« 運動会でのダンス。 | トップページ | 気まぐれ次男。 »

名人戦第3局。

今日は名人戦第3局2日目。

藤井名人(とその他七冠)が勝って名人防衛に王手をかけるか、豊島九段挑戦者が勝って巻き返すかという一局。

勝ったのは藤井。

後手番の豊島が雁木(という囲いの名前です)に構え、それに対して藤井が積極的に動き、藤井は龍を作って優勢に。
その後は豊島も動いて局面を打開しようとするが、それを逆手に取られて、最終的にはド大差の形勢となって豊島が投了。「心を折った」と言ってもいいくらいの勝ち方だった。

豊島が選んだ雁木囲いは、数年前までは後手番の有力戦法の一つだったが、今回の藤井が採用した積極策が対策として優秀過ぎるなあと改めて実感。これ、雁木指す棋士が激減するのではないだろうか。

というわけで藤井が3連勝で名人防衛に王手をかけた。
次の第4局は豊島の先手番になるので、豊島には意地を見せてもらいたいのだけれど。

|

« 運動会でのダンス。 | トップページ | 気まぐれ次男。 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 運動会でのダンス。 | トップページ | 気まぐれ次男。 »