« 東京新聞杯ときさらぎ賞の感想。 | トップページ | 5年ぶりの女性騎手@JRA誕生。 »

リスグラシューの初仔誕生。

今日は夕方になって奥さんから「(自分が)体調が悪い」と連絡があり、定時で帰宅。

家に着くと息子達はテレビを見ていて、奥さんは寝込んでいた。
というわけでその後は息子達にご飯を食べさせ、食器を洗い、お風呂に一緒に入り、歯を磨き、寝かしつけ、寝た後は風呂の掃除と洗濯。うん、頑張った。

今日の嬉しかったニュースは、大好きだったリスグラシューの初仔が産まれたというもの。
父親はモーリスの牡馬。2019年の年度代表馬のリスグラシューと、2015年の年度代表馬のモーリスという「年度代表馬カップル」になる。

これはもう楽しみしかない。
…のだが、モーリスが本格化したのは4歳になってからだし、リスグラシューも2歳から活躍してはいたが、圧倒的な強さを見せたのは5歳時。
こう考えると、クラシックよりは古馬になってからの方が期待できそうに思う。

この馬がデビューするのは、順調に行けば2023年の夏以降。
どんな走りを見せてくれるか、今から楽しみです。


|

« 東京新聞杯ときさらぎ賞の感想。 | トップページ | 5年ぶりの女性騎手@JRA誕生。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京新聞杯ときさらぎ賞の感想。 | トップページ | 5年ぶりの女性騎手@JRA誕生。 »