« 安田記念の感想(2024年)。 | トップページ | 宇多田ヒカルの「SCIENCE FICTION」を聴く。 »

「鬼滅の刃 柱稽古編」第4話の感想。

今日は出社。
5月度の月末処理に明け暮れる一日。トラブルが立て続けにあったが、どうにか切り抜けた。軽くブチ切れたりもしたけど(笑)。

昨晩放映された「鬼滅の刃 柱稽古編」の第4話。
今回は「炭治郎が霞柱・無一郎の下で修行する」話。

そして今回もアニメオリジナル要素たっぷり。
無一郎がめちゃくちゃ喋りまくるので、無一郎ファンにはたまらない放映だったのではないだろうか。
あと、ファンブックに掲載されている「特技:折り紙(死ぬほど飛ぶ紙飛行機を作れる)」という設定を生かしたエピソードが描かれているのもよかった。
この「ファンブックに書かれている設定を生かしたアニメオリジナル」は、来週以降も続きそうな気がする。

来週は恋柱の甘露寺蜜璃の下での修行が描かれる、はず。
来週は今週に増してコミカルな展開になるだろうなあ。

|

« 安田記念の感想(2024年)。 | トップページ | 宇多田ヒカルの「SCIENCE FICTION」を聴く。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安田記念の感想(2024年)。 | トップページ | 宇多田ヒカルの「SCIENCE FICTION」を聴く。 »