« 自転車の交通違反取り締まり。 | トップページ | オークスの感想(2024年)。 »

オークスの予想(2024年)。

今日は朝からPTA活動で小学校へ。

「資源回収活動」の副部長として雑務に追われるわけだが、ほぼ月一回この活動があるのは地味に面倒くさい。昨年&一昨年の「絵本の読み聞かせ」が楽勝だっただけに、今年の活動の面倒くささが身にしみる。

今日は他には名人戦第4局の1日目が行われたくらいで特に何も無し。この対局の感想は明日書きます。

というわけで明日の競馬の予想。
明日のG1はオークス@府中。
まず、◎チェルヴィニア(2番人気)は確定している。
言うまでもなく、POGで持っているからである。
前走の桜花賞(13着)は5ヶ月以上の休み明けというのもあったが、外枠から先行策に出て、脚を溜める間も無く直線に入ってばったり止まってしまった。
しかし明日は主戦のルメールに戻るので、桜花賞のようなことにはならない・・・と信じる。

近年のオークスは桜花賞馬か、桜花賞で中団からそこそこ伸びた馬か、別路線で速い上がりで好走した馬が強い。桜花賞で追い込んで勝ち切れなかった馬は意外と好走できていない気がする。
その観点から買いたい馬は3頭。

ステレンボッシュ(1番人気)
タガノエルピーダ(8番人気)
アドマイヤベル(6番人気)

ステレンは桜花賞を勝って臨む。その桜花賞はモレイラの好騎乗もあったが、2着に3/4馬身つけての完勝劇はこの馬自身の能力の高さも感じた。血統的には2400mに伸びるのは大歓迎のはずなので、普通に考えれば2冠濃厚だと思う。
タガノは忘れな草賞勝ちから臨む。その忘れな草賞は、低レベルのメンバーではあったが、早め先頭から押し切っての完勝。昨年の朝日杯で牡馬相手に3着に入った実力がフロックでないことを見せた。この馬も血統的には2400mは歓迎のように見える。鞍上がオークス2勝のデムーロというのも魅力。
アドマイヤはフローラS勝ちから臨む。そのフローラSは中団からのメンバー中で2番目の上がりで突き抜けた。後方一気タイプでないところはいいと思うし、デビューから一貫して左回りの中距離を使ってきたローテもいいと思う。

人気だけど買わないのはライトバック(3番人気)&スイープフィート(4番人気)。
どちらも「桜花賞で後方からの追い込みで上位に食い込んだ馬」だが、このパターンでオークスでも好走するのは「桜花賞を勝ち切った馬」だけ・・・だと思う。
まあ、この2頭まで買っていたら儲からないというのもあるが、明日は「差し届かず」の方に賭けたい。

先週は当たりようのない結果だったが、明日は当てて勢いを取り戻したいです。


|

« 自転車の交通違反取り締まり。 | トップページ | オークスの感想(2024年)。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自転車の交通違反取り締まり。 | トップページ | オークスの感想(2024年)。 »