« 次男、初めて国立競技場に入る。 | トップページ | 「鬼滅の刃 柱稽古編」第6話の感想。 »

棋聖戦第2局。

今日は棋聖戦第2局。

藤井棋聖(とその他七冠)が勝って防衛に王手をかけるか、山崎八段挑戦者が勝って1勝1敗のタイに持ち込むかという一局。

結果は藤井の勝利。

後手番の山崎が向かい飛車(という戦法名です)に振る意外な展開のオープニング。藤井が少し優勢ぐらいで迎えた中盤、山崎が角を切って銀を奪い、直後に飛車金両取りをかける。これが厳しい攻めに見えたが、ここで藤井が桂馬を捨てて、取られそうな金を前進させたのが素晴らしい判断だった。この後は攻め合いになるが藤井の攻めの方が一手早く、そのまま寄せ切った。

正直、藤井は桂捨てのような派手な手ではなくじっくり指しても勝てたように思えたが、そこで最速の寄せで行って、そのまま寄せ切るあたりはさすが藤井としか言いようがない。

これで藤井が2連勝で防衛に王手をかけた。
まあ、残念ながら順当な結果ではある。
次の第3局は山崎の先手番なので、少しは期待したいのだけれど・・・。


|

« 次男、初めて国立競技場に入る。 | トップページ | 「鬼滅の刃 柱稽古編」第6話の感想。 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 次男、初めて国立競技場に入る。 | トップページ | 「鬼滅の刃 柱稽古編」第6話の感想。 »