« オークスの感想(2024年)。 | トップページ | 「鬼滅の刃 柱稽古編」第2話の感想。 »

名人戦第4局。

続いて将棋の話。

今日は名人戦第4局2日目。
藤井名人(とその他七冠)が勝ってストレート防衛を決めるか、豊島九段挑戦者が勝って意地を見せるかという一局。

結果は豊島の勝利。

先手番の豊島が3手目に端歩を突いて藤井の攻めを誘い、藤井は堂々と攻めて行く。序盤から飛車・角・金・銀が交換される激しい展開になるが、豊島が少しリードして終盤に入る。その終盤で藤井に疑問手が出て、その隙を逃さずに豊島が中央から一気に攻め込むとそのまま押し切った。

豊島の「3手目での端歩突き」はなかなかの奇策だと思うが(先手番の得を活かせなくなる可能性もあるので)、結果としては上手くいった感じ。中盤での指し回しも力強く、いい勝ち方だったと思う。
逆に藤井は中盤での読みの精度が甘く、「らしくない」負け方という感じ。叡王戦で追い込まれているように、あまり調子がよくないのかもしれない。

というわけで豊島が1勝を返した。
もちろん、厳しい状況であることには変わりないが、「藤井相手の連敗を止めた」ということは今後のことを思うと大きい1勝である。
次の第5局は来週の26・27日。
ここは藤井の先手番になるが、ここを豊島が勝つようだとかなり混沌としてくる。
藤井がどう修正してくるかが楽しみです。


|

« オークスの感想(2024年)。 | トップページ | 「鬼滅の刃 柱稽古編」第2話の感想。 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オークスの感想(2024年)。 | トップページ | 「鬼滅の刃 柱稽古編」第2話の感想。 »