« 藤岡康太の死去に思う。 | トップページ | PTAの役員決め。 »

名人戦第1局。

今日は名人戦第1局2日目。

藤井名人(とその他七冠)に豊島九段挑戦者が挑む七番勝負である。

その第1局は藤井の勝利。

開始早々に後手番の豊島が趣向を凝らした手順で定跡を外し、両者の飛車と角が飛び交う派手な展開に。
そして、中盤で少しずつ豊島が有利になって終盤を迎えるが、豊島が攻め方を誤り、藤井が凌ぎ切る。最後は反撃に出た藤井が一気に寄せ切った。

豊島からすれば、後手番で勝つ千載一遇のチャンスだった。
終盤でのミスは、もう少し時間が残っていれば読み切れたのかもしれないが、そこまでで優勢を保てていたのはたくさん持ち時間を使ったからなので、それは仕方ないのかもしれない。

ただ、こう言ってはなんだが、伊藤七段よりは藤井と勝負形に持って行けている。
次の第2局は豊島の先手番になるが、ここで豊島が勝てれば面白い七番勝負になりそう。


|

« 藤岡康太の死去に思う。 | トップページ | PTAの役員決め。 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤岡康太の死去に思う。 | トップページ | PTAの役員決め。 »