« スポーツ体験。 | トップページ | 菊花賞の感想(2023年)。 »

菊花賞の予想(2023年)。

続いて競馬の予想。

明日の競馬は菊花賞@京都。3年ぶりの京都開催である。
菊花賞の傾向は比較的わかりやすく、「トライアルで3着以内に好走した馬」が強い。枠は、8枠はイマイチだがそれ以外は「できれば内枠がいい」くらい。これらの観点から買いたい馬は3頭。

サトノグランツ(3番人気)
ソールオリエンス(1番人気)
サヴォーナ(7番人気)

サトノは神戸新聞杯を勝って臨む。毎回速い上がりを使っているし、メンバー中で唯一「京都での勝ちがある」というのも心強い。11番枠はやや外めの枠ではあるが、そこは川田がなんとかしてくれると信じる。
ソールはセントライト記念2着から臨む。そのセントライト記念は4角で外に振られる不利もあったし、トライアルとしては悪くない結果だった。そのセントライト記念で負かされたレーベンスティールは不在。それなら大崩れは無いと見る。
サヴォーナは神戸新聞杯で僅差の2着。先行してからの粘り腰を見せて2着に残った。斬れる脚は無いが、しぶとくバテないのはいかにも菊花賞向きな感じ。今回もあまり人気は無いので、もう一度の激走に期待する。

さて問題はタスティエーラ(2番人気)。
ダービーから菊花賞に直行した馬で好走した馬はいないというジンクス、そして「ダービーだけ勝った馬」は菊花賞で好走できないというジンクス。この2つに思いっきり当てはまる。
ただ、能力自体は世代でトップクラスにあることは間違いない。調教も動いていて、「絶対いらない」とまで言う気にはならない。
そして、タスティエーラからサトノとソールへの馬連は13倍&6倍で、「買っても意味無い」レベルではない。というわけで「来たらチャラになる」ぐらいには買っておく。

人気だけど買わないのはドゥレッツァ(4番人気)。
未勝利戦から4連勝で勢いはあるが、明日が初めての重賞挑戦。まあ、「菊花賞が初の重賞挑戦だけど勝った」というのはメジロマックイーンもやっているから(古っ!)そこまで気にはしていないが、大外17番枠というのはかなり気になる。菊花賞は8枠の成績はかなり悪いはず。

実は今日の富士Sで馬連17倍を当てて、今週のプラスは確定している(笑)。
でも、今日の勢いを明日に繋げたいです。


|

« スポーツ体験。 | トップページ | 菊花賞の感想(2023年)。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スポーツ体験。 | トップページ | 菊花賞の感想(2023年)。 »