« 母の十三回忌。 | トップページ | 冬の靴下、その後。 »

京都記念の感想(2024年)。

続いて競馬の話。

今日の競馬(G2)は京都記念@京都。
レースを制したのはプラダリア(3番人気)。
道中は先行策を取り、直線では荒れたインを避けて外に持ち出す。インからベラジオオペラ(2着/1番人気)が迫るが、最後まで抜かせずにねじ伏せた。

終わってみれば強く見える勝ち方だった。「ここでは力が違う」と言ってもいいくらい。
でもこれでG1走らせるとダメなんだよなあ・・・。

馬券は馬連4.6倍が的中。
やっすい馬券だが、今日の投入額の半分をここにつぎ込んだので余裕のプラスにできた。「タテ目食らったら仕方ない」と割り切って、ベラジオとルージュエヴァイユ(8着/2番人気」の馬連を消した自分を褒めてあげたい。

来週はフェブラリーS@府中。
レモンポップとウシュバテソーロが不在なので軸にできる馬がいない感じではある。
まあ、一週間じっくり考えます。


|

« 母の十三回忌。 | トップページ | 冬の靴下、その後。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母の十三回忌。 | トップページ | 冬の靴下、その後。 »