« 阪神ジュベナイルフィリーズの予想(2023年)。 | トップページ | 今更ながら今年のJ1昇格&J2降格の感想。 »

阪神ジュベナイルフィリーズの感想(2023年)。

今日の夜は長男の少年野球チームの年末パーティー。忘年会みたいなものです。

私と長男で参加して、長男はチームメイトと楽しく騒ぎ、私は他の保護者の方々と楽しく飲んで過ごす。これで明日が仕事じゃなければ最高なのだけど・・・。

今日の競馬は阪神ジュベナイルフィリーズ(以下「阪神JF」)@阪神。
阪神JFを制したのはアスコリピチェーノ(3番人気)。
道中は中団の馬群で脚を溜めて、直線に入って外のコラソンビート(3着/2番人気)と叩き合いになるがこれを競り落とし、最後はインからステレンボッシュ(2着/5番人気)に迫られたがクビ差凌ぎ切った。
これは鞍上の北村宏が上手く乗ったと思う。スタートを決めていい位置を取り、直線に入るところでスムースに外に出せた時点でほぼ勝負ありだった。
北村宏のG1勝ちは、2015年にキタサンブラックで菊花賞を勝って以来らしい。よくここまで復活できたと思う。

馬券は馬連23.3倍が的中。
ステレンボッシュがよく2着に突っ込んでくれた。アスコリとコラソンが叩き合って疲弊したところを狙ってのイン強襲という、これはこれでルメールが上手く乗ったと思う。

これでなんだかんだで秋のG1は天皇賞(秋)、マイルCSに続いて3回目の的中。
よく見ると「中2週」での的中になっている。
・・・ということは、この後は朝日杯&有馬記念は外して、ホープフルSが当たるのかもしれない(笑)。


|

« 阪神ジュベナイルフィリーズの予想(2023年)。 | トップページ | 今更ながら今年のJ1昇格&J2降格の感想。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 阪神ジュベナイルフィリーズの予想(2023年)。 | トップページ | 今更ながら今年のJ1昇格&J2降格の感想。 »