« 次男が発熱。 | トップページ | 名人戦第4局。 »

オークスの感想(2023年)。

今日の競馬はオークス@府中。

勝ったのはリバティアイランド(1番人気)。
道中は先行集団の少し後ろに付け、直線で楽な手応えで前を捕らえにかかり、鞍上の川田が仕掛けると一気に伸びて突き放す。終わってみれば2着のハーパー(2番人気)に6馬身差をつける圧勝だった。
いやあ、強かった。その一言。
もう、3歳牝馬同士で走らせるのは無意味だと思う。秋は天皇賞(秋)に向かって欲しい。あと、凱旋門賞に向かうのも無意味だと思うのでやめて欲しい。

馬券は外れ。
勝ったリバティアイランドは買っていたが、ハーパーは買えず。切れ味は無いのだけど、バテずにじわじわ伸びていた感じ。

惜しかったのはラヴェル(4着/10番人気)。
スタートを決めて先行策を取り、直線に入って先頭に立った時点では一瞬夢を見させてもらった。その後、リバティアイランドにあっさり差されたが、2着には残れるかも・・・と思ったところで力尽きて4着になってしまった。
ただ、リバティアイランド相手に真っ向勝負で勝ちに行っての4着なので悔いは無いです。

とは言ったものの、G1での連敗は継続中。
実は土曜日の平安Sは馬連4.9倍だけど的中していて、本当に「G1以外」は当たっている。
でもやっぱりG1当たっていないというのは、ちょっと切ないんだよねえ。
なので、来週のダービーは当てたいです。

|

« 次男が発熱。 | トップページ | 名人戦第4局。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 次男が発熱。 | トップページ | 名人戦第4局。 »