« 姪っ子が遊びに来た。 | トップページ | フィリーズレビューの予想(2023年)。 »

金鯱賞の予想(2023年)。

今日は王将戦第6局の1日目が行われているが、決着がつくのは明日なので、感想は明日書きます。

明日はJ1第4節の東京vs横浜FCもあるし、忙しい日曜日になりそう。

明日の競馬の予想。
明日は金鯱賞@中京と、フィリーズレビュー@阪神。
まずは金鯱賞の予想。
金鯱賞が行われる中京は開幕週なので、例年前に行く馬(特に逃げ馬)が強い。あと、インから差して来る馬にも注意が必要だろう。その観点から買いたい馬は3頭。

マリアエレーナ(2番人気)
フェーングロッテン(3番人気)
アラタ(6番人気)

マリアは前走の愛知杯(3着)は56.5kgのハンデが厳しかったのかもしれない。明日は55kgの斤量になるし、2番枠を生かして先行できれば押し切れると思う。鞍上が2週連続で重賞を勝っている松山というのも心強い。
フェーングロッテンは前走の中山金杯で久々に逃げて3着とまずまず好走。明日は生粋の逃げ馬がおらず、この馬が逃げることになりそう。金鯱賞は逃げ馬が強いので、この馬は抑えないわけにはいかない。
アラタは差し馬だが最内枠を引いた。その枠を生かしてインで脚を溜められれば一発があるかも知らない。あと、この馬の母父は先日急死したハーツクライ。そういう意味でも買いたい。鞍上はハーツクライに乗ってダービー2着がある横山典というのも何かの縁。

これ以外で買いたいのはずっと買ってるポタジェ(7番人気)。
正直、昨年の大阪杯が奇跡の一発だったのだとは思う。ただ、金鯱賞はこの2年で3・4着とそこそこ相性はいい。59kgという斤量と、鞍上が岩田望というのは厳しい条件だが、今まで買ってるのだから明日も買う。

人気どころで買わないのはプログノーシス(1番人気)。
いつも大外から差すしかできないこの馬には、金鯱賞は向かないレースだと思う。12頭立ての少頭数なので届いてしまうかもしれないが、1番人気で買う気はしない。

フィリーズレビューの予想はこれから書きます。


|

« 姪っ子が遊びに来た。 | トップページ | フィリーズレビューの予想(2023年)。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 姪っ子が遊びに来た。 | トップページ | フィリーズレビューの予想(2023年)。 »