決まっていた。
しかし、コロナの影響で来年の5月連休まで公開延期となっていた。

その状況でのこの逮捕ですよ。

考えられるパターンは、
①公開中止
②伊勢谷の代役を立てて撮り直し
③このまま公開
この3つだと思う。

最悪なのは①だが、それは無いと思いたい。
ただ、②は代役探しや再度の撮影のスケジュールなど、現実的に厳しそう。
希望としては③なのだが、スポンサーがOKしてくれるのか、という不安はある。

さて、どうなることやら。

| | コメント (0)

反転シュート祭り。

続いてサッカーの話。

今夜はJ1第15節、東京vs横浜FC@味スタ。

結果は2-1で勝利!

前半に先制を許すが、30分にMF高萩のスルーパスを受けたFW田川がすかさず反転してシュートを放つとこれが決まって同点!パスの受け方、トラップ、素早い反転、狙いすましたシュート、どれも完璧でビックリした。
後半は、東京は決定機を決め切れず、横浜FCはGK林のスーパーセーブに防がれて互いに点を奪えないまま進む。
そして38分、林のミラクルセーブが炸裂した直後、SB小川のクロスをトラップしたFW原が反転してからの鋭いシュートを決めて逆転!長身の原だが、脚元の技術を見せるゴールだった。
そしてそのまま試合終了。リーグ戦3連勝となった。

今日はFWディエゴオリヴェイラ、MF安部、DF森重を温存するというなかなかに大胆な起用だったが、これで勝てたのは大きい。
田川、原という若いFWが点を取って勝ったのは勢いに乗れると思う。

まあ、上位勢も勝っているので差は縮まらないが、地道に勝っていくしかないです。


| | コメント (0)

王座戦第2局。

まずは将棋の話。

今日は王座戦第2局。
永瀬王座(&叡王)が勝って防衛に王手をかけるか、久保九段挑戦者が勝って1勝1敗のタイに持ち込むかという一局。

勝ったのは久保。

先手の久保が中飛車に構え、永瀬が急戦で迎え撃つ。
久保が馬を作る間に永瀬の銀が攻め込む展開になるが、中盤で久保が歩の連打で永瀬の金をそっぽに行かせるのが上手い指し回しで優勢に。
その後もじわじわ攻める久保がそのまま押し切った。

1局目とは逆に、久保の快勝で終わった。
中盤の捌きは久保らしさ爆発の将棋だった。
逆に永瀬は「らしくない」完敗。永瀬は対振り飛車はがっちり固めて勝負、というイメージだったのだがなあ。

というわけでこれで1勝1敗のタイになり、改めて三番勝負の形になった。
面白くなってきました。


| | コメント (0)

もう一回「Number」の話。

今日は亡くなった母の誕生日。
もし生きていれば今日で80歳。昨今の平均寿命から考えれば、まだ普通に生きていておかしくない年齢ではある。
もし今も生きていれば、とてもミーハーな人だったので、藤井二冠の活躍を喜んで見ていただろうなあ。

今日は他に何も無い一日だったので、先週末に読み終えた「Number」の将棋特集の話の続きを書く。

いや、本当に読み応えあり過ぎだった。
羽生が七冠を目指していた時の名人戦での、森下九段相手に大逆転勝ちした時の裏話とか、白瀧呉服店が提供している和服について、棋士によっていろんなオーダーがあるという話とか、新日のプロレスラーの田口隆祐が将棋好きで、海外遠征時はネット将棋の「将棋倶楽部24」(私もここで指してます)で指していたという話とか、かなりのボリュームだった。
いやほんと、将棋ファンはもちろん、「なんとなく将棋に興味がある人」も買って損は無いと断言できる。

さて今回の「Number」、再度の増刷が決定して、20万部の発行になったらしい。
これは昨年のラグビーW杯特集号を超えたとのこと。て言うか、20万部を超えたのは2014年のサッカーW杯特集の時以来らしい。凄いな、としか言いようがない。
この増刷分は明後日10日頃から店頭に並ぶらしいので、まだ買っていない人は是非買いましょう。

| | コメント (0)

ウインズ再開(制限付き)。

今日はJRAからこんな発表があった。

「9月12日(土曜)以降のパークウインズ・ウインズ等の制限付き営業の再開」

コロナウイルスの影響で長い間営業停止状態だったウインズ(場外馬券売り場)が、時間制限や購入可能なレースの制限を設けて営業再開することになった。

・・・のだけど、基本的に購入できるのは「各競馬場のメインレースと前日発売のレース」だけ(一部のウインズでは各競馬場の9~12レースが購入可能)。
かなり制限しているなあ、というのが正直なところ。

ただ、今週から中山&中京(例年なら阪神)開催が始まり、いよいよ秋競馬開幕である。
「どうしてもネット投票ができない人々」にとってはメインが買えるだけでも嬉しいだろうし、「せめて重賞だけでもリアルな馬券が欲しい」という人にとっても嬉しいだろう。

こんな感じで、少しずつ「今まで通りの競馬」が戻ってくれればいいと思います。

| | コメント (0)

叡王戦第8局(実質第6局)。

昨晩は奥さんと息子たちは義妹さんの家に泊まったのだが、今日も楽しく遊んだようで、我が家に帰ってきたのは夜になってから。
おかげで私は日曜日を満喫できた。
「Number」は全部読めたし、将棋世界もだいぶ読めた。NHK杯将棋トーナメントで羽生九段の勝利も見れたし。
・・・将棋ばっかりだな(笑)。

そして今日の将棋と言えば叡王戦第8局。
ここまで永瀬叡王(&王座)が3勝2敗(&2持将棋)で、勝てば防衛。豊島竜王挑戦者が勝てば奪取に逆王手となる一局である。

結果は豊島の勝利。

角換わり(という戦法名です)から先手番の豊島が速攻を仕掛ける。それに対して永瀬が2時間以上の長考で角を打つが、これが悪手で、豊島が飛車切りから一気に攻めて優勢になる。永瀬も反撃するが全く届かず、最後は豊島がきっちり詰まして勝利。

永瀬のあの大長考からの悪手はなんだったのだろうか・・・。
昼前から全く手が動かず、ようやく指したと思ったらAIが候補手に挙げていない手を指して、そこから急転直下で不利になってそのまま押し切られるという。

というわけで、これで3勝3敗(&2持将棋)のタイになった。
ついに次局は「叡王戦第9局」である。ここまで来たら究極の戦いを見たいですね!第9局なだけに!

・・・寝るか。

| | コメント (0)

新潟記念と小倉2歳Sの感想。

今日の競馬は新潟記念@新潟と、小倉2歳S@小倉。

新潟記念を制したのはブラヴァス(2番人気)。
道中は中団の外目に構え、直線に入ると思いっ切り外に持ち出し、そこから鋭く伸びて粘るジナンボー(2着/3番人気)を差し切った。
これは鞍上の福永の進路取りが見事だった。今の新潟は馬場が悪く、伸びる場所が外しか無いという感じだったが、その伸びる場所をきっちり選んだという感じ。
さて勝ち馬の今後だが、G1でどうこうなるかというとそこまでは厳しい気もする。
期待した◎ウインガナドル(12番人気)は8着。
最初はハナを奪ったが、内からジナンボーに来られるとハナを譲り、2番手から瞬発力勝負の競馬になって切れ負けした。
うん、そりゃそうだよね。この馬で瞬発力勝負をしようと思う三浦のセンスの無さに絶望した。

小倉2歳Sを制したのはメイケイエール(2番人気)。
道中は行きたがるところを見せたが何とか抑え込み、直線に入ると力強く伸びて差し切った。折り合い面に不安が無いわけではないが、一本調子のスピードで押し切るタイプでもないので、乗り方次第ではもう少し距離を伸ばしてもよさそう。
それにしても。
昨日の札幌2歳Sを制したソダシは祖母がシラユキヒメ(サンデーサイレンス産駒の白毛馬として騒がれた馬)で、メイケイエールは祖々母がシラユキヒメ。なんか、シラユキヒメ牝系が絶好調だなあ、とか思ったり。
期待した◎アールラプチャー(6番人気)は6着。
出遅れて、引っ掛かって前に行ってしまい、直線で失速。まあ、太宰が乗った馬を買ったこっちが悪い。

というわけで今日はいいところ無し。
まあ、今日は堅めの決着だったから仕方が無い、と思うことにする。

| | コメント (0)

安部が素晴らしい。

今夜はJ1第14節、東京vs大分@大分。

結果は1-0で勝利!

前半29分に得たCKを大分の選手が跳ね返したところを、MF安部が左足でシュート!するとこれが大分の選手に当たって角度が変わってゴールに吸い込まれて先制!安部はルヴァン杯での2ゴールに続いてのゴール。完全にいい流れに乗っている感じ。
これで前半を折り返し、後半は大分の反撃を受けるが球際の強さを見せてしっかり守り抜いた。

今日は試合開始から終了まで全て見たが、見ていて思ったのは↑にも書いたが「球際強いな~」ということ。大分の選手との競り合いはだいぶ勝っていたと思う。なかなか気迫を感じる試合だった。

あと、安部はいいなあ。
得点シーン以外にも、MF品田の後ろからの浮き球のパスにダイレクトで合わせてのシュートとかも惜しかった。
攻撃面では絶対必要な選手になっていると思う。

今日の結果で暫定3位をキープ。
今はどんな形でもいいから勝ち点3を積み上げるのみです。

ところで。
・・・東京の選手、監督、スタッフの皆さんは大分から無事帰れるのだろうか・・・。

| | コメント (0)

新潟記念と小倉2歳Sの予想。

今日は奥さんと息子たちと一緒に義妹さんの家@巣鴨に遊びに行く。奥さんと息子たちはそのままお泊りで、私だけ帰宅。
というわけで、現在はJ1第14節、東京vs大分@大分を観戦中。リアルタイムで東京の試合を見られるというのは嬉しい。

東京の試合の感想は後で書くとして、先に明日の競馬の予想を書く。

明日は新潟記念@新潟と、小倉2歳S@小倉。
新潟記念は、出馬表をパッと見て思うのは「逃げ・先行馬が少ないなあ」ということ。そう考えると、やはり前に行ける馬から狙いたい。

◎ウインガナドル。

現在10番人気。まあ、単勝オッズでは17倍ぐらいだけど。
おそらくはこの馬が逃げることになるだろう。そしてこの馬に競りかけそうな同型の逃げ馬はいないので、楽に行かせてもらえると思う。そうなれば前残りは十分にあり得る。
怖いのは何も考えずに前をぶっ潰しに来るデムーロ(ジナンボー(3番人気)に騎乗)。長い直線の新潟で、早めに前をぶっ潰しに来るとは思えないが・・・。
◎には2走前のむらさき賞(3勝クラス)で美味しい馬券を取らせてもらったが、もう1回美味しい馬券を取りたいです。
もう一頭気になるのはアイスバブル(12番人気)。
8月の新潟でお世話になりまくった戸崎が乗る、という理由で買う(笑)。
ただ、前走の目黒記念で2着になったのにハンデ据え置きで、それでいて12番人気なら買わない手はないと思う。

小倉2歳Sはよくわからないのでヒラメキだけで買う(笑)。

◎アールラプチャー。

現在5番人気。
先週の新馬線を勝って、連闘にここに挑む形。
連闘ということであまり人気になっていないが、「牝馬の連闘は目をつぶって買え」というのが今は亡き父親の教えである。
明日は「予定通りの連闘」らしいので、「連闘での疲れ」は気にしなくてもいい、のかもしれない。まあ、当たったらラッキーくらいの気持ちで買う。

7・8月はプラスで終われたわけだが、この勢いを9月も持続させたいです。

| | コメント (0)

「Number」の将棋特集が面白すぎる。

昨日書いたが、「Number」を購入した。
「Number」は創刊から40年を超える歴史のある雑誌で、これまでスポーツ全般を取り上げてきた。私も昔は競馬、サッカーなどが取り上げられてきた時は買っていた。

で、昨日発売されたのは「将棋特集号」。
スポーツ雑誌なのに「将棋特集」である。まあ、藤井二冠の人気にあやかったことは想像に難くない(笑)。

で、昨晩読み始めたのだが(まだ半分も読めてない)、

読み応えあり過ぎ。

藤井二冠の考察、渡辺名人(&王将・棋王)へのインタビュー記事で始まり、「ああ、無難に現在のタイトルホルダーの記事がメインなんだな」と思ったら、これ以外にも佐藤天彦九段&中村七段の対談、谷川九段、久保九段、大橋六段への単独インタビュー、羽生九段が七冠に挑んだ頃の話など、かなり面白い。

そして「Number」らしいと思えるのが「写真のキレイさ」。
棋士の写真がどれもこれもカッコいいのですよ。
個人的に好きなのは久保九段。無骨な感じがすっごくカッコいい。

ニュースにもなっているが、今回の「Number」は絶賛売れまくりらしく、Amazonでは品切れになり、発売当日の昨日に増刷が決まった。
将棋特集がこれだけ売れれば、「Number」編集部もまた将棋を取り上げてくれるかもしれない。
そんなことを期待しつつ、週末はまだ読めていないところを読もうと思います。
昨日一緒に買った「将棋世界」も読むし、今週末は読書三昧ですな。

| | コメント (0)

王座戦第1局。

今日は「Number(将棋特集)」を購入したが(あと、月刊誌の「将棋世界」も購入した)、まだ読んでいないので感想は明日にでも書きます。

今日は王座戦第1局。
永瀬王座(&叡王)に久保九段が挑む五番勝負である。

結果は永瀬の勝利。

先手番の永瀬に対し、久保は当然のように四間飛車に振る。永瀬が居飛車穴熊に組むと、久保はミレニアム囲いに組む。お互いにがっちり固めての戦いとなった。
中盤、金銀4枚で鉄壁の穴熊に組んだ永瀬が中央から仕掛けて捌く。久保も粘りを見せるが、じわじわと永瀬が優勢を拡大してそのまま押し切った。

終わってみれば永瀬の完勝。
「居飛車穴熊でがっちり固めて、多少の駒損も気にしない攻めでガジガジ行って、そのまま押し切る」という居飛車穴熊のお手本のような戦い方&勝ち方。私がネット将棋でよくやられるパターンでもある(涙)。

久保はもう少し早めに動けなかったのだろうか、とは思う。
穴熊に完全に組まれたらその時点で作戦負けなわけで、組ませない攻め方はあったように思う。

というわけで永瀬がまず1勝目。
私と同じ振り飛車党である久保には頑張って欲しいのだが、今日のような振り飛車だと永瀬相手では厳しいのでは・・・とか思ったり。

| | コメント (0)

ルヴァン杯準決勝進出。

今夜はルヴァン杯のノックアウトステージ(要するに決勝トーナメント)1回戦、東京vs名古屋@味スタ。


結果は3-0で勝利!

前半37分にFWディエゴオリヴェイラのグラウンダーのクロスをFW永井がスルーして、フリーのMF安部が押し込んで先制!いい形で前半を折り返す。
後半8分にはディエゴからの折り返しを再び安部が流し込んで追加点!
その後、凄まじい土砂降りになるが、最後は途中出場のFWアダイウトンがパスカットから一人でドリブルで持って行き、そのまま決めてトドメの3点目!
そしてそのまま終了。

うん、名古屋との相性の良さを感じずにはいられない完勝だった。
それにしても安部はいいなあ。
安部は大卒ルーキーの22歳。東京と相性抜群の明治大学出身である。
東京にいそうでいなかった「得点力のあるMF」なので、このまま順調に育って欲しいです。

さて、これで準決勝進出。
そして次の相手は川﨑である。
…一番厳しい相手だな…。
まあ、この前のリーグ戦の屈辱を晴らす機会を与えてもらったと喜ぼう。


| | コメント (0)

次男と箸。

今日から9月。
今年もあと4ヶ月か・・・。
今年は本当に慌ただしいままに過ぎていく感じ。

今日は特に何も無い一日だったので、息子達の話でも。

先週3歳になった次男。

先週末あたりから突然「箸使う」と言い出した。
まあ、箸自体は長男が使っていたエジソン箸(指を入れる穴がある、練習用の箸)が残っているので、試しに使わせてみた。

普通に掴めていた。

たまご焼きを箸で掴んで、普通に食べる姿を見て「やるなあ」と思った。まだ食べ物をこぼすこともあるが、この調子でいけば早いうちに箸が使えるようになりそう。

・・・で、今朝保育園で、園長先生に「箸を使ってたまご焼きを食べている次男の写真」を見せたら、「上手ですね」と褒めてくれる一方、「エジソン箸だと変に癖がつくから、早いうちに普通の箸にした方がいいですよ」と言われた。

・・・いや、さすがに無理じゃね?

とは思うのだけど、変な癖がつくかも、というのはわからないでもない。
エジソン箸で問題無ければ、早めに普通の箸に切り替えてもいいかも、とは思った。

こういう時思うのが、「長男の時はどうだったっけ?」ということなのだが、当然のように覚えていない(笑)。
まあ、そんなものです。

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »