« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

J1開幕。

さて今更な話だが、昨日は東京のJ1開幕戦、vs浦和@埼スタ。

結果は1-1のドロー。

開始早々にシュートを決められるが、今年から導入されたVAR(いわゆるビデオ判定)でオフサイドと判定されてノーゴールに。
しかし、その後もたいしてチャンスも無く後半に入り、終盤にCKから失点。
かなり厳しい展開だったが、試合終了間際にMF三田のFKをCB森重が頭で合わせて同点ゴール!これでなんとかドローに持ち込んだ。

いや~~~、かなりしょっぱい内容。
DAZNのハイライトを見たが、「東京の攻撃シーン」は得点の時だけ。それ以外の映像は一つも無かった。「惜しいシーン」すら無かったということなのだろう。
まあ、「枠内シュートが1本(つまり、森重のシュートだけ)」ではそういうハイライトになるのも仕方ないか。

逆に言えば、そんな内容で勝ち点1を拾えたのは大きい、とも言える。この勝ち点1が終盤で大きい意味を持ってくれる、かもしれない。
それにしても、なんでこんなに仕上がってないのだろうか・・・。

| | コメント (0)

中山記念と阪急杯の感想。

今日は新潟から帰京。
今日の新潟はめちゃくちゃ暖かく、長男と姪っ子(4歳)と雪遊びしようとゲレンデに出たのだが、日差しが強過ぎて目が開けないレベル。
そんな中、そり遊びや雪玉作りで遊びまくり、楽しい一日でした。

今日の競馬は中山記念@中山と、阪急杯@阪神。
中山記念を制したのは人気に応えてヒシイグアス。
◎バビット(14着/2番人気)とウインイクシード(3着/7番人気)が激しくやり合って逃げる中を離れた4番手に構え、4角で前を捕らえにかかると粘るウインイクシードとインから伸びたケイデンスコール(2着/5番人気)を競り落とした。
「好調期に入ったハーツクライ産駒は止まらない」ということを思い出させる勝ち方だった。並んでからの勝負根性はなかなかのものだと感じた。この後は大阪杯に向かうのだろうか。もしそうなら軽視はできないかなあ。
期待した◎バビットは↑にも書いた通り14着。て言うか最下位。ウインイクシードにあそこまでガリガリ競られるとは思わなかった・・・。
今日の結果が実力だとは思わないが、1800m戦だと今日みたいなペースで競られることは普通にありそうなので、もう少し距離を伸ばした方がいいのかも。

阪急杯を制したのはこちらも人気に応えてレシステンシア。
スタートから二の脚でハナに立つと軽快に逃げて、直線に入っても脚色は衰えずそのまま逃げ切り。
終わってみればラスト3ハロンは33.8秒。逃げ馬にこんな脚を使われたらどうしようもない。昨秋はマイルCSを使っただけで、そこも6着に負けており、「もしかして成長が無かったのかも?」とか思ったが、まともな状態ならこれぐらいは走れることを見せた。
この後の目標はヴィクトリアマイルだと思うが(高松宮記念でも充分勝負になると思うが)、この逃げ脚が復活しているなら充分チャンスはありそう。
期待した◎ダノンファンタジー(2番人気)は5着。
スタートで出負けたのを見て「川田ふざけんなよ・・・」と思ったが、その後も馬群で窮屈そうな競馬をしている時点で「こりゃダメだ」と思った。直線でも外目から伸び切れず終了。こんなにスタート悪い馬だったかなあ・・・。

というわけで今日はいいところなく終了。
東西ともに2番人気に◎を打って当てに行っているのに◎がボロ負け、しかも本来の実力を発揮できずという最悪のパターン。
ちょっと悪い流れだが、3月になって変わってくれることを期待します(←他力本願)。

 

| | コメント (0)

中山記念と阪急杯の予想。

昨日書いたが、現在奥さんの実家の新潟に向かっている。

そうなると、このブログをゆっくり書く暇も無さそうなので、明日の競馬の予想を書くことにする。

というわけで、明日は中山記念@中山と、阪急杯@阪神。
中山記念はここ数年はアエロリットとラッキーライラックのお陰で当て続けていた相性の良いレースなので今年も当てたい。
中山記念は前に行ける実績馬買えばいいレース。

◎バビット。

現在2番人気。
昨年は逃げ切りで重賞2勝。菊花賞と有馬記念は惨敗したが、これはたぶん距離が長かったのだろう。
今回は重賞を制している1800m戦だし、他に「何がなんでも逃げる」的な馬もおらず、楽に行けるはず。明日のメンバー相手ならそのまま逃げ切ってくれると思う。
相手は無難に人気どころでいいと思うが、人気薄で気になるのはウインイクシード(8番人気)。
これも先行できる馬だし、中山の1800〜2000m戦で掲示板を外したことは無い。ここまで人気が無いなら抑えるべきだと思う。

阪急杯はG1馬3頭の「3強」がかなり強力に見える。普通に考えてこの3頭のどれかが勝つのだろう。

◎ダノンファンタジー。

現在2番人気。
前走の阪神Cで久々に勝ったが、この勝利で1400m戦は2戦2勝。そもそも1400mがベストだったのではないだろうか。
いつも書いているが「前哨戦で強いダノン馬」でもあるし、ここは大崩れは無いと見る。
相手は「3強」の残りからレシステンシア(1番人気)。
昨秋のマイルCSは逃げて負けたが、休み明け&プラス24kgの馬体重ではさすがに厳しい。まともな状態なら逃げ脚も違うはず。
あと、阪急杯は人気薄がよく突っ込んでくるレース。
一発あるならメイケイダイハード(11番人気)。
前走の洛陽Sは32秒台の末脚を出しながら6着。展開が向けば昨年の中京記念のように差し切るかもしれない。

結局、どっちも固い予想になってしまった。
きっちり当てて2月を締めくくりたいです。


| | コメント (0)

明日と明後日は新潟。

今日はこれからJ1開幕戦、川崎vs横浜が行われる。
昨年圧倒的な強さで優勝した川崎は今年も強いのか、あるいは川崎を止めるチームが現れるのか。
東京が止めてくれたら最高だが、多くは望みません。
て言うか、今年は20チーム中4チームが降格という過酷なレギュレーションなので、早く残留を決めて欲しいと思う。

話は変わって。
実は明日に奥さんの実家@新潟に帰省する。今年の正月は自粛したのだが、そろそろいいでしょ、という感じで2月初旬には決めていた。
正直、我慢疲れではある。息子たちも「新潟行きたい」とはよく言ってたし。
ただ、私は28日(日)には帰京するので、かなり慌ただしい感じ。奥さんと息子たちは1日(月)に帰京なので、それなりには遊べると思うけど。

というわけで、明日明後日はなるべく息子たちと一緒に雪遊びを堪能したいと思う。
日曜日の重賞2鞍(中山記念&阪急杯)の予想を書く暇はあるのだろうか・・・。

| | コメント (0)

給付金不正受給のその後。

昨日書いた「家でもマスクして花粉症対策する作戦」だが、結果から書くと大正解。
昨晩は寝る時も着けたし、今日の在宅勤務時もずっとマスクをしているが、目のかゆみ、くしゃみ、鼻水はほとんど無し。こんなに鼻の通りがいいのは数日ぶり。
というわけで、しばらくはマスクを外せない生活になりそうです。

先日書いた「JRA関係者による給付金不正疑惑」。
その後、新しい情報が出てきた。

「スポニチ記者が申請勧誘 10人以上か」

つまり「スポニチ記者も共犯だった」ということなのだろう。
ただ、記事を読む限りは「元から怪しいとされる税理士に『JRA関係者を紹介して欲しい』と言われて紹介した」ということなので、やはりこの税理士が主犯であることには変わらない感じ。

とは言っても「主犯じゃないからスポニチ記者はたいして悪くない」とは全く思わない。むしろ報道関係者であるスポニチ記者が、悪事に手を貸してどうするよ、と言いたい。
こんなことが起きては、スポニチが政治家の汚職のことを非難した記事を書いてもなんの説得力も持たないよねえ。

とりあえず、このスポニチ記者は競馬のイメージ低下に貢献してしまったので、即刻出入り禁止処分などにしてもらいたいとは思う。

ところで。
・・・これってスポニチの記者だけなのかねえ?
他のスポーツ新聞や、競馬新聞の記者・トラックマンも関わっているのでは?と考えるのが自然だとは思うのだけど。

 

| | コメント (0)

花粉症。

先週末の東京はめちゃくちゃ暖かかったわけだが、その頃から目がめちゃくちゃかゆく、鼻水も結構出た。

ええ、どう考えても花粉症です。

とりあえず、目のかゆさが尋常ではないので、今日は仕事途中で会社の近くの眼科に行って目薬をもらって来た。これでかゆみが治まればいいのだけれど・・・。

だがしかし。
よく考えてみると、昨日の日中は公園で遊びまくっていたがあまり目はかゆくならなかったし、鼻水もあまり出なかった。
目がかゆくなったり鼻水が出まくるのは、昨晩及び今朝。つまり家の中だった。
さらに考えてみると、公園で遊んでいる時はマスクを着用していて、家の中にいる時はマスクを着用していなかった。

もしかしたら、家の中でもマスクを着用していれば症状を緩和できるのではないだろうか。

・・・という仮説に基づいて、しばらくは家の中でもできるだけマスクして過ごそうかと思います。
もちろん、処方された目薬も挿すけれど。

 

| | コメント (0)

将棋の本が当たった。

今日は天皇誕生日。

中央競馬も、将棋のタイトル戦も、Jリーグの試合も無い(開幕してないのだから当たり前だが)休日である。
公園で遊んでいても、これらの結果を気にしないで過ごせるというのはいいなあ、とか思ったり。

今日はマイナビから郵便物が届いた。
「ひと目の詰み」という将棋の本で、毎週ツイッターで実施している「次の一手問題」の賞品である。
毎週1人しか当選しないのだが、当選者が毎週30人前後しかいないのでそれなりに当たるチャンスはあると思っていた。
で、今回めでたく当選し、賞品の本をゲットできたわけである。

これまでもツイッターでの抽選はちょくちょく当たっているが、今回のような「1300円くらいの本」というのは初めて。
しかも「約30分の1」という狭き門である。
…今週はこれで運を使いきってしまったかもしれないなあ(←予防線を張らないように)。


| | コメント (0)

確定申告とかプレゼント購入とか。

明日は天皇誕生日。なので今日は「日曜日と祝日に挟まれる平日」ということで休み。
それを生かして、今日は確定申告に行ってきた。
これまでは「直接税務署に行って受付の順番待ち」をしていたのだが、今年は「LINEで税務署を友達登録することで可能になる事前予約」を使った。このおかげで全く待つことなく確定申告ができた。便利な世の中になったものだ。

その後は時間に余裕ができたので、後楽園にある「ジャンプショップ」ヘ。ここはその名の通り「ジャンプ」のグッズが購入できるお店。
実は先週、長男の同じクラスの男の子がうちの長男に「いつも遊んでくれてありがとう」と、「鬼滅の刃」のマスクをプレゼントしてくれたのですよ。
で、お返しのプレゼントをあげようと思い、その子も「鬼滅の刃」が好きということで奥さんと協議の結果「鬼滅の刃」グッズを購入することにした。

そして、購入したのは「善逸と伊之助のイラストの入ったボールペン」。約500円。
当初はシャープペンを想定していたのだが、残念ながら売り切れだったのでボールペンに変更。「善逸と伊之助」なのは、「それしか売ってなかったから」。
まあ、幼稚園児同士のプレゼント交換ならこんなものでいいのではないだろうか。

そんな感じで、2月とは思えない暖かさの休日を過ごしました。

 

| | コメント (0)

フェブラリーSと小倉大賞典の感想。

今日は息子たちと公園で遊びまくった一日。
午前中は10時から11時半まで、午後は13時から17時15分まで遊んだ。合計5時間45分。
・・・改めて数字にすると笑えてくる。

今日の競馬はフェブラリーS@府中と小倉大賞典@小倉。
フェブラリーSを制したのは人気に応えてカフェファラオ。
スタートから果敢に先行策を取り、そのまま直線に入ると先行勢をあっさり捕らえて突き放す。最後は馬群を割って伸びて来たエアスピネル(2着/9番人気)が迫るが3/4馬身差をつけて完勝。
昨年のチャンピオンズCが完敗だったので「1番人気じゃ買えんなあ・・・」と思っていたが、それをあざ笑うような勝ちっぷり。要するに「マイルだったら強い」ということなのだろう。
しかし、だとするとこの後は5月のかしわ記念@船橋と、10月の南部杯@盛岡しか出番が無いことになる。思い切って秋はアメリカにでも挑戦しないかなあ。
期待した◎サンライズノヴァ(4番人気)は11着。
最後方から大外をぶん回すが伸び切れず。さすがにそんな雑な競馬でどうにかなるほどの馬ではないよねえ。

小倉大賞典を制したのは2番目に期待していたテリトーリアル(11番人気)。
ハイペースの離れた3番手を追走し、直線では外目をじわじわ伸びる。最後は外からボッケリーニ(2着/1番人気)が追い詰めるがハナ差凌ぎ切った。
これは公園でワンセグで見ていたが、「石川(テリトーリアルの鞍上)残せ!残せ!」と心の中で叫んでいた(笑)。斬れ味がある馬ではないので、こういうハイペースの持久戦が合ったのだろう。中山金杯で◎を打って負けてしまったが、そこで見限らなかった自分を褒めてあげたい。
期待した◎トーラスジェミニ(7番人気)は14着。
ハイペースで気分良く行き過ぎて見事に止まった。まあ、逃げ馬が負ける時なんてこんなものです。

というわけで小倉大賞典の単勝(23.8倍)&複勝(6.1倍)を的中してほぼチャラ。
・・・テリトーリアルは抑え程度でしか買わなかったんだよなあ・・・。
昨日のダイヤモンドSと京都牝馬Sはいいところが無かったので、土日としては負け。
来週で2月が終わるが、最後はきっちり当てて終わりたいです。

| | コメント (0)

祝・大坂なおみ、全豪オープン優勝!(2回目)

最後に今日のめでたいニュース。


テニスの四大大会の一つ、全豪オープンの女子シングルスで大坂なおみが優勝しました!

決勝の相手は第22シードという「格下」の相手だったが(大坂は第3シード)、えてしてそういう相手の方が難しいのでは、とか思っていたが関係なくストレート勝ち。普通に完勝だった。

これで全豪オープンは2年ぶり2回目の優勝。
四大大会では4回目の優勝となった(これ以外には全米オープンを2回優勝)。

なんか、「普通に強い」としか言いようがない。
大坂はまだ23歳と若いし、まだまだ勝ちまくりそう。

ただ、課題としては「ウィンブルドンと全仏オープンは勝てていない」というのがある。
全豪オープンと全米オープンはハードコートだが、ウィンブルドンは芝、全仏オープンはクレーコート。この違いが大きいのだろう。
今年はウィンブルドンと全仏でも勝ちまくる大坂を見られたらいいなと思います。


| | コメント (0)

フェブラリーSと小倉大賞典の予想。

続いて明日の競馬の予想。

明日はフェブラリーS@府中と、小倉大賞典@小倉。

フェブラリーSは速い上がりが使える大型馬が強いレース。
…意外と該当する馬がいなかったりする。

◎サンライズノヴァ。

現在4番人気。
前走のチャンピオンズCは12着惨敗だったが、速い上がりは使えていて、衰えているわけではない。前走時の馬体重は534kgで、このレースで好走するタイプの馬格である。
フェブラリーSは4年連続の挑戦で、これまで4・7・3着。府中マイルは5勝していて得意の舞台なのだが、フェブラリーSには縁が無い。単に底力不足、という気はしないでもない。
ただ、今年のメンバーは小粒感が漂っていて(個人的な意見です)、サンライズノヴァでも充分チャンスはあると思う。
次に気になるのはワンダーリーデル(8番人気)。
こちらはずっと買ってる馬。前走の根岸S2着で久々に美味しい馬券を取らせてくれた。
こちらも速い上がりが使える大型馬なので、そういう意味でも買える。
この2頭に、ステップレースの根岸Sと東海Sでお世話になったレッドルゼル(2番人気)とオーヴェルニュ(5番人気)を絡めて買う。
1番人気のカフェファラオは内枠なので買わない。来たら仕方ないと諦める。

ついでに小倉大賞典の予想。
こちらは昨秋から買い始めて、前走のディセンバーSでお世話になったトーラスジェミニ(7番人気)と、中山金杯で◎を打ったがダメだったテリトーリアル(11番人気)、そして「早く引退しろよ…」と思いながらも買い続けているロードクエスト(16番人気)を買って眺める。当てる気は一応あります(笑)。

正直、フェブラリーSは苦手なG1だが、たまには当てたいです。


| | コメント (0)

棋王戦第2局。

今日の東京は暖かく、公園で遊ぶには絶好の一日。

ただ、明日明後日は暖かいらしいが、その後はまた寒くなるらしい。なかなか春本番とはならんなあ。

今日もいろいろネタがあるが、まずは将棋。
今日は棋王戦第2局。
糸谷八段挑戦者が勝って奪取に王手をかけるか、渡辺棋王(&名人・王将)が1勝1敗のタイにするかという一局。

勝ったのは渡辺。

角換わり(という戦法名です)から後手番の渡辺が積極的に動いて銀を交換。その後、端から攻める手が思いの外厳しく、糸谷の飛車を奪う形に。そこからは渡辺が一気に攻めてぶっ潰した。

終わってみれば渡辺の圧勝。
て言うか、糸谷にしてみれば2手掛けて端を詰めたのにそこから逆襲されて不利にされたわけで、そもそもの構想に問題があったのかもしれない。

というわけでこれで1勝1敗のタイになり、改めて3番勝負の形になった。
ただ、今日の将棋を見せられると、やっぱり渡辺強いな〜と感じてしまいます。


| | コメント (0)

ハッピーセットに「鬼滅の刃」。

今日知って「ついにこれもか・・・」と思った話。

「マクドナルド、ハッピーセット『鬼滅の刃』を販売へ」

マックの子供向けセットであるハッピーセット。
これには1ヶ月前後の周期で変わるおもちゃが1個つくのだが、このおもちゃのラインナップに「鬼滅の刃」が登場することになった。
マックからの公式案内はこれ。

まあ、「おもちゃ」と言っても内容は「3枚組シールセット」なので、たいしたおもちゃではない。
・・・ではないのだが、うちの息子たちは絶対欲しがるに決まっている。
そもそもハッピーセットは大好きだし、その上「鬼滅の刃」のシールが貰えるとなったらこれしか食べないんじゃね?という不安さえある(笑)。

ちょっと不安なのが「シールセットが5種類ある」ということ。
・・・揃えるまで何度も買い続ける、ということがありそうだ・・・。

販売開始は3月5日(金)。
期間限定らしいので、気になる方は早めに買いましょう。

| | コメント (0)

給付金不正受給疑惑。

昨日のニュースだが、今日知って「はあああ!?」と思ったニュース。

「厩務員ら100人以上、持続化給付金不正受給か」

JRAの調教助手と厩務員が、コロナの影響で収入が減った個人事業主を国が支援する為の給付金を不正に受け取っていたらしい。
その受給者は100人以上に上るという説もあるらしい。

いや、もうマジでふざけんな、の一言。

競馬を始めとした公営ギャンブルは、コロナが流行している中で娯楽を提供していてだいぶイメージアップしたと思っている。そして、実際に馬券などの売上はコロナ流行前より大幅に増えている。
ただ、そうやって競馬などの開催を続けられたのは、関係者の努力があったからというのは間違い無い。

そんな中でのこの事件ですよ。

これ、競馬を始めとしたギャンブルをよく思っていない人(そしてそういう人は世間に多くいる)にしてみれば、「ほらやっぱり競馬に携わっている奴らなんてロクなもんじゃない」と言いたくなる事案である。
真面目に努力してきた関係者の顔に泥を塗っているという自覚は無いのか、と問い質したい。

ただ、仕事の合間にいろいろ記事を見てみたが(←仕事しろよ)、「有力馬主の税理士が『指南役』となって給付金の需給を勧めていた」らしい。
だとすれば、「不正受給した調教助手と厩務員が100%悪い」とも言い切れない。実際、税理士にお任せにしている競馬関係者も多いらしいし(競馬関係者は個人事業主)。

・・・で、噂される「指南役」の馬主だが、「馬主 税理士」で検索すると最初に出てくる人が怪しいと言われている。
ちなみにその人は今日「適正な手続きだった」と反論している。

しかし、仮に「適正な手続き」だったとしても、こうやって「不正受給の疑い」と報じられた以上、マイナスイメージがついてしまったことには変わりない。
今週はせっかくのG1ウィークなのに、変なケチがついてしまったのが残念でならない。

| | コメント (0)

コロナウイルスのワクチン接種開始。

今日も在宅勤務。
会社にいる時は昼休みに自席で昼寝できるのだけど、在宅だとなぜか昼寝ができない。
「ここで寝たら数時間寝てしまう!」という危機察知能力が働くのだろうか(笑)。

今日はコロナウイルスのワクチンが国内で初めて接種された。
まずは医療従事者に接種し、その後は高齢者が接種し、私のような持病が無くて体力的にも問題無さそうなのは最後の方だろう。

先日は「私みたいな健康面で問題無い人はワクチンを打たなくてもいいのでは?」と書いたが、その後、逆に「健康面で問題が無い今のうちにワクチンを打っておいた方がいいのでは?」と思うようになってきた。
というのも、今回のワクチンは思っている以上に副作用の発症が出ていないらしいのですよ。まあ、これから副作用が出てくる可能性はゼロではないわけだが、それを言い出したらキリが無い。
ワクチンを打って免疫を作ることで感染が防げるというのであれば、とっとと打って楽になりたい、というのが正直なところだったりする。
夏になる前にワクチン接種できればいいなあ、とか思います。

| | コメント (0)

「スーパーサッカー」も終了。

今日から3日連続で在宅勤務。
そんな中で知って軽く驚いたニュース。

「TBS『スーパーサッカー』28年の歴史に幕」

TBSで放映されていたサッカー情報番組の「スーパーサッカー」が3月いっぱいで終了することになった。
まあ、ここ数年は「スーパーサッカー」を全く見ていなかったので、割とどうでもいいといえばどうでもいいのだが(笑)、28年続いていたサッカー番組が終了してしまうというのは寂しくはある。

昨年は「やべっちFC」が終了したわけだが、「サッカー情報番組」は地上波ではいらない、ということなのだろう。
こうなってしまうと、「ちょっぴりサッカーに興味がある人」が軽い気持ちでサッカー情報に触れるというのが難しくなってしまう、というのは気になるところ。
私のように本気でサッカーを見たい人は有料でDAZN、WOWOW、スカパーなどを見るわけだが、「お金払ってまでサッカー見る気はしない」という人はたくさんいるわけで、そういう人たちにどうやってサッカーの情報を伝えていくかは今後の課題なのだろう。

さて、こうなると「スーパーサッカー」のMCの加藤浩次としては「いろんなしがらみ」が無くなる。
DAZNの「やべっちスタジアム」に出演する日も遠くはない気がする。

| | コメント (0)

三菱養和のグラウンドでサッカー。

今日の東京は、日中はかなり激しく雨が降ったがようやく止んでいい天気になった。
帰宅する時に止んでくれて本当に助かった。

昨日書かなかった話を。
昨日は長男を連れてサッカー教室の体験に行った。
行った先は、ジュニアサッカーの超名門である三菱養和@巣鴨。
三菱養和は多くの有名サッカー選手を輩出している。FW永井雄一郎、MF小川佳純、FW田中順也、FWディサロ燦シルヴァーノあたりが有名だろうか。

サッカー教室は養和のグラウンドで行われた。
めちゃくちゃ広い人工芝のグラウンドで、そこに入るだけでかなりテンションが上がった。
今回のサッカー教室は「親子でのサッカー」という内容で、私は長男と一緒にランニングしたりパス交換したり。
その後は、「子供5人vsその親5人でのミニサッカー」を実施。当然、空気を読んで子供たちを勝たせてあげた(笑)。

久々に芝の上(人工芝だけど)でサッカーしたが、めちゃくちゃ楽しかった。
長男も楽しかったと言っていたが、私はそれ以上に楽しんだかもしれない。

そんな感じの楽しい日曜日でした。

| | コメント (0)

王将戦第4局。

続いて将棋の話。
今日は王将戦第4局2日目。
渡辺王将(&名人・棋王)が勝ってストレート防衛を決めるか、永瀬王座が勝って一矢報いるかという一局。

勝ったのは永瀬。

先手番の永瀬の矢倉vs後手番の渡辺の雁木という相居飛車の構えから、永瀬が積極的に動いて駒得し、そこで得た銀を使って渡辺の飛車をいじめるのがいい構想だった(と思う)。
そこから飛車を交換し、永瀬が一気に攻める。渡辺も「永瀬がミスったら一気に寄せる」形には持って行ったが、永瀬がなんとか寄せ切った。

というわけで永瀬がなんとか初勝利。ただ、大きいミスもなく、いい内容での勝利だったと思う。
一方の渡辺はこれで公式戦3連敗。ちょっと嫌な流れではある。
次の第5局は渡辺の先手だが、そこで渡辺が勝てないとちょっとわからなくなってくる。
さてどうなることやら。

| | コメント (0)

京都記念と共同通信杯の感想。

さて今日の話。
今日は午前中に「長男のサッカー教室体験の付き添い」というイベントがあったのだが、今日は書くネタがあり過ぎるので明日に回す(笑)。

今日は競馬と将棋で書くネタがあるのだが、まずは競馬。
今日は京都記念@阪神と、共同通信杯@府中。
京都記念を制したのは圧倒的1番人気に応えてラヴズオンリーユー。
道中は先行勢のすぐ後ろに構え、直線に入って先行して粘る◎ステイフーリュッシュ(2着/3番人気)をあっさり捕らえてそのまま突き抜けた。
終わってみれば「力が違う」の一言。て言うか、先行させて楽勝できるなら、今まで後方から追い込んで届かない競馬をしていたのはなんだったの?とは思う。
期待した◎ステイフーリュッシュは↑に書いた通り2着。
いい感じで先行して、4角から早めに動いて後続を出し抜こうとする競馬だったが、相手が悪かった。それでも改めて2200m適性の高さを見せた一戦だった。

共同通信杯はエフフォーリア(4番人気)が勝利。
好位を進み、直線では馬場のど真ん中を突き抜けて完勝。これはなかなか強い勝ち方だった。
ただ、ここまでの2戦が7・8頭立てで、今日が12頭立て。この後は皐月賞に直行するという話だが、フルゲートでの競馬の経験が無いままに皐月賞に向かうというのは少し不安はある。
それにしても、この馬の血統は祖祖母がケイティーズ(ヒシアマゾンの母)で、母父がハーツクライで、父がエピファネイア。ハマれば府中2400mで爆発しそうな血統だなあ。
期待した◎プラチナトレジャー(9番人気)は7着。
前半1000mが61.9秒というスローペースで4角10番手ではどうにもならん。

今日は京都記念の馬連(5.7倍)を当てたがちょっとマイナス。て言うか、今週も枠連の方が高い(6.4倍)ってなんなの・・・。
まあ、土日で一つも当たらないよりはマシ、と思うことにする。

| | コメント (0)

地震。

今日の話を書く前に昨晩の話を書く。

昨晩23時過ぎ。
このブログで予想を書き上げ、ツイッターにも予想を書いて、馬券をスマホで購入して、さて寝るかと思ったところ、地震が発生した。
最初からそれなりに揺れていて、「これは大きい地震だな」と思ったが、それよりも長く揺れ続けるのが気持ち悪かった。

その後ようやく地震が納まり、すぐにスマホで情報収集。福島や宮城で震度6強だったこと、津波の心配が無いことを知る。ほんと、ほぼ真夜中だったので、津波の心配が無かったことはよかった。

しかし、競馬ファン的には、山元トレセンやノーザンファーム天栄(どちらも社台の育成施設で、福島・宮城にある)が無事なのかが気になった。
まあ、これも結局は大きい被害にはならなかったらしい。

それにしても。
もうすぐあの「3.11」から10年が経とうとしているところでこの地震である。
「いつでも備えておけよ」という警告なんだろうなあ。

| | コメント (0)

京都記念と共同通信杯の予想。

今日の東京はかなり暖かかった。

このまま暖かくなって欲しいが、来週はまた寒くなるらしい。まあ、まだ2月中旬だから仕方ないか。

今日は他に何も無い一日だったので、明日の競馬の予想。
明日は京都記念@阪神と、共同通信杯@府中。
阪神で行われる京都記念はビワハヤヒデが勝った1994年以来。あの時のビワハヤヒデはめちゃくちゃ強かったなあ…。
今日のレースを見る限り、今の阪神芝はある程度前に行けないと厳しい感じ。まあ、2200mの重賞なので、素直にこの馬を買う。

◎ステイフーリッシュ。

現在3番人気。
前走のAJCC(4着)の時も書いたが、2200m戦では安定して走る馬。先行力もあるし、今回は内枠を引いたのもプラス材料。勝ち切れない馬なので1着は無いかもしれないが、2・3着にはしてくれると思う。
相手は悩ましい。人気どころはしばらく勝ってないクラシック馬と、昇級初戦の馬。これらを買うなら「前に行ける」という理由だけでダンビュライト(7番人気)でも買うかなあ。

共同通信杯は朝日杯2着のステラヴェローチェが人気を集めている。
実績的には妥当なのだが、共同通信杯は何故か圧倒的人気を集めた馬が勝てないんだよなあ…。
ただ、2番人気以降の馬は新馬戦勝ったばかりの馬や、2ヶ月以上の休み明けの馬などであまり信用できない。これだったらダメ元で穴を狙いたい。

◎プラチナトレジャー。

現在9番人気。
ここ2走は重賞を使って4・5着と、それなりには走っている。
そしてどちらもメンバー中2番目に速い上がりを使っていて、流れさえ向けばもう少し上の着順に入れてもおかしくない…はず。
重賞で揉まれたキャリアがここで生きる展開を希望する。

ここ2週はいい結果が出ているので、なんとか継続したいです。


| | コメント (0)

「シンカリオンZ」、4月放映開始。

今日は「会社のお休み」。

以前書いたが、今年度から「祝日と土日の間の平日は休みにする」という謎ルールが始まり、今日はそれに該当する。
ただ、奥さんには休みであることは当然言わず(笑)、図書館で本読んだり、献血したりして過ごす。今日は秋葉原の献血ルーム行って、「鬼滅の刃」を読みまくった。ここは漫画が豊富に置いてあるのでありがたいです。

今日は東京五輪組織委員会の森会長辞任というニュースがあったが、割とどうでもいい。「へえ、本当に辞めるんだ」とは思ったが。
さて後任はまだ未定らしいがどうするのだろうか。とりあえず川淵ではなくなったのはよかったけど。

それよりも大事なのは、アニメ「シンカリオン」の続編、「シンカリオンZ」の情報が発表されたこと。

「シンカリオン」は長男が好きで、劇場版を見に行ったアニメ。
今日発表された情報によると、放映開始は4月9日の金曜19時半。思いっきりゴールデンタイムである。
そしてテレビ局はテレ東。そう、テレ東で放映されることは知っていたので、日曜の朝に放映すると思っていたのだが、金曜の夜に放映するとは思わなかった。

4月からはこれを毎週観ることになるんだろうなあ。


| | コメント (0)

朝日杯オープン戦の感想。

今日は祝日なので朝はのんびり過ごす。

息子達と「みんなのうた」を見始めたら、岡村靖幸が作った歌(新曲)を本人が歌っていてかなり驚いた。

今日は将棋の朝日杯オープン戦の準決勝&決勝が一気に行われた。
(朝日杯は持ち時間が短い棋戦なので、毎年準決勝と決勝は同日に行います。)

優勝したのは藤井二冠(王位・棋聖)。
準決勝は渡辺三冠(名人・王将・棋王)と対局。
相掛かり(という戦法名です)から激しい攻め合いになり、終盤では渡辺が必勝形(て言うか、藤井の王は詰んでた)になったが、渡辺が詰みを発見できず、そこから一気に逆転して藤井が勝利。
まあ、秒読みに追われて詰みが発見できないというのはよくある話ではある。そういう「詰みを発見しづらい粘りを見せた」藤井の技術を褒めるべきなのだろう。

決勝は三浦九段と対局。
先手番の藤井の横歩取り(という戦法名です)からお互いの大駒(飛車と角)を取り合う大乱戦に。
終盤では三浦の方が優勢に見えたが、藤井が意表の対応を見せて三浦のミスを誘って逆転し、そのまま寄せ切った。
こちらも藤井の粘りの技術の巧みさを堪能させてもらった。

というわけで藤井が優勝。
ただ、↑にも書いた通り、逆転勝ち連発での劇的な優勝で、決して「盤石の強さ」というわけではなかった。
まあ、「なんだかんだで勝ってる」というのは、かつての羽生を彷彿とさせるわけだけど。

そんなわけで、凄い将棋を見せられまくった一日でした。


| | コメント (0)

引退・勇退する調教師を思う。

今日は特に何も無い一日だったので、昨日書かなかった競馬の話を。

昨日「3月にデビューする新人騎手」の話を書いたが、「2月末で引退・勇退する調教師・騎手」も発表された。
このうち、騎手は蛯名。蛯名の思い出は昨年末に調教師試験合格の時に書いたので今回は書かない。

調教師はかなり凄いメンバー。
G1を7勝したジェンティルドンナ、ダートG1(交流含む)を9勝したヴァーミリアンなどを管理した石坂正。
騎手としては日本馬初のジャパンカップ制覇を成し遂げ(@1984年)、調教師としては牝馬二冠を制したテイエムオーシャン、カワカミプリンセス、ダートG1(交流含む)を10勝したホッコータルマエなどを管理した西浦。
有馬記念&牝馬二冠を制したダイワスカーレット、ダービー馬キングカメハメハ、タニノギムレット、ダートで底知れぬ強さを見せたクロフネなどを管理した松田国。
G1を7勝したウオッカ、ドバイワールドカップを制したヴィクトワールピサ、ダートG1(交流含む)を7勝したカネヒキリなどを管理した角居。
90年代終盤から20年以上に渡り競馬界を盛り上げてくれた調教師達である。正直、この4人をそれぞれ語るだけで1週間はネタに困らない気はする(笑)。

この中で最もいなくなって寂しいと感じるのは角居だろうか。
代表馬のウオッカ、ヴィクトワールピサを見てわかる通り「チャレンジ精神」が強い調教師だったと思う。
↑に書いた以外にもデルタブルース、シーザリオ、ハットトリック、ルーラーシップが海外でG1を制していて、「日本馬だって海外に通用する」というところを見せまくってくれた調教師だった。

彼らが引退するのは寂しいが、長い間お疲れさまでしたと言ってあげたいです。

| | コメント (0)

5年ぶりの女性騎手@JRA誕生。

昨晩体調を崩した奥さんだが、今朝はある程度回復していたので仕事に行った。
話を聞いたら、職場が「換気」の名目で窓を開けまくりで寒かったらしい。コロナ対策で換気して風邪ひいてちゃ意味無いよねえ・・・。

今日はJRAから「新規の騎手免許試験合格者」の発表があった。つまり「新人騎手」のことである。
この他にも「2月末で引退する調教師・騎手」の発表もあったが、それはまた後日書く(予定)。

今年の注目は、「女性騎手が2名いる(古川菜穂と永島まなみ)」ということ。
藤田菜七子以来5年ぶりの女性騎手誕生となる。これは素直に嬉しい。やはり女性騎手が増えた方が盛り上がると思うし。

古川は関西の矢作厩舎所属。
矢作厩舎は所属している坂井を積極的に起用してそれなりの騎手には育てた。古川も数は乗せてくれるのでは、と思う。

永島は関西の高橋康厩舎所属。
・・・ちょっと微妙な厩舎に入ったなあ、とは思わないでもない。

彼女たち以外の男性の新人騎手には、JRA騎手の角田、横山義、西谷の息子がいる。なかなか地味なメンバーだな、とか思ったり。

順調に行けばデビューは3月。頑張って欲しいと思います。

| | コメント (0)

リスグラシューの初仔誕生。

今日は夕方になって奥さんから「(自分が)体調が悪い」と連絡があり、定時で帰宅。

家に着くと息子達はテレビを見ていて、奥さんは寝込んでいた。
というわけでその後は息子達にご飯を食べさせ、食器を洗い、お風呂に一緒に入り、歯を磨き、寝かしつけ、寝た後は風呂の掃除と洗濯。うん、頑張った。

今日の嬉しかったニュースは、大好きだったリスグラシューの初仔が産まれたというもの。
父親はモーリスの牡馬。2019年の年度代表馬のリスグラシューと、2015年の年度代表馬のモーリスという「年度代表馬カップル」になる。

これはもう楽しみしかない。
…のだが、モーリスが本格化したのは4歳になってからだし、リスグラシューも2歳から活躍してはいたが、圧倒的な強さを見せたのは5歳時。
こう考えると、クラシックよりは古馬になってからの方が期待できそうに思う。

この馬がデビューするのは、順調に行けば2023年の夏以降。
どんな走りを見せてくれるか、今から楽しみです。


| | コメント (0)

東京新聞杯ときさらぎ賞の感想。

今日の東京はかなり暖かかった。
息子たちと公園で遊んだが、上着は全く必要無かった。
このまま暖かくなってくれたらいいのだが、残念ながら明日はまた寒いらしい。実は先週から鼻炎が治まらないのだが、こう寒暖の差が激しいとなかなか治らないんだよなあ・・・。

今日の競馬は東京新聞杯@府中と、きさらぎ賞@中京。
東京新聞杯を制したのはカラテ(5番人気)。
先行策を取り、直線では前が塞がったが、進路を変えて前が開いた所に突っ込み、そこから鋭く伸びて突き抜けた。
鞍上の菅原良(3年目の若手)の乗り方はあまり褒められたものではないが(最初から前が開きそうなところを狙え、という話)、馬が思った以上に強かった。
カラテはこれで2勝クラス→3勝クラス→今日で3連勝。父トゥザグローリーという地味な血統なのにこうやってポンポン勝っていくのは見ていてワクワクする。
あと、カラテの祖祖母はゴールデンサッシュ。ステイゴールドの母である。・・・うん、なんか「大舞台で一発かましそう」な気がしてきた。
期待した◎トリプルエース(2番人気)は7着。
鞍上のルメールがギリギリまで追い出しを我慢したが、追い出してもあまり伸びず。ルメールも語っているが、マイルが長いのかも。

きさらぎ賞を制したのはラーゴム(3番人気)。
掛かり気味に好位を進み、直線に入って内目の馬場の良い所を通る。最後は◎ヨーホーレイク(2着/2番人気)が追い詰めるがクビ差凌ぎ切った。
まあ、勝つには勝ったが、序盤で掛かり気味になったことは課題として残った。逆に言えば、掛かり気味でも勝つのだから、今後気性面で成長があればかなり強力な一頭になりそう。
期待した◎ヨーホーレイクは↑にも書いた通り2着。
後方から直線で大外を通るが、直線でフラつく面を見せた分の2着。真っ直ぐ走れればもう少し際どかった・・・かもしれない。

馬券はきさらぎ賞の馬連(6.1倍)だけ当てて、今日は少しマイナス。
ただ、昨日POGで持っている馬の馬券を当ててプラスにしていて、土日で見ればプラス。
まずまずの流れは続いているようです。

 

| | コメント (0)

東京新聞杯ときさらぎ賞の感想。

今日の東京はかなり暖かかった。
息子たちと公園で遊んだが、上着は全く必要無かった。
このまま暖かくなってくれたらいいのだが、残念ながら明日はまた寒いらしい。実は先週から鼻炎が治まらないのだが、こう寒暖の差が激しいとなかなか治らないんだよなあ・・・。

今日の競馬は東京新聞杯@府中と、きさらぎ賞@中京。
東京新聞杯を制したのはカラテ(5番人気)。
先行策を取り、直線では前が塞がったが、進路を変えて前が開いた所に突っ込み、そこから鋭く伸びて突き抜けた。
鞍上の菅原良(3年目の若手)の乗り方はあまり褒められたものではないが(最初から前が開きそうなところを狙え、という話)、馬が思った以上に強かった。
カラテはこれで2勝クラス→3勝クラス→今日で3連勝。父トゥザグローリーという地味な血統なのにこうやってポンポン勝っていくのは見ていてワクワクする。
あと、カラテの祖祖母はゴールデンサッシュ。ステイゴールドの母である。・・・うん、なんか「大舞台で一発かましそう」な気がしてきた。
期待した◎トリプルエース(2番人気)は7着。
鞍上のルメールがギリギリまで追い出しを我慢したが、追い出してもあまり伸びず。ルメールも語っているが、マイルが長いのかも。

きさらぎ賞を制したのはラーゴム(3番人気)。
掛かり気味に好位を進み、直線に入って内目の馬場の良い所を通る。最後は◎ヨーホーレイク(2着/2番人気)が追い詰めるがクビ差凌ぎ切った。
まあ、勝つには勝ったが、序盤で掛かり気味になったことは課題として残った。逆に言えば、掛かり気味でも勝つのだから、今後気性面で成長があればかなり強力な一頭になりそう。
期待した◎ヨーホーレイクは↑にも書いた通り2着。
後方から直線で大外を通るが、直線でフラつく面を見せた分の2着。真っ直ぐ走れればもう少し際どかった・・・かもしれない。

馬券はきさらぎ賞の馬連(6.1倍)だけ当てて、今日は少しマイナス。
ただ、昨日POGで持っている馬の馬券を当ててプラスにしていて、土日で見ればプラス。
まずまずの流れは続いているようです。

 

| | コメント (0)

東京新聞杯ときさらぎ賞の予想。

続いて明日の競馬の予想。

明日は東京新聞杯@府中と、きさらぎ賞@中京。

東京新聞杯は、今日の府中の芝を見ると、ある程度前につけられて、それでいて速い上がりを求められる馬場という感じ。
…そういう馬はこんな冬場のG3使わないよね。

◎トリプルエース。

現在2番人気。
前走の京都金杯でも◎を打ったが、8着に終わった。
ただ、出負けと外を回らされたのが響いた感じ。速い上がりは使えていたし(メンバー中2位)、もう一度狙う価値はある。
…まあ、今回は鞍上がルメールに乗り替わるし。結局はこれが一番大きい(笑)。
馬券は◎と、ずっと応援しているサトノアーサー(12番人気)を義理で買って、後は適当に。

きさらぎ賞は、今年は中京2000m。
…実は改装後の中京で芝1800m戦ができないことを今週になって知りました(笑)。
今の中京は連続開催の影響で、外からの差しがきまりまくる馬場。
なので、こちらも速い上がりが使える馬を狙う。

◎ヨーホーレイク。

現在2番人気。

ホープフルS3着の実績があるので、この人気は妥当なところ。
この馬は毎回「メンバー中で最速の上がり」を使っており、今の中京には向きそう。
あと、この血統(ディープインパクト・母クロウキャニオン)は3歳春での重賞は安定していて、そういう意味でも買える。
相手は、これまた無難だがラーゴム(3番人気)。
こちらもオープン特別とG3で速い上がりを出して好走してきた馬。詰めの甘さはあるが、大崩れは無さそう。
さて前走のホープフルSで大逸走したランドオブリバティ(1番人気)。
あんなアクシデントがあっても1番人気になるんだなあ、というのが正直な感想。三浦の1番人気なんて買う気にはなれないので、来たら仕方ないと割り切ります。

2月をいい形でスタートさせたいなあ。


| | コメント (0)

棋王戦第1局。

今朝、長男の習い事の付き添いで池袋に行ったら、改札の所に立教大学への行き方の案内が出ていた。

今日は入試なのだろうか。今年の受験はいろいろ大変だったと思うが、頑張って欲しいと思います。

今日は棋王戦第1局が行われた。
渡辺棋王(&名人・王将)に糸谷八段挑戦者が挑む五番勝負である。ちなみに糸谷は「いとだに」と読みます。
糸谷がタイトル戦に出場するのは2016年の王座戦以来(結果は羽生にストレート負け)。久々のタイトル戦である。今の将棋界は四強(豊島、渡辺、藤井、永瀬)が抜けている感じだが、それ以外の棋士にも頑張ってもらいたいところ。

その第1局は糸谷が勝利。

後手番の糸谷が雁木(という囲いの名前です)に囲ったところを、渡辺が右四間飛車(という戦型です)から攻め込む。
中盤は渡辺がやや優勢かと思われていたが、糸谷の飛車を取りに行く構想がイマイチで、その間に糸谷の玉が鉄壁になってしまった。
その後は糸谷が一気に攻めて寄せ切った。

渡辺が優勢を守れずに逆転負けというのはちょっと珍しい感じ。糸谷の定跡形から外れた指し回しに感覚を狂わされてしまったのだろうか。

というわけで糸谷がまずは1勝。
渡辺の先手番をブレイクできたのはかなり大きい気がする。
ただ、渡辺ももちろんこのまま終わるはずはない。
次の「糸谷の先手番対策」に何を持ってくるか楽しみです。


| | コメント (0)

どうにかならないかなあ、森。

今日は今週の月曜以来の出社。
出社しての仕事だと周りの目があるので、ちょくちょく休憩できないのが難点(←おい)。

ここ数日のニュースで盛り上がっているのは、「東京五輪委員会の森会長の女性蔑視発言」。
まあ、森が失言するのは今に始まった話ではないのだが、今回は「五輪委員会の会長としての森が女性蔑視発言をした」という点で少し厄介だと感じる。
つまり、「女性蔑視発言をするような奴がトップにいる日本、やばくない?」と世界的に思われるのでは、ということである。しかも、森は謝罪しただけで(その謝罪も逆ギレ気味だったけど)辞任はしていない。「ますます日本やばくない?」と思われそうである。

正直、森はこういう国際的な目で見られるポストに置いてはいけないと思う。
こいつのせいで日本全体が変な目で見られるのかと思うとたまったもんじゃない。

しかし、私にはどうすることもできない、というのが現実ではある。
何か抵抗できないか、と思って考えたのは、「オリンピックのスポンサーの製品を買わない」ことぐらい。で、このスポンサー一覧を見て、私が意識的に避けることができるのは、コカコーラとアサヒビールと明治。
とりあえず、東京五輪が終わるか、中止が決まるまではこの3社の製品は買い控えようかと思います。

| | コメント (0)

「やべっちスタジアム」が面白過ぎる。

今日は「3日連続の在宅勤務」の最終日。
正直、かなり気楽な3日間だった。
仕事自体はちゃんとやったが、合間に「ジャンプ」や「将棋世界」を読んでくつろげるのが最高過ぎる。
明日は久々(今週の月曜以来)に出社だが、リズムを戻せるだろうか・・・。

今日は他にネタも無いので、そのうち書こうと思っていた話を。

昨年からDAZNで配信が始まった「やべっちスタジアム」。
毎週欠かさず見ているが(リアルタイムではないけど)、オフシーズンの企画が面白過ぎる。

先週と今週は、名波が進行役で、水沼、中澤、加地、那須の4人が「今年のJリーグの順位予想」を語っていた。
地上波では言えなさそうな内容も語っていて、ニヤニヤしながら見ていた。

かつての「やべっちFC」でも実施していた「デジっち」も始まった。
これは「各クラブのキャンプの様子を、選手たちが自分で撮影する」という企画だが、これも相変わらず面白い。

そして来週は矢部と内田篤人の対談を配信するとのこと。
これも面白くならないわけがない。

現在、DAZNで見ているのはこの「やべっちスタジアム」だけだが、これだけのために月額で約2千円払う価値があります。

| | コメント (0)

立つか座るか。

昨日も書いたが今日も在宅勤務。
家から外に出たのは、朝と夕方の長男&次男の送り迎えと、お昼にコンビニと本屋(今日は「将棋世界」の発売日)に行った時だけ。

じゃあ、後はずっと座りっぱなしかというと、そうではなかったりする。
実は仕事中はカラーボックスや他の箱などで高さを調整したところにパソコンを置き、立って仕事をしている。

理由は単純で「座りっぱなしの方が疲れる」から。
実は昨日の午前中は最初のうちは座って仕事をしていたのだが、ずっと同じ姿勢で座るというのは何気に大変で、こまめに座る姿勢を変えていた。
しかし、そのうちそれも面倒になり、それだったら「最初から立ちっぱなしの方が楽なのでは?」と思い始めた。

で、実際にやってみると立ちっぱなしの方が楽だったりする。そっちの方が仕事も集中してできるし。
あと、立ちっぱなしの方が座りっぱなしより腰への負担が軽い(まあ、立ちっぱなしにもデメリットはあるらしいが)というのもいい。

というわけで在宅勤務の時は立ち仕事です。

| | コメント (0)

在宅勤務しながら。

今月から私が所属する部でも「原則として週2日の出社」ということになった。
というわけで、今週は今日から3日連続での在宅勤務である。

在宅勤務で欠かせないのはスマートスピーカーのアレクサである。これに音楽をかけてもらいながら仕事をしている。

ただ、歌が入ると歌詞が気になって集中できないので「歌無し」の音楽をかけている。
基本的にはクラシックをかけるのだが、そればかりでも飽きるのでゲームのサウンドトラックをかけることもある。

現在は「ファイナルファンタジー6」のサウンドトラックを聴いている。聴くのは相当久しぶりなのだが、耳が覚えていて「懐かしい~」と感じる。

・・・それじゃあ聴くのに夢中になってて、仕事に集中できてないじゃん、という気はしないでもない(笑)。

| | コメント (0)

減り過ぎ。

今日から2月。
もう1ヶ月経ったのかとしみじみ思う。

今日は東京のコロナウイルス感染者が393人と発表された。

いやいやいや、さすがに減り過ぎだろ、と言いたい。て言うか、みんな思っているはず。

原因はいろいろ考えられるが、おそらくは「検査人数を減らしているから」なのだと思う。さすがに「感染者数を少なく公表している」という、虚偽の発表はしていない・・・と思いたい。「絶対無い」とは思ってないけど。「みんなが外出を自粛したおかげで感染者が減った」なんてことはみじんも思ってません(笑)。

個人的に怖いのは、こうやって「感染者数が減った」と報じられて、「じゃあ普通に外出していいんだ」と思う人がさらに増えるのでは?ということ。現時点でも外出している人は普通にいると思っているが、これがさらに増えたら本当にどうにもならない。

まあ、緊急事態宣言は延長する方向らしいので、政府も大丈夫とは思っていないのだろう。これで「感染者が減ったから緊急事態宣言を解除する」とか言ったら批判されまくることは間違いないからなあ。

というわけで、2月の終わり頃には「本当に」感染者が減っていることを祈ります。

| | コメント (0)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »