« 叡王戦第5局。 | トップページ | 宝塚記念の予想(2024年)。 »

寝室の換気。

今日の東京は朝から雨。
時折激しく降ることもあり、在宅勤務でよかったとしみじみ思う。
でも明日は晴れるらしい。明日はPTA活動がある日で、雨だったら中止になるのだが、明日だけ晴れるんだよなあ・・・。

今日は特に何も無い一日なので、そのうち書こうと思っていた話。

先日(確か土曜日の午後)テレビをなんとなく見ていたら「林修の今でしょ!」の再放送を放映していた。
そこで「スッキリ目覚める為にどうすればいいか」というテーマを取り上げており、個人的に気になるテーマでもあるので真面目に見ることにした。

その中で「へえ~」と思ったのが、

「就寝時には寝室の換気をした方がいい」

という話。
その番組の実験では「就寝時に寝室のドアを閉めたままにすると、寝室の二酸化炭素濃度が呼吸によって上がってしまい、明け方にはかなりの二酸化炭素濃度になってしまう」と言っていた。
そして二酸化炭素濃度が高い状態だと息苦しくなり、すっきり寝られない、というわけである。

確かに一理ある、と思った。
言われてみれば、起きた時に「なんかすっきりしないなあ・・・」と思うことは多々あった。きっと二酸化炭素濃度が原因だったのだろう。

というわけで、その番組を見てからは、寝室のドアを開けて寝るようにしている。暑い日は窓も開けている。不用心な気はしないでもないが、文京区は治安がいいらしいから大丈夫だろう(笑)。

で、その効果はあるように感じる。
起きた時に今まで以上にすっきり起きられるし、日中に眠くなることも減った。
あと、長男の目覚めは確実に良くなった。長男は朝の目覚めがあまり良くなかったが、換気に気を遣うようになってからはすっきり起きるようになった。

というわけで、朝起きた時にすっきり起きられない人は、寝室の換気をお勧めします、という話でした。

|

« 叡王戦第5局。 | トップページ | 宝塚記念の予想(2024年)。 »

自分の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 叡王戦第5局。 | トップページ | 宝塚記念の予想(2024年)。 »