« 倉木麻衣デビュー25周年。 | トップページ | 阪神ジュベナイルフィリーズの感想(2023年)。 »

阪神ジュベナイルフィリーズの予想(2023年)。

今日は息子たち二人を歯医者に連れて行って定期検診を受けた。

長男は上の歯で「乳歯が抜けていないのに永久歯が生えている」箇所があり、その歯をどうするのかは気になっていた。
で、結局はその場で乳歯を抜くことになった。先生曰く「乳歯はほぼ抜けかけだった」ので、たいした手間もなくあっさり抜けた。懸念事項が解決してほっとしました。

明日の競馬の話。
明日の競馬は阪神ジュベナイルフィリーズ(以下「阪神JF」)@阪神と、カペラS@中山。
カペラSはこのレース2年連続2着のリュウノユキナ(1番人気)買っておけばいいとは思うが、鞍上が柴田善なので信用し過ぎてはいけないとも思う。

阪神JFは、府中マイルで好走できている馬、末脚がしっかりしている馬が強いイメージ。
その観点から買いたい馬は4頭。

ステレンボッシュ(6番人気)
サフィラ(2番人気)
アスコリピチェーノ(4番人気)
キャットファイト(3番人気)

ステレンは赤松賞(府中マイル)で最速の上がりを使って勝ち上がり。近年の阪神JFで強い「そこそこ馬格がある馬(前走時472kg)」でもあり、関東馬でありながら早めに栗東入りしている臨戦過程も好感が持てる。何よりルメールが乗るのが心強い。
サフィラは前走のアルテミスSは上位2位の上がりを使って2着。この時勝ったチェルヴィニアは故障でここを回避しているので、チャンスは充分あるはず。
アスコリは新潟2歳S勝ちからここに直行。速い上がりが使えるし、ステレンと同様に早めに栗東入りしているのはいいと思う。
キャットは前走のアスター賞で5馬身差の圧勝。勝ちタイムもかなり速く、マイルの持ち時計はメンバー中で1位。ただ、事前に栗東入りせずに直前での輸送になる点は少し気掛かりではある。

人気だけど買わないのコラソンビート(1番人気)。
府中マイルの実績はあるが(未勝利勝ち)、前走の京王杯でレコード勝ちしてそこからの中4週というローテというのは反動が気になるし、直前輸送になる点も気になる。

ちなみに、挙げた4頭はマイルの持ちタイムの1〜4位(5位がコラソンビート)。
「単純に、持ちタイムがいい馬を買ったら当たった」という展開になってくれると嬉しいのだけど。


|

« 倉木麻衣デビュー25周年。 | トップページ | 阪神ジュベナイルフィリーズの感想(2023年)。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 倉木麻衣デビュー25周年。 | トップページ | 阪神ジュベナイルフィリーズの感想(2023年)。 »