« 叡王戦第2局。 | トップページ | インフルエンザ。 »

「鬼滅の刃 刀鍛冶の里編」第3話の感想。

今朝の話。
奥さんが「熱がある・・・」と言い、完全にへばっていた。
というわけで、息子たちの朝の世話(朝食作り、学校・幼稚園の支度など)を全部私が行い、次男と幼稚園へ一緒に行くのも私が行う。それらが全て終わってから在宅勤務を行ったわけだが、ハードな朝だった・・・。
そして奥さんの具合は全く好転していない(涙)。明日もハードな朝になりそうです。

昨晩の「鬼滅の刃 刀鍛冶の里編」第3話の話。

今回の第3話は、前半は炭治郎と小鉄、炭治郎と玄弥のやり取りがコミカルで面白かったが、後半からはいよいよ上弦の鬼(半天狗&玉壺)が出てきて戦闘開始。
まずは半天狗の圧倒的な強さを見せつける展開。原作がどういう展開だったかほとんど忘れているのだが(笑)、一進一退の攻防が続くはずで、来週以降は迫力ある戦闘シーンが見られそうで楽しみ。

さて、その半天狗は分裂して戦っているわけだが、その「分裂した半天狗」の声優がかなり豪華・・・らしい。正直、声優はそんなに詳しくなくて・・・。
まあ、「鬼滅の刃」の鬼の声優が豪華なのはいつものことなので、そこまで驚く事でもないのだが。
ただ、そうなると「元々の半天狗」の声優である古川登志夫の出番が少なくなるわけで、それはちょっと残念だなあ、とか思ったり。

|

« 叡王戦第2局。 | トップページ | インフルエンザ。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 叡王戦第2局。 | トップページ | インフルエンザ。 »