« 天皇賞(秋)の予想(2023年)。 | トップページ | 天皇賞(秋)の感想(2023年)。 »

天皇賞(秋)の予想(2023年)(追記)。

天皇賞(秋)の予想を書き終えてからふと気づいたことがある。


イクイノックスが国内のG1勝った時って、2着は人気薄ばかりだったりする。

昨年の天皇賞(秋)
→2着はパンサラッサ(7番人気)

昨年の有馬記念
→2着はボルドグフーシュ(6番人気)

今年の宝塚記念
→2着はスルーセブンシーズ(10番人気)

そしてこの3頭はいずれも「前走で好走していたのに人気になっていなかった馬」である。
パンサラッサは札幌記念2着、ボルドグフーシュは菊花賞2着、スルーセブンシーズは中山牝馬S1着だった。

で、今回そのパターンに近いのはジャスティンパレス(6番人気)。
前走は宝塚記念で3着(2番人気)だったのに、今回は6番人気に甘んじている。
恐らくは「関東圏でほとんど結果が出ていないから(4回走ってホープフルS2着以外は着外)」だと思うが、それは昨年までの話。G1馬となった今なら克服してもおかしくない。

というわけで、ジャスティンパレスを含めての4頭BOXで買います。
「余計な買い足し」になるかどうかは知らん。


|

« 天皇賞(秋)の予想(2023年)。 | トップページ | 天皇賞(秋)の感想(2023年)。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天皇賞(秋)の予想(2023年)。 | トップページ | 天皇賞(秋)の感想(2023年)。 »