« フェブラリーSの予想(2024年)。 | トップページ | 「大ピンチずかん」。 »

フェブラリーSの感想(2024年)。

今日の東京は暖かく、昼前から次男と一緒に国立科学博物館へ遊びに行った(長男は奥さんと少年野球の練習試合)。

現地で、下の義妹さんと娘さんと合流して、4人で博物館見学。休憩を挟みながら3時間ほど博物館見学を楽しんできた。結構歩いたので、いい運動になりました。

競馬の話。
今日の競馬はフェブラリーS@府中。
フェブラリーSを制したのはペプチドナイル(11番人気)。
スタートから好位を進み、直線半ばで抜け出るとそのまま押し切った。
・・・いやいやいや、こんなに強いとか聞いてないです。3走前まで「逃げられないと脆いダート中距離馬」だったのに、2走前から好位での競馬をするようになったらあっさりG1制覇するとは思わなかった。
まあ、レモンポップ、ウシュバテソーロあたりがいないのだから何が勝ってもおかしくないと考えなければいけなかったのだろう。

馬券はもちろん外れ。
勝ち馬も2着のガイアフォース(5番人気)も買ってない。正直、ダート馬のペプチドナイルよりも初ダートのガイアの方が買えないです。

というわけで今年に入ってからの馬券の連勝はストップ。
来週からまた頑張ります。


|

« フェブラリーSの予想(2024年)。 | トップページ | 「大ピンチずかん」。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フェブラリーSの予想(2024年)。 | トップページ | 「大ピンチずかん」。 »