« 京都記念と共同通信杯の感想。 | トップページ | 三菱養和のグラウンドでサッカー。 »

王将戦第4局。

続いて将棋の話。
今日は王将戦第4局2日目。
渡辺王将(&名人・棋王)が勝ってストレート防衛を決めるか、永瀬王座が勝って一矢報いるかという一局。

勝ったのは永瀬。

先手番の永瀬の矢倉vs後手番の渡辺の雁木という相居飛車の構えから、永瀬が積極的に動いて駒得し、そこで得た銀を使って渡辺の飛車をいじめるのがいい構想だった(と思う)。
そこから飛車を交換し、永瀬が一気に攻める。渡辺も「永瀬がミスったら一気に寄せる」形には持って行ったが、永瀬がなんとか寄せ切った。

というわけで永瀬がなんとか初勝利。ただ、大きいミスもなく、いい内容での勝利だったと思う。
一方の渡辺はこれで公式戦3連敗。ちょっと嫌な流れではある。
次の第5局は渡辺の先手だが、そこで渡辺が勝てないとちょっとわからなくなってくる。
さてどうなることやら。

|

« 京都記念と共同通信杯の感想。 | トップページ | 三菱養和のグラウンドでサッカー。 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都記念と共同通信杯の感想。 | トップページ | 三菱養和のグラウンドでサッカー。 »