« チャンピオンズCの予想(2023年)。 | トップページ | 今年のFC東京。 »

チャンピオンズCの感想(2023年)。

今日は長男が午後から日能研の実力テストを受けたくらいで特に何も無い一日。

このテストは、11月の四谷大塚のテストが酷すぎたので、追試的に受けさせたもの。
日能研のテストは国語・算数だけでなく、「総合」という特殊な科目もあるのだが、さて結果はどうなることやら。

競馬の話。
今日の競馬はチャンピオンズC@中京。
チャンピオンズCを勝ったのはレモンポップ(1番人気)。
スタートからダッシュをかまして一気にハナに立つ。そのまま直線に入っても脚色衰えず、最後はウィルソンテソーロ(2着/12番人気)が迫りはしたが1・1/4馬身差つけて逃げ切った。
これは「思ったよりも強かった」としか言いようがない。大外からハナを奪うという時点で楽な競馬ではなかったわけで、それでラスト3ハロン上がり2位でまとめられては後続はどうしようもない。
これは少なくとも来年はダート1600〜1800mあたりはレモンポップが主役になりそう。

馬券は外れ。
勝ったレモンポップも2着のウィルソンテソーロも買っていないのでは話にならん。
いやもう、いろいろと読み切れていない。
「そのうち流れが来るといいなあ」とか言いつつ、気がつけば12月なんだよなあ・・・。


|

« チャンピオンズCの予想(2023年)。 | トップページ | 今年のFC東京。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チャンピオンズCの予想(2023年)。 | トップページ | 今年のFC東京。 »