« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

王将戦第3局。

続いて将棋の話。

今日は王将戦第3局2日目。
渡辺王将(&名人・棋王)が勝って3連勝とするか、永瀬王座挑戦者が勝って巻き返すかという一局。

勝ったのは渡辺。

相掛かり(という戦法名です)から渡辺が攻めて永瀬が受けるという展開が続くが、中盤で渡辺が飛車を転回する構想が巧みで、一気に優勢に。そのまま永瀬に反撃のチャンスも与えずに押し切った。

渡辺のド完勝と言うべきか、永瀬のド完敗と言うべきか。
途中で永瀬が大長考しているのだが、それもほとんど実っていない。
永瀬の調子が悪いのか、渡辺が強過ぎるのか・・・。

というわけで渡辺が3連勝で防衛に王手をかけた。
これはさすがにどうにもならんか・・・。

| | コメント (0)

根岸SとシルクロードSの感想。

今週の日曜も競馬と将棋のネタがあるが、まずは競馬。

今日の競馬は根岸S@府中と、シルクロードS@中京。
根岸Sを制したのは人気に応えたレッドルゼル。
道中は中団を進み、直線では前が壁になる場面もあったが、馬群を割って抜け出て、大外から強襲したワンダーリーデル(2着/10番人気)の追撃を凌いだ。前が詰まりかけたところでは終わったと思ったが、そこから前が開いてからの脚が素晴らしかった。
さてこの後はフェブラリーSに向かうのだろうか。この馬はマイル未経験なのだが、この脚が使えるならなんとかなりそうな気もする。
期待した◎デザートストーム(8番人気)は7着。
こちらも後方からの競馬だったが、スムースな進路取りができずに伸び切れず。まあ、そういう乗り方になるのが三浦だよね・・・。
しかし、馬券の方は↑に書いた通り「もう一頭気になる馬」として挙げたワンダーリーデルが2着に入ってくれたおかげで馬連(53.7倍)&複勝(6倍)を的中。今年初めて馬連が当たりました(笑)。

シルクロードSを制したのはシヴァージ(4番人気)。
道中は中団を進み、直線で外に出すと鋭く伸びてまとめて差し切った。これまで「後方から最速の上がりを使って5着」という競馬が続いていたが、今日は中団を進み、それでいていつも通りの最速の末脚を出せたのだからそりゃあ勝つよね。
どうやらこの馬は少し時計のかかる馬場の方がよさそう。この後は当然高松宮記念だと思うが、馬場次第では充分チャンスがあると思う。
期待した◎トゥラヴェスーラ(5番人気)は15着。
普通に先行できていたが、直線で勝ち馬に交わされたらあっさり止まった。鞍上の岩田康も追ってないように見えたが、何か故障でもあったのだろうか。

というわけで根岸S的中のおかげで余裕のプラス。
田中勝春(ワンダーリーデルの鞍上)で馬券取ったのはいつ以来だろうか・・・。
いい感じで1月を締め括れてよかったです。

 

| | コメント (0)

根岸SとシルクロードSの予想。

今日は王将戦第3局の1日目が行われているくらいで特に何も無い一日。

結果が出るのは明日なので、感想は明日書きます。

というわけで明日の競馬の予想。
明日は根岸S@府中と、シルクロードS@中京。

根岸Sは例年「末脚がしっかりしている馬」が強いレース。あと、外枠の方がいいように見える。

◎デザートストーム。

現在10番人気。
ここ2戦はメンバー中で最速の上がりを出して1・3着と好走。このレースに向きそうなタイプである。外枠を引いたので、包まれる心配が無さそうなのもプラス材料。
あと、先日も書いたがこの馬を管理している西浦師は2月一杯で定年になる。そろそろ「最後の一発」があってもいいのでは。
まあ、鞍上が三浦なのは不安だが、そこは見ないことにする。
他に気になるのはワンダーリーデル(9番人気)。
一昨年の武蔵野Sでお世話になってからずっと買ってる馬。
前走の武蔵野Sでは追い込んで4着に入っていて、衰えは感じられない。
ただ、鞍上が今年未勝利の田中勝というのは三浦以上に不安。他にまともな騎手いるだろうよ…。
あと、デビュー以来ずっと買ってたステルヴィオ(5番人気)は買わない。ダートが合うとは到底思えない。

シルクロードSは、昨年お世話になったエイティーンガール(7番人気)がいるが、今の中京は差し馬よりは先行できる馬を買うべきだと思うので強くは推せない。
というわけで先行馬を軸にする。

◎トゥラヴェスーラ。

現在8番人気。
前走の淀短距離S@中京では内枠から先行して押し切った。
今回は14番枠ということであまり人気になっていないようだが、前哨戦の勝ち馬がこの人気なら買うしかない。
相手にはラウダシオン(2番人気)。
昨年のNHKマイルC勝ち馬だが昨秋は2連敗。古馬の壁に跳ね返された感じ。
ただ、先行力はあるし、左回りは安定して走る馬。昨秋の連敗で見限るのはまだ早いと思う。

1月最後の週を当てて締め括りたいです。


| | コメント (0)

ようこそブルーノ。

今日は月末ということもあって、うちの部は全員出社。
この月末業務はテレワークでどうにかするのは厳しいんだよなあ・・・。

今日は東京の新加入選手の発表があった。

「ブルーノ ウヴィニ選手 完全移籍にて加入内定のお知らせ」

ブラジル人DFブルーノの加入が決まった。
ブルーノは186cmの長身で、ロンドン五輪の出場経験やA代表で3試合の出場経験もある。経歴だけ見るとなかなかいい選手というイメージ。

ただ、当然ではあるが現在は日本に入国できないので、チームに合流するのはもう少し先になりそう。
シーズン中盤で、最初から出場しているDF陣に疲れが見えてきた頃の救世主となってくれると嬉しい。

それにしても。
よく考えると開幕戦(vs浦和)まであと1ヶ月を切っている。
なんか、時の流れがすっごく早く感じる今日この頃です。

| | コメント (0)

小学校の説明会。

今日の東京は雪が降ってかなり寒い一日。
まあ、明日からは天気も回復するので一安心。先週も書いたが、週末に天気が悪くなければそれでいいです。

昨日は、長男が4月から通う小学校の入学案内の説明会だった。
と言っても実際に小学校で開催されたわけではなく、ZOOMを使っての説明会だった(資料は事前に郵送されていた)。
まあ、たくさんの保護者が一堂に集まるのはリスクが高過ぎるので仕方のないところではある。ちなみに話を聞いたのは奥さん。

入学前に必要なものとかいろいろな説明があった。4月まで準備しないといけないんだよなあ・・・。時間があるようで無いような気もする。

さて、長男が通う小学校の1年生だが、現状では4クラスにするか5クラスにするか考慮中らしい。1クラス35人が上限なので、1学年140人行くか行かないかのラインなのだろう。

・・・多過ぎじゃね?とは思う。

正直、結構ビックリした。文京区、そんなに子供多いんだなあ。
まあ、少な過ぎるよりはいいが、子供が多いということはそれだけ「アレな子供」がいる可能性も高いということ。
そういうのと同じクラスにならないことを祈るばかりです。

| | コメント (0)

ネクタイ着用廃止。

今日、うちの会社から「2月1日から事務所内でのネクタイ着用廃止」とい謎の通達があった。
要は「一年中クールビズ」ということである。

まあ、在宅勤務の比率は高くなってきているし、対面での顧客対応も減っているのは事実ではある。
だからと言って「一年中ネクタイしないでいい」というのもどうなの?とは思わないでもない。

さてこうなると悩ましいのは「所有しているネクタイの処遇」である。
こういう通達が出た以上、ネクタイを着用する機会はほとんど無くなるはず。だから1~2本くらい残して全部処分すればいいか、とは思う。ただ、当然ながらまだ使えるネクタイばかりなので、もったいないとも思う。

昨年以降、多くの会社が在宅勤務に移行しているわけだが、こんな感じで「今まで使われていたものが使われなくなる」というものは増えているのだと思う。
個人的にはクリーニング屋に出すワイシャツの枚数は減った。会社に行かないのだから当然ではある。おそらく、会社用の革靴も今までより長く使えるだろう。
逆に増えるものは、自宅の光熱費。ずっと家にいるのだから当たり前である。これ、会社が手当てを出してくれれば嬉しいのだが、出すわけないよなあ・・・。

まあ、こんな感じでいろんなことが変わっていくのでしょうな。

| | コメント (0)

「逃げ上手の若君」。

今日は在宅勤務していたくらいで特に何も無い一日だったので、昨日発売された「ジャンプ」の話を書く。

昨日発売された「ジャンプ」で、新連載のマンガが始まった。
タイトルは「逃げ上手の若君」
作者は「魔人探偵脳噛ネウロ」「暗殺教室」で知られる松井優征氏。

松井氏の過去の2作品は「怪物に翻弄される普通の人」を描く作品だったが、今回は一転して「史実に(ある程度)基づく話」。
主役は北条時行。
足利高氏によって鎌倉幕府を滅ぼされた北条氏の武将・・・になる前の少年の話である。史実に基づく話にするのであれば、この時行が足利高氏と争う展開になるのだろう。

この第1話を昨日の帰りの山手線の中で読んだのだが、かなり面白そうだと期待できる。
第1話を読んでここまで面白そうと思えるのは「Dr.STONE」以来だと思う。

それにしても。
この北条時行という人物、正直言って全く知らなかった(笑)。だって社会で日本史選択してなかったし。
ウィキペディアで見る限り、かなりドラマティックな人物だったらしい。これはマンガにしやすい題材だと思う。て言うか、なんで今まで題材にされなかったのだろう。私が知らないだけなのだろうか。

なんにせよ、久々に「ジャンプを買ったらすぐに読もう」と思えるマンガに出会えた昨日でした。

| | コメント (0)

長男6歳。

今日は長男の6歳の誕生日。
毎年書いている気もするが、本当に早いものだ。

この1年はコロナ禍の中、大きい病気やケガも無く過ごしてくれた。
昨年春の緊急事態宣言の頃は毎日のように公園で遊んでいたので、体力はだいぶ向上したような気がする。毎週、スポーツ系の習い事に通っているが、先生方には褒められることが多い。私と違って運動センスはいいと思う(笑)。

誕生日プレゼントは「鬼滅の刃」のTシャツにした。
ここ数ヶ月ですっかり「鬼滅の刃」が気に入ったので、それに関連したグッズにしようということでTシャツになった。これなら普段使いもできるし。

さて、長男の今後のイベントとしては、4月に「小学校入学」という過去最大のものが待っている。
楽しい小学校生活をスタートしてくれることを願うばかりです。

| | コメント (0)

王将戦第2局。

続いて将棋の話。
今日は王将戦第2局2日目。
渡辺王将(&名人・棋王)が勝って連勝スタートとするか、永瀬王座挑戦者が勝って1勝1敗のタイとするかという一局。

結果は渡辺の勝利。

相掛かりの序盤から激しく攻め合い、難解な展開に。
永瀬が優位と思われた終盤、永瀬が成桂を引いて王手をかけたのが敗着となってしまった。
この手で「歩を成って王手」をかけていれば、その後の渡辺の反撃の時に歩を打って防ぐことができたのだが、歩を成らなかった為に「歩を打っての防御」が二歩の反則になってしまった。
最後は渡辺がきっちり詰まして逆転勝ちとなった。

いや~~~、永瀬にとっては悔やんでも悔やみ切れないレベルの負けだと思う。最後の最後での逆転負けだからなあ・・・。
ただ、劣勢の状況で悩ましい手を指し続けて困惑させた渡辺の“勝負術”も巧みだった。こういうところが渡辺の強さなんだよなあ・・・。

というわけで渡辺が2連勝スタート。永瀬にとっては1勝1敗にできたはずのところでの2連敗である。かなりダメージがありそう。
ただ、ここで踏みとどまって、次の第3局で渡辺の先手番をブレイクできればまだわからない。
永瀬、意地を見せてくれ。

 

| | コメント (0)

AJCCと東海Sの感想。

今日の東京は雨が降り続いて寒い一日。
次男の歯の定期検診に出掛けた以外はずっと家で過ごした。レゴブロックで遊んだり、ウレタンボールでキャッチボールしたり、テレビ見たりしたらあっという間の一日だった。

今日は競馬と将棋のネタがあるが、まずは競馬。
今日の競馬はAJCC@中山と東海S@中京。
AJCCを制したのは人気に応えたアリストテレス。
道中は先行勢の少し後ろに構え、4角でじわじわ進出し、直線では外の馬場の良さそうなところをじわじわ伸びて押し切った。
アリストテレスは今週の調教後に「少し太い」と泣きが入っていたが、あまり関係無かった。「もう少しでコントレイルの三冠を阻んだ馬」というのはフロックではなかった、ということか。
さてこの後は一戦して天皇賞(春)に向かうらしい。今年の天皇賞(春)は手薄になりそうだから、この馬がかなりの支持を集めそう。で、阻めそうな馬もいないかなあ・・・。
期待した◎ウインマリリン(5番人気)は6着。
いい感じで先行していたが、3角で手が動き、それでも直線では粘っていたが、最後は外からズブズブ差された。私の希望通りに先行してくれて負けたのだから文句は無いです。
鞍上の横山武は「少し距離が長い」と言っているので、1800~2000m戦に出走してきたらもう一度狙いたい。

東海Sを制したのは私の期待に応えた◎オーヴェルニュ(2番人気)。
インティ(12着/1番人気)が逃げるが、他の馬に絡まれて激しい展開に。そんな中、オーヴェルニュは3番手を追走。楽な手応えで直線に入ると先行勢をあっさり交わし先頭に立ち、そのまま後続を寄せ付けずに押し切った。
インティのだらしなさに助けられたところもあるが、この馬自身も勢いを感じさせる勝ち方だった。これならフェブラリーSに向かっても好走できるのではないだろうか。

というわけで馬券は東海Sの単複(6.2倍&2.4倍)だけ的中。少しのマイナスで終わった。
ただ、今年初めて◎が勝ってくれた。これは嬉しい出来事。
ここから少しずつ調子を上げていければいいなあ。

 

| | コメント (0)

AJCCと東海Sの予想。

今日も長男の習い事で朝から池袋へ。

開店前の西武でバレンタインのチョコの為に長い行列ができているのを見て、コロナ感染の終息なんて夢のまた夢だなと実感した。

今日は王将戦第2局が始まったくらいで特に何も無い一日。
決着がつくのは明日なので、感想は明日書きます。

というわけで明日の競馬の予想。
明日はAJCC@中山と、東海S@中京。
AJCCは明日の中山で雪が降る可能性があるのでオッズが出ていない。オッズ見ないで予想するのはあまり好きではないが仕方ない。
AJCCはここ数年は「4角で3番手以内にいる馬」しか勝てていない。だからそういう馬を狙う。あと、道悪になっても大丈夫そうな馬。

◎ウインマリリン。

メンバー中、唯一の牝馬。
昨年の中距離路線は牝馬が勝ちまくったが、今年もその流れは続くのでは、という単純な考え…というのは少しある(笑)。
先行力はあるし、1勝クラスではあるが時計がかかっていた中山で勝った実績もある。外枠から揉まれずに先行できれば一発あってもいい。
相手にはステイフーリッシュ。
これは中山では4戦して2着と3着が2回ずつ。2200m戦も5戦して1勝、2着と3着が2回ずつ。勝てないけれど堅実な馬である。
応援するのはジェネラーレウーノ。
POGで持っていたのでずっと買ってはいる。故障から復帰してからは結果が出ていないが、復活を信じて買う。
とりあえず、この3頭を買うのは確定している。後はオッズ次第で考えることにする。

東海Sは逃げ馬のインティ(1番人気)に競りかけられそうな馬がいないので、「インティのすぐ後ろにつけた馬がそのまま残る」展開になりそう。

◎オーヴェルニュ。

現在5番人気。
オープン特別2連勝中だが、重賞は初挑戦なのであまり人気になっていない感じ。
近走は安定して先行できているし、明日のコースは昨春に不良馬場で制している。大崩れは無さそう。
相手は無難にインティ。馬連で8倍つくなら充分。

毎週書いているが、そろそろバシッと当てたいです。


| | コメント (0)

Jリーグ日程発表。

今日は3日ぶりの出社。
朝、玄関で靴を履こうとして、間違えて革靴でなくスニーカーを履いてしまったのには我ながら呆れた(笑)。
あと、会社で階段の上り下りがちょっときつく感じた。たった2日間ではあるが、在宅勤務であまり動いていないのが影響しているのだろう。
となると週末は息子たちと公園で遊んで身体を動かさないと・・・と言いたいところだが、今週末はあいにくの雨模様。
この体力低下問題は真面目に考えないと、とか思ったり。

今日はJリーグの日程が発表された。
東京は2月27日(土)の開幕戦で浦和と戦い、12月4日(土)の最終節で福岡と戦う。
今年は7月11日(日)から8月9日(月・休)までが中断期間となっている。これはおそらくは東京五輪開催期間だからなのだろう。・・・たぶん中止になると思うけど。

その影響もあってか、開幕からリーグ戦&ルヴァン杯グループリーグがびっしり詰まっている。
3月は7試合、4月は7試合、5月は8試合で、ほぼ週2試合となっている。まあ、今年はJ1は20チームで戦うから過密日程になるのは仕方ない。

そしてこれは「コロナ感染拡大による試合延期」とかを考慮しないでのスケジュールである。
なので、チーム関係者に感染者が出た場合は後半戦が過密スケジュールになるのだろう。

というわけで。
なるべく感染者を出さず、順調にリーグ戦&ルヴァン杯を消化していく、というのが大事なミッションになる。
今年も大変なシーズンになりそうです。

 

| | コメント (0)

コロナウイルスのワクチン。

今日は午前中は半休で、人間ドックを受診した。
まあ、人間ドックと行っても普通の健康診断とたいして変わらず、10時前には終了。午後からは普通に家で仕事してました。
ちなみに体重は65.3kg。たぶん昨年からは増えていない、はず。身長は171.2cmだったなので、BMI(体格指数)は22.3で「普通体重」。いえーい。
肥満傾向にある人はコロナで重症化しやすいと聞いたことがあるので、太らないように注意したいとは思う。

そのコロナだが、日本でもワクチン接種が始まりそうな流れになっている。
とりあえず医療従事者が優先され、その後は高齢者、基礎疾患のある人と来て、最後に私のような一般人が接種できる、という感じらしい。

しかし、これ本っっっ当に大丈夫なの?とは思う。
みんな思っているだろうけど。

まず、ワクチンを打ったところで「絶対にコロナウイルスに感染しない」というものではない。インフルエンザのワクチンと同じようなものらしいし。
それでいて、「コロナのワクチンを打った後、どういう副作用がでるかは分からない」わけである。

・・・私のような基礎疾患が無い人は打たない方がいいのではないだろうか・・・。

というわけで、もう一度書く。

太らないように注意したい(笑)。

| | コメント (0)

バイデン大統領で確定。

今日は在宅勤務。
今日はWEB会議で打ち合わせをしたが、こういう打ち合わせが入ると在宅勤務の意味が薄れるなあ、とか思わないでもない。まあ、必要な打ち合わせだから仕方ないのだけど。

昨年から気になっていたアメリカ大統領選挙の行方だが、結局バイデン氏が勝利ということで確定した。もうすぐ就任式を行うわけだが、長い道のりだったなあ(笑)。

個人的にはトランプが負けて軽くガッカリ。
トランプは中国相手でもガンガン喧嘩を仕掛けていくのが見ていて面白かった。
バイデンは中国寄りらしいので、「アメリカvs中国」の構図は見れないだろう。つまらん。

さて、今更な話だがバイデンって78歳なんだな。菅首相が72歳だからそれよりも年上。まあ、トランプも74歳だからたいして違わないけど。
78歳というと、私の父親が死んだ年齢よりも上である。健康面には気を付けてもらいたいものです。

 

| | コメント (0)

ふざけるな笠松競馬。

今日知ってかなり腹が立った話。

「騎手ら3億円所得隠しか 脚痛い、鼻血・・・馬の情報を悪用」

笠松競馬の騎手や調教師が所得隠しを指摘されたという話だが、「内部情報を元に馬券を購入して得た利益を隠していた」というのが腹立たしいことこの上ない。

記事によると、「人気になりそうな馬の不具合(脚が痛い、鼻出血がある等)の情報」を元に、その馬を消して馬券を購入していたらしい。そりゃあ負ける要素無いよね。
こういうことができてしまうから、競馬関係者は馬券の購入ができない(中央競馬の関係者は地方競馬の馬券は買える。逆も同様)のだが、そういったルールを無視した“暴挙”なのですよ。

で、今回所得隠しをしたこいつらは税金の修正申告をしたとのことだが、

これで処分終了、ってことは無いよね?

個人的には「競馬界から永久追放」が最低ラインだと思っている。
こいつらのせいで競馬そのものに疑いの目を持たれてしまったわけで、JRAや他の地方競馬関係者は損害賠償を請求してもいいくらいだと思っている。

昨年から現在に至るまでのコロナ禍の中、競馬関係者は必死に頑張って開催にこぎつけているのに、こうやって水を差す連中には然るべき罰が与えられて欲しいと思います。

| | コメント (0)

クロフネ死亡に思う。

今日は初めての在宅勤務。
息子たちを幼稚園&保育園に送り届けてから仕事を始めて、一人で黙々と頑張った。

いやあ、これ仕事はかどるわ。

まず、いろんな問い合わせが激減した。
会社にいると「簡単なことだけど教えて」的な問い合わせが多かったのだが、「私に電話して問い合わせるほどではない」と思うのか、問い合わせの件数はかなり少なかった。あと、役立たずの部長からいろいろ聞かれることが減ったのも大きい。
できればこのままずっと在宅勤務を続けたいなあ、とか思ったり。

その在宅勤務の休憩中に知って思わず「え~っ!」と声が出た話。

「クロフネが死亡」

2001年にNHKマイルCとジャパンカップダートを制したクロフネが昨日死亡した。
23歳だった。

クロフネは2000年にデビュー。
3戦2勝で迎えたラジオたんぱ杯3歳Sでアグネスタキオン(翌年の皐月賞馬)、ジャングルポケット(翌年のダービー馬)を抑えて圧倒的1番人気に推されたが3着に敗れた、というのが最初の出会い。
その翌年はNHKマイルCを辛勝するもダービーでは距離の壁があったのか5着。秋には神戸新聞杯で始動するも3着に敗れ、少し頭打ち感があった。
その後は天皇賞(秋)に出走する予定だったが、当時は外国産馬は2頭しか出られず、メイショウドトウとアグネスデジタルにその席を譲ることになり、クロフネ自身は武蔵野Sでダートに初挑戦した。
で、その初ダートで衝撃の9馬身差圧勝。これにはかなり驚いたのを覚えている。その後のジャパンカップダートも7馬身差の圧勝で、デタラメなレベルのダート適性を見せた。
そうなると次はドバイワールドカップ制覇だ!という流れになったが、ここで屈腱炎発症。無念の引退となった。
ほんと、一度でいいから世界での走りを見たかった。「アメリカの『速いダート』に対応できる馬」だったと今でも思っている。

引退後は種牡馬として多くの名馬を輩出。
当然、クロフネ産駒の中ではアエロリット(2017年NHKマイルC勝ち馬)が一番好きです。

昨年、種牡馬を引退したが、その後に産駒からソダシ(最優秀2歳牝馬)が出てきたのは運命的なものを感じる。
あと、「母の父クロフネ」の馬もクロノジェネシス(昨年の春秋グランプリ馬)がいる。今思うと、これらは「クロフネ最期の輝き」だったのかも。

安らかに眠って下さい。
合掌。

| | コメント (0)

日経新春杯と京成杯の感想。

今日の東京は、昨日と一転して寒い一日。元に戻っただけ、とも言う。
寒暖の差がこうも激しいと、体調管理が難しいねえ。

今日の競馬は日経新春杯@中京と、京成杯@中山。
日経新春杯を制したのは伏兵のショウリュウイクゾ(7番人気)。
3番手でレースを進め、直線に入ると一気に抜け出る。最後はミスマンマミーア(2着/13番人気)が大外から追い込んできたが、これも寄せ付けずに快勝。
・・・前走で3勝クラスを1番人気でボロ負けした馬で、しかも3ヶ月ぶりの休み明け。確かに先行できる馬ではあったし、大型馬ではあった(前走時502kg)が、これはちょっと買いづらい。
ただ、今日はオルフェーヴル産駒が勝ちまくっていて、そういう「流れ」はあった。オルフェーヴル産駒は冬場で強い傾向があるので、これは忘れないでおきたい。
期待した◎ダイワキャグニー(3番人気)は12着。
2番手で先行していたが、直線に入って勝ち馬にあっさり交わされると全く粘れず終了。やはり57.5kgの斤量が響いたのだろうか。

京成杯を制したのは人気に応えてグラティアス。
2~3番手を追走し、直線に入って最内に進路を取るとしっかり伸び、終わってみれば逃げて2着に残ったタイムトゥヘヴンに2・1/2馬身差つける完勝。
まあ、勝ち方は「強い勝ち方」だったと思うが、所詮は「全馬1勝クラスでの一戦」。この勝ち方を見て「G1でもなんとかなりそう」とは思わない。
期待した◎ラカン(8番人気)は10着。
終始後方で、大外ぶん回してたいして伸びずに終了。いわゆる「足が遅い」というやつ。

というわけで今日は全くいいところ無し。無さ過ぎて笑えるレベル。
中山も中京も、馬場の傾向が読めなくなってきたなあ・・・。

| | コメント (0)

日経新春杯と京成杯の予想。

今日の東京はかなり暖かく、春頃の服で過ごせた。

今朝、うちの長男に「今日かなり暖かいよ」と言ったら「半袖着る!」と強く言うので、押し入れから半袖のTシャツを出したら喜んで着て、そのまま一日過ごした。子供は風の子ですなあ。

今日は他に何も無い一日だったので明日の競馬の予想を。
明日は日経新春杯@中京と、京成杯@中山。
日経新春杯は今年は(もしかしたら来年も)中京だが、今の中京は内枠の先行馬、できれば大型馬が強い。そうなると買うべきはこの馬。

◎ダイワキャグニー。

現在3番人気。…あれ、昼頃は5番人気ぐらいだったのだけど…。
最内枠、先行馬、それなりに大型馬(前走496kg)と、買いたい条件に一致する。
明日のメンバーを見る限り、楽に先行できそう。他の人気どころが牽制している間に前残りしてくれるのが理想。
57.5kg以上の斤量での実績が無いのは気になるが、57kgなら勝ってるのだから大丈夫。たぶん。
相手は悩ましい。
前走で復調気配を見せたヴェロックス(2番人気)が無難なのだろうか。馬連で20倍つくし。もう一頭の人気馬アトマイヤビルゴ(1番人気)は小柄なのが気になる。

京成杯は全馬1勝クラスという低レベルなメンバー。
今日の中山芝も外差しが決まりまくっていたので、外から差せそうな馬を狙う。

◎ラカン。

現在10番人気。
大穴を狙い過ぎだという自覚はある(笑)。
未勝利を勝ち上がるまで5戦もかかった馬だが、新馬戦以外は毎回速い上がりを使っている。外枠から末脚勝負に徹すれば一発あってもいい、かも。
この馬の単複だけ買って眺めようかと思ったが、ルメールが乗る馬(グラティアス(1番人気))との馬連が60倍つくので、それだけ買う。

今年はまだバシッとした的中が無いので、そろそろいい的中が欲しいです。


| | コメント (0)

公開再延期。

昨晩知って「うわあああああぁぁぁぁぁ」と思った話。

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」公開 再延期のお知らせ

当初、1月23日(土)公開予定だった「シン・エヴァンゲリオン劇場版」だが、最近のコロナウイルス感染者急増を受けて公開再延期となってしまった。

・・・そうなるとは正直思っていた。
ただ、それをこのブログで書いてしまうとそうなってしまいそうなのであえて書かないでいた。結局無駄な努力だったが。

「エヴァ」は公開を待ち望んでいた人が多い作品なので(もちろん私もその一人)、公開されたら大勢の人が見に行くだろう。どう考えても「密」な状況になるのは目に見えている。
そういう意味では公開延期にしたのは冷静な判断だとは思う。

まあ、「公開中止」ではなく「延期」なのだから、そのうち見れるはずである。今はただ待つばかりです。
これを見終えるまでは死ぬわけにはいかん(笑)。

| | コメント (0)

在宅勤務。

先日、「うちの会社も、担当者は週何日か在宅勤務させるようになったが、私の部の管理職は関係無し」という話を書いたが、今日の打ち合わせで「私の部も、来週から管理職は週2日は在宅勤務する」ということになった。
これにはびっくりした(笑)。私には縁の無い話かと思っていた。

というわけで、早速来週は18日(月)、20日(水)が在宅勤務となる。
個人的には通勤時間の分、早く仕事を始められるのはメリットだし、その日の仕事を終わらせてすぐに息子たちの相手をできるのもメリット。
正直、私にとってはメリットだらけだったりする。

ただ、不安なのが、

家だと、だらけまくるのでは

ということ(笑)。
隙あらば遊んでしまいそうだ・・・。

まあ、そうならないように頑張ろうと思います。

| | コメント (0)

どうなる木村調教師。

今日から9時15分出社にすることにした。
その為、田端から山手線に乗る時間も40分ぐらい遅くなったのだが、結構空いてて驚いた。まさか田端から乗った時点で空席があるとは思わなかった。
これなら出社を遅らせた意味もあるなあ、とは思った。

今朝知って「なんだかなあ」と思った話。

「大塚海渡騎手が木村調教師を提訴 パワハラで精神的苦痛 頭部殴打で警察に被害届」

2019年デビューの若手騎手の大塚がパワハラで木村調教師を提訴し、警察に被害届を出すという、なかなか衝撃的な内容。
このパワハラの内容は↑を読む限りでは頭を殴られたとかそういう類らしい。昭和的な話だなあ・・・。

さて気になるのは今後。
正直、大塚は2020年の1月以降は騎乗していないので(落馬による負傷中)どうでもいいのだが、木村調教師は日曜日にフェアリーSを制したファインルージュや、マイルCS馬ステルヴィオなど、そこそこいい馬がいる。

しかし、こんな事態になってしまうと調教師を続けられるのか、とは思ってしまう。
仮に木村師が無罪になったとしても、今回の件で悪いイメージはついてしまったわけで、JRAから「引退勧告」を食らってもおかしくなさそう。

まあ、JRAからの公式発表を待つとしましょう。

 

| | コメント (0)

2021年のJリーグ開幕戦カード発表。

今朝、通勤で山手線に乗ろうとしたらいつも通りの混雑だった。
うちの部署は、今週から担当者は週2回の出社として、私を含めた管理職はそのバックアップとして毎日出社ということになった。ええ、私は何も変わってません(涙)。
ただ、明日から出社を少し遅らせて9時15分出社にすることは許可された。これで朝が少し楽になるかな・・・。

先週のルヴァン杯優勝から8日が経ったが、余韻に浸る間も無く「今年のリーグ戦の開幕カード」が発表された。
東京は、第1節はアウェーの浦和戦で開幕。第2節のホーム開幕戦はC大阪との対戦となった。

どちらもなかなか大変な試合である。
昨年は勝てたが「アウェーでの浦和戦」は大の苦手だし、C大阪は昨年4位と好成績だった。
この連戦で好成績を挙げられれば波に乗れそうだが、悪い結果だと嫌な流れになりそう。

そして、浦和もC大阪も昨年末のリーグ最終戦(12月19日)でシーズンが終了したので、東京よりシーズンオフが2週間長い。この差も何気に大きい気がする。

・・・と、ネガティブなことを書いたが、やはり今年のリーグ戦の話が出てくるとわくわくしてくる。
今年は中断することなくリーグ戦を進行できるといいなあ・・・。

| | コメント (0)

王将戦第1局。

続いて将棋の話。

今日は王将戦第1局2日目。
渡辺王将(&名人・棋王)に永瀬王座が挑む七番勝負である。

勝ったのは渡辺。

角換わり(という戦法名です)の定跡形でどんどん進んで行き、1日目で77手進むというハイペースの展開。
渡辺が攻めて永瀬が凌ぐという展開だったが、渡辺の攻めがうまく繋がり、そのまま押し切った。

超難解な中盤&終盤だったが、うまく攻めを繋げた渡辺の読みが上だった、ということなのだろう。

永瀬に悪手は無かったと思うのだが、これでダメなのだとすれば、そもそもこの戦型にしたのがよくなかったということなのかも。


ただ、まだ七番勝負の第1局が終わっただけである。
永瀬が出場するタイトル戦はいつも大熱戦になるので、今回もそういう展開になることを希望します。


| | コメント (0)

フェアリーSの感想。

今日は連休最終日。

今日は出掛けずに、近所の公園で遊ぶだけにした。でも公園はそこそこ混んでました。

今日は競馬と将棋で書くネタがあるが、まずは競馬。
今日はフェアリーS@中山が行われた。
勝ったのはファインルージュ(3番人気)。
道中は中団に構えて4角から進出し、大外をぶん回すと力強く伸びて突き抜けた。
こういう「雑な競馬」で楽勝するのだから、ここでは力が違ったということだろう。フェアリーS勝ち馬はあまり大成しない傾向にあるが、この馬は少し違うかも。
期待した◎ホウオウイクセル(8番人気)は2着。
勝ち馬の直後に構えて、これも大外から脚を伸ばす。勝ち馬には離されたが、よく伸びて2着に食い込んだ。やはり、今の中山は決め手がある馬を買った方がいいのだろう。

というわけで◎の複勝(4.8倍)だけ的中してささやかながらプラス。
しかし、◎から「ルメールの馬」に流せば馬連約70倍を当てられた、と思うと少しもったいなかったかな、とか思わないでもない。
まあ、今日はプラスになったことを喜ぶとします。


| | コメント (0)

今更ながら「鬼滅の刃劇場版」を観た。

さて、今朝長男と一緒に池袋に出掛けた理由だが、

劇場版「鬼滅の刃」を見るため

である。

・・・今更?とお思いでしょう。私もそう思う(笑)。
ただ、長男がどうしても見たいと言い、幼稚園の同じクラスの子たちも結構見たらしいので、見せてあげようかと思った次第。

で、一緒に見て思ったのが、

ああ、これは大ヒットして当然の作品だわ。

ということ。
まず、今回の劇場版は原作をほぼ完全に踏襲した内容である。アニメの劇場版でありがちな「外伝」的なものでなく、原作の重要な内容の箇所を劇場版用に仕上げてきた。
そしてその出来栄えが最高過ぎた。ラストシーンは、そりゃあみんな号泣するよなあ・・・。

さて、この劇場版を見て思ったのが、

やべえ、原作の内容ほとんど忘れてる

ということ。
まあ、「ジャンプ」の連載を1回読んだだけだからそれで覚えている方がおかしいのだけど。

今度、マンガ喫茶に行ってまとめ読みするか、TSUTAYAのコミックレンタルで借りて読むとするかなあ・・・。

 

| | コメント (0)

フェアリーSの予想。

明日の競馬はフェアリーS@中山。
今日の中山の芝のレースを見ると、逃げ馬が残ることもあれば大外からの差しも届いていてよくわからない感じ。
その上、出走馬はほとんどが1勝クラスの馬。こんなの真面目に買ってはいけないと思う(笑)。

◎ホウオウイクセル。

現在9番人気。
この馬の売りは末脚。新馬戦(3着)、未勝利戦(1着)の2戦で最速の上がりを出した。
まあ、所詮は新馬戦&未勝利戦でのものなので、重賞のここでは通用しない可能性はあるが、9番人気なら買ってもよかろう。

他に買いたい馬もいないので、◎の単複だけ。正直、当たる気はしてません。

| | コメント (0)

シンザン記念の感想。

今日は長男を連れて朝から池袋へ。
なぜ出掛けたかは後で書きます。たいした内容ではないです(笑)。

今日の競馬はシンザン記念@中京。
勝ったのはピクシーナイト(4番人気)。
好スタートからハナに立ち、直線に入っても脚色は衰えずにそのまま逃げ切った。
・・・ここまでの2戦で後方からの競馬だった馬が13番枠から逃げ切るとか、そんなの買えるわけないわ・・・。京都金杯もそうだったが、関西の騎手の間では「差し馬を突然先行させる」のが流行っているのだろうか。
さてこの馬はモーリス産駒で、モーリス産駒はこれが初の重賞勝ち。昨年はなかなか結果が出なかったが、年が明けて早速重賞勝ち馬が出た。モーリス自身は晩成だったわけだし、もしかしたらこれからモーリス産駒が重賞をそこそこ勝ったりする・・・かも?
期待した◎カスティーリャ(6番人気)は14着。
スタート直後はいい感じで先行できているように見えたが、向正面で口を割って掛かっているのを見て「終わった・・・」と思った。
ただ、もう一頭期待したルークズネスト(8番人気)が外から伸びて2着。
上位勢がインを通ってきた中、この馬は外を回してよく伸びた。今の「イン&先行有利」の中京で、この乗り方で2着に持ってきたのは価値がある。末脚が生きる展開&コースならまた穴を開けそうな気がする。

というわけで、今日はルークズネストの複勝(4.4倍)を当てただけで、マイナスで終了。ただ、とりあえずは今年の初的中を済ませることができた。
明日のフェアリーSの予想はこれから考えます。

| | コメント (0)

シンザン記念の予想。

今日は次男の習い事の付き添いで亀有へ行ったのと、長男の予防接種の付き添いで病院に行ったくらいで特に何も無い一日。

亀有は普通に外出している人で賑わっていた。緊急事態宣言って、本当にみんな気にしてないんだなあと実感。人のことは言えないが(笑)。

明日の競馬はシンザン記念@中京。
火曜日と今日の競馬を見る限り、今の中京はある程度先行して、内側を通れないと厳しい感じ。1番人気のククナは大外の差し馬なので危ないと思う。
というわけで、狙うのは内枠の先行馬。

◎カスティーリャ。

現在3番人気。…未勝利戦を勝ったばかりなのに人気してるなあ。て言うか、昼頃は7番人気だったんだけど。
4戦目でようやく勝ち上がった馬だが、ここまでの3戦の勝ち馬は全てその後に重賞かオープンを勝っている。要するに巡り合わせが悪かった。それらの馬と接戦を演じたということは、いきなりの重賞挑戦でもどうにかなる…気がする。内枠を生かして先行できればチャンスはあるはず。
もう一頭気になるのはルークズネスト(11番人気)。
これも内枠の先行馬で未勝利を勝ち上がったばかりの馬。その未勝利戦のタイムがそこそこ速いのは魅力。
◎とここまでオッズに差がつくなら買いたくなる。

馬券はこの2頭で。
これ以上買っても傷を広げるだけだと思うし(涙)。


| | コメント (0)

「Number」でまた将棋特集。

緊急事態宣言が発令されて、うちの会社も「原則として週2日の出社とすること」という通達が出た。
・・・出たのだが、管理職は関係ないらしく、私は少なくとも来週は全て出社。管理職に人権は無いのがうちの会社です。

昨年、スポーツ雑誌の「Number」が将棋を取り上げたらバカ売れした、というニュースがあった。
まあ、私も購入した一人ではある。

で、「Number」はそれに味を占めたのか、昨日発売号も将棋特集だった。
ええ、もちろん買いました。
まだほとんど読んでいないので、この3連休で読もうと思っているが、やはり「Number」の写真はキレイでいいなあと思う。

さて、少しだけ読んだ中でかなり驚いたのが、

「Number MVP賞」に藤井聡太二冠が選出された

というニュース。
この賞は「Number」が「その年に最も輝いたアスリートに贈る賞」なのだが、そこで棋士の藤井二冠を選んだという話。
まあ、「Number」としても売上に貢献した人物だから表彰したくなる気持ちはわからないでもない。
しかし、棋士ってアスリートなんだな、とは思った(笑)。

それにしても。
「Number」のWEB版を見ると、競技ごとにインデックスがあるのだが、箱根駅伝とラグビーの間に将棋があったりする。

・・・「Number」は将棋に寄り添い過ぎじゃね?とは思います。

| | コメント (0)

年度代表馬。

今日は東京のコロナ感染者が2447人と報じられた。
緊急事態宣言も発令されたが、うちの会社は明日も普通にみんな出社するだろう。もちろん私も出社する。飲食店だけ悪者にすればいいという次元ではないと思うのだけどねえ。

今日になって気付いたのだが、昨日はJRAの年度代表馬が発表された。
年度代表馬はアーモンドアイ。その他の表彰馬はこれ

まあ、年度代表馬がアーモンドアイなのは理解はできる。
「世紀の対決」と言われたジャパンカップでコントレイル(牡馬三冠馬)とデアリングタクト(牝馬三冠馬)を直接負かしたし、天皇賞(秋)ではクロノジェネシス(宝塚記念&有馬記念勝ち)を負かしたのだから。

ただ、「クロノジェネシスよりアーモンドアイの方が強い」と言われるのは少し違和感がある。

だって、アーモンドアイは宝塚記念&有馬記念に出走すらしていないのだから。

もし、アーモンドアイが宝塚記念&有馬記念に出走して、クロノジェネシスに先着しているのなら何も違和感は無い。文句無しの年度代表馬である。
しかし実際には、おそらくは苦手である荒れた馬場を嫌って出走していない。きつい言い方をすれば「不戦敗」である。

一方、クロノジェネシスはベストではない「軽い馬場」の大阪杯と天皇賞(秋)にも出走して僅差で敗れている。この負けが響いて年度代表馬争いに敗れているのであれば、「それは違うのでは?」と言いたくもなる。むしろ「ベストでない条件にも挑んだこと」を評価してあげるべきだと思う。

要は、「得意な条件だけ走って戦績がキレイな馬」の方が、「様々な条件を走って勝ったり僅差で負けたりする馬」より強い、とされるのってどうよ?という話です。

| | コメント (0)

相続放棄しました。

今日は仕事始め。
新年最初の勤務日ということもあってか、みんな普通に出社していた。
東京は明日にも緊急事態宣言が出ると言われているが、うちの会社はあまり関係無いのかな・・・。

昨日書かなかった話。

昨日は午前中に久々に兄と会った。
目的は「昨夏に亡くなった叔父の相続放棄の為」。

事の発端は昨年10月終わり。
鶴見区役所から書面が届き、見てみたら「叔父が7月に亡くなりました。遺留品があるのですが、叔父の実娘2人が相続放棄しているので、引き取って貰えませんか?」というものだった。

これ見て最初に思ったのは「面倒なのが回ってきたな・・・」ということ。
叔父に最後に会ったのは30年以上前だが、いろいろ問題がある人とは聞いていた。まあ、実の娘に相続放棄されるくらいだし。ちなみに2回離婚していて、亡くなった時は独り身だった。

で、兄と相談して「うちらも相続放棄しよう」という当然の結論に。借金を抱えている可能性が少なからずあったし。
相続放棄は「被相続人(この場合は叔父)が亡くなったことを知ってから3ヶ月以内」にしないとダメなので、急いで準備した。具体的には私と兄の戸籍謄本、叔父の戸籍謄本、父と叔父の関係がわかる改製原戸籍などなど。
これらを昨年末に揃えて、昨日横浜の家庭裁判所@石川町に行ってきたわけです。

手続き自体は揃えた書類を提出して、「審判事件受付カード」というのを貰ってすぐに終わった。もし裁判所から叔父の相続の件で連絡があったら、このカードの話をすればいいらしい。
本当に面倒だったし、戸籍などの取り寄せで数千円の出費だったが、借金が相続されるかもしれないリスクを回避できるなら安いものである。

さて、父の兄弟には、まだ妹と弟がいて、まだ存命している。
・・・また相続放棄する、なんてことにならないことを祈ります。

 

| | コメント (0)

中山金杯と京都金杯の感想。

今日で私の年末年始休みは終了。
午前中は久々に兄に会ったのだが、その話は明日にでも書く。

今日は中山金杯@中山と、京都金杯@中京。

中山金杯を制したのは人気に応えたヒシイグアス。
道中は馬群で脚を溜め、直線で追い出すと鋭く伸び、インから抜け出たココロノトウダイ(2着/5番人気)との叩き合いを制した。
3勝クラスを制したばかりで1番人気になるのは買われ過ぎでは?と思ったが普通に強かった。ハーツクライの仔は勢いに乗ると怖いが、この馬はどうなるだろうか。
期待した◎テリトーリアル(3番人気)は6着。
いい感じで先行していたが、スローペース過ぎたか、直線であっという間に置いていかれた。

京都金杯を制したのは人気薄のケイデンスコール(12番人気)。
今日は好位でレースを進め、直線に入って進路を変えることになったが、それでもきっちり抜け出した。
…いやいやいや、前に行くとか聞いてないわ。なんか、スワンSをカツジで制した時もそうだったが、最近の岩田康は「差し馬を先行させて好走させる」のが上手くなったのだろうか。
期待した◎トリプルエース(4番人気)は8着。
スタートで出負けて後方からの競馬になり、スローの展開になった時点で終了。
今の中京、外枠は結構厳しいかも。

というわけで金杯で惨敗。
今年もマイナスからのスタートか…。


| | コメント (0)

中山金杯と京都金杯の予想。

明日の競馬は中山金杯@中山と、京都金杯@中京。

…別に「中京金杯」でもいいじゃん、とか思うのだけど。

中山金杯は内枠が強く、外枠の成績が悪い。しかし、当初買おうと思っていた馬がことごとく外枠を引いてしまった。
こういう時は手を出さないのが正解なのだと思うが、そんなことできるわけない(笑)。
というわけで、内枠で気になる馬をちょこっと買う。

◎テリトーリアル。

現在3番人気。
2走前の福島記念では3着。この時1・2着だったバイオスパーク(8番人気)、ヴァンケドミンゴ(6番人気)は外枠を引いてしまったが、この馬は絶好の2番枠。これなら逆転があっていい。
前走の中日新聞杯は9着に敗れたが、瞬発力勝負で負けたもの。明日は瞬発力は求められないと思うので気にする必要なし。
ちなみにこの馬の調教師は、騎手としてジャパンカップをカツラギエースで制し、調教師としてはテイエムオーシャンで桜花賞などを制した西浦師。西浦師は2月いっぱいで定年になるので、今年は全部勝負をかけてくると見る。

京都金杯@中京は、大好きなサトノアーサー(5番人気)がいるが、今の中京は追い込むだけでは厳しい感じ。一応買うけど。
できればある程度前に行けた方がいいと思う。

◎トリプルエース。

現在4番人気。
以前にも買ったことがあるが、久々に買う。
前走でマイルの3勝クラスを勝ったばかりだが、その前走はプラス20kgでの出走だったが好位から抜けて好タイムでの勝利だった。今の充実ぶりなら突き抜けてもおかしくない。

よく考えたら東西でゴドルフィンの馬が本命になった。
…これで唯一買わなかったダーリントンホール(中山金杯で11番人気)が来たら泣く。
今年は金杯を当てていいスタートを切りたいなあ。


| | コメント (0)

ルヴァンカップ優勝!!!

今日の午後はルヴァンカップ決勝、東京vs柏@国立。


結果は2-1で勝利!!!

前半16分にFWレアンドロのドリブル突破からのゴールが決まって先制!左サイドで受けてから上手く真ん中にドリブルしてからの鮮やかなゴールだった。
しかし、前半終了間際にCKから押し込まれて追い付かれてしまう…。ただ、前半は危ないシーンはいくつかあったので、流れ的には仕方ないかと思った。
後半に入り、柏がペースを握って攻め込むが、守備陣が踏ん張る。そして29分、FW永井が頭でゴール前に流したボールに、途中出場のFWアダイウトンが飛び込んで左足で押し込みゴール!!!よくぞそこで足が出た、というゴールだった。
その後も東京の選手の集中は切れず、逃げ切った。

いや〜〜〜、いい試合だった。
今日の東京は、誰もサボることなくハードワークしていた。これが勝利の最大の要因だったと思う。
得点を挙げたレアンドロとアダイウトンが素晴らしいのはもちろんだが、集中した守備を見せた全員がヒーローだったと思う。

これで東京は11年ぶり3回目の優勝。
「決勝での不敗神話」は今回も健在だった。できれば生観戦したかったが、まあ仕方ない。
でも、テレビ観戦でもめちゃくちゃ興奮したし、嬉しかったです。

最後に。
今日の試合は池袋のネットカフェで観戦したのだが、これはうちの会社が年末年始休みを伸ばしてくれたから。
本当に感謝してます(笑)。


| | コメント (0)

映画「AWAKE」を観た。

うちの会社はまだ正月休みなのだが、奥さんには「今日から仕事」と言っており、朝から普通にスーツ姿で出掛ける(笑)。


午前中は池袋で映画「AWAKE」を観た。
この映画は、2015年に実際に行われた「電王戦」の阿久津八段vsソフトのAWAKEが元ネタになっている、ていうかかなり再現している。

映画として面白いかどうかと問われれば、

めちゃくちゃ面白かった

の一言。
電王戦の再現性はなかなか高く、そこも見所ではあるのだが、単純に人間ドラマ、ライバルとの対決ドラマとしても面白かった。

そして、主演の吉沢亮の演技も良かった。
恥ずかしながら今日まで知らない役者さんだったけど。名前を「りょう」と読むのを今日知ったくらいだし。
個人的には、AWAKEに○○(一応伏せ字)が見つかった後に感情を爆発させるシーンが好き。

ただ、今日は池袋で観たのだが、かなりのガラガラだった。
上映が始まったのが先月の25日だったので、もしかしたらもうすぐ上映が終わってしまうかもしれない。
なので、興味のある方は早めに観に行くことを勧めます。


| | コメント (0)

違うことを試してみる。

今日は奥さんと息子達の年末年始休み最終日。
今日も天気が良いので、息子達と公園で遊びまくりました。・・・昨日、体重計乗ったら少し体重増えていたから、身体動かさないとねえ・・・。

昨年末に調べた競馬ネタを書く。

突然ですが問題。
昨年の平地重賞で、「〇番人気の単勝だけ買う」という買い方をするとして、「1番人気だけ」「2番人気だけ」「3番人気だけ」「4番人気だけ」の単勝を買った場合の回収率を高い順に並べなさい。
ヒント。的中数は、1番人気から4番人気まで順に42、23、19、12回。


正解は、3番人気が最も高く90.6%。
その後は4番人気が90%、2番人気が74.2%、1番人気が72.1%と続く。

うん、1・2番人気の単勝なんて買うもんじゃないってことですね(←短絡的過ぎ)。
結局、1・2番人気から買っても当たる回数は多いかもしれないが、リターンが望めない、ということなのだろう。
ちなみに5番人気以降は成績の差が激しく、5・6・8番人気はボロボロだが、7番人気は回収率がギリギリ100%を超える。まあ、これは年によって違うだろうけど。

というわけで。
今年は意識的に1・2番人気に◎を打つのと無謀な大穴狙いは避けて、3・4番人気あたりを軸にしていく方向で行くつもり。あと「基本的に単勝と馬連しか買わない」というのも試してみたいと思う。
毎年負けているから(涙)、少しは違うことを試してみようかと思います。

 

| | コメント (0)

緊急宣言要請。

今日は午前中に近所の神社に初詣に行って、午後は義妹さん一家が遊びに来た。うちの息子達はいとこのお兄ちゃんと遊べて楽しんでました。


今日は「1都3県の知事が緊急宣言を要請した」というニュースがあった。
ただ、正直どうでもいい、とか思っている。
どうせ緊急事態宣言は発令しないだろうし。
それくらい今の政府には何の期待もしていない。

菅首相は、「優秀なナンバー2がトップに立っても、思ったほど機能しない」というタイプなのだろう。
これ、どこかで見たことがあるような気がするなあ、と思ったが、あれだ、

トルシエのコーチで、優秀に見えたけど全然ダメだった山本昌邦

これだ。
そんなことを思う夜です。


| | コメント (0)

正月早々。

あけましておめでとうございます。
今年も本ブログをよろしくお願いします。

今日は朝から日本酒飲んでおせち食べて元旦らしいひと時を過ごす。
その後は池袋の西武百貨店に行ってお買い物。長男の服と、少し豪華な食べ物を購入。いい買い物ができました。

ところで、池袋はそこそこ混んでた。
もちろん昨年の正月よりは空いていたが、それなりに人はいて、やはりみんな自粛する気無いなあ、と改めて実感。まあ、人のことは言えないが。

そう言えば年賀状が届いた。
大学の後輩や、高校の同期に子供が産まれていて軽く驚く。
あと、大学の同期のKさん(旧姓で書くとNさん)が年賀状で「娘が大学生になりました」と書いてあったのだが、

Kさんそっくり!

もう笑うしかないレベル。て言うか、大笑いした。
遺伝子とは恐ろしいものだ、と思った。

正月早々、明るい気分になりました。

| | コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »