« 王将戦第3局。 | トップページ | 漫画のドラマ化に思うこと。 »

桐島容疑者を名乗る男性死亡。

今朝知って「あららら」と思った話。

桐島聡容疑者を名乗る男性死亡」

先日身柄確保された「桐島聡容疑者を名乗る男性」が今朝亡くなった。
元々入院当初から重篤な状態ではあったらしいが、それにしてもあっさり亡くなった感はある。

この男性が本当に桐島聡だった、という仮定で書くが、これはもう完全に「逃げ切り勝ち」だなあと思う。
指名手配から50年近く逃げ続け、ようやく見つかったと思ったらその数日後に死去。桐島からすれば「ざまあ(笑)」という感じだろう。逆に捜査員からすれば「せっかく見つけたのに・・・」という思いだろう。

ただ、個人的に気になる点はある。
「今まで桐島はどうやって生活してたの?」ということである。

そもそも今回の入院も「同僚に付き添われて」ということで、仕事はしていたのだろう。
だとすると「身分を偽っていたことを見抜けないままに仕事させていた」ことになる。

・・・いやあ、それはちょっと不自然だろう・・・。

というわけで、今後は「桐島が今までどうやって生活していたか」を追いかけることになるのだろう。
それで新事実が出てくればいいのだけど。

|

« 王将戦第3局。 | トップページ | 漫画のドラマ化に思うこと。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 王将戦第3局。 | トップページ | 漫画のドラマ化に思うこと。 »