« スプリンターズSの感想(2023年)。 | トップページ | 凱旋門賞の感想(2023年)。 »

俵積田が凄い。

今日はJ1第29節、東京vsG大阪@味スタも行われた。


結果は3-0で勝利!

前半はG大阪にいくつか決定機を作られたが、37分に細かいパスの繋ぎから、最後は抜け出たMF原川が流し込んで先制!東京がこういうショートパスの繋ぎからのゴールを決めたのは久々に見たような気がする。
そして43分には、FWアダイウトンのロングフィードを、FWディエゴオリヴェイラがDFを交わしながら鮮やかに受けて、そこからシュートに繋げて追加点。マジでディエゴ凄いわ・・・。
後半も東京の攻勢が続くも点が奪えなかったが、途中出場のMF俵積田がハーフウェーラインからドリブルを開始し、敵陣でDF2人を交わし、最後はGKとの1対1をきっちり決めてトドメの3点目。これはテレビで見ていて「凄え・・・」と声が出た。
そしてそのまま試合は終了。リーグ戦連勝を飾った。

立ち上がりに不安定なところはあったが、攻撃陣が機能していて得点を重ねられたのはよかった。
そして、今節も俵積田には驚かされた。俵積田はまだ19歳なので、来年のパリ五輪世代ではある。ここまでこの世代での代表招集をされたことはないので、現実的には厳しいのだが、「得点が欲しい時のドリブラー」として呼ばれたりしないだろうか、とか思ったり。

というわけで、馬券の外れの悔しさを晴らしてくれる快勝が見られて満足でした。


|

« スプリンターズSの感想(2023年)。 | トップページ | 凱旋門賞の感想(2023年)。 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スプリンターズSの感想(2023年)。 | トップページ | 凱旋門賞の感想(2023年)。 »