« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

天皇賞(秋)の予想。

今日は次男の習い事がお休みなので、私が次男と留守番。長男の習い事の付き添いは奥さんにお願いした。

いい機会なので、次男を耳鼻科に連れて行って耳アカを取ってもらう。大きいのが取れました(笑)。

明日の競馬の予想。
明日は天皇賞(秋)@府中。
現在はアーモンドアイが圧倒的1番人気。昨年のこのレースを制していて、このレースに史上初の芝G1の8勝目がかかっている。この人気も納得ではあるのだが、天皇賞(秋)は何故か連覇が難しいレースで、シンボリクリスエスしか達成していない。そのシンボリも連覇したのは3・4歳時。4歳以降に勝って、衰えが出てくる(であろう)翌年に勝った馬はいない。そう考えると、アーモンドアイは1着付けでは買いたくない。
買うべきは「初めて天皇賞(秋)に出走する、勢いのある馬」。

◎クロノジェネシス。

現在2番人気。
「毎週毎週、圧倒的1番人気に逆らって、無難に2番人気に◎打ってるだけじゃねえか」という声はごもっともとしか言いようがない。
ただ、今年の宝塚記念の圧勝劇を見ると、中距離戦でこの馬に重い印を打たないわけには行かないし、しかも2番人気で買えるなら買うしかない。

相手には流石にアーモンドアイは買うが、他に気になるのはフィエールマン(4番人気)。
これまで勝ってきたG1が3000m以上のレースばかりなのであまり人気になっていないが、それ以下のレースでも凱旋門賞と帰国初戦の有馬記念以外は大崩れはしていない。正直、この馬が勝つシーンがあってもいいと思ってる。

馬券はこの3頭だけで。
これ以上買えば買うだけ外れると思う。
結局10月は的中ゼロという残念な結果だったが11月は巻き返したいです。


| | コメント (0)

明日から4連休。

今日は奥さんの42歳の誕生日。
というわけで、今日は定時になったらとっとと退社し、予約済のケーキを買って、自宅でお祝いする。
ついでに明日は近所のイタリア料理屋で家族4人で外食する予定。
誕生日はしっかりお祝いしてあげないとね。

さて、来週の11月2日(月)はうちの会社は休みになる。
実は今年から「土日と祝日の間の平日を休みにする」という謎ルールが始まった。つまり、火曜か木曜に祝日が入った場合は月曜または金曜が休みになり、4連休になるということ。

これは当然嬉しい。
何が嬉しいって、「奥さんには『会社に行っている』ことになっているのに休める」というのが嬉しい。これ、奥さんに伝えたらたぶんのんびりとは休めないんだよねえ・・・。

とりあえず現時点では月曜日は近所の病院でがん検診を受診することと、献血に行くことは決めているが、他はノープラン。
さてどうするかねえ。

| | コメント (0)

まさかの不二家。

今日は将棋の話。

先日「叡王戦の次の主催者が今日発表される」と書いたが、予定通り発表された。

不二家である。

あの、ペコちゃんの不二家である。
これはなかなか予想外の展開。コロナ流行の中、飲食業はかなり厳しいはずなのだが、まさか不二家が主催として手を挙げてくれるとは思わなかった。

ただ、叡王戦のレギュレーションは結構変わった。
段位別予選(四段の棋士は四段だけで、九段の棋士は九段だけで予選を行う)はそのままだが、叡王と挑戦者とのタイトル戦は五番勝負になった(今までは七番勝負)。あと、タイトルの序列も3位から6位に下がった。おそらくは賞金も下がっただろう。

でも、「叡王戦」が無くならなかっただけでもありがたい。
これからは、会社や家で食べるお菓子は不二家のものだけにします。


| | コメント (0)

3歳児健診。

今日はJ1第30節、東京vs柏@味スタが行われたが1-3で負け。
失点シーンがミスからのものばかりで本当に萎える。以上。

今日は有休を取って、次男の3歳児健診に一緒に行った。
こういうイベントはだいたい奥さんが行くのだが、奥さんの有休がほとんど残っていないという事情もあり、私が行くことになった。

で、今日の最大の難関は「次男の尿を採取すること」。
健診なので尿を持って行かないといけないのだが、そもそも次男はトイレでおしっこをしたことが無い(笑)。
なので、朝から次男を何度も便座に座らせてチャレンジさせた。で、どうにかおしっこを採ることができた。「よかった・・・」とマジで思った(笑)。

その後、その尿を持って健診に行き、健診自体は無難に終了。
身長・体重は平均的な数字(95cm、13kg)だった。

そんな感じで次男と過ごす一日でした。

| | コメント (0)

インフルエンザの予防接種。

今日は勤務中に職場の近くでインフルエンザの予防接種を行った。
今年はうちの会社が近所の病院と契約を結び、希望者はそこの病院で無料(て言うか全額会社負担)で接種できるようになった。無料で、しかも勤務中に行っていいとなればそりゃ当然接種するに決まってます。
私は人生でインフルエンザに罹ったことは無いのだが、今年もこれで大丈夫・・・だといいなあ。

ただ、今年はインフルエンザはあまり流行しないのでは、とは言われている。実際、昨年は9月の時点でそこそこ流行りだしているというニュースが流れていたが、今年は全くその兆候は無いらしい。
それはやはり「コロナ対策でみんながマスクしたり三密を避けているから」なのだろう。そう考えると、何年先になるかわからないが、仮にコロナが終息したとしてもなるべくマスクはした方がいい、ということになるのだろうか。

でも、マスクするのはやはり面倒なんだよねえ。
て言うか、私は電車の中と、会社では打ち合わせや会議の時でしかマスクしてないけど(笑)。

| | コメント (0)

あれから1年。

昨年、私の大学時代の同期の女性が急死したという話を書いたが、今日は彼女の命日である。
もう1年経つのか・・・というのが率直な感想。
時が経つのは早いものである。

本来だったら彼女のお墓参りや一周忌ということで集まる計画を立てるところだが、今年は新型コロナの影響で難しい状況になっている。まあ仕方のないところではある。

その代わり、というわけでもないが、私の同期の女性の呼びかけで亡くなった彼女向けのお花をご両親に贈ることになった。既に届いたらしく、ご両親には喜んで頂けたらしい。

ただ、やっぱり同期みんなで集まって彼女を悼むことができないのは寂しく感じる。
早く新型コロナに終息してもらいたいと思います。

| | コメント (0)

菊花賞の感想。

今日は菊花賞@京都。

勝ったのは圧倒的1番人気に応えてコントレイル。
道中は先行勢から少し後ろを追走し、そのまま直線に入る。そこで外から襲い掛かったのがアリストテレス(2着/4番人気)で、一瞬は「これ、アリストテレスが外からねじ伏せられるんじゃね?」と思ったが、そこから二の脚を使ってクビ差凌ぎ切った。
いや~~~、ちょっとこれはどうなの?しょぼ過ぎない?と思わせる「三冠達成」だった。私の競馬歴では4頭目となる牡馬三冠達成なのだが、ここまで「力の差を見せつけない三冠達成」は初めて見た。しかもその相手が「2勝クラスを勝ったばかりの重賞初挑戦の馬」というのがしょぼさを増幅させている。
まあ、コントレイルにとって菊花賞の舞台は適性外だったのだろう、ということはよくわかった。
来年は天皇賞(春)には行かないだろうし、凱旋門賞でどうこうということも無さそう。正直、同世代にたいしたライバルがいなかっただけで、実力的にはサトノダイヤモンド級なのでは、とか思わないでもない。
この後は有馬記念に向かうのだろうけど、古馬のトップクラスに勝てるのかねえ・・・。

期待した◎ヴェルトライゼンデ(2番人気)は7着。
いい感じで進めていたのだが直線に入って全く伸びず。よくわからん。

というわけで今週も外れ。
アリストテレスは「2勝クラスを勝ったばかりの馬を4番人気では買えない」と思って迷わず消した馬。結果を知ったとしても買えないので、精神的ダメージは無いです。

それにしても当たらんなあ・・・。

| | コメント (0)

菊花賞の予想。

今日はJ1第28節(27試合目)、東京vs横浜@味スタが行われたが、クソな内容でのボロ負け(0-4)なので感想無し。
とりあえず、DAZNは今月末で休むことに決めた(笑)。

というわけで明日の競馬の予想。
明日は菊花賞@京都。京都競馬場改修前の最後のG1となる。

現時点では無敗の二冠馬コントレイルが単勝1.1倍の圧倒的1番人気。実績から考えれば納得の人気だし、さすがに消せないのだが、明日は未経験の3000m(まあ、全馬未経験だけど)。3000mが長かった、という可能性はゼロではない。
こう考えると2番人気以下の馬は全て「この単勝オッズなら買いたい」と言える馬だが、その中で一番買いたいのはこの馬。

◎ヴェルトライゼンデ。

現在2番人気。単勝13倍だけど。
ダービー3着から休み明けの神戸新聞杯はコントレイルの2着。そしてその神戸新聞杯はコントレイルより速い上がりを使っていた。
「神戸新聞杯で最速の上がりを使った馬」は菊花賞で強く、直近6年で3勝2着2回。今年は例年と違って中京2200mでの神戸新聞杯だったので傾向通りには行かないかもだが、細かいことは気にしない。
あと、この馬は昨年の菊花賞馬ワールドプレミアの半弟。スタミナ面の心配は無さそう。逆転があるならこの馬だと思う。

他に気になるのは、基本的に今春にお世話になった馬。

まずはヴァルコス(7番人気)。
青葉賞(2着)の時点で「距離が伸びたらもっと良さそう」と思った馬。前走のセントライト記念(5着)は終始後方で、最速タイの上がりを使ったが前には届かず。ただ、いかにも距離不足な感じの負け方ではあった。
当初の鞍上は三浦の予定だったが、病気の為に岩田康に乗り替わったのもプラス材料。今の岩田康は昔ほどは信用してないが、三浦よりは絶対マシ。
次にディープボンド(5番人気)。
前走の神戸新聞杯は逃げ・先行馬総崩れの中、踏ん張って4着。京都新聞杯を勝っているように、直線で坂の無い京都に替わるのはプラスなはず。
最後にサトノフラッグ(6番人気)。
これはおお世話になったことは無いし、当初はあまり買う気は無かったが、セントライト記念で最速タイの上がりで2着の馬を無視するのもどうかと思って買う。


悩んで消すのはバビット(3番人気)。
何度か書いているが、血統的には凄く好きな馬。ここを勝って、来年欧州で走ってもらいたいと思うくらい。
ただ、これだけ人気馬を買う以上、2番人気のこの馬まで買うわけにはいかない。
…ああ、自分で死亡フラグを立てている気がする(笑)。

馬券は挙げた5頭で。
そろそろ秋のG1当てたいなあ。

 

| | コメント (0)

竜王戦第2局。

今日は竜王戦第2局2日目。
豊島竜王が開幕2連勝とするか、羽生九段挑戦者が勝って1勝1敗のタイに持ち込むかという一局。

結果は羽生の勝利。

角換わり(という戦法名です)から先手番の豊島が先攻するが、羽生の反撃が鋭く一気に寄せ切った。
終局は17時過ぎとかなり早め。羽生の完勝と言っていい内容だった。

今日は昼休みにAbemaTVで中継を見ていたが、その時点で「羽生がこう攻めたら豊島はどう受けるのだろうか」という解説をしていた。で、豊島はその展開を避けることもできたと思うが、その展開に飛び込んで一気にぶっ潰された。まあ、この展開を避けても厳しいという判断だったのだろう。だとすると、そこまでの豊島の構想に問題があったということなのだが、どこが悪かったのだろうか・・・。

というわけで1勝1敗のタイとなり、改めて五番勝負の形になった。
第1局を見た時点では「豊島は復調してきたし、羽生では厳しいか?」と思ったが、今日の圧巻の強さを見るとじぇんじぇんそんなことはないと感じた。
今後の展開が楽しみになってきました。

| | コメント (0)

将棋の本を読みまくる。

今日は竜王戦第2局の1日目というのと、日曜日の菊花賞の枠順が発表されたぐらいで特に何も無い一日。

というわけで「何も無かった時用のネタ」を書く。

私はプライベートの携帯はワイモバイルなのだが、ここ数ヶ月は毎月ヤフーショッピングで使える500円クーポンが届いている。
当初は「これ貰っても特に使い道がないなあ」とか思っていたのだが、ふと思って「ある書籍」用に毎月使っている。

将棋の本である。

一言で「将棋の本」と言ってもいろいろあるのだが、私が購入しているのは「特定の戦法の定跡書」。もっと具体的に書くと、私がよく指す振り飛車の定跡書である。
これは、主にプロ棋士が自分で監修して、こういう局面でどう指せばいいかをまとめた本である。私のようなアマチュアレベルだとその内容を知っているかいないかで、将棋の成績は結構違うと思う。この手の本は、だいたい1500円前後なのだが、これをクーポンを使うことで1000円前後で購入している。

で、こういった将棋の本を、これまで3冊購入して読みまくった。
そのおかげかどうかは何とも言えないが、ネット将棋の成績は比較的好調だったりする。

というわけで、今後も将棋の本を買いまくって研究を重ねて行こうと思います。

| | コメント (0)

ドワンゴ、叡王戦やめるってよ。

今日は午後から社内の内部監査の対応に追われた。
まあ、「ここを指摘されたら面倒」というところには行かないように誘導し、「指摘されても余裕で対応できる内容」に誘導して難なく終了。監査の意味無えなあ(笑)。
それにしても、業務の効率化を妨げる大きな要因の一つは、「過剰な監査への対応」だとつくづく思う。コンプライアンス上、そんなことを堂々とは言えないが(笑)。

今日は将棋の叡王戦の就任式(豊島新叡王)が行われた。
まだweb上では公式に発表されていないが、これまでの主催者であったドワンゴが撤退するとのこと。

まあ、これは噂されていたので特に驚きは無い。
大事なのは「叡王戦が存続するのか否か」なのだが、どうやら存続はするらしい。
で、新しい主催者は来週29日(木)発表とのこと。なんでそんなに引っ張るの、とは思わないでもないが。

さて、次の主催者はどこになるのだろうか。
最近、将棋に力を入れているところと言えばAbemaTVだが、意外なところが主催者に名乗り出るのかもしれない。

とりあえず、29日(木)の発表を待つとしましょう。

| | コメント (0)

どこかに行きたい。

最近、うちの奥さんが時々「GoToトラベルキャンペーン」をやっているうちにどこか旅行に行こうか、という話をしてくる。

個人的には悪くない話だと思っている。
単純に「今ならお得に旅行できる」というメリットは大きい。
あと、来年になったら長男が小学校に入学するので、平日に簡単に休めなくなってしまう(幼稚園は比較的気軽に休める)。そうなると旅行も簡単には行けなくなってしまう。そういう意味でも、キャンペーンをやっている今のうちに行くというのはいいと思う。
ちなみに、私も奥さんも「コロナでびびって外出しないのはもったいない」と思っている派。て言うか、びびり過ぎてもしょうがないと思うんだよねえ。

まあ、どこに行きたいかを決めるのは奥さんか長男。
私はそれに従うだけです(笑)。

| | コメント (0)

決め切れない方が悪い。

続いてサッカーの話。
今日はJ1第23節(26試合目)、東京vs横浜FC@三ッ沢。

結果は0-1で負け。

シュート24本打って決め切れず、後半43分に失点して負け。
後半アディショナルタイムに横浜FC守備陣にハンドがあったような気もするが、それまでに決め切れない方が悪い。

これで暫定3位に後退。
4位のG大阪に抜かれるのも時間の問題だろう(消化試合数はG大阪が3試合少なく、それでいて勝ち点差は2しか無い)。
まあ、今年はルヴァン杯を取れれば文句は無い。ついでにACLも取れればいいが、さすがにそれは厳しいか。

| | コメント (0)

秋華賞の感想。

今日は秋華賞@京都。
勝ったのは圧倒的1番人気に応えてデアリングタクト。
道中は中団に構え、3角から徐々に進出し、直線に入ったところではほぼ先頭に。そこから馬場のど真ん中を力強く突き抜け、インから追い上げたマジックキャッスル(2着/10番人気)を1・1/4馬身差退けた。
まあ、やっぱり負けないよね。向こう正面でスムースに外から進出する姿を見て、「ああ、これは故障しない限り勝つなあ」と思いながら見てました(息子たちと一緒に公園に行き、遊んでいる横でワンセグで見ていた)。
これで無敗の三冠牝馬となった。
次は「牡馬や古馬牝馬との対決」が待っているわけだが、まずどこに向かうのだろうか。個人的にはジャパンカップに向かって欲しい。これだけの馬なのだから、「エリザベス女王杯に向かう」とかせこいことは言わないで欲しい。
期待した◎リアアメリア(2番人気)は13着。
少し出負けたがすぐに先行勢に取り付き、いい感じで先行しているように見えたが、4角の時点で手応えが無くなって終了。
レース後の川田の談話では「現状は極端に乾いた馬場でないとダメ」とのこと。確かに今日はやや重で時計はかかっていたからなあ・・・。まあ、逆に言えば敗因がはっきりわかっているのだから、今後の取捨は分かりやすいとも言える。

というわけで今週もいいところ無く外れ。
たぶんこれで4週連続的中無し。今年の初め頃並みの不調である。
まあ、明けない夜は無いと信じて馬券を買い続けるのみです。

| | コメント (0)

秋華賞の予想。

今日は昨日に引き続いて会社で管理職向けの研修。

9時から17時まで頑張ってきた。発表が多く、めっちゃ喋ったなあ…。
これで明日1日だけ休んで、月曜からまた仕事というのはなかなかハードではある。

他には特に何も無いので明日の競馬の話。
明日は秋華賞@京都。
明日の京都は晴れるらしいので、馬場は深く考えないことにする。
現時点では無敗の三冠牝馬を目指すデアリングタクトが圧倒的1番人気。そりゃそうだ。
で、普通に走れば負けないだろうとは思っている。内枠を引いて揉まれる展開になったら危ないかもとか思ったが、13番枠なら大丈夫だろう。
しかし「それはそれ」として、買いたいのはこの馬。

◎リアアメリア。

現在2番人気。
春までは差し馬だったが、休み明けの前走(ローズS)では2番手から抜け出て快勝。春から体重も増えたことも含め、成長が窺えた。
枠順も先行馬にとっては絶好の2番枠。「デアリングタクトの差し損ね」に期待する形ではあるが、逆転のチャンスはあると思う。
あと、2年前のアーモンドアイが勝った時の秋華賞の予想で書いたが、二冠牝馬が秋華賞に出走した時は「春のクラシックで好走したローズS連対馬」が強い。そういう面でもリアアメリアは買いたい。
基本的には◎とデアリングタクトの1点でいいと思うが、「3着候補」として買いたいのは下記3頭。
まずはウインマイティー(4番人気)。
オークス3着の実績から前走の紫苑Sでは人気になったが6着。ただ、休み明けは走らない馬なので気にする必要は無い。内枠を引いたのでインで我慢できればチャンスはあると思う。
次にミヤマザクラ(5番人気)。
これは単に「今日の福永が京都で6勝して絶好調だったから」という理由。
最後にクラヴァシュドール(7番人気)。
これはもう意地と言っていい(笑)。桜花賞、オークス、ローズSと◎を打ってきて外れ続けた馬を秋華賞で消して来られたら死んでも死に切れん。

それにしても固い予想だ。
7番人気以内で買わないのはウインマリリン(3番人気)とマルターズディオサ(6番人気)だが、どちらも鞍上が不安(横山武&田辺)なので軽視した。これで来られたら仕方ない。

…でも、私がこんな固い予想した時に限って大荒れしたりするんだよなあ。


| | コメント (0)

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」公開日決定。

今日は朝から管理職向け研修。
9時から17時までとなかなかにハードだった。時々指名されるから寝ることもできないし(笑)。
そしてこの研修は明日も行われる。土曜日に研修やるなよなあ・・・。

さて、今日の研修が終わって、少し仕事してからネットを見たら衝撃のニュースが報じられていた。

「映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は2021年1月23日公開」

というわけで、ず~~~っと延期されていた「エヴァ劇場版」の公開日が来年の1月23日に決まった。
公式サイトでも発表されたので間違いないだろう。
ようやく決まった、というのが率直な感想。年内に見れないのは残念だが、公開日が決まっただけよしとする。

ただ、コロナが冬にかけて再流行したらどうなるのだろう、という不安はある。
個人的には「映画館での鑑賞」には固執していないので、公開日の1月23日にDVDを発売してくれてもいいのだけどなあ。

とりあえず、あと3ヶ月、何も起きないことを祈るばかりです。

| | コメント (0)

熊の読み方。

そう言えば先日体調を崩した次男だが、昨日のうちに熱は下がり、今日は保育園に登園させた。
現時点で呼び出しは無かったので、どうやら一日無事だった模様。よかったよかった。

特に今日はネタも無いので、最近思うことを。

我が家にはスマートスピーカーのアレクサがある。
音楽を聴くのがメインだが、「ニュースを流して」と言えば、直近のNHKラジオのニュースを流してくれる。

で、最近「熊が出没した」というニュースが流れたのだが、「熊」のアクセントが「目の下にクマができた」の「クマ」と同じだった。
つまり「 \_ 」と「く」にアクセントがあって「ま」で下がるのではなく、平坦に読む、ということ。説明が下手で申し訳ない(笑)。
これを聞いて「え、おかしくね?」と思って調べたのだが、どうやら「熊」の正しいアクセントは「目の下のクマ」と同じとのこと。

えええええ!?

と思ったが、そういうものらしい。
しかし、この話を奥さんにしても、会社でしても全く同意を得られない(笑)。

というわけで、「熊」は今まで通りの読み方でいこうと思います。

| | コメント (0)

ドタバタしたけど勝った。

続いてサッカーの話。
今夜はJ1第22節、東京vs清水@味スタ。

結果は3-1で勝利!

前半22分、セットプレーから清水DFのクリアボールをMF三田がボレーで叩き込んで先制!・・・かと思ったら、ゴール前でFW田川の脚に当たってコースが変わってのゴールだった。どちらにせよ、先制点なら何でもいい(笑)。
後半に入って10分、スルーパスを受けたFW永井が右足を振り抜くとこれがネットに突き刺さり追加点!
これは楽勝かと思ったが、34分にGK林がバックパスを受けてからMFに繋ごうとしたところをまさかのパスミスで清水FWドゥトラに渡してしまう。そしてそれをそのまま決められて2-1に。かなり嫌なムードが漂ったが、アディショナルタイムにFW原のグラウンダーのクロスをFWアダイウトンが決めてトドメの3点目!これで勝負あった。

まあ、かなりドタバタした内容だったが、とりあえず勝ててよかった。
今日になってFWレアンドロが先週のG大阪戦での乱暴行為で3試合の出場停止処分になり、ちょっと暗い気分になったが、それを吹き飛ばす快勝だった。

順位は暫定ながら2位キープ。
他の上位陣も勝ってるから引き離すことはできないが、今は勝ち点3を積み上げていくだけです。

| | コメント (0)

王座戦第5局。

今日は王座戦第5局。
永瀬王座が防衛するか、久保九段挑戦者が奪取するかの最終局。

勝ったのは永瀬。

改めての振り駒で先手番を得た久保が序盤から“欲張った”指し回しを見せるが、永瀬がそれを速攻で咎めに行き、飛車角交換に。その後、久保も端から反撃するが永瀬にきっちり受けられ、逆に端から反撃される。その後は永瀬が落ち着いた寄せを見せて、そのまま完勝。

永瀬が強かった、というよりは久保の序盤に問題があった気が・・・。
↑に書いた“欲張った”指し回しに対する永瀬の反撃は自然なもので、それで久保が悪くなるのであればそもそもこの構想に無理があったということ。タイトルの懸かった大一番が、序盤で終わってしまうのは萎えるなあ・・・。まあ、もちろんその一瞬の隙を見逃さなかった永瀬の強さも素晴らしいのだけど。

というわけで永瀬が王座を防衛した。
「4強(他は豊島、渡辺、藤井)」の一角としての意地を見せた形か。

対して久保はあと一歩のところで王座に届かなかった。
第1・3局で永瀬の居飛車穴熊に完敗だったように、「がっちり固められた時」の対策がイマイチだったような感じ。
でも、同じ振り飛車党として夢を見せてくれた久保には感謝してます。

| | コメント (0)

訃報が重なる。

今日は王座戦第5局が行われていて、もうすぐJ1第22節(25試合目)の
東京vs清水@味スタが始まる。
どちらも感想は結果が出てから書きます。

一昨日、昨日と訃報が続いた。

「作曲家 筒美京平さん死去」
「漫画家 まつもと泉さん死去」

筒美京平は昭和を代表する作曲家である。
筒美氏が作曲した主な作品は「魅せられて(ジュディ・オング)」「スニーカーぶる~す(近藤真彦)」「なんてったってアイドル(小泉今日子)」「仮面舞踏会(少年隊)」「抱きしめてTONIGHT(田原俊彦)」などなど、40代以上なら誰でも知ってるレベルの曲。
ウィキペディアで作品一覧を見たが、80年代の作品はほとんど聞いたことがあった(笑)。もう、「筒美京平作品を聴いて育った」と言っても過言ではない。
作品一覧を見て「この曲が一番好き」を選ぶのも難しいくらいだが、強いてあげるなら「水のルージュ(小泉今日子)」。
小泉今日子には多くの作品を提供しているが、これは「なんてったってアイドル」のように「明るさ100%」ではなく、すっごく大人のイメージの曲(まあ、口紅のCMで使われた曲だし)。
イントロからすっごくカッコいいと思ったのを覚えている。

まつもと泉は、「ジャンプ」で「きまぐれオレンジロード」を連載した漫画家である。て言うか、結果的にそれだけの一発屋だったなあ・・・。
「きまぐれオレンジロード」はいわゆるラブコメで、なかなか進展しない展開にモヤモヤしながら読んでいた記憶がある(笑)。
ただ、30年以上前の作品で、当時のジャンプを読んだだけで単行本は読んだことがないのに、ヒロインのまどかが「Like or Love?」と聞いたシーンは覚えている。それだけ当時の私には印象的な場面だったのだろうなあ。

お二人のご冥福をお祈りします。
合掌。

| | コメント (0)

慌ただしい一日。

昨日は息子たちと千葉動物公園へ遊びに行ったのだが、実はここ数日次男は少しせきが出ていた。
熱は出ていなかったので普通に遊ばせていたのだが、今朝になって少し熱も高め(37度ちょうどくらい)になっていた。
「これは保育園に預けたら途中で呼び出されるパターンだろうなあ・・・」とは思っていたが、私は昨日会社を休んでいるし、奥さんは長男が通う幼稚園のPTAの会合で休めない。
奥さんの会合は昼には終わるということなので、その会合が終わったら奥さんが保育園に迎えに行くということになり、運を天に任せて次男を保育園に預けたのだが、

11時過ぎに保育園から呼び出された(涙)。

その時点では奥さんは会合の真っ最中だったので、私が急遽お迎えに。
園長先生から「熱が上がったのもあるが、呼吸が苦しそうで、お腹がへこんで肩で息している」とか言われたら、さすがにお迎えに行かざるを得ない。

で、保育園に急行し、次男を引き取り、家で手を洗わせたりしていたら奥さんが帰ってきた。奥さんも会合が終わった後に急いで帰ってきてくれたらしい。
というわけで、次男を奥さんに託して私は再び会社に戻り、午後は普通にお仕事。

奥さんは次男を病院に連れて行ってくれているのだが、現時点で特に連絡は無し。ということは深刻な事態ではないのだろう・・・と思うことにする。

そんなこんなの慌ただしい一日でした。

| | コメント (0)

千葉動物公園。

今日は有休。

昨日行われた長男の運動会の振替休園日の為、今日は長男を見てあげる必要があり、奥さんの有休があまり残っていないので私が対応することにした。
で、今朝長男と「今日は動物園行こうか」と話をしていたら、次男も「行きたい〜」と言い出した。当初は次男は保育園に預けようかと思ったが、ついでなので次男も保育園を休ませることにした。このあたりは勢いです(笑)。

その後、9時に家を出発し、向かったのは千葉動物公園。
兄弟とも最近「動物園行きたい〜」と言っていたのもあるし、千葉都市モノレール(懸垂式のモノレール)に乗せてあげたいというのもあった。

電車に揺られ、モノレールからの景色を楽しみ、動物公園到着。
ここは初めて来たが、結論から書くとかなり良かった。
見れる動物はライオン、キリン、ゾウなどの大型動物からウサギ、リスなどの小型動物が見れるし、ペンギンやアシカなどの水の生き物も見れた。
あと、「ふれあい広場」的なところもあって、そこではヤギやカピバラに餌をあげたりすることもできた。息子達はちょっと怖がりながらも頑張ってあげていた。

そんな感じでかなり楽しかった様子。
機会があったらまた行ってみたいと思います。
…まあ、我が家から電車で2時間近くかかるのは難点だけどねえ…。


| | コメント (0)

毎日王冠と京都大賞典の感想。

今日の競馬は毎日王冠@府中と、京都大賞典@京都。

毎日王冠を制したのは人気に応えてサリオス。
◎トーラスジェミニ(6着/8番人気)が飛ばして逃げる中4番手を追走し、直線に入ると鋭く伸び、終わってみれば2着のダイワキャグニー(4番人気)を3馬身差ちぎる完勝。
いやあ、普通に強かった。「3歳馬のレベルが低い」どうこうの雑音を吹き飛ばす強さ。
この強さならどのG1に出ても勝負になると思うのだが、この馬はシルクの馬。同じシルクの馬であるアーモンドアイにはぶつけないよなあ・・・。
期待した◎トーラスジェミニは↑にも書いた通り6着。
コントラチェック(7着/7番人気)との逃げ争いで怯まずに先手を奪ったところに木幡育の気概を感じた。直線に入ったところでも「もしかして残るかも?」と思わせる脚だった。今日はさすがに相手が悪かったが、もう少し手薄なメンバーなら充分勝ち負けできると思う。

京都大賞典を制したのはグローリーヴェイズ(3番人気)。
道中は前目を進み、直線では馬場のど真ん中を抜け出て、キセキ(2着/1番人気)の追撃を3/4馬身差振り切って押し切った。
外枠だったから嫌ったが、終わってみれば香港G1馬の底力を見せつけた形。今日はなかなかのメンバーだったと思うが、この勝ち方ができるなら香港ヴァーズの連覇も夢ではなさそう。さすがにJCや有馬記念までどうにかなるとは思ってません。
期待した◎ダンビュライト(5番人気)は7着。
いい感じで逃げていると思ったが、直線では全く粘れず。ちょっと不本意な結果だった。

というわけで今週もいいところ無し。これで3週間的中ゼロである。
そして来週は秋華賞。デアリングタクトの無敗の三冠なるかが焦点になるが、当然◎は打たない予定。て言うか、よっぽどのことが無い限り◎リアアメリアです。

| | コメント (0)

運動会。

今日は朝の時点で雨が止んでいた。
そして7時半に幼稚園からメールが入り、「午前中に運動会を開催するので10時から登園して下さい」とのこと。
というわけで午前中から運動会が開催された。
結果、途中で晴れ間が見えるくらいに天候に恵まれて無事に終了。
長男はリレーで懸命に走っていたし、閉会の挨拶も友達と一緒にこなしていた。
すっごく大満足の運動会だった。

日曜日に開催できてよかったと思うのは「保護者の方々がたくさん見に来れた」ということ。
昨年は台風の影響で土曜~月曜(祝日)まで無理で、火曜日に開催されたのだが、私を含めて見に行けない保護者が多かったらしい。
というわけで、園としてもできるだけ土日で開催したかったらしい。
そういうことを考えてくれた園の先生の方々には感謝しかないです。

| | コメント (0)

毎日王冠と京都大賞典の予想。

最後に明日の競馬の予想。


明日は毎日王冠@府中と、京都大賞典@京都。
毎日王冠の出馬表を見て思うのは「アエロリットがいなくて寂しいなあ」ということ。引退したから仕方ないのだが。
現時点では皐月賞&ダービー2着のサリオスが圧倒的人気となっている。しかし、初めての古馬との対戦で圧倒的人気というのはリスクが高過ぎると思う。一応買うけど。
人気サイドの馬に差し馬が多いので、狙いたいのは逃げ馬。
◎トーラスジェミニ。
現在9番人気。
明日は何が逃げるかは何気に難しいのだが、たぶんこの馬だと思う。今年に入って、逃げられなかった時の成績は酷いので、多少無理しても行くと思う。
ここ2戦の敗戦は2000mだったが、6・7月に結果が出た1800mに距離が短縮されるのはプラスのはず。あとはサリオスが早めにぶっ潰しに来ないことを祈るだけ。
あと、トーラスジェミニの血統表見たが、4代母がコスマー(サンデーサイレンスの父ヘイローの母)でかなり衝撃を受けた。ここから、リボー、ノーザンダンサー、マンハッタンカフェ、キングズベストを付けてトーラスジェミニに至るのだが、母母父ノーザンダンサーの馬を2020年に見れるとは思わなかった。
相手はサリオスと、絶好調の矢作厩舎(先週のコントレイルと、今週は大井の重賞2連勝)のサトノインプレッサ(2番人気)を絡めて買う。
京都大賞典は内枠の馬が強いレース。
そしてその内枠に「こいつ買ったことあるなあ」という馬が多過ぎて悩む(笑)。その中から買うのはこれ。
◎ダンビュライト。
現在6番人気。
昨年のこのレースの2着馬であり、京都外回りの中距離戦は大崩れしておらず、絶好の1番枠を引いた。
今年の春は、去勢手術明けでG1だけ2走するというローテだったので、結果が出なかったのも仕方ない。得意な条件に戻れば巻き返せるはず。
相手は悩ましいが、買いたいのはステイフーリッシュ(5番人気)。
オールカマー(3着)からの中1週という強行軍だが、京都の中距離戦は得意としており、むしろここが勝負かもしれない。あと、↑にも書いたが絶好調の矢作厩舎の馬だし。
以前にも書いたが、私が初めて馬券を買ったのは1989年の毎日王冠。オグリキャップがイナリワンをハナ差で退けたレースである。
そのせいか、毎日王冠にはなんとなく思い入れがある。というわけで頑張って当てたいです。もちろん、京都大賞典も当てたいです(笑)。


| | コメント (0)

竜王戦第1局。

続いて将棋。

今日は竜王戦第1局2日目。
豊島竜王に羽生九段挑戦者が挑む七番勝負の開幕戦である。

勝ったのは豊島。

序盤から後手番の豊島が超速攻を仕掛けて、いきなり激しい殴り合い。お互いに王様を動かさないままに終盤戦に突入したが、羽生に悪手が出ていきなり豊島の必勝形に。結局そのまま豊島が押し切り、手数は竜王戦史上最短の52手で終わった。

豊島の超速攻にも驚いたが、それをまともに食らってぶっ潰された羽生にも悪い意味で驚いた。
先日の王将戦リーグで藤井二冠に勝った時は羽生復活か?とか思ったが、今日の負け方見るといろいろ厳しいのかも…とか思ったり。

まあ、そうは言ってもまだ第1局が終わっただけでもある。
第2局以降の羽生の巻き返しに期待します。


| | コメント (0)

ツイてない負け方。

昨日も書いたが、今日は長男の通う幼稚園の運動会の日。

しかしこの雨のせいで当然中止。
というわけで、いつもの土曜日と同様に習い事に出掛けましたよ、この雨の中。疲れました…。

さて、今日は書きたいネタがあり過ぎる。
まずはJ1第節(試合目)、東京vsG大阪@味スタ。

結果は0-1で負け。

雨が降りまくる影響でボールが転がらず、思うようなサッカーができない中、前半終了間際にセットプレーでの競り合いでハンドを取られてPK献上。これをきっちり決められて先制を許す。
その後は懸命に反撃するが、ガンバ守備陣がしっかり守って逃げ切られた。

う〜ん、ちょっと不運な負け方。
水曜日の川崎戦で勝って気が緩んだわけではないと思うが…。

一応、暫定2位はキープした。
ただ、消化した試合数は結構違うので、どう考えても抜かれる運命にあるんだよなあ…。


| | コメント (0)

明日はいろいろ大丈夫だろうか。

昨日書いた「長男の通う幼稚園の運動会」の件だが、土日が雨で順延した場合は12日(月)に開催されることになった。
現時点では月曜日は晴れそうなので、月曜日に運動会開催ということになりそう。よかったよかった。
それにしても、2年連続で台風の影響で平日開催になるとは思わなかった。うちの長男は比較的“晴れ男”だと思うのだが、同じクラスにかなりの“雨男”がいるのではないだろうか(笑)。

さてその明日だが、府中・京都・新潟開催では「事前に指定席券を購入した人に限り競馬場に入場できる」ことになっていた。

「第4回東京競馬・第4回京都競馬・第4回新潟競馬におけるお客様のご入場」

ところがこの台風14号の影響での大雨ですよ。
すでに指定席券を購入した人はこの大雨の中行くのだろうか。

・・・行くだろうなあ(笑)。

とりあえず、「大雨の影響で開催中止」ということにならないことを祈ります。

あと、明日は東京vsG大阪@味スタ(14時キックオフ)もあるのだが、これも開催できるのか少し心配だったりする。

ほんと、週末に雨降るのはやめて欲しい・・・。

| | コメント (0)

今年も台風直撃。

今日の東京は朝から冷たい雨が降り続いて寒い一日。
さらに台風14号が関東を直撃しそうな雰囲気で、その結果11日の日曜日まで雨が続くのでは、と言われている。

さて、長男が通う幼稚園では10日(土)に運動会を開催する予定で、雨天の場合に備えて11日(日)が予備日となっている。

・・・なのだけど、現状ではどちらも雨の予報。少なくとも10日(土)は99%雨だと思う。
11日(日)も、台風14号が加速してくれれば早い時間に晴れるかもしれないが、現時点では11日の昼過ぎに太平洋側に抜ける予報になっている。

さて困ったなあと思ったが、当初のスケジュールでは、「10日(土)に運動会を開催して、12日(月)は振替の休園日」ということになっている。
なので、12日(月)に開催する可能性も無いわけではない。
よく考えたら、昨年も10月12日(土)の予定だったのが、台風直撃のせいで15日(火)に運動会が開催されている(昨年のブログ読んで確認した)。

これはもしかしたら12日(月)開催の可能性もあるかもしれない。
長男にとっては幼稚園最後の運動会だし、練習もしてきたみたいだし、なんとか開催して欲しいと強く願います。

| | コメント (0)

3度目の決勝進出。

今夜はルヴァン杯決勝トーナメント準決勝、東京vs川崎@等々力。

結果は2-0で勝利!!!

前半14分にFWレアンドロが角度の無い所からのFKを直接叩き込んで先制!ほんと、レアンドロ凄え。
そして後半にはMF三田のスルーパスをFW永井が受け、それをグラウンダーで折り返すと、ゴール前に走り込んでいたレアンドロが押し込んで追加点!いやほんと、レアンドロ凄え。
その後は危ないシーンもあったが、守備陣が集中して守り抜き、そのまま逃げ切った。

いや~~~、川崎にここまで完勝できるとは思わなかった。「やればできるじゃん」と言ってあげたい。
まあ、今日は「今の東京のベストメンバーを、リフレッシュした状態で使えた」のも大きかった。長谷川監督のマネジメントが功を奏したと言える。

さて決勝の相手は柏に決まった。
東京と柏は「ルヴァン杯(て言うか前身のナビスコ杯)を2回制していて、なおかつ決勝では負けたことが無い」という共通項がある。
いい勝負になりそうですな。

でも、勝つのは東京ですよ。

| | コメント (0)

王座戦第4局。

というわけで今日は王座戦第4局。

永瀬王座が勝って防衛するか、久保九段挑戦者が勝って2勝2敗のタイに持ち込むかという一局。

結果は久保の勝利。

先手の久保が四間飛車に組み、中盤で飛車と角の交換になり、後手番の永瀬が久保陣に攻め込む展開に。
そこから久保が徹底的に粘りに粘り、お互いに持ち時間を使い切っての一分将棋に突入。その後も久保は粘り続けると、永瀬が致命的な悪手を指してしまい、そこからは久保が一気に攻めに転じて永瀬玉を寄せ切った。

いや〜、久保の泥臭い粘りが印象的だった。
ずっと永瀬が優勢だったと思うが、決め手を与えない久保の粘りには感動を覚えた。

これで2勝2敗のタイになり、最終第5局で決着という形になった。
実はここまで全て先手番が勝利しているわけだが、第5局は改めて振り駒で先手後手が決まる。
次の第5局は、振り駒の段階から目が離せませんな。


| | コメント (0)

Anlyとループマシン。

今日は王座戦第4局の永瀬王座vs久保九段挑戦者の一局が行われているが、現時点でまだ決着はついていない。
どちらが有利とも言いづらい状況だが、私は振り飛車党なので振り飛車側(=久保)を持ちたいなあ。

この前の日曜日の「関ジャム」の話。
今回の「関ジャム」のテーマは「最新の電子楽器」だった。
いくつか紹介された中で、「これ凄え」と思ったのが「ループマシン」。
これは「演奏した音をその場で録音して、それを繰り返し再生させる機材」。
どう使うかというと、「何小節かのギターのコードを弾いて録音する」→「それを自動再生させることで、違う演奏ができる」という感じで、要するに「一人で何役もの演奏をしての弾き語りが可能」ということ。

で、このループマシンを紹介していたのがAnlyという若手(23歳)女性アーティストだったのだが、

彼女の演奏&歌が超カッコよかった。

ギターの演奏→ギターを手で叩いてのリズム取り→ギターの演奏という順で録音し、手離しで歌っているだけでもカッコよかったが、その後に「自分の声でのコーラス」を録音し、さらに音を重ねての演奏を見てめちゃくちゃ痺れた。
個人的には「2020年最大の発見」と言ってもいいくらいに感動した。

・・・う~む、言葉だけでは伝わらないなあ・・・。
というわけで、YouTubeでの公式チャンネルがここ
わかりやすくループマシンを使った映像を見せてくれているのが「MANUAL」という曲。興味があったら見てみて下さい。

それにしても、「自分が知らないことを知る喜び」というのはいつでもいいものだな、と思いました。

| | コメント (0)

凱旋門賞の感想。

今日も競馬の話。
日本時間の昨晩23時頃に行われた凱旋門賞@ロンシャン。
・・・の前に、昨朝、武豊が騎乗予定だったジャパンなどオブライエン調教師の所属馬4頭が「禁止薬物が混入された飼料を使用していた」という事実が発覚して出走取り消しになっていた。
この時点で「なんだかなあ・・・」というムードではあった。

そして勝ったのはソットサス(5番人気)。

先行策から直線では激しい叩き合いをねじ伏せて、昨年3着のリベンジを果たした。
・・・て言うか、「ソットサスが勝った」というよりは「凱旋門賞3勝目を狙ったエネイブルが6着に敗れた」という方が大きなニュースかもしれない。
いやあ、この敗戦にはかなり驚かされた。昨晩はグリーンチャンネルで生放送を見ていたが、「えっ、伸びないじゃん」と思わず声が出そうになった。他の馬と接触はあったっぽいが、それにしても負け過ぎではある。
まあ、冷静に考えれば6歳の秋なわけで、普通に「衰え」なんだろうなあ・・・。

さて。
土曜日の予想で「エネイブルの相手にソットサスだけ買って眺める」と書いたわけだが、実際には「エネイブルとソットサスの馬連」と「ソットサスの単勝」を購入した。

ええ、単勝12.2倍を当てました(笑)。

まあ100円しか買っていなかったので、たいしたプラスではなく、スプリンターズSの負けを取り返すには至っていない。
ただ、「2年連続で凱旋門賞を当てた」ことは自慢したい(笑)。

| | コメント (0)

暫定2位浮上。

続いて今日のJリーグ。
今日はJ1第20節(23試合目)、東京vs湘南@平塚。

結果は1-0で勝利!

先週水曜の浦和戦からスタメン11人全とっかえという大胆な起用。これは今週水曜のルヴァン杯準決勝の川崎戦を見越しての起用だと思う。
そういうわけでかなり不安はあったが、ゲームを支配したのは東京。て言うか、FWアダイウトンの突破力が半端ない。アダイウトン一人でドリブルして敵陣に突っ込み、シュートまで持って行くという場面が何度かあった。
そんなこんなで迎えた後半33分、湘南DFからボールを奪った途中出場のFW田川がパスを送ると、走り込んだアダイウトンがシュートを叩き込んで先制!結局これが決勝点となった。

いや~~~、このメンバーで勝ち点3をもぎ取れたのは素晴らし過ぎる。
今日のスタメンで水曜の川崎戦でもスタメン出場しそうなのはFWディエゴオリヴェイラくらいだが、ディエゴも前半だけの出場で終わらせた。見事なまでに割り切って、それでいて勝利したのだから「素晴らしい」としか言いようがない。

今日の結果で、暫定ながら2位に浮上。
まあ、3位のC大阪より2試合多く消化しての2位なので、やがては抜かれるとは思うが。

さあ、この勢いで水曜日の川崎戦に臨むぜ~!

| | コメント (0)

スプリンターズSの感想。

まずは競馬の話。
今日はスプリンターズS@中山。
勝ったのは人気に応えてグランアレグリア。
スタートから後方15番手を進み、直線に入ったところでもその位置だったが、直線に入ってから大外に持ち出すとそこから鋭く伸びて全馬をまとめて差し切り、さらに2着のダノンスマッシュ(3番人気)を2馬身ちぎるという完勝。
いや~~~強かった。その一言。
確かに差し馬に向く馬場ではあったが、それにしても凄い脚だった。
今日になって知ったが、グランは昨日に軽く追い切りをしていたらしく、それくらいに調整が遅れていたのだろうけど、終わってみればこの勝ちっぷり。参りましたとしか言いようがない。
期待した◎エイティーンガール(8番人気)は11着。
スタートから15番枠のクリノガウディー(5着/9番人気)に外を被されてしまい、直線に入ったところでもクリノのせいで外に出せず終了。ここまでの「不完全燃焼な競馬」は久々に見たなあ・・・。
そしてもう一頭期待したミスターメロディ(7番人気)は4着。
こちらは4角をスムースに捌き、直線半ばで楽勝かもと思わせる展開だったが、最後は脚が止まった。ただ、これは鞍上の福永が勝ちに行った結果だと思うので仕方ない。

というわけで馬券は外れ。
秋最初のG1は残念な結果に終わった。
そしてこの後の秋G1は、秋華賞、菊花賞、天皇賞(秋)と、単勝1倍台になりそうな大本命が出走する。
・・・逆らって痛い目に遭う未来しか見えないなあ(笑)。

| | コメント (0)

スプリンターズSの予想(追加)。

さっきスプリンターズSの予想を書いたが、冷静に考えて「この馬買わなきゃダメじゃね?」と思う馬に気づいた。


○ミスターメロディ。

現在7番人気。
昨年の高松宮記念勝ち馬だが、その後は5連敗。
ただ、ダート使ったり、マイル使ったり、休み明けだったりでまともに走ったのは昨年のスプリンターズS(4着)ぐらいなので、あまり気にしなくてもよさそう。
前走は休み明けで使われたセントウルSで3着。苦手な休み明けの割には頑張ったと思う。
使われての上積みはあるはずで、一発があってもいい。

というわけで、◎エイティーンガールとのダブル本命で買います。


| | コメント (0)

スプリンターズSと凱旋門賞の予想。

今日は次男を習い事に連れて行ったり、公園で息子達と遊んだくらいで特に何も無い一日。
それにしても今日は涼しくて過ごしやすかった。この気候がしばらく続くことを祈りたい。

明日の「日本の」競馬はスプリンターズS@中山。

秋のG1開幕戦である。

毎年書いている気がするが、スプリンターズSは「同年の高松宮記念好走馬」が強いレース。
そして、「前走で3番人気以内に推されていた馬(結果は関係無し)」が強いレースでもある。
そう考えると、今年の高松宮記念1〜3着だったモズスーパーフレア(2番人気)、グランアレグリア(1番人気)、ダイアトニック(4番人気)を買うべきなのだが、これらよりも買いたい馬がいる。

◎エイティーンガール。

現在8番人気。
前走のキーンランドCでは重馬場の札幌1200mを後方から大外一気で差し切った。
「時計のかかる馬場でスムースに外を回ればいい脚を使える」ことを見せた。
そして今の中山は先週から時計のかかる馬場になっていて、この馬の枠順は7枠14番。
ここで買わずにどこで買う、という馬である。
まあ、前走のキーンランドCで馬券(単勝&馬連)取らせてもらった恩がある、というのもあるが。
鞍上の池添は乗り替わりでの騎乗だが、この馬に昨年まで乗っていて2勝していて結果を出しているので問題無かろう。
◎が人気薄なので、相手は手広く買う。
↑に書いた高松宮記念上位組と、ダノンスマッシュ(3番人気)も、馬連で100倍近くつくなら抑える。
秋のG1開幕戦をいい形でスタートしたいです。

あと、明日の夜は凱旋門賞@ロンシャン(フランス)も行われる。
ただ、メンバーを見る限りエネイブル負けようないだろ…としか言いようがない。
凱旋門賞は「前年の好走馬」がまた好走することが多い。
なので、エネイブル(昨年2着)の相手にソットサス(昨年3着)だけ買って眺めることにする。ジャパン(昨年4着)は、武豊が乗るから無駄に人気になりそうなので買わない。
よく考えたら昨年の凱旋門賞は馬連を当てていた。
今年も当てて、2年連続の的中といきたいです。


| | コメント (0)

トランプ大統領、コロナ陽性だってよ。

今日のニュースと言えばもちろんこれ。

「トランプ米大統領が新型コロナ陽性」

書いてある通りだが、トランプ大統領と夫人がコロナの検査で陽性だったらしい。

これは今までの感染者の中ではイギリスのジョンソン首相に匹敵する大物だと思う(アメリカとイギリスでどっちが格上とか書くといろいろ面倒そうなのでこういう書き方にしておく)。
これまでトランプは「コロナなんて風邪みたいなもの」レベルの発言をしてきたわけだが、実際に感染してどういうことになるかは興味がある。

容態が悪化して悲惨なことになって弱気なコメントを出すか、大したことにならずに「ほら、コロナなんて大したことない」的な強気のコメントを出すか。
まあ、トランプだと「容態が悪化して悲惨なことになっても強気なコメントを出す」可能性もあるか。

さて、トランプはもうすぐ大統領選を戦わなければいけない。
ただ、コロナ感染となると、討論会とかに出演するのは厳しそう。
そういう意味でも、今後どうなるかは気になります。

| | コメント (0)

全員海外組。

今日は10月1日で「都民の日」。
長男が通う幼稚園はお休みなので、奥さんは会社を休んだ。ついでに次男も保育園を休ませて、3人でサンシャインの水族館に遊びに行った(義妹さん家族も一緒)。
休めるものなら私も休みたいが、忙し過ぎてどう考えても無理なのよねえ・・・。

今日は夕方に「来週9日・13日に行われる、サッカー日本代表の親善試合のメンバー」が発表された。一覧はこれ

今回は、国内組はJリーグの強行日程真っただ中ということもあって招集無し。
というわけで、「全員海外組」という凄まじいことになった。

で、メンバーを見て思うのは「元・東京組」が少ないなあ、ということ(笑)。
GK権田、DF長友、室屋は選出されたが、FW武藤、中島、MF橋本は漏れた。
まあ、武藤&中島は試合に出ていないから当然なのだが、橋本は選ばれると思っていたので少し意外。今回のメンバー見ても守備的MFは遠藤と中山しかいないので(だよねえ?)、橋本を選んでもいいと思ったのだが・・・。
もしかしてロシアリーグは無視されているのだろうか。

何はともあれ、今年初の「A代表の試合」である。
久々なので、選手の連携面とかは厳しいものがあると思うが、「明日に繋がる試合」を見せて欲しいとは思います。

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »