« 授業参観日。 | トップページ | マイラーズCの予想(2024年)。 »

叡王戦第2局。

続いて将棋の話。

今日は叡王戦第2局。
藤井叡王(とその他七冠)が勝って防衛に王手をかけるか、伊藤七段挑戦者が勝って1勝1敗のタイに持ち込めるかという一局。

結果は伊藤の勝利。

角換わり(という戦法名です)のオープニングから、後手番の藤井が「サザンハヤクリ」という後手番専用の奇襲を仕掛ける。激しい流れになり、中盤までは互角の展開だったが、藤井が飛車をぶった切って決めに行ったのが勇み足で、一気に伊藤が優勢に。
守り切れなくなった藤井も攻め込むが一手遅く、最後は伊藤がきっちり詰まし切った。

藤井が「サザンハヤクリ」を選んだのはかなり意外で、実際に中盤まではいい勝負だったことを思うと悪くない選択だったと思う。今日のところは藤井の「攻め切れると思ったら踏み込む」というポリシーが悪い方に出てしまった感じ。珍しい負け方ではあるが。

というわけで1勝1敗のタイになった。
そして、伊藤としては「vs藤井の連敗」を11で止める一局となった。今日、「藤井相手でも勝てる」ことを味わえたというのは凄く大きいことではないかと思う。

今後の叡王戦が楽しみになりました。


|

« 授業参観日。 | トップページ | マイラーズCの予想(2024年)。 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 授業参観日。 | トップページ | マイラーズCの予想(2024年)。 »