« オークスの予想(2024年)。 | トップページ | 名人戦第4局。 »

オークスの感想(2024年)。

今日は午後から息子たちを連れて北新宿公園(新大久保から徒歩15分)へ。

長男の少年野球の練習試合がここで行われ、奥さんが外出するので次男を連れて行った。
現地で義妹さんと姪っ子と合流し、長男が野球やってる間は次男と姪っ子と遊び、終わった後はみんなで晩ご飯食べて楽しく過ごす。「雨が降りそう」という天気予報だったが、どうにか雨に降られずに済んで助かった。

まずは競馬の話。
今日のG1はオークス@府中。
オークスを制したのは私の期待に応えてくれたチェルヴィニア(2番人気)。
スタートで少し後手を踏んだが、そこで無理をせずに後方でじっくり構える。そして最後の直線で大外に持ち出すと力強く伸び、インから馬群を割って伸びていたステレンボッシュ(2着/1番人気)をゴール前でねじ伏せた。
いやもう、ルメールが乗るとこうも違うか、と改めて実感した。逃げ馬が57秒台で逃げるハイペースだったが手綱を引いてしっかり折り合わせ、最後の直線での脚を残す乗り方は素晴らしいの一言。

馬券は単勝4.6倍と馬連5.9倍が的中。
ステレンは上手く馬群を割って伸びてきたが、2400m適性で少し劣ったのかもしれない。
あと、枠連だったら6.4倍だったというのは見なかったことにする。

というわけで安いながらも的中。収支としてはプラスにできているのだからよしとする。
そして、仲間内のPOGでは暫定ながら首位に立った。
これで2位以内はほぼ確定で、あとはレガレイラが3着以下になってくれれば優勝となるはず。
・・・でも、レガレイラはルメールが乗るんだよなあ・・・。
こっちも「鞍上がルメールに戻ったらあっさり勝つ」という展開になりそうな気はします。


|

« オークスの予想(2024年)。 | トップページ | 名人戦第4局。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オークスの予想(2024年)。 | トップページ | 名人戦第4局。 »