« 「2.5次元の誘惑」アニメ開始。 | トップページ | 藤田菜七子結婚。 »

上半期の馬券を振り返る(2024年)。

今日も在宅勤務。
昼休みに散髪行ってさっぱりしてきた。

今日もセレクトセールは行われている(昨日と今日の2日間開催)。
今日は生まれたばかりの当歳馬のセリだが、今日も今日とて落札額1億円超えが連発しており、頭おかしいなあとしみじみ思う(笑)。

セレクトセールでは特に書くことも無いので、「競馬繋がり」で上半期の馬券の振り返りでも書く。

めでたいことに、一昨日の日曜日終了時点での回収率は115%。
金額で書くとプラス約6千円。だいたい「4万円購入して4万6千円の回収」である。

今年は「G3の馬券は基本的に買わず(POGで持っているor持っていた馬のみ購入)、G1・G2の馬券だけ買う」という方針に変えた。
そして購入の際も無理な穴狙いは極力控えるようにしたわけだが、その結果「馬連15倍以下の手堅い馬券を厚めに購入して当てる」というのが続いている。今のところは方針変更がうまく行っている感じではある。

今年の上半期の競馬を見て改めて思ったのは、「G1・G2の格上条件のレースだと、人気馬はそうそう飛ばないよね」ということ。
だから、馬連4頭BOXであれば、1・2番人気はなるべく抑えて残りの2頭でちょい荒れに期待する、という買い方がいいのだと思う。それで上半期は成功したわけだし。

まあ、秋競馬もこのパターンが続くかどうかはわからない。当たり前だが。
ただ、基本的には上半期の方針を変えず、「手堅い馬券をしっかり当てる」方針で行く予定。
そして、年間収支プラスを達成できれば文句無しです。

|

« 「2.5次元の誘惑」アニメ開始。 | トップページ | 藤田菜七子結婚。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「2.5次元の誘惑」アニメ開始。 | トップページ | 藤田菜七子結婚。 »