« 凱旋門賞の予想(2023年)。 | トップページ | 俵積田が凄い。 »

スプリンターズSの感想(2023年)。

今日の「日本の」競馬はスプリンターズS。

勝ったのはママコチャ(3番人気)。
好スタートから好位を追走し、直線に入ったところで早くも先頭に立つ。
最後はインからするする伸びたマッドクール(2着/6番人気)に詰め寄られるが、なんとかハナ差凌ぎ切った。

激しい先行争いの中で、先行策からそのまま押し切ったというのは価値のある内容だったと思う。全姉ソダシとは距離適性は異なるが、「先行しての押し切り能力」の高さはソダシに似ているなあとは思った。て言うか、この2頭の母ブチコ、めちゃくちゃ優秀だな。

馬券は外れ。
ママコチャは買っていたが、2着のマッドクールを買えず。
マッドクールは前走のCBC賞が謎の惨敗(9着)だったが、きっちり立て直した。考えてみれば、今年のシルクロードSでナムラクレアから差の無い3着で、先行できる馬なのだから買えないことはなかった。

というわけで秋G1開幕戦は外れスタート。
馬券の調子が上がらないなあ・・・。


|

« 凱旋門賞の予想(2023年)。 | トップページ | 俵積田が凄い。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 凱旋門賞の予想(2023年)。 | トップページ | 俵積田が凄い。 »