« 天皇賞(秋)の感想(2023年)。 | トップページ | 味スタの演出。 »

熊沢引退に思う。

今日は在宅勤務。
今日は王座戦第5局が行われる予定だったので在宅勤務にしたのだが、結果はご存じの通り。
まあ、もし今日王座戦第5局が行われていたら仕事どころではなかっただろうなあ。

今日知って驚いた話。

「熊沢重文騎手が引退」

JRA騎手の熊沢が引退することになった。
かなり中途半端な時期だなと思ったが、ケガの影響で頸椎が元通りにくっついていないらしく、ドクターストップに近い状況らしい。障害競走に乗る騎手の宿命なのかもしれない。

熊沢の思い出と言えばやはり「一にダイユウサク、二にステイゴールド」である。
1991年の有馬記念、単勝137倍のダイユウサクで単勝1.7倍のメジロマックイーンを並ぶ間もなく差し切ったのは衝撃的だった。当時私は高校3年生だったなあ・・・。
ステイゴールド&熊沢は本当に勝ち切れないコンビだったが、熊沢が乗るのでいつも人気にならず、よく買ってた。
1998年の天皇賞(春)で10番人気ながら2着になったのに、勝ったメジロブライトを消して外した(◎シルクジャスティスだった)のは今でも痛恨だったりする(笑)。

ケガの影響で引退というのは寂しいが、長年の騎手生活お疲れさまでした。

|

« 天皇賞(秋)の感想(2023年)。 | トップページ | 味スタの演出。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天皇賞(秋)の感想(2023年)。 | トップページ | 味スタの演出。 »