« 丸山桂里奈。 | トップページ | 授業参観日。 »

氷室冴子。

今日は在宅勤務。
なのでのんびり仕事できる・・・かというとそんなことはなく、頼まれた仕事は多いし、Taemsを使っての会議もあり、夕方には洗濯物を取り込んだりで慌ただしい一日。
まあ、通勤時間が無い分、たくさん仕事ができたのは事実。来週は少し余裕ができるといいのだけれど・・・。

今日は他には日本時間の24時30分からU-23アジア杯グループリーグ、日本vsUAEが行われるぐらいで特に何も無い一日。
今日もきっちり勝って(できれば大量得点)、火曜夜の韓国戦で勝てばグループ首位で突破できる状況にはしておきたいがどうなることやら。

そのうち書こうと思った話。

長男が通っている塾の国語の問題(物語を読んで、登場人物の心境などを回答する系の問題)で、どんな物語を読ませているのかなあと思って見てみた。

「猫をすてる(氷室冴子)」

と書いてあった。

氷室冴子とは懐かしい・・・。
氷室冴子といえば「なんて素敵にジャパネスク」シリーズが有名だと思うが、個人的にはスタジオジブリでアニメ化した「海がきこえる」、斉藤由貴、高井麻巳子などが出演した「恋する女たち」などの作者のイメージ。
10代だった私が読んだことがある作品の作者である。

上記の「猫をすてる」は、短編集「いもうと物語」の一遍で、結構ハードな話。こういうのを国語の題材にするんだなあ・・・。

ただ、今年の中学入試では、今年の本屋大賞を取った「成瀬は天下を取りに行く」とかが出たわけで、もう少し新しめの作品を授業で使った方がいいのでは、とは思わないでもないです。

|

« 丸山桂里奈。 | トップページ | 授業参観日。 »

自分の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 丸山桂里奈。 | トップページ | 授業参観日。 »