« 明日は大注目の対局。 | トップページ | 目まい。 »

叡王戦第4局。

今日は叡王戦第4局。

伊藤七段挑戦者が勝って初タイトル奪取なるか、藤井叡王(とその他七冠)が勝って最終局に持ち込むかという一局。

結果は藤井が勝利。

先手番の伊藤が角換わり(という戦法名です)に誘導し、藤井はそれに乗る。ただ、藤井は右玉(という囲いです)に囲い、じっくりした展開に。それを見て伊藤が穴熊の堅陣に組み替えようとしたが、その一瞬の隙を突いて藤井が端から攻め込んだのが好判断で、一気に優位に立つ。そして伊藤に反撃のチャンスを与えることなく押し切った。

これは「藤井強い」の一言。
ここまで鮮やかに端攻めから寄せ切れるものか・・・と思った。結果的に「じっくり固めてから戦う」という伊藤の判断が消極的だったのかもしれない。

というわけでこれで2勝2敗のタイになり、決着は最終局にもつれ込んだ。
・・・「最終局」って久しぶりに聞くなあ(笑)。
その最終局は6月20日(木)。絶対この日は在宅勤務にするぞお。


|

« 明日は大注目の対局。 | トップページ | 目まい。 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日は大注目の対局。 | トップページ | 目まい。 »